スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

Amazonプライム・ビデオの不明点はどこに聞けばいい? 問い合わせ先と方法まとめました!

 

ふだん何気なく使うAmazonプライム・ビデオ。

 

スマホやタブレット端末など何か不具合があっても、インターネットで調べたいキーワード、関連するキーワードを入れることで、すぐに解決できてしまう便利な世の中になっていますよね。

 

でも、中には思い浮かべるキーワードが出てこなかったり、何度調べても自分の意図する解決方法が出てこなかったりということも、往々にしてあるものです。

 

Amazonも然り。

 

AmazonプライムサービスやAmazonプライム・ビデオも同様で、何か不明なことあれば調べてみて、それでも分からなかったら、直接Amazonに問い合わせてみれば良いのです。

 

 

Amazonに問い合わせするとき「どこの、なんてところに聞けばいいのだろう?・・・」

 

そんな疑問に湧いてきませんか?

 

今回は「Amazonプライム・ビデオの不明点はどこに聞けばいい?」その問い合わせ先と方法についてまとめてみました。

 

Amazonの問い合わせ方法は「電話」「メール」「チャット」
問い合わせの種類は4つのジャンルがある
L「①注文について」「②デバイス、Fire TV、Fire Tablet、
Echo」「③デジタルコンテンツ、Kindle本、ビデオ、音楽」「④その他」

「チャット」もAI+人対応になっていて、使いやすくなってきている

 

Amazonに『電話』で問い合わせをする方法はこちら!


Amazonカスタマーサービス

 

 

まず「問い合わせ」と聞くと、どのような問い合わせ方法を頭に浮かべますか?

 

「電話」「メール」がメインだとは思いますが、「チャット」対応しているところもありますよね。

 

Amazonでは電話やメールを主体に、問い合わせを受け付けていますが、チャットも対応しています。

 

 

以下、Amazonプライム会員特典のひとつでもある「Amazonプライム・ビデオ」について、問い合わせをする場合について見ていきます。

 

手順は下記のとおりになっているので、参考にしてみてください。

 

【電話の場合】

 

電話でのサポートが必要なとき

 

 

① Amazonのカスタマーサービスへアクセスする。

カスタマーサービスはこちらから。

 

② 問い合わせの種類が4つのジャンルに分けられている。内容は下記のとおり。

 

・注文について
デバイス、Fire TV、Fire Tablet、Echo
・デジタルコンテンツ、kindle本、ビデオ、音楽
・その他

 

④ デジタルコンテンツを選択し、お問い合わせ内容の欄から『Prime Video』を選択。

⑤ 詳細内容を選択し、該当する内容を選択。(ここでは例として[ビデオの返品〕を選択してみます。)

 

⑥ その後に電話番号やメール、チャットで問い合わせることは可能ですが、その前に同画面内に解決策が表示される。

(↑本来であればここで、表示された内容を確認して実行すれば、電話やメールをする前に不明点などは解決するはずです。)

 

 

⑦ 電話、メール、チャットの項目から「電話で問い合わせ」を選択。

⑧ 自分の電話番号を入力し、Amazonから電話が掛かってくるのを待つ。

 

以上が、電話で問い合わせする際の方法です。

 

Amazonからの電話を待つのが基本のようですが、こちら(自分)から電話を掛ける場合は、下記の電話番号に掛けることで、直接オペレーターとやり取りすることが可能です。

 

フリーダイヤル:0120-999-373
有料番号:011-330-3000

 

 

何か不明点がある場合は、直接オペレーターに問い合わせたほうが良さそうですね。

もちろん、表示された解決策で解決できなかった時に限ります。

 

この手の電話を掛ける場合、携帯電話では"有料"回線になることが多いですが、Amazonのフリーダイヤルは固定電話だけでなく、スマホからでも掛けることが可能です。

 

電話を掛けると最初は「自動音声案内」に繋がりますが、案内通りに番号を押しましょう。

この番号は24時間対応ということで、いつでも対応可能なのはありがたいところです。

 

しかし、「自分は電話するのが苦手だ!(´;ω;`)」という方も多く存在します。

そんな方には上記にも記載しましたが、メールやチャットでも対応してくれます。

 

 

次項目で掘り下げていますので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

Amazonに『電話』以外の方法で問い合わせをする方法~メールとチャット~

 

電話以外でよく見かける問い合わせ方法として「メール」があります。こちらを見ていきましょう。

 

【メールの場合】

 

① 【電話の場合】の⑥まで同様の手順で進めて、「Eメール」を選択する。

② 専用の問い合わせフォームに移動するので、詳細を入力し、下部の『メール送信』で問い合わせ内容を送信する。

折り返し、メールが返ってきます。

 

 

次に、「チャット」の問い合わせ方法も見てみましょう。

【チャットの場合】

 

チャットでのサポートが必要なとき

 

 

① 【電話の場合】の場合の⑥まで同様の手順で進めて、「チャット」を選択する。

② チャット画面が別画面に表示されるので、開始する前に、問い合わせ内容を入力する。

 

③ また、チャット内容を自分の登録メールアドレスに送信する場合、下部のチェック箇所にチェックマークを入れる。こうすることで、問い合わせ内容を保存可能です。

④ 内容入力後、『チャットを開始する』で問い合わせチャットスタート。

チャットでリアルにやりとりできます。

 

 


 

 

メールやチャットの問い合わせ方法は、どちらも電話同様の手順で進めることが可能です。

 

問い合わせ方法として『電話』や『メール』は従来からありましたが、今は『チャット』もなかなか便利です。

 

色々な企業が問い合わせ方法にチャットを導入し、利用を勧めていますが、そのほとんどはAIが質問に答えている感じです。Σ(゚Д゚)。

 

凄い時代になりました。

 

AmazonのチャットはAIと状況によっては、"人"によっても対応しています。
"人"がいることで、普通に文字で会話する感覚で問い合わせることができるのは、非常に楽に感じますね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、Amazonの問い合わせ方法(具体的には「Amazonプライム・ビデオ」)について、まとめてみました。

 

問い合わせと聞くと、電話を掛けることが苦手!という人が多いイメージがありますが、今は電話以外にも多様な問い合わせ方法があるのがわかります。

 

その中でもチャットはメールのように返信に時間が掛かることなく、その場ですぐ返ってくることがほとんどです。

時間は有限!現代社会において、時間のスピーディーさは非常に重要だと思いますので、チャットでの問い合わせをおすすめします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事