スポンサーリンク

この記事は約 13 分で読めます。

Huluは各種動画配信サービスと比べてお得か否か!?【徹底比較

 

昨今、動画配信サービスは星の数ほどあります。

そんな中で、動画配信サービスの草分け的な存在である Hulu(フール)は、各種有名な動画配信サービスと比べてお得なのかどうか、徹底的に比較していきます。

 

Hullの強みは、海外もの、日テレ系が強いです!

 

動画配信サービスには、それぞれ独自の強み(弱み)がある。Hullは海外ものが強み!
Huluで英語の学習に!英語字幕はあるが、字幕の切り替え機能が無い(´;ω;`)
Netflixと比較すると作品数は少ない(´;ω;`)

Huluと他社動画配信サービスと比べてお得・否か!?【徹底比較】

 

 Hulu(フール)と比較する他社の動画配信サービスは、

U-NEXT(ユーネクスト)
・Amazonプライム・ビデオ
Netflix (ネットフリックス)

の3つです。

 

比較するポイントは、以下の4つです。

1. 月額料金
2. 作品数もしくは得意な作品ジャンル
3. 再生方法
4. それぞれのメリット・デメリット

 

月額料金に関しては、特別に表記が無い限りすべて(税抜)で表記しています。

 

Hulu 対 U-NEXT!! 契約するなら海外か日本発か

 

まず初めに、Hulu(フール)と比較するのは、日本発動画配信サービスのU-NEXT(ユーネクスト)です。

<月額料金・比較>

 

分類動画配信
サービス
月額料金
(税抜)
無料期間追加料金
定額+PPVHulu(フールー)933円2週間※PPV(一部新作等有料)
2020年6/10~開始
定額+PPVU-NEXT
(ユーネクスト)
1,990円31日間※PPV(一部新作等有料)

※PPV(pay-per-view)=個別課金コンテンツ

 

月額料金に関してはHuluが933円(税抜)で、U-NEXTが1,990円(税抜)と1,000円近くU-NEXTの方が高いです。

 

どちらも定額+PPV(個別課金コンテンツ)制を採っています。

 

HullのPPVですが、「Huluストア」があります。


「Huluストア」は劇場公開から間もない最新の映画、最新の海外ドラマ、音楽ライブなど
をチェックしたいときに利用できます。「Huluストア」でレンタル・購入ができます。

 

U-NEXTは、定額作品とは別に単品購入作品があり、後者の「単品購入作品」には、レンタルと購入の2つがあります。

特にU-NEXTの作品の購入金額は、新品DVDの購入金額と同等レベル料金が設定されています。

 

しかし、毎月ポイントが支給されるので、そのポイントを使って作品をレンタルすることが可能です。

 

<作品数・得意な作品ジャンル、再生方法>

 

作品のジャンルに関しては、Huluが圧倒的に「海外ドラマ」・「海外アニメ」に強いのに対し、U-NEXTは国産ドラマ及び韓流などの「アジア系ドラマ」に強い傾向があります。

 

特に日本で人気が高い韓流ドラマは、アメリカ発のHuluやAmazonプライム・ビデオ、Netflixでは、あまり配信されていない傾向にありますが、U-NEXTは非常に多くの韓流作品を配信しています。

 

Huluは多種多様なジャンルを配信していますが、「海外ドラマ」の最新作の配信スピード感では、U-NEXTを圧倒しています。

「海外アニメ」に関しては作品数ではU-NEXTとは比較になりません。特に、他では見ることができないようなアニメも、Huluなら配信しています。

 

次に再生方法ですが、Hulu、U-NEXTともに、ダウンロードもストリーミングも可能です。

 

<メリット・デメリット>

 

最後にメリット・デメリットですが、

 

Huluのメリットは定額部分は追加料金が無いことです(新作などを見るときは、PPV(個別課金コンテンツ)制で有料となるので、別途料金は発生します)。

 

U-NEXTのメリットは、「U-NEXTポイント」が月々支給されることです。このポイントで定額対象外作品をレンタルしたり、対象の映画館で映画を見ることも可能です。

またU-NEXTのデメリットは、月額料金が群を抜いて高額にみえる点です。ただし「U-NEXTポイント」で新作を見るために使うこともできますし、雑誌を読むこともできるため、デメリットがメリットと考えることもできます。

 

 

 

Hulu 対 Amazonプライム・ビデオ!! 動画配信サービスか通販サイトか

 

