スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

dTVとdTV チャンネルの違いとは?

 

今回取り上げているのは、dTVとdTV チャンネルの違いです。

dTV にチャンネルと付くのですから、何かTVとか専門番組なのでしょうか!?

 

dTV…リアルタイム配信・ダウンロード機能〇/月額料金550円(税込)
dTVチャンネル… オンデマンド配信・ダウンロード×、dTVの配信内容に加えてエンタメ、ドキュメンタリー、趣味、ニュース等/月額料金858円(税込)
セット料金のほうがお得(「dTV+dTVチャンネル」「dTV+dTVチャンネル+DAZN for docomo」)

dTVについて

まずは、dTV (ディーティービー ) についてです。

dTV は NTTドコモが配信している動画配信サービスの一つで、docomoTVの訳でdTVと言います。

 

月額550円(税込)で、映画やアニメ、ドラマ・ドキュメンタリー・コメディ・フィットネス・音楽などを楽しむことができます。

また、別途で300円~かかりますが、ドラマなどのレンタルショップでいう新作や準新作を「レンタル」して見ることができます(もちろん返却は不要ですよ!)。

 

例えば、映画では日本映画はもちろん、ハリウッドや中国映画、韓国映画も揃っていて、とても見やすい作品が集まっています。

docomoユーザーなら誰もが知っている動画配信サービスなのですが、docomoユーザー以外でも見ることができます。

 

dアカウントさえ取得しておけば、あなたがソフトバンクや au のユーザー、格安のMVNOユーザーであっても契約し、見ることができます。

d アカウントは「無料」で作成でき、作成をした後はdTVへ登録をすれば簡単に見ることができます。

 

docomoユーザーなら「ドコモ携帯合算払い」や「クレジットカード払い」の2種類から選ぶことができます。
docomoユーザー以外は「クレジットカード」のみの支払いになります(クレジットカードを持っていない方は契約することができません)。

 

またダウンロードをすることができるので、通勤・通学、外出中にオフライン環境にあったとしても、見ることができます。

 

dTVチャンネルについて

 

続いてdTV チャンネルについてです。

dTV チャンネルは、dTV と同じく NTTドコモが運営している動画配信サービスのひとつです。
ちなみに、ドコモにはdTVやdTV チャンネルのほかに、Dアニメストアやdミュージックなども展開しています。

 

dTVチャンネルとdTVとは違い、TVの有料番組を月額料金858円で見ることができます。

こちらもdocomoユーザーだけではなく、docomoユーザー以外のソフトバンクやau、MVNOなどのユーザーであっても見ることができます。同じようにdアカウントを作る必要はあります。

 

やはり、d アカウントは「無料」で作成でき、dTV チャンネル登録をすれば簡単に見ることができます。

支払いに関してもdTVと一緒で、docomoユーザーは「ドコモ携帯合算払い」と「クレジットカード払い」の2種類から、docomoユーザー以外は「クレジットカード払い」だけとなります(クレジットカードを持っていない方は契約することができません)。

 

dTVとdTVチャンネルの違い

dTVdTVチャンネル
配信形式リアルタイム配信オンデマンド配信
月額料金(税込)月額550円月額858円
配信内容
映画、ドラマ、アニメ、
韓流・華流、音楽、バラエティ、
シアター、ショートショート、
フィットネス、ニュース、
オリジナル、カラオケ
映画、ドラマ、アニメ、
韓流・華流、音楽、
エンターテイメント、ドキュメンタリー、
趣味・実用、ニュース
デバイススマホ・タブレット、
PC、テレビ(スマートTV)、
STB※
スマホ・タブレット、
PC、テレビ(スマートTV)、
STB※
ダウンロード機能ありなし

※STB=セットトップボックス。Apple TV、ChromeCast、Amazon Fire TV Stickなどがあります。
ドコモでは、ドコモテレビターミナルを販売しています。

 

 

 

サービス名/月額料金(税額)ドコモの
ユーザー
ドコモ以外
ユーザー
定額dTV550円
PPVdTVチャンネル858円
PPVDAZN for docomo1,925円(※)
組合せ①dTVdTVチャンネル1,078円(330円お得)
組合せ②dTVDAZN for docomo2,255円(220円お得)
組合せ③dTV +dTVチャンネル + DAZN for docomo2,758円(550円お得

2020年9月30日までの加入者は1,078円(税込)で継続利用可。

 

 

ドコモユーザーであるか否かにかかわらず、上記の月額料金(税込)となります。

dTVとdTV チャンネルの違いは、dTVは動画配信サービスであって、映画やドラマ・アニメ・バラエティなどが、リアルタイム配信で、月額500円で見ることができます。

 

dTV チャンネルは、テレビの有料テレビ番組(エンターテイメント、ドキュメンタリー、趣味・実用、ニュース)が配信されていて、オンデマンド配信で月額780円で見ることができるという、決定的な違いがあります。

 

(余談にはなりますが、dTVチャンネルでは、ドラマコウノドリ シーズン2 (2017年)が配信されていましたし、dTVチャンネルもアニマックス,キッズ子供向けのアニメ番組(トレインズ -TRAINS-、子育てTV ハピクラなど)チキチキマシン猛レース!、すごい懐かしすぎるのですが、JQというのもあります。←必ず公式dTVチャンネルで確認してくださいね!)

 

このように"セット"にすれば、お得感はありますね。

「dTV+dTVチャンネル」なら330円、「dTV+DAZN for docomo」なら220円、「dTV + dTVチャンネル + DAZN for docomo」のセットなら550円お得になります。

 

まとめ

 

「dTV」と「dTV チャンネル」の違いについて説明しました。
まずは配信内容に違いが出ていましたね。

もし見逃した場合にも「見逃し配信」も行っているので、「dTV チャンネル」もぜひ契約してみると良いですね。
ただ、「dTV」 と「dTVチャンネル」は、各々にアプリをインストールする必要性があるので、ちょっと煩わしさを感じるかもしれませんね。

 

「dTV +dTV チャンネル」両方とも契約しても1,078円(税込)と割引が利くので、HuluやU-NEXT(ユーネクスト)などを見るよりかは、とてもお安いのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ!