スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

dTVの月額料金は?発生はいつから?

 

dTVは安い価格で、約12万もの動画を見ることができ、洋画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメなど種類はいろいろあります。またカラオケもあり、カラオケ気分を楽しむことができます。

"安い"と評判のdTVですが、スマホやタブレット、携帯電話・スマホ大手キャリアのドコモと契約していなくても、dTVに契約をすれば、動画を見ることができます。

 

ここでは、契約前後のdTVの月額料金と支払い方法について取り上げていきます。

 

dTVの無料期間は、初回は「31日間」だが、31日超えから料金発生!
ドコモユーザーは「電話料金合算」か「クレジットカード」の支払い
ドコモユーザー以外「クレジットカード」のみ支払い(×デビッドカード支払いは不可)
dTVの料金発生は「毎月1日」から。契約日・解約日関わらず毎月1日から末日までの1ヶ月分発生!←要注意です

dTVの月額料金はいくら?

dTVの契約の仕方

 

月額料金の前に、dTVへの契約は必要です。

ドコモユーザー以外の方は、どのようにして契約するのか分からない人がいるかもしれませんね。
契約の仕方は3ステップです。

 

Ⅰ dTVのサイトを開きます。

Ⅱ 登録情報を入力します。

Ⅲ 料金の支払い方を入力します。

 

月額料金の発生について

 

分類動画配信
サービス
月額料金
(税込)
無料期間追加料金
定額+PPVdTV
(ディーティービー)
550円31日間※PPV(一部新作等有料)

※PPV(pay-per-view)=個別課金コンテンツ

 

dTVは定額制と思うかもしれませんが、「定額+PPV(個別課金)」制となっています。ご注意ください!
PPV(個別課金)というのは、新作や準新作にあたるものをレンタルした場合にかかるものです。

 

目安としては、作品タイトルに「¥」マークがついているものがそうで、目印です。

 

ジャンルレンタル料金
「¥」マークがついているもの
映画300~550円(税込)
ドラマ150~300円(税抜)
テレビアニメ200円(税抜)

 

ここでは、料金の発生について説明していきます。

 

①無料期間31日がある

 

dTVを新規契約すると、31日間は無料でdTVを体験できます。

31日間は無料ですので、契約したくなければ31日間中に解約すれば月額料金は発生しません。

 

②料金の発生はいつから?

 

Q. 月の途中から入会した場合、料金はどうなりますか?

A.dTVの月額利用料月額550円(税込)は 契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1ヶ月分の料金となります。日割り計算はいたしませんのでご注意ください。
※初回お申込みの場合31日間の無料期間が適用されますが、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1ヶ月分)がかかります。

dTV よくある質問

 

dTVの料金が発生するのはお試し期間、つまり無料期間の31日を過ぎれば、その日の月から月額料金550円(税込)の支払いが発生します。

もし、32日目にやめようとしても月額料金550円(税込)は発生してしまうので、注意してください。

 

また、料金の支払い方法は、契約をするときに設定した方法で支払いをしてください。

 

支払いは毎月1日から発生します!!

もし、月末からのdTV契約で翌月にまたいで視聴した場合、支払いはその月の分とその次月の1日には新しく料金が発生してしまうので注意です(単純計算で、550+550=1100円(税込)が発生するということです)。

ドコモ系(dTVやdTVチャンネル、dアニメストア、連携しているDAZN for docomo、ディズニープラスなど)の支払いには注意しましょう。

 

 

料金の支払い方法

 

料金の発生についてを説明してきました。

ここではdTVの料金の支払い方法を説明していきますが、非docomoユーザーで契約している人は気になるのではないかと思います。

①支払い方法

 

ドコモユーザーはdocomoの「電話料金合算での支払い」か「クレジットカードでの支払い」の2パターンがあります。

一方、ドコモユーザー以外で契約している人は「クレジットカード」の1つしか方法がありません。
プリペイドカード払いはできません。

 

docomoの電話料金の合算は・・・

docomoの電話料金の合算とは、月額料金を携帯料金と一緒に支払うことができます。
月末に請求されます。

 

クレジットカード払いは・・・

ドコモユーザードコモユーザー以外でも支払いができるのが、クレジットカード払いです。

 

②料金を滞納するとどうなる?

 

月額料金が550円(税込)と動画配信サービスのなかでは、コスパがよくお財布にも優しい価格設定になっています。

ですが、たまに滞納してしまう人もいるようです。料金を滞納するとどうなるのでしょうか?

 

滞納は2ヶ月までで、dTVの利用ができなくなります。

それは「電話料金合算での支払い」「クレジットカードでの支払い」でも同じことです。

 

安くて評判なdTVですが、料金滞納は避けなければなりません。
docomoのほうから無理やり解約ということはありませんが、料金の滞納分を支払えばサービスは復活します。

 

まとめ

まとめます。

 

①dTVには無料期間がある

dTVにはdTVの魅力を体験できる31日間があり、その期間中に解約しても料金は発生しません。しかし、無料期間の31日間を越えてからの解約は、月額料金550円(税込)がかかるので、注意してください。

 

②dTVの料金発生は「毎月1日」から

dTVの料金発生は月の途中から無料期間が開けても、月末からの契約でもその月の料金は発生してしまいます。もし、1日を過ぎてしまうと月額料金が発生してしまうので注意してください。

なので、無料期間の終わるタイミングを数えながらやった方がお得です。

※ドコモ系(dTVやdTVチャンネル、dアニメストア、連携しているDAZN for docomo、ディズニープラスなど)の支払いにも注意しましょう。

 

③支払い方法はドコモユーザーとドコモユーザー以外とでは違う

支払い方法はドコモユーザーは「電話料金合算での支払い」「クレジットカードでの支払い」の二つありますが、ドコモユーザー以外は「クレジットカード払い」しかできません。また、デビットカードでの支払いできないので注意してください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事