2番目にHulu(フール)と比較する動画配信サービスは、通販サイトAmazonが運営するAmazonプライム・ビデオです。

<月額料金・比較>

 

分類動画配信
サービス
月額料金
(税抜)
無料期間追加料金
定額+PPVHulu(フールー)933円2週間※PPV(一部新作等有料)
2020年6/10~開始
定額+PPVAmazonプライム・ビデオ500円(年額4,900円なら408円)※※30日間PPV(一部新作等有料)

※PPV(pay-per-view)=個別課金コンテンツ
※※Amazonプライム・ビデオは税込み

 

月額料金に関しては、Huluが933円であるのに対し、Amazonプライム・ビデオは500円(税込)となっております。400円以上、Amazonプライム・ビデオのほうが安いですね。

 

どちらも定額+PPV(個別課金コンテンツ)制を採っています。

 

<作品数・得意な作品ジャンル、再生方法>

 

作品のジャンルに関してHuluは前述の通り、圧倒的に「海外ドラマ」・「海外アニメ」に強いです。

それに対し、Amazonプライム・ビデオはあらゆるものが流通する場へと挑戦を続けるAmazon.com同様に、ドラマからバラエティー番組まで幅広いジャンルを配信しています。

 

そのため、一つのジャンルの作品数がHuluに比べて少なくなってしまっています。

特に定額の作品だけではHuluの「海外ドラマ」・「海外アニメ」の作品数には遠く及びません。

 

次に再生方法ですが、どちらもダウンロードおよびストリーミング再生が可能です。

Hulu、Amazonプライム・ビデオもどちらも定額+PPV(個別課金コンテンツ)制を採ってるので、「Huluストア」や「Amazonビデオ」でレンタルや購入が可能です。

 

<メリット・デメリット>

 

最後にメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、

Hulu・Amazonプライムビデオとも定額部分は追加料金が無いことです(逆にいうと、PPV(個別課金コンテンツ)制は有料なので、新作などは別途料金は発生します)。

 

Hulu 対 Netflix!! 動画配信サービスの草分けかメディアの黒船か

 

最後にHulu(フール)と比較する動画配信サービスは、もはや独自の放送局とも言えるNetflix (ネットフリックス)です。

<月額料金・比較>

 

分類動画配信
サービス
月額料金
(税抜)
無料期間追加料金
定額+PPVHulu(フールー)933円2週間※PPV(一部新作等有料)
2020年6/10~開始
完全定額制Netflix
(ネットフリックス)
ベーシック:
800円
スタンダー:
1,200円
プレミアム:
1,800円
無し完全見放題

 

月額料金に関しては、Huluが933円であるのに対し、Netflixはコースが3つに分かれています。
ベーシック:800円 スタンダード:1,200円 プレミアム:1,800円の3つです。

 

Huluは定額+PPV(個別課金コンテンツ)制、Netflixは完全定額制となっています。

 

<作品数・得意な作品ジャンル、再生方法>

 

作品のジャンルに関しては、Hulu・Netflixと共に「海外ドラマ」に強く、Huluは「海外アニメ」にも強いのに対し、Netflixはオリジナル作品のバリエーションが非常に多いです。

 

次に再生方法ですが、どちらもダウンロードおよびストリーミング再生が可能です。

 

<メリット・デメリット>

 

最後にメリットデメリットですが、

Netflixと比較した場合のHuluのメリットは、「海外ドラマ最速配信」・「多様な海外アニメ作品」となります。

 

Netflixのメリットは、「独自の放送局」とも言える程のオリジナル作品の数です。

オリジナル作品のジャンルは、「アメリカンヒーロー」作品から日本の「聖闘士星矢:Knights of the Zodiac」「ウルトラマンULTRAMAN」など多岐に渡ります。

 

Netflixと比較した場合のHuluのデメリットは、独自の作品が薄いことです。

 

Netflixのデメリットはプランによっては、見れるデバイスの数が限られるなどサービスの質が落ちることです。

 

Huluも強み(弱み)あり。特徴を理解して選ぼう、楽しもう

 

いかがでしたでしょうか?

動画配信サービスには、それぞれ独自の強み(弱み)を持っています。

 

自分の使い方に合った動画配信サービスを選んでみてください。

 

 

 \海外ドラマ・アニメに強いHull。2週間無料楽しもう!/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事