スポンサーリンク

この記事は約 13 分で読めます。

Amazon見れる・見れない作品

Amazonプライム会員になることで視聴ができる『Amazonプライム・ビデオ』。

プライム会員になることで、"全て"の作品が見られるようになるのでしょうか?

それとも、一部制限が掛かっていたりするのでしょうか?

 

ここでは「どの作品が見れて」「何が見れないのか」を簡単に説明していきます。

 

Amazonプライム・ビデオで配信されている作品は、『有料作品』『無料作品』との違い
有料作品には、【チャンネル動画】【レンタル】【購入】がある
【レンタル】は「30日間レンタル可」「48時間」がキーワード
Amazonプライム・ビデオの無料作品には、”Prime”の帯がついている

 

Amazonプライム・ビデオで配信されている作品は?


Amazonプライム・ビデオで配信されている作品は、大きく分けて2つです。

それは、

 

簡単に言えば、『有料作品』か『無料作品』かの違いです。

 

【有料作品】

  • Amazonプライム会費とは別に、チャンネル費用が月額で掛かってくるチャンネル動画
  • 100円から配信され、視聴後、一定時間経過で見れなくなるレンタル動画
  • 設定された価格で購入する買い切りタイプの動画

 

【無料作品】

  • Amazonプライム会員向けに無料配信されている動画

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

 

Amazonの『有料作品』

 

チャンネル動画

 


【チャンネル動画】

こちらは有料作品にあたるものです。

1か月あたり216円~2138円(税込)で、Amazonと提携している会社の提供する専門動画コンテンツとなっています。

 

専門のチャンネル動画となっているので、映画やドラマ、アニメはもちろん、エンタメ、ドキュメンタリーやスポーツなどの様々なジャンルが置かれています。

提携している会社ですが、具体的には、テレビ東京 · TBS ·テレビ朝日、MTVといったテレビ会社、 東宝や東映、松竹の映画配給会社、 Nickelodeon のキッズ・子供向けエンタメ会社、· バンダイナムコライツマーケティングの映像配信会社などがあります。

 

それらの会社の中には、BSCSといった衛星放送がされているものがあり、それら専用のチューナーなどを置かなくても、月額費用さえ払ってしまえばそのまま見ることができるようになっています。 

Amazonプライム・ビデオを利用する為に会費を払っているのに、「さらに費用が掛かるのはちょっと…」という方には、無料体験期間もあります。

 

最初は無料で使ってみて、気に入ったら契約継続といった使い方のほうがオススメです。

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

 

Amazonの【レンタル&購入動画】


【レンタル】

こちらもお金を支払うという意味では、有料作品ですね。

動画配信されている作品をレンタルする。

 

TSUTAYAやGEOのように、レンタルショップに行って「借りる」という意味では同類なのですが、レンタル店に行くとか、返却するといった手間や面倒臭さが無いのが特徴的です。

 

レンタル代金支払い後、30日間の間はレンタルした状態で、いつでも視聴することは可能です。
ただし、一度でも視聴してしまうと48時間後には視聴不可になってしまうので、注意が必要です。

 

 視聴さえしなければ、上記の通り30日間は保有しておくことができるので、時間がある時に視聴するようにしましょう。

 

単純に「30日間レンタル可」「48時間」というワードは、頭の片隅にいれておいたほうがよいですね。

 

基本的な料金は、199円~500円程度で、レンタルできます。

週末セールなど、一部タイトルが100円からレンタルされることもあるので、もしも気になった作品があって、安くなっているときは狙い目ですね!

 

レンタル作品ですが、ほぼスマートフォンやタブレットにダウンロードして、オフライン環境下での視聴もできます。

私は、スマートフォンにダウンロードして、通勤の車内で視聴するという使い方をしています。

 

通勤時間で見たい作品を消化できるのは、大変魅力的ですね。

私も持っているAmazonのFireタブレット。

さすがにApple iPad(アイパッド) などとは比較できませんが、下記10型ですと映画だけではなく、雑誌を読むにも最適なサイズになっています。オススメします。

 

 

 


【購入動画】

 

購入動画に関しては、一度代金を払ってしまえばレンタルと違って、期間は設定されないので、いつでも見ることができます。

購入した動画はアカウントの履歴に残ります。

環境が変わってもアカウントが一緒なら、購入した履歴は無くならないので無駄にはなりません。

 

何度も視聴するような「お気に入りの作品」は、購入するのもありですね。

 

 

Amazonの『無料作品』

 

皆さんの大好き『無料』という言葉が最初についた作品です!?

 

Amazonプライム会員向けに無料で配信されている作品は、作品タイトルに「プライムマーク」が付いているので、そちらを参考に探してみましょう!

 

 ずっと無料で配信されているものや、その逆で有料だったものが無料になったもの、今のトレンド作品にゆかりのある作品が無料になるなど、タイミング・時期によっも内容は変わります。

 

タイミング・時期によって・・・ということもあり、無料配信が終了する作品に関しては「そろそろ無料期間終了しますよ~」と事前アナウンスがあるので、興味のある作品は「ウォッチリスト」に入れておいて、常に気にしておくか、すぐにでも見たほうが良いかと思います。

 

 話数の多いアニメ作品など(全50話として)は、「前半25巻が無料」で、もう後半が有料!ということも、実際に過去に存在したので、注意がした方が良いですね。

ただし、この場合でも一定期間が経過すれば、後半が無料化されたということもあったので、定期的にチェックしてみましょう。

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

Amazonプライムビデオで今後配信予定の作品は何??


たくさんの作品が配信されているAmazonプライム・ビデオですが、配信されている興味のある作品は一通り見てしまった。

さあ、次の映画やドラマ、アニメはどのタイミングで配信されるのか分からないという方もいるかもしれませんね。

配信予定のタイトルに関しては、Amazonプライム・ビデオの公式HPより案内がありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

・新着予定
Lアニメ/キッズアニメ/バラエティー/コメディー/映画

・Amazonオリジナル作品 新着
LおすすめAmazonオリジナル作品
L人気作品/KIDS向け/女性に人気/

・他の作品を観る

プライムビデオのTwitterアカウント(@PrimeVideo_JP)、またAmazonブログにてご確認ください。

Amazonブログ
プライムビデオ関連の投稿は次のURLで確認できます。

https://blog.aboutamazon.jp/search?q=primevideo

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

 

私の場合なのですが、あまり配信予定作品にはあまり目を通すことはないですね。

むしろ、ある日ふとAmazonプライム・ビデオ内を見ていたら、ずっと見たかった、気になっていた作品に「プライムマーク」が付いている!といったものに、喜びを感じるからです(笑)。

 

まとめ

 

ここで再度おさらいです。

Amazonプライム・ビデオで配信されている作品は大きく分けて二つです。

 

・有料動画…チャンネル・レンタル・購入の3つのカテゴリー

・無料動画…プライム会員特典

 

「自分は何の作品を見たいのか?」。これは大事なことです。

 

私自身は、気になった映画やアニメ、昔見たお気に入りの作品を見直したりすることが多いです。

・テレビでやっていないようなドキュメンタリーを見たい方
・レンタルショップに行くのが面倒
・DVDBDを買って部屋のなかを圧迫させたくないから購入

 

さまざまな方がいるかと思いますが、それらのような条件にあるのなら、Amazonプライム・ビデオも選択肢のひとつになると言えるでしょう。

 

Amazonプライム・ビデオ30日間無料!

 

30日間無料!学生限定プランを試してみる

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事