自己紹介

自己紹介しますね。

私の趣味は、映画鑑賞、音楽鑑賞、旅行が好きでずっと続けています。
インドアときもあればアウトドアのときもあります。

エピローグ

映画鑑賞が好きになった直接的なきっかけというは、実はありません。

ただ唯一のご縁といったら、母方の伯父さんがクラシック音楽が好きで、一緒に映画も好んで観ていました。

昔の映画ってシーンに合わせて、クラシック音楽の楽曲が流れていることが多かったのです。

ときどき私が伯父さん家に遊びに行くと、書庫を見ると次々とビデオやCD、カセットテープが増えていったのが分かりました。

このときまた子どもですし、「ET」「ゴースト・バスターズ」「ドラえもん(映画版)」あたりは観たことはありましたね。

当時は、近くの公民館や体育館で巡回で観ることができたんですよね。

はじまりは高校だった

自分が小学校や中学校のクラス、学年全体での学芸会で、どんな役をやったかなと思い返してみたのです。
ですが、どうも出てこないのですよ!(もう、はるか昔のことになりますしね)。

出会いというか、はじまりは「高校」からです。

合格が危ぶまれていた高校に奇跡の合格を果たしたわけですが、

「さあ、高校生活ではどんな部活を!」ということで硬式テニス部を訪問してみました。

さすがに地元の、いろいろな中学校出身の人々が入部を検討しているではありませんか!

私も中学校の軟式テニスの試合は出たことはありました。

硬式テニスなのでその延長線で!ってことを考えていましたが、「上には上がある!」「試合にも出させてもらえない」「もう、勝負決まったかも」そんな印象を受けてしまいました。

 

実際に、お試しで入部体験はしてみたのですが・・・。

まあ、格好がいいイケメンがいるわけで。

文化部も回ってみました。「自分にできるもの」「興味・関心の強いもの」が精神的には良いものです。

「漫画研究部」「映画研究会」「科学部」「写真部」・・・まあ、いろいろありました。

 

演劇部

そのような多数ある文化部のなかで「演劇部」に入ってしまいました。

入学オリエンテーションのなかに「部活動の紹介」があったのですが、演劇部は最後の最後で短劇をしたんですよ。

短劇に出ているスタッフはすべて女子生徒。芸能の世界ではあたりまえの「おはようございます!」。
役者・スタッフ紹介も聞き慣れない「演出」「照明」「音響」・・・なんていう業界用語も出てくる。

何もかも新鮮でした。

最後の最後で短劇を持ってきたのも、直近で高校演劇の「全国大会にも出場」という実績があったからでしたね。

「あっつ、何かすごいぞ~」「おもしろそー」だって。

私の心をぐっと惹きつけられ、凄く入部したい感がずっと踊ていました。

自分がステージに立つとか、そんなこと全然意識していなかったのですけど・・・。

高校演劇に熱が入ってた3年間

演劇部あるある

出典:めけぽんビンゴ

日中の授業が終わり、夕方の時間にもなってくると部活動が始まります。
制服からつなぎに着替える。

部室は外にあって、校舎に入るには上靴を履き替える面倒臭さがある。
そして4階にある屋上まで階段で昇る。

最初は、演劇部に代々伝わるという●●高演劇部体操から。

なぜNHKのラジオ体操でもしないのか、正直わからなかったです。

けれども、演劇のための体操メニューで、先の先輩たちが作ったものだ、とかだけは聞きました。
(今、演劇部はあるのかな。もしあったとしたら演劇部体操は残っているのかな。もう変わっているかも。)

演劇部体操が終わると、発声練習へ。

「あ、い、う、え、お、あ、お、あお」「か、き、く、け、こ、か、こ、かこ」って感じで、屋上越しに見えるグランド、500メートルしかはなれていない中学校の建物、目先の会社に向かって、ひたすら発声をする。

(早口ことばは、まあ苦手だったな。)

私ながら舞台にも出させてもらったり、舞台の裏へまわったり。

脚本とか衣装とかはあまり分かってはいなかったけれど、舞台装置(照明や音響)、大道具あたりは、かなり力入れていましたね。

定期公演を催したり、高校演劇の大会に出場したり・・・

 

少しばかし写真ありますが、あの頃の写っている自分を見るとほんとうにあどけない少年だなあと思います。

あの頃の青春はもう帰ってこない。
演劇に夢中になっていた10代青春。

 

演劇→映画 ~映画鑑賞が好きになったきっかけ~

大学も早く決まり「さあ、演劇部に入ろうかな!?」なんて思っていました。

ですが、高校演劇の華やかさといいパワーみたいなものが感じられなくて、4年間楽しめるかなと思えず、あえて選びませんでした。(社会人になって演劇のワークショップとかには参加したことがあったんですよ。)

1、2年生のときは、サークルの掛け持ちしていました。

大学生って忙しいんですよ。

授業、サークル、ゼミ、ボランティア、付き合いと何かと学生生活を充実させていかなければならないでしょう。

そのぶん、何にしても「お金」は必要ですよね。だから、バイトもいろいろしましたよ。

単発モノもありましたが、長期的にバイトをしたのが、レンタル店のTSUTAYAでした。

TSUTAYAが次々と展開していく時期でした。

 

