スポンサーリンク

この記事は約 16 分で読めます。

Filmarks(フィルマークス)

英国放送協会(BBC)が「21世紀の偉大な映画ベスト100」を企画・発表しています。

今回はそのうちの100~71位について、紹介していきます。

ベスト100ではあっけないので、映画視聴の評価・指標となる、Yahoo映画!(※Yahoo映画!に無いものは、Filmarks(フィルマークス))を。Yahoo映画!は良く知られていますし、Filmarksもスマホでも人気のアプリが出ています。

そして、IMDb(=インターネット・ムービー・データベース)の評価点数も載せました。

IMDbはAmazonが子会社で、世界で合計8,300万人もいる登録ユーザーにより、映画への10段階評価が与えられています。データーベースとしても、映画ランキングの規模としても世界最大を誇ります。

また作品パッケージ(DVDをベース)や「一口メモ」欄では、簡単な受賞歴や気になった点も軽くまとめています。

 

BBCが選んだ「21世紀の偉大な映画ベスト100」はこれだ!【71~100位】

 

ベスト『作品名』(原題)(公開年/監督名)

作品パッケージジャンルY映画!
IMDb一口メモ
100『ありがとう、トニ・エルドマン』(Toni Erdmann) ( 2016/マレン・アデ) ※日本未公開
ドラマ/コメディ3.5/57.4/10・第29回ヨーロッパ映画賞で作品賞(女性監督としては史上初)
100『レクイエム・フォー・ドリーム』(Requiem for a Dream)(2000年/ダーレン・アロノフスキー)
ドラマ/サイコスリラー3.9/58.3/10・小説『夢へのレクイエム』から。普通の男女が破滅へと落ちていくさまを鋭く描いた衝撃のドラマ
100『カルロス』(Carlos)(2010年/オリヴィエ・アサヤス)
歴史4.0/57.6/10・革命を夢見たテロリスト、イリッチ・ラミレス・サンチェスの史実。2010年カンヌ国際映画祭特別上映作品
99『落穂拾い』(Les Glaneurs et la Glaneuse)(2000年/アニエス・ヴァルダ)
ドキュメンタリー4.2/57.7/10・フランス各地の現代の落穂拾い”をとらえたドキュメンタリー。
98『10話』(Dah)(2002年/アッバス・キアロスタミ)
ドラマ/ドラマ3.9/57.5/10・原題:Ten。1台の車の中で運転席に座る女性と、代わる~助手席に乗り込む人々の会話のなかで構成された「10(Ten)の物語]
97『ホワイト・マテリアル』(White Material)(2009年/クレール・ドニ)
ドラマ/政治的ドラマ3.4/56.9/10・エスカレートする内戦と過去48時間の出来事を説明する一連のフラッシュバック映画
96『ファインディング・ニモ』(Finding Nemo)(2003年/アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ)
アドベンチャー/コメディ4.0/58.1/10・ピクサー映画。第76回アカデミー賞では長編アニメ賞を受賞
95『ムーンライズ・キングダム』(Moonrise Kingdom)(2012年/ウェス・アンダーソン)
ドラマ/青春3.5/57.8/10・少年少女の逃避行と彼らを追う大人たちの姿を描く。思春期の子どもの反抗心と冒険と恋のお話し
94『ぼくのエリ 200歳の少女』(Let the Right One In)(2008年/トーマス・アルフレッドソン)
ドラマ/ロマンス3.9/57.9/10・2004年の小説『MORSE -モールス-』を脚色。吸血映画で、ヴァンパイアの恐怖や哀しみを描いている
93『レミーのおいしいレストラン』(Ratatouille)(2007年/ブラッド・バード、 ジャン・ピンカヤ)
ドラマ/ファンタジー4.0/58.0/10・ピクサー映画。第80回アカデミー賞では長編アニメ賞を受賞
92『ジェシー・ジェームズの暗殺』(The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford)(2007年/アンドリュー・ドミニク)
 ドラマ/クライム3.3/57.5/10・第64回ベネチア国際映画祭で、ラッド・ピットが主演男優賞を受賞
91『シークレット・アイズ』(Secret in Their Eyes)(2015年/ビリー・レイ)サスペンス3.4/56.3/10・ 第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した、アルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』をハリウッド版に
90『戦場のピアニスト』(The Pianist)(2002年/ロマン・ポランスキー)ドラマ/歴史4.1/58.5/10・カンヌ映画祭でパルムドールを受賞
・主演エイドリアン・ブロディはアカデミー主演男優賞を受賞。
89『頭のない女』(La mujer sin cabeza)(2008年/ルクレシア・マルテル)ドラマ/ミステリー3.8/5※6.5/10・「自分は人を殺してしまった」と思い込み、精神的不安定を描く。作風に賛否両論も。
88『スポットライト 世紀のスクープ』(Spotlight)(2015年/トーマス・マッカーシー)伝記/犯罪/ドラマ3.9/58.1/10・第88回アカデミー賞では作品賞と脚本賞を受賞。カトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を映画化
87『アメリ』(Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain)(2001年/ジャン=ピエール・ジュネ) ロマンス/コメディ3.9/58.3/10・原題は「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意味。空想好きのちょっと変わった女の子をオドレイ・トトゥが演じる。映画からミュージカルが生まれた。
86『エデンより彼方に』( Far from Heaven)(2002年/トッド・ヘインズ)ドラマ/歴史3.7/57.3/10・1950年代のアメリカ東部コネチカット州が舞台。 ジュリアン・ムーアはヴェネツィア国際映画祭で女優賞を受賞
85『預言者』(Un prophète)(2009年/ジャック・オーディアール)ドラマ/クライム3.6/57.9/10・第62回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。アラブ系フランス人青年が壮絶なサバイバルを経て自身のファミリーを形成する姿を活写
84『her/世界でひとつの彼女』(Her )(2013年/スパイク・ジョーンズ)ドラマ/ロマンス3.4/58.0/10・人工知能型OSサマンサに恋をする男を描いた物語。主人公セオドア役にホアキン・フェニックス。人工知能型OSの“サマンサ”には、スカーレット・ヨハンソン
83『A.I.』(A.I. Artificial Intelligence)(2001年/スティーブン・スピルバーグ)ドラマ/ファンタジー3.5/57.2/10・故スタンリー・キューブリック監督の念願の企画をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化。
82『シリアスマン』(A Serious Man)(2009年/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン)ドラマ/コメディー3.4/57.0/10・次々と不幸に見舞われる男(大学教授ラリー・ゴプニック)の姿をシニカルに描くコメディー・ドラマ。ユダヤ教、旧約聖書のヨブ記などあらかじめ軽く知識を入れておいたほうがいい。
81『SHAME -シェイム-』(Shame)(2011年/スティーブ・マックイーン)ドラマ/エロティカ3.2/57.2/10・単的にいうと性的依存症の兄と恋愛依存症の妹のお話。欲求の奥に潜む心の闇を暴き出す衝撃的な人間ドラマといえよう(R18指定作品)。
80『父、帰る』(Возвращение)(2003年/アンドレイ・ズビャギンツェフ)ドラマ/ミステリー3.9/58.0/10・ロシア映画。第60回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞と新人監督賞を受賞
79『あの頃ペニー・レインと』(Almost Famous)(2000年/キャメロン・クロウ)メディー・ドラマ/ミュージカル・コメディ3.8/57.9/10・監督のキャメロン・クロウの実体験を脚本・映画化。15歳で『ローリング・ストーン』誌の記者になったことから。
・第58回ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、第73回アカデミー賞脚本賞を受賞
78『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)(2013年/マーティン・スコセッシ)ドラマ/コメディ3.6/58.2/10・ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』が原作。1980年代~1990年代ウォール街で、若くして大金を稼ぎ、その後証券詐欺の容疑で逮捕されたベルフォートの話し。
77『潜水服は蝶の夢を見る』(Le scaphandre et le papillon)(2007年/ジュリアン・シュナーベル)ドラマ3.8/58.0/10・『ELLE誌』の編集長ボービーは脳溢血に襲われ一命を取りたが、左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった。20万回の瞬き(まばたき)でつづった自伝小説を映画化。
76『ドッグヴィル』(Dogville)(2003年/ラース・フォン・トリアー)ドラマ/ミステリー3.7/58.0/10・本作の『ドッグヴィル』、続編『マンダレイ』(2005)そして『Washington』(2009年⇒無期限)の3作で「機会の土地-アメリカ」三部作をなすとされている。
75『インヒアレント・ヴァイス』(Inherent Vice)/ポール・トーマス・アンダーソン)ドラマ/ミステリー3.3/56.7/10・舞台は1970年代。アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説『LAヴァイス』を映画化。
74『スプリング・ブレイカーズ』(Spring Breakers)(2012年/ハーモニー・コリン)ドラマ/スリラー2.6/55.3/10・スプリング・ブレイク(=春休み)に刺激を求める女子4人組が裏社会へと足を踏み入れていく姿を描く。資金欲しさに強盗をしでかしたのだ。
73『ビフォア・サンセット』(Before Sunset)(2004年/リチャード・リンクレイター)ドラマ/自主映画3.9/58.0/10・『恋人までの距離』(Before Sunrise)(1995年)の続編。本作続編は『ビフォア・ミッドナイト』(Before Midnight)(2013年)。
72『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(Only Lovers Left Alive)(2013年/ジム・ジャームッシュ)ドラマ/ファンタジー3.6/57.3/10・世界で一番、エレガンなトミュージシャンと吸血鬼を題材に描くラブストーリー
71『熱波』(Tabu)(2012年/ミゲル・ゴメス)ドラマ/ロマンス3.8/57.3/10・現代のリスボンと1960年代の植民地時代のアフリカが舞台で、2部構成で綴る。
・第62回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞、アルフレッド・バウアー賞を受賞

