TOP

情報に振り回されない動画配信サービス選びを!

 

「動画配信サービスが気になっている」
「好きなアニメが見たい」

「海外ドラマは絶対に欠かせない!」
「異常に通信量がかかってしまった!(´;ω;`)」
「料金はリーズナブルで!」

 

今、あなたはどのような理由で、動画配信サービス(VOD)を探していますか?

VOD(Video On Demand) =動画配信サービス

 

 あなたの感じている不満や要望は、性別や年代を問わず、今動画配信サービスで動画を観たい人にとって日常的に考えていることでもあるのです。

 

 しかし、情報に振り回され、知識も不十分のままに動画配信サービスに登録し、視聴するというのも問題ありでしょう。

 現在、大小の規模を問わず40くらいの動画配信サービスがあると言われますが、自分に似合ったサービスを受けたいのなら、各サービス会社の”ツボ”を押さえて置く必要があります。

 

当サイト「Dougade-show!」では、動画配信サービスを選ぶにあたっての具体的なヒントを提供します。

 一歩先すすんだサービスやノウハウもお伝えしていきます。

  

店舗型のレンタル店が少しずつ閉店している状況にあります。

私も昔はよく利用させてもらっていましたが、今ではお店に通う頻度が少なくなってしまいました。

これも時代の流れというものなのでしょうか・・・。

動画配信サービスを利用する/しないにかかわらず、みていただけると幸いです。  

 

ありすぎる動画配信サービス。溺れていませんか?

 

ありすぎる動画配信サービス。溺れていませんか?
そんなあなたへ。

 動画配信サービスですが、これからもますます登録者が増え続け、各社がしのぎをけずって、さらなるサービス内容を拡張し・発展させて顧客獲得をおこなっています。

 

これからもどんな動画配信サービス会社が生まれるのか、またはサービスが停止になってしまうのかは、正直想像もつきません。確実に会社も、サービス内容も刻々と変化してきています。

 かといって、今あるあなたの状況はこの先も状況が変わらずにいることはありえるでしょうか?

 

学生になった、異動で通勤時間が増えた、家族が増えた・・・・など、様々な人生イベントがあります。

ということは、動画配信サービスも応変に選んでいかなければならないのです。

 

動画配信サービス選びにあたっては、各社いろいろなサービスやら料金設定をしていますが、何せ情報量が多く迷ってしまいます。

 以下の記事では、あなたが持っている「動画配信サービスの常識」をリニュアールしていただきたく、ヒントを提供します。

 →【動画配信サービスの新常識】動画配信だけではないサービスも手探り中!

 

動画配信サービス。あなたは5つのどのタイプ?

 

サービス選びのアドバイスとして、5つのタイプを挙げてみました。
具体的には、

 

5つのタイプ。サービス選びに!

①通勤時間が長い会社員・学生さんに

②育児も自分の時間も大事にしたい主婦の方に

③時間を有効にしたいシニアの方に

④大家族です!節約思考で利用したいご家庭に

⑤トコトン趣味に没頭:映画・ドラマの大好きなわたし!

 

通勤時間が長い会社員・学生さんに


会社員・学生の方ならスマートフォンは必須ではないでしょうか。小さいスマートフォンではなくて、タブレットもあわせて持っている方いるでしょう。 

 

まず会社員の方ですが、通勤時間に関する調査によれば要する時間が、平均59分という結果が出ています。

そのため家から会社までの往復に、2時間を「通勤」に使っている人が多いのです。

 

 もし片道に2時間かけている人であれば、14時間になります。これを1ヵ月で換算してみれば、実は丸3日間を会社との往復している計算になってしまいます。 

学生さんですと、(賃貸アパート住まいで1分というツワモノもいますが、)通学時間は平均で52分。半数以上は鉄道を利用しており、続いてバスや自転車と続いていきます。

このように、電車の待ち時間や乗車中などに動画を楽しむのも良いですね!

 →会社員・学生向けの動画配信サービスの選び方はこれだ!