わたしの住む街にもTSUTAYAができるというので、早速応募して採用してもらいました。
0期でバイトができるなんて、新鮮そのものでしたね。

今でも自分なりに自負していますし、親・兄弟からも言われていたことは、

・新店舗のスタッフとして長く勤めることができたこと
・ビデオ/CDレンタルに籍を置いたこと
・90年代というビデオ・CDセル・レンタルが隆盛の時代のなかで仕事ができたこと
・店長・スタッフともども仲良く仕事ができたこと

などがあげられますね。

当時の私は19歳でしたから、クラシック音楽だけじゃない。
ビデオやCDにのめり込んだわけですね。

音楽ならB’Z、ドリカム、槇原敬之、Trf、globe、SPEED・・・、すごいでしょ。

「演劇ができないこと」への物足りなさはずっとあったので、何かの埋め合わせという感じで、TSUTAYAでのバイトを通じて、「映画」の世界を踏み込み、開拓していったのでしょうね。

 

ビデオ・CDセル・レンタルが隆盛 ~90年代~

90年代を振り返ります。

国内では邦画ドラマが流行っていましたね。
「東京ラブストーリ」や「妹よ」「振り返れば奴がいる」などですよ。

ドラマが注目されると、主題歌になっているものはCDレンタルもセルも売れます。
売り上げが伸びていきます。

おかげさまでバイトは厳しくも楽しく過ごせました。
レンタル店なので、飲食店のようにがっつり食事補助(=まかない)はありませんでしたけれど。

レンタル制限はありましたけど「無料レンタル」は、とても嬉しかったですね。

バイトも入れる回数を増やしてガツガツと、ビデオやCDのレンタルしました。


洋画のほうを思いすと、そう言えば「ディカプリオ様」と世間が騒いでことがありました。
本の特集やTVすごかったですね。

『タイタニック』や『三銃士』の作品が、続けてヒットしましたから!

おかげさまですごいレンタルの回転率で、売上げにも貢献しました。

もう結構な頻度でバイトに入ってましたよ。

今はDVDですけど、返却されたレンタルビデオをジャンル棚に戻すのって以外と重労働なんです(笑)
重いんですし、腕がパンパンになります。

それから「海外ドラマ」。

昔から海外ドラマはありました。
知っている人なら「大草原の小さな家」「シャーロックホームズ」とかでしょうね。

 

ビデオが家庭に普及してレンタル店が台頭してくると、次々と作品がリリースされ、レンタルしやすくなりました。

90年代というのは「海外ドラマ」が、より一層世間に知られるようになったと言えます。

超常現象をテーマにしたストーリーといったら、世界でも日本でもヒットした「Xファイル」。
TVでもそれに類した番組がたくさん作られましたね。

それからNHKでも放送され人気だった「フレンズ」そして、医療系「ER」。

 

どれも海外ドラマとして認識された、有名・草分け的な作品たちです!
私もかなり夢中になっていましたから。

逆に知らない人のほうが少ないのではないでしょうか。

映画鑑賞の時間を

時代は少しずつ動いていきます。

これまでの店舗型のレンタル店だけではなく、宅配レンタルサービスも始まっていました。

ちょうどデフレの時期とも重なっていたこともありましたが、店舗間で、そして宅配どうしで価格競争が起きてていました。そのためかなりの安めの値段でビデオ・DVDを観ることができるようになりました。

良しも悪しくもです。

そして「動画配信サービス」が出てきましたね。スマートフォンやパソコンでネットを通じて気軽に見られるわけです。

こうみても時代の流れ、移り変わりを感じさせられます。


私は現在会社員をしていますが、惜しくも身体を壊してしまいました。

なかなか回りからは気づかれない内部障害を患ってしまい、治療を続けています。

治療は長期的なものになるため映画鑑賞の時間を作っては楽しんでいます。

もちろん、仕事優先のときは観られないときもありますが・・・。

その時々の自分の気持ち次第で、観るジャンルを変えてみたり、突如シリーズものを制覇したくなったりと、思い気ままに観ています。

作品の良しあしもあるでしょう。
俳優・女優さんの好き嫌いもあるでしょう。

最後まで作品を観たいのだけど、なんか面白くなくて途中で打ち切りにしてしまうことだってあります。

~映画で心に刻み込まれたもの~

映画のなかから出てきた台詞が、キャッチコピーが、タイトルで座右の名となることもありますね。

私の心のなかに刻み込まれたものは、
20代前半になって観た映画、ロビン・ウィリアムズ主演の「いまを生きる※」という映画でした。

 


※原題:「Dead Poets Society(死せる詩人の会)」

「今を生きる」ことを自分の変わらぬモットーとしています。


最後に、私は90年代という時代のなかで、しかもバイトのなかで”映画”に出会い、それらの作品達に出会えたことを誇りに思います。

時間が許す限り、これからもよい映画や海外ドラマ作品を見続けていきます。