 

 

 

動画配信サービス選ぶ際の重要なポイントは?

 

「21世紀の偉大な映画ベスト100」を紹介しています。何か気になった映画はありましたか?

もう一度観直したくなった映画がありましたか?

 

動画配信サービス(VOD=ビデオオンデマンド)を選ぶ際の「重要ポイント」は何でしょうか?

 

配信数?料金?ダウンロード?・・・いろいろありますが。もっともあなたにとって、

「観たい映画が配信されているか」ではないでしょうか。

 

ベスト
【78位】
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)
(2013年/マーティン・スコセッシ)
 
『作品名』
(原題)
(公開年/監督名)
ジャンルドラマ/コメディ
評価Y映画! 3.6/5IMDb 8.2/10

 

ここでは、「21世紀の偉大な映画ベスト100」にベスト78位に選ばれた『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)(2013年)を、検索総合サイト「JustWatch」を使った事例を紹介します。以下を参考にしてみてください。

 

次回は「21世紀の偉大な映画ベスト100」【51~70位】を紹介します!

 

「21世紀の偉大な映画ベスト100」は、2013年に英国放送協会(BBC)が企画したものです。

ところで「21世紀っていつから?」ということですが、2000年から今日まで。

 

2000年に公開された映画から、ベストという形でランキングされています。

今後また月が経って映画数が増えてくれば、また新たにランキングの"入れ替え"が出てくるでしょうね。
”偉大な映画であること”には、違いありません。

 

次回の「21世紀の偉大な映画ベスト100」は【51~70位】まで、同じようにパッケージや「一口メモ」なども交えて紹介しますね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事