スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

伊藤守率いるアキレス!

 

世界中が新型コロナに苦しむなか、素材の力で暮らしや生命を守る企業がある。
子供靴「瞬足」でおなじみのアキレスだ。

実はシューズ事業は15%程度で、その実態はプラスチック加工を得意とする素材メーカーなのだ。
率いるのは、「素材オタク」の伊藤守。新型コロナにも攻めまくるアキレスの全貌に迫る。

 

 

カンブリア宮殿【コロナ危機で真価を発揮 素材の力で日本を救う!アキレスの全貌】
2020年6月25日(木) 22時00分~22時54分

インタビュアー:村上龍 、小池栄子

 

伊藤守社長が率いるアキレスはこんなものを製造している!

アキレスの「透明防炎フィルム」~飛沫感染対策に~

 

「新しい生活様式って、こういうこと?」「これからもずっと続くの?」

こう思っている方も、たくさんいるかと思います。

 

もっとも誰もがマスクをつけて外出していたり、(今までなかったのに)夏でもマスクをつける生活習慣。
少しずつ変わってきていますよね。

特別定額給付金の手続きなどで役所の窓口に行ったり、近くのコンビニやショッピングセンターでレジ会計をしたときのこと。

 

透明なビニールシートが、仕切りとして天井から釣り下がっていたりする。

誰が、このような役所やコンビニ、ショッピングセンターの姿を想像したでしょうか?

 

感染症防止対策として、

 

「レジ・カウンター前に透明のビニールシートを吊るすなんて・・・。」
こんなこと、思ってもいなかったわけです。

 

最近では、営業を再開しはじめた飲食店や居酒屋、バーなど夜の街でもビニールシートを吊るしているのを見かけますね。やはり、何だかの対策が必要なわけで。

 

今、飛沫感染対策として需要が多いのが、この「透明なビニールシート」なのです。

 

私個人的に出くわした経験。

あなたも2度や3度は経験されたと思いますが、一番苦労する場面っていうのが、コンビニなどショッピングした際に、レジ・カウンター上の提示された金額がよく見えなかったり、スタッフさんの表情がはっきりしなかったり、ってことありませんでしたか。

一括りで「透明なビニールシート」って言っていますが、様々なメーカーがあるようです、厚さも違うし、透過率が違ってくるようなのです。

 

伊藤守社長が率いるアキレス会社は、プラスチック加工を中心的な技術として、今回の中心となっている機能性フィルムの製造、住宅・土木建築、自動車、電子部品、福祉の各関連製品、そして「瞬足」といったシューズをはじめとする日用生活用品を手掛けている会社なのです。

 


製品名:飛沫感染対策用 透明防炎フィルム
製品特長:
1.透明で高い視認性を保持
2.軟らかくハサミやカッターナイフで簡単にカット可能
3.間仕切りとしての使用で、ソーシャルディスタンス確保の補助
4.(公財)日本防炎協会認定品(試験番号:AT900080)
製品仕様:厚さ0.3mm×幅1370mm×巻数30m、青味系透明色

 

 

リンク

 

この「透明なビニールシート」の製品名なのですが、「飛沫感染対策用 透明防炎フィルム」というもの。

家庭用としてはなかなか30mを使う機会はないと思います。

ですが、販売業や飲食業など、どうしても人と接する場面の多い業界においては、「飛沫感染対策に!」ということで、問い合わせが続いているのだそうです。

 

個人事務所や倉庫・作業所内の間仕切りとして、何か良いものが無いか、探してみました。
こういうものもありますね。

 

次は、私も欲しいと思っている「アキレス ウイルセーフ」です。

アキレス ウイルセーフ」~透明防炎フィルムに留まらない~

 

 

 

フィルムに銅化合物を練り込み「抗ウイルス層」を有した抗ウイルスフィルム。

それを「ドアノブ」や会社受付用の「受話器」に、張り付けるタイプ「タッチパネル」などにまで応用した「アキレス ウイルセーフ」という製品も製造しています。

 

こういうタイプのものは、正直知らなかったですね。

抗ウイルスフィルムである「アキレス ウイルセーフ」は、表面に付着したウイルスを減少させる効果が、期待できるそうですよ。

 

