スポンサーリンク

この記事は約 15 分で読めます。

いま、あなたが『贈りたい歌』1.

 

 

NHKの『SONGS』」で特集を組みます!

新型コロナウイルスの影響で、会いたい人に会えない状況がずっと続いてきました。

 

私も約1ヶ月ほど在宅勤務をしました。

これからは、段階的に会社での勤務日を増やしていく感じになっていきます。

 

今回の特集ですが、いま、あなたが『贈りたい歌』Part1となります。

 

 

『SONGS』の再放送はいつ?

 

いま、あなたが『贈りたい歌』Part1

本放送 総合  2020年5月30日(土)午後11:00 ~ 午後11:30【済】
再放送: 総合  2020年6月6日(土)午前1:30 ~ 午前2:00(※金曜深夜)

 

放送日:毎週土曜 午後11時00分
再放送日: 翌週土曜 午前1時30分(※金曜深夜)

 

過去のSONGSを見たいときってありませんか?
NHKにはめちゃ強い、動画配信サービスといったらU-NEXTですね。

 

 

 \U-NEXTを31日間無料楽しもう!/

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

SONGS/いま、あなたが『贈りたい歌』Part1

 

今でもリクエスト募集中みたいですね。(もしかしたら追加・変更になるかもしれませんが。)

もし、ほかにも聞きたい曲ありましたら、リクエストされたらいかがでしょうか?

 

2020年5/30放送分のいま、あなたが『贈りたい歌』Part1の曲目は、以下の通りです。

 

「愛の讃歌」長谷川きよし

 

 

どこかで聴いていたと思うのですが、お名前を存じ上げていませんでした。

フォーク世代では、知られた存在なのですね。

 

「愛の讃歌」は映画もありますし、たくさんの方々が歌って来られました。

 

 

「あとひとつ」FUNKY MONKEY BABYS

 

当時、率直に言ってマー君がCDの表紙(パッケージ)を飾るなんて、こりゃ凄いわーって思いました。

このCDは2010年に発売されましたが、翌年の2011年3月。

楽天の本拠地のある宮城、岩手、福島を中心に太平洋岸を襲った東日本大震災が起きてしまいました。

私のあたまのなかでは、マー君の飾っているCD表紙と東日本大震災とが切っても離れられないのです。

そして2013年。

今は亡き闘将・星野仙一監督のもと、「2013日本シリーズ」の第7戦で、楽天は念願のパリーグ初優勝を果たしたのです。

繋ぎで9回の登板にあがったのが、あのマー君こと田中将大選手だったのです。

 

 

 

「大きな古時計」平井堅

 

 

「大きな古時計」=平井堅というイメージは大きい物があります。

私もあなたも小中高と学校の合唱祭などで、歌ってきたのではないでしょうか。

(今は分からないですけど、)必ずと言って良いほど、音楽の教科書に載っていました。

令和の時代になって、なかなかノッポの古時計を見つけること自体、むずかしくなりました。

それでも、童謡は歌い継がれていきます。

 

 

「俺たちの明日」エレファントカシマシ

 

今ふつうにSNSでメッセージ送るのが簡単だし、必ず見てくれるツールになっています。

声が無いと寂しくなかったのでないでしょうか。

 

むかしの友達や仲間、仕事の同僚や後輩に・・・。

今こんな状況だけれど「どうだい?元気かい?頑張ろうぜっ!」って。

 

そんな一声がうれしい。

 

「さくら(独唱)」森山直太朗

 

日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』の主題歌になっていましたね。

あれから直太朗も連続ドラマへの出演などで活躍し、表現の幅を広げてきました。

 

そして、最近ではさくら(独唱)とは別に、さくら(二〇一九)を出していましたね。

また、さくらには合唱曲も出ており、混声四部や学校合唱なら混声三部といったように、老若男女を問わず幅広い層で歌われています。

 

「サボテンの花」財津和夫

1975年発売された、チューリップ第一期 (1972-1979)にあたる、通算8枚目のシングルになります。

1993年のフジテレビ系ドラマ『ひとつ屋根の下』の主題歌になりました。

 

主演は江口洋介。福山雅治、酒井法子ら出演していました。

 

 

 

 

財津和夫の「サボテンの花」と次に紹介する井上陽水「少年時代」。
1970年代の日本フォークを引っぱってきた大御所たちです。

 

1990年代、学生だった私でしたが、当時は不思議な感覚も感じながらも、口ずさんでいましたね。

 

 

 

 

「少年時代」井上陽水

 

このパッケージ、どうみても『オバケのQ太郎』怪物くんで知られる藤子不二雄Ⓐ先生の絵だよね!

ピーンって来たんです、何かあるんだよなって。

 

1990年の東宝映画『少年時代』というもので、藤子Ⓐ先生が戦時中に疎開した実体験をもとに描いた漫画が、映画化されたものでした。

そこに映画『少年時代』主題歌となり、当時の流行っていたSONY「ハンディカム」という録画機のCMも相まって、陽水最大のヒット曲となったのです。

 

あれから、30年経ちましたか。
聞いていて心地よいんですよね。

 

「supernova」BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKENにとって、通算2枚目となる両A面シングルで、片方は「カルマ」という楽曲が収められています。特徴的なのが、曲のサビの全てにおいて歌詞が無いということ。


「ラララ・ヘイヘイヘイ・ウォウウォウウォウ」といったところから、作詞・作曲した藤原基央さん曰く一番まっすぐに気持ちや言葉が伝えられるとコメントしています。

 

彼らのライブでも観客がこのサビの部分を歌うのだそうです。

 

 

「花束を君に」宇多田ヒカル


「花束を君に」は、2016年上半期のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」 の主題歌でした。

「とと姉ちゃん」と呼ばれて育つ小橋常子(こはし つねこ)主役を演じたのは、 高畑充希さんでした。


お話しは、戦前・戦後の激動する昭和時代を生き抜く三姉妹と雑誌『あなたの暮し』を刊行するまでの挑戦ストーリーとなっています。

 

 

「春よ、来い」松任谷由実

 

 

NHK連続テレビ小説「春よ、来い 」の主題歌であり、ヒット曲でもあります。

安田成美さん(第1部)、中田喜子さん(第2部)が主演を務めていましたね。

 

また、2011年3月11日に発生した、東日本大震災の被災地を支援するために、ユーミンとNHKとの共同で「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトを行っていました。

 

 

「マリーゴールド」あいみょん

 

この曲は2018年の8月に発売されました。夏の風景に、男女の恋愛模様を重ねたLOVE SONGなわけですが、
今年(2020年)の夏は、いつもの夏とはどこか様相が違ってみえます。

会いたいのだけど会えない・・・。

 

新型コロナウイルスが騒がれはじめた2020年2月。
MV(ミュージックビデオ)の再生数は、なんと2億回にもなったそうです。

 

2018年の第69回NHK紅白歌合戦で披露されました!

 

「やさしくなりたい」斉藤和義

 

日本テレビ系テレビドラマ『家政婦のミタ』の主題歌でした。
民放でのテレビドラマの主題歌は初だったそう。

『家政婦のミタ』は私でさえも結構ハマリました。
40%という高視聴率も納得。

 

「こういう家政婦雇ってみたいなあ」というのはちょっと置いといて、まあ脚本はよくできており、松嶋菜々子さんの演技をみて、こういうこともできるんだと感じましたね。