スポンサーリンク

この記事は約 11 分で読めます。

Amazonプライム・ビデオ『レンタル機能』の使い勝手は良いのか?

 

Amazonプライム・ビデオはAmazonプライム会員になることで、利用できる動画配信サービスですが、その機能の中には『レンタル機能』が存在することをご存知でしょうか?

ビデオ・DVDのレンタルと言うと・・・。

 

有名なところですと、大手のTSUTAYAやゲオですよね。

今回はAmazonプライム・ビデオ内でのレンタルと、実店舗でのレンタルの比較を紹介していきます。

 

Amazonプライム・ビデオの期間:支払いから30日間かつ視聴から48時間以内まで有効
Amazonプライム・ビデオに延滞料金0円
TSUTAYA・ゲオのレンタル期間は当日~7泊8日程度。新作~旧作で金額いろいろ。
TSUTAYA・ゲオに延滞料金あり。うっかり・忘れにご注意を

 

Amazonプライム・ビデオでのレンタルは実店舗と比較して使いやすいか?

 

Amazonプライム・ビデオは、基本的には配信作品が無料で視聴可能ですが、一部の作品はレンタルすることで視聴することができます。

その際にレンタル料金が掛かってきますが、Amazonプライム・ビデオ、TSUTAYA、ゲオの価格やレンタル期間や各特長は下記のとおりとなっています。

 

Amazonプライム・ビデオ

 

価格:0円~500円程度

期間:レンタル料支払い後30日間

延滞料金:無し

 

ここで気になるのは0円という作品です。

こちらはアニメやドラマなどの続き物で、最初の一話のみ無料でレンタルすることができ、2話目からは有料となる作品となります。

 

その価格は大体200円前後が多い印象ですが、作品によって異なるのでレンタルする前に確認するようにしましょう。

 Amazonプライム・ビデオのレンタルはストリーミング配信なので、実際に店舗に行って作品を探して、レジでのやり取りをしてという作業がありません。

 

パソコンやスマホ、タブレットから即レンタルすることができるので、使い勝手という意味では、TSUTAYAやゲオよりもやりやすいです。

また、期間についてレンタル代を支払ってから30日間とありますが、こちらは一度でも視聴してしまうと、そこから48時間以内しか視聴することができません。←勘違いしやすいかもしません。ご注意を!

 

借りたのはいいけど、なかなか時間が取れないからまだ未視聴という方は、30日間の間であればいつでも見れるので、余裕をもって見ることはできますね。

しかし、一旦見たら、その二日後(48時間後)には見れなくなるので、時間が出来たらサクッと見てしまう方が良いです!

 

延滞料金に関しては、0円というのが心強いですね。

Amazonプライム・ビデオのレンタルは、定められた期間を過ぎた場合、自動で視聴不可になるので、実店舗にあるような、「うっかり返し忘れて延滞料金発生!」なんていうことが起きないようになっています。

 

TSUTAYA

 

価格:100円~650円程度

期間:当日~7泊8日程度

延滞料金:250円程度/日

 

 TSUTAYAと言えばTカードですが、そのTカードにレンタル会員情報を入れることで利用が可能です。

そして、会員情報は2年に一回有料で更新されるので、都度料金が300円程度掛かってきます。

 

そして、このTSUTAYAという店舗は、価格帯に非常にバラつきがあります。

TSUTAYAの立地条件や地域との兼ね合い等で、店舗ごとに若干の価格・期間調整が入っているのが原因なようです。

 

チェーン店ですが、ほとんど価格・期間が統一されていない珍しいパターンと言えます。

○○店では新作が400円でレンタルできるのに、△△店では50円UPして450円でレンタルが出来るなど、安い・高いというのが出てきます。なので、自分にとって使いやすくて、お得な「店舗探し」が重要になってきます。

 


価格帯に関しては、Amazonプライム・ビデオと比較しても負けていない部分もあるかとは思いますが、延滞料金が1日につき250円発生してくるなど、油断するとあっという間に金額が膨れ上がるので注意しましょう!