商品名: アキレスウイルセーフ
高い抗ウイルス・抗菌性能: フィルム表面に付着したウイルス・細菌を99.99%以上低減させ、活動を抑制します。

速効性: ウイルス・細菌が付着した直後から効果を発揮。15分で99.9%以上低減させることが確認されています。

人に触れる製品だからこそ: 医療用マスクや感染防護服に実績のある抗ウイルス技術を応用。各種安全性評価試験済の原材料を使用しています。

利用しやすい: 10mm角の補助線入りの離型紙で、サイズに合わせてカット可能です。一度貼っても、また剥がせます。

引用:Amazon

 

私が一番最初に注目したのは、「ウイルス・細菌を99.99%以上を低減していること」も目を惹いたのですが、 医療用マスクや感染防護服に実績のある抗ウイルス技術を応用して、かつ自分の使いたいサイズにカットができる、ということ。

やっぱり、気になるところにカットして使いたいですよね。

 

 

注:)ウイルス・細菌を99.99%以上低減するのであって、未知である新型コロナウイルスまでは言及していません。効果があるかどうかはまでは、分らないとしています。

 

アキレス「モントレ 抗ウイルス 115」~子供用ブーツ~

 

 

アキレスと言えば子供靴のブランド「瞬足(しゅんそく)」を思い浮かべる人が多いですね!

あと2~3年したら。節目の20年を迎えようとしているブランドでもあるのですが。

 

ここでも、抗ウイルスを施したブーツの登場しました。

この「モントレ 抗ウイルス 115」の販売は、2020年4月から始めました。

 

モントレは、ブーツは防水仕様、靴底は塩化ビニールに抗ウイルスの特殊薬剤を練り込んでいて、子ども向けのブーツに技術を転用したものだそう。

 

ブーツサイズ:14~21cm
ブーツ色:黒とカーキ
ブール価格:2,700円(税別)

 

開発者の声:「足元に落ちたウイルスが靴底に付着し、家屋内に持ち込まれる恐れがあるため、抗ウイルスが期待できる子ども用ブーツを開発した」

 

複数のウイルスに対する試験結果によれば、24時間後には99%以上のウイルス低減効果があったそうです。

注:)現時点で、新型コロナウイルスに対する試験はおこなわれていないとのこと(財)北里環境科学センター)

 

抗菌仕様のブーツとのことですが、昔はそのようなものは無かったと記憶しています。

私もせいぜい中高生となり、社会人になって抗菌仕様の靴、靴下を意識して購入するようにはなりましたが・・・。

 

ここでも攻めていますよね!

 

 

 

 

 

こちらは、おなじみのアキレスの「瞬足(しゅんそく)」ですよ。
シンプルだけどすごく履き心地が良くて、履きやすいみたいですね!!

 

 

まとめ

アキレスの「耳が痛くなりにくい国産ウレタンマスク」6月発売!

 

 

「耳が痛くなりにくい国産ウレタンマスク」は、6月に販売すると告知されています。

新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まっているマスクに対して、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」(マクアケ)内で、プロジェクトを立ち上げて支援者を募っていたものでした。

 

早速ですが、募った支援者には、6/9以降「リターン商品」という形で発送されておりました。

声:届きました!
軽い!痛くない!呼吸しやすいです!

夏でも良さそうですよ、苦しくないから。
あとは別の色もあると良いかな?定番の白ー

 

プロジェクトの詳細はこちらで確認できます。

 

クラウドファンディング自体は5月~にあったのですが、ここ最近のアパレル業や製造業の相次ぐ夏マスク販売ラッシュに、アキレスはどう対抗していくのか!

ここが一番気になりますね。

目の前は本格的な夏到来です。暑くて蒸れやすくなりやすい夏マスクですから、それらを見越してのマスク販売なのか。少々、改良を加えての販売となります!

 

今分かっている「耳が痛くなりにくい国産ウレタンマスク」の特徴は、

①ウレタンフォーム(という柔らかく伸縮性のある)素材を利用していて、長時間着用しても、耳が痛くなりにくい

②上下を逆に着用することで「ゆったりタイプ」と「密着タイプ」の装着感を選べる

 

③花粉96%カット!UV95%カット!

④水洗いもでき、繰り返し使用することができる

マスク価格:税別800円(4枚入り)

 

②の、マスクの上下を逆に着用することで「ゆったりタイプ」と「密着タイプ」の装着感を選べる、というところが気になりますかね。

こういうタイプで特徴を、PRしていたマスクって、あったでしょうか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事