スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

 Amazonプライム・ビデオで視聴する「作品選び」のコツと考え方!

 

見たい作品を見たい時、いつでもどこでも見れてしまうAmazonプライム・ビデオ。

あなたはどういう作品を見ていますか?

 

話題の映画、旧作、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー・・・。

 

配信作品は豊富に取り扱ってはいますが、人それぞれお目当ての作品があるかと思います。

もともと見たいと思っている作品なら何ら気にしないで見入るでしょうが、「前から気になる」「知り合いが見ているから」といった理由で、「そこまで見たいわけじゃないけど・・・どこか気になる」っていう作品が出てくると、ワンクッションを入れますよね?

 

今回は、そんな時に役立つ「作品選び」のコツと考え方についてのお話です。

 

Amazonプライム・ビデオには「レコメンド機能」がある
レコメンド機能は言わば、あなたにとってのおすすめ!を教えてくれる
作品レビュー(カスタマーレビュー)も参考に⇒レビューの評価数や星の評価数(平均)

 

Amazonプライム・ビデオのレコメンド・作品レビュー機能の注意点や見分け方

Amazonプライム・ビデオ「レコメンド機能」

 

Amazonプライム・ビデオには「レコメンド機能」があります。

「レコメンド機能」は、自分が見た作品と似た作品やこの作品が好きならこの作品もおすすめだよ!と『Amazonプライム・ビデオ』が自分におすすめしてくれる機能のことを言います。

 

レコメンドと言う言葉は、簡単に言ってしまえば『おすすめ』です。

 

例えば、インターネット通販で何かを買う時って、ありますよね。

それこそ、Amazonで何かを買ったとしたらそれに関連する商品が『おすすめ』商品として、画面に表示されます。

 

そうすることで、適切なおすすめ商品が提示され、買ってもらって売上げにするというのが、お店の狙いの機能です。

 

この機能は、人によってはほとんど使わない機能だと思います。

なぜならほぼ無意識ですし、あたり前に表示されているものだとしか疑問も持つことが無いからです。

 

ほとんど使わない機能って言ったのはなぜか。

そもそもAmazonプライム・ビデオを利用するということは、何かしら自分の見たい作品が配信されているから利用しているわけで、そうでなければ利用しないですよね。

 

しかし「レコメンド機能」は、時にはしっかりと狙いを絞って、今の自分に似合った作品をおすすめしてくる凄い機能を持っているのです。

 

 

 

 

こちらは私の体験談ですが、参考にしてみてください。

アクション映画が好きなのですが、マーベル映画の一つである『アベンジャーズ』に興味を持った時がありました。
今でも好きですよ( ´艸`)

 

当時はマーベル映画と言うと、スパイダーマンやアイアンマンなどのイメージが強く、その他のキャラクターのことが正直分かりませんでした。

マーベル映画のヒーローが多数出演する『アベンジャーズ』を視聴する前に、予習としてヒーローたちの作品をしっかり見ておこうと思いました。

 

その際に、Amazonプライム・ビデオで『アイアンマン』を視聴しました。

視聴を終えた後、関連作品を検索しようとしたのですが、何気なく画面をスクロールすると、下記のような文面がありました。

 

『この作品をご覧になったお客様は次の作品もご覧になっています』

 

その文面の下にアイアンマンに関連するマーベル作品が表示されていました。

 

リコメンド機能,この作品をご覧になったお客様は、次の作品もご覧になっています2

 

 

検索することなく『アベンジャーズ』に出てくるヒーロー作品が、数クリックで見つけることができたのです。

これがゆえんに「レコメンド機能」というものです。

 

関係する作品をおすすめするという機能は、場合によってはちゃんと機能を果たしているので、利用してみてもいいと思います。こういったシリーズ映画や関連ドラマなどを見る時などには。実用的だと言えます。

 

ちなみに、マーベル映画・MCUシリーズは、公開順に見ていったほうが、分かりやすいです。マーベル<公式>でも推奨していますからね!

 

 

 

 

また、作品を視聴する前に作品レビューを気にする方もいると思います。

「B級映画じゃないの」「キャスト、声優」が良い・悪い、ネタバレ、DVDの販売・特典は「豪華」「醜い」などが含まれています。

 

その際の注意点や、レビューの数などを下記にて解説します。

 

Amazonプライム・ビデオで高評価作品はおすすめか?レビューのチェックも忘れずに!

 

「あの作品気になるけど、ネット上ではあまり良い評判を聞かない。」

 

そんな思いをしたことがある人もいるかと思いますが、果たしてそれは真実でしょうか?

不特定多数の場で書かれていることは、正しいことを書いていることもありますが、当てにならないことも多く書かれています。

 

Amazonプライム・ビデオでは、作品のレビュー(カスタマーレビュー)が下記のように表示されます。

 

 レビュー.

 

 

【作品名】
★★★★★(500)

この場合、この作品は1~5段階ある星マークが、一番良い5個付いており、500人がレビュー機能を使って感想を書いてくれています。

 

言ってしまえば、500人がこの作品を★5評価しているのです。

 

言ってしまえば、高評価作品ってことです。本当は4.5とか4.8位になっていると思いますが。

それだけ多くの人が一番良い評価をしているということは、見てみても良いのではと思います。

 

全くもって面白くないということは無いでしょう。

 

しかし、この逆で星マークが1個しかなく、レビューも500件あるような作品は何かしら問題があるということです。

高評価があれば、当然低評価も存在します。

 

星マークは全体で評価した中の"平均"で表示されるので、多くの方がレビューをしており、なおかつ星の少ない作品のときは、「面白くない」と判断してもいいと思います。

もちろん、世間では悪評が高かった作品が「自分は思うところもあったが、面白く見ることができた」というパターンもあるでしょう(その逆もまた然りです)。

 

作品を視聴する前に、ネタバレなど心配がない方は、一度レビューや星マークなど総合的にチェックしてみると、良い作品選びができるかと思います。

 

まとめ

 

数ある作品の「良い」「悪い」という判断は人はそれぞれで分かれてきます。

 

だからこそ、

 

おすすめを表示してくれるレコメンドや、視聴者のリアルな声が書かれているレビューをチェックし、自分にあった作品選びをするのが大事なのです。

 

映画一つが90分だとして、さっぱり面白くない作品に90分も見続ける、時間に割けていたのではもったいないですよ!何より精神的苦痛でしかないですからね。

 

「レコメンド機能」を参考にして、時間を有効的に、映画やドラマ、アニメを見てみてはいかがでしょうか?

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

30日間無料!学生限定プランを試してみる

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事