店舗によっては、例えば海外ドラマのシーズンものや複数作品を借りると安くなるキャンペーンが展開しているところもあります。そういった場合はお得感が上がりますね。

 

また、TSUTAYAは(店舗によっても異なりますが)コミックやCDのレンタルもやっているので、そこはAmazonプライム・ビデオにはないサービスだと言えます。

DVDを借りるついでに、コミックやCDもレンタルという使い方が強みでしょうか?

 

ゲオ

 

価格:100円~550円

期間:当日~7泊8日

延滞料金:300円前後/日

 

ゲオもTSUTAYA同様に、店舗によって若干の価格調整が入っています。

やはり理由も同じなようで、立地や地域との兼ね合いがありますね。

 

ゲオはPontaカードが会員カードの役割をします。Pontaカードを作成することでレンタルすることができます。

Pontaカードは無料で、作成・更新が可能なので、TSUTAYAよりもお得ですね。

 

また、ゲオは何かしらレンタルキャンペーンをよくやるようなので、旧作が80円などで借りれることも多いです。

基本的な価格帯はAmazonプライム・ビデオTSUTAYAと変わらず、場合によってはその両者よりも安いことがあります。

 

TSUTAYA同様、コミックやCDのレンタルをやっているところが強みですね。

 

 

Amazonプライム・ビデオのレンタルと実店舗でのレンタルを併用する

 

多くの方は何かしら、用事と併せてTSUTAYAやゲオ等の実店舗に行ってレンタルすることが多いと思います。

しかし、私のような会社員であると、さすがに通勤前に借りることはなかなか難しく、仕事の後に店舗に行こうにも立地に左右されることもしばしばあります。好立地であればいいのですが・・・)。

 

会社近くや家への帰り道などに店舗があれば通いやすいですが、皆が皆そういうわけではないのですよね。

 個人的な使い方ですが、見たい作品があっても、Amazonプライム・ビデオではそもそも配信されていない、なんてことも、意外と多いものです。

 

そういう場合は、近所のTSUTAYAに赴きますが、その時にDVDと一緒にCDレンタルも利用します。

Amazonプライム・ビデオだけではCDをレンタルするということはできないですが、実店舗であれば、”ついでに”レンタルすることが可能ですね。

 

AmazonプライムにはPrime Music というサービスもありますが、意外と私の聴きたい曲が配信されていなかったりします(Amazon Music Unlimitedという6,500万曲以上が聴き放題の有料のものも、あります)。

そういう場合は、TSUTAYAなりゲオなり、店舗に行ってお目当てのCDを探すというのも良いのではないでしょうか。

これらの店舗では取り寄せも行ってくれるので、なかなか重宝しますよ。

 

まとめ


Amazonプライム・ビデオの強みというのは、やはりパソコン、スマホ等でレンタルが完結するので、忙しい人でもすぐにレンタルが可能なところ。

そして、レンタル30日間という中で好きな時に視聴ができ、期間終了後は自動で視聴不可=レンタル終了ということになるので、延滞料金の発生が起きないところも。

 

その点、TSUTAYAやゲオは店舗によって価格が違うので、「価格帯が若干分かりづらい」「実店舗に赴く時間を作らないといけない」「返却をうっかり忘れると延滞料金が発生する」など、細かいところも考えなければいけません。

ただし、使い方によってはTカードやPontaカードにポイントが貯まり、キャンペーンを利用すれば非常に安くレンタルすることができ、コミックやCDのレンタルも行っていることが強みでしょう。

 

基本的にはAmazonプライム・ビデオで自由に借り、時間ができた時にその他作品を借りに行く、というのが一番使い勝手が良いかと思います。

あまり実店舗に行かないという方も、一度行ってみると意外な作品があったりするので、チェックしに行くのも面白いと思いますよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事