  

育児やパートに出ている主婦のかた


「専業主婦ですが、育児も家事も頑張ってます!」
「パートに出てます。家庭の稼ぎにでもなれば・・・」

このように主婦をされている方には状況・環境は異なれど、家庭のことも自分のことも大事にしなければなりません。

 

幼稚園や保育所に通う子どもがいればなおさらです。

こんな声も聞こえてきます。

 

「少しの時間でも子どもが落ち着いていられると助かるんだけどな~」。

 動画配信サービスには、子ども向けのアニメや知育番組があったりもします。

 

→みてみて!子ども向けのコンテンツもしっかりありますよ。  

 

時間を有効に活用したいシニアの方


シニア層の仕事や趣味に対するご活躍は、本当にめざましいものです。

 ちょっと昔のことを思い出して欲しいのですが、働き盛りの頃に見たかったドラマや番組ってありませんか?
「仕事も忙しくてついつい・・・」なんて言っているうちに、今日まで来てしまったのではないでしょうか。

 

動画配信サービスではテレビ会社とも提携している場合も多く、大河ドラマのような歴史番組、朝ドラ、ドキュメント、当時流行った貴重なドラマなどを見られるかもしれません。

そんな昔あった懐かしいドラマや番組がアーカイブ (archive)という形で見ることができますよ。

 →あれ・これ見てみたかった!アーカイブ。

 

大家族です!節約思考で利用したいご家庭に


年々物価も上がってきて、ますます節約思考が広がりそうですね。

・遠くにある店舗型のレンタル店に行くのに、ガソリン代が・・・(゚´Д`゚)゚
・行ってみたらもう「貸し出し中」にΣ(゚д゚lll)ガーン。
・そもそも商品が無かった。買い物・外食して帰ってきました。

大家族なら、なおさらですよね。

動画配信サービスにもこれまでの店舗型のレンタルには無い、コストパフォーマンスの面で良いところが、いくつかあります。

だからこそ、しっかり家族のこと、財布のことも相談しながらしっかりと選んで欲しいです。

 

動画配信サービスには、大枠として「定額配信サービス」と「定額+PPV(個別課金)」との違いがあります。 

その違いを理解したうえで、どのサービスをうけるべきか?を考えてみてください。

 

→動画配信サービスの違いは主に2つ!

 

トコトン趣味に没頭:映画・ドラマの大好きなわたし!

 

今、海外ドラマ、国内ドラマに没頭する方が急増中です。
ある一つの映画がきっかけとなり映画好きになる方もいます。

時間がなくても、ハマってしまうものはハマってしまうのです。趣味で"好きなもの"ならいくらでも出費をかけても良いでしょう。

 

特に、海外ドラマや国内ドラマは続きものになってしまいますから、店舗型のレンタル店で旧作を借りるにしても意外や意外、相当の出費額になってしまいます。

こんな時、出費を抑えてくれるのが動画配信サービスなのですね!

 

→海外ドラマ、国内ドラマを見るならここですね!

 

で、動画配信サービスはどこがいいの?


「で、結局どこの動画配信サービスがいいの?」という、そんなあなたへ。

 各社、動画配信サービスもいろいろな特徴(メリット・デメリット)があって、コレが良い!とは一概には言えません。

ですが、各社14日から31日間と幅はあるものの「無料期間」「お試し期間」を設けています。
まずは"無料"で登録してみて、実際に動画を見てみたり、操作性などを試してみたりするのが一番確実でしょう(それらの期間に解約すれば、料金は発生しません)。


複数の動画配信サービスに登録しておけば効率よく、好きな映画やドラマ、アニメ、アーカイブなどを見ることができます。 

とは言っても、登録しすぎるのは良くありません。

 

というのも、仕事や家事、育児、勉強とそれらの時間のほうが長いはずです。

「時間は有限」です。動画を見る時間というのは限られていますし、各社を管理するのも意外と面倒なものです。 そこに「料金」も積み重なりますから。

時間とお金にゆとり・余裕をもたせるためは、せいぜい23社に留めていたほうが良いでしょう。

 

以下の記事では「定額+PPV(個別課金)」を採用している動画配信サービス会社ですが、まとめてみました。

まずこの一択が、決まるのではないでしょうか?

 →【ここから選べば間違いない】定額制動画配信サービス※

  

まとめ


いかがでしたでしょうか?

動画配信サービスは黎明期にあって動画配信サービスについて知ろうにも、昔の情報であったり、急に使えなくなったりといったことが、起こり得ます。

 ぜひこの当サイト「Dougade-show!」の記事を目に通していただいて、自分のもっとも適した動画配信サービスを選んでいただければと思います。

 

移り変わる動画配信サービスの内容のほかにも、受賞作品の映画をはじめとした情報なども、随時更新していきます。

どうぞ「お気に入り」「ブックマーク」に入れていただければ幸いです。