この記事は約 34 分で読めます。

amazon当サイトではいくつかの動画配信サービスを紹介しています。

ここではAmazonプライム・ビデオのサービス概要、メリットやデメリットをお伝えしています。

 

ざっくりいうと

月額500円(税込)or 年額4,900円(税込)の最強コストパフォーマンス
Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員特典の1つ!
・海外ドラマ、キッズ、オリジナルが充実
・追加視聴なら『Amazonプライム・ビデオチャンネル』も
ダウンロード可同時視聴は3台まで
ストリーミング再生STB( Amazon Fire TV / Fire TV Stickなど)が便利

 

Amazonプライム・ビデオ サービスの概要

料金プラン月額500円(税込) または 年額4,900円(税込)
作品数7万本以上(※)無料期間30日間
ダウンロード
再生
可能支払方法クレジットカード、キャリア決済、Amazonギフト券など
得意ジャンル海外映画、海外ドラマ、アニメ。オリジナル作品あり最高画質フルHD(1080p)
4Kも一部対応(画質選択可)
同時視聴人数最大3人(3台)対応端末テレビ、スマートフォン、タブレット、パソコン、ゲーム機、STBなど
運営会社・
サービス
開始
アマゾン・ジャパン(株)
2015年9月~
特徴・最強のコストパフォーマンス
・プライム会員で他特典も
・音楽配信「Amazonプライム・ミュージック」も楽しめる

※7万本以上(見放題は8,000本。レンタル・購入作品は3万本)

 

Amazonプライム申し込む

Amazonプライム・ビデオ サービスのステータス

 

 

料金

分類動画配信サービス月額料金(税抜)無料期間追加料金
定額+PPVU-NEXT
(ユーネクスト)
1,990円31日間※※PPV(一部新作等有料)
完全定額制Hulu(フールー)933円2週間完全見放題
定額+PPVFOD
(フジ・オン・デマンド)
888円1ヶ月PPV(一部新作等有料)
完全定額制Netflix
(ネットフリックス)
ベーシック:
800円
スタンダー:
1,200円
プレミアム:
1,800円
無し完全見放題
定額+PPVdTV
(ディーティービー)
500円31日間PPV(一部新作等有料)
定額+PPVAmazonプライム・ビデオ月間プラン500円(年間4,900円なら408円)※30日間PPV(一部新作等有料)
定額+PPVディズニーデラックス700円31日間※PPV(一部新作等有料)

Amazonプライム・ビデオの月額料金は税込表示
※※PPV(pay-per-view)=個別課金コンテンツ

 

Amazonプライム・ビデオの月会費は500円(税込)です。
年会費支払いなら4,900円となり、月額換算すると408円になります。

年会費支払いだと、(月会費500×12ヶ月=6,000円となり、)
6,000円-4,900円=実質1,100円の割引価格で利用することができます。

 

月会費、年会費支払いのいずれにしても、他の動画配信サービスと比較して料金は格安です。

ちなみに学生のみ対象とした「Prime Student」があり、月間プラン250円(年間プラン2,450円)で、無料体験が6ヶ月になります。

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

 

サービス内容

 

Amazonプライム・ビデオというサービスに至っては、その内容がいまいち理解されていないところがあるようです。

Amazonプライム・ビデオのサービス内容について、理解すべきところは3点です。

 

①動画配信サービスではなく、あくまでAmazonプライムの特典のひとつ(約20の特典)
 LAmazonプライムの会員であることが大前提。

 

②動画配信サービスの分類上は「定額(動画見放題)+PPV(=個別課金コンテンツ)」のシステム
 L"プライム"のついたものが、動画見放題です(見放題は8,000本)。

PPV(=個別課金コンテンツ)とは、旧来からある『Amazonビデオ』というもので、新作や話題作などでレンタルをしたり、購入したりすることができます。←ココに誤解アリ!

 

また最近では『Amazon Prime Videoチャンネル』もできました。これもPPV(=個別課金コンテンツ)で、ほかの動画配信サービスで言う「ジャンル別見放題パック」にあたります。←コレも誤解アリ!


よって、プライム会員向けの動画見放題作品もありますが、PPVもあるので完全な見放題ではありません。

 

完全見放題で見たいなら、完全定額制のHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)をおすすめします。

 

③1契約1アカウントが原則。違う動画なら同時視聴は一度に3台まで。
 LAmazonプライムには「同居の家族であれば2名まで」家族会員としてプライム特典が利用できます。
しかし特典の制限があり、あくまで「配送」に関するものであって約20特典中の6つのみです。

 

家族会員について

・お急ぎ便無料
・お届け日時指定便が無料
・特別取扱手数料が無料
・Amazon会員限定先行タイムセール
・Amazonパントリー
・Amazonフレッシュ

 

よって「Amazonプライム・ビデオ」や「Amazonプライム・ミュージック」は本会員しか利用できません。

L「1契約1アカウントが原則(=マルチアカウント非対応)」であれば、本会員以外の家族はどのようにしたら「Amazonプライム・ビデオ」が共有できるのか?ということになりますが、本会員に登録したアカウントを家族共有で利用することは可能です。

 

Amazonビデオ使用規則によれば、それぞれ「違う動画なら、同時視聴は3台まで可能」となっています。←コレもかなり誤解アリますね!

 

作品数とジャンル

 

Amazonプライム・ビデオでの動画の本数は7万本ほど(見放題が8,000本、ほかレンタル・購入品として3万本)となっており、ほかの動画配信サービス(U-NEXT、Hulu、Netflixなど)と比較しても、コンテンツ量は若干、物足りない感じがします。

月会費なら500円(税込)でAmazonプライムの会員特典のひとつとして動画が見られると考えれば、妥当な数なのではないでしょうか。

ジャンルとしては、海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメが得意とするジャンルであり、最近ではオリジナル作品にも力を入れています。

全体として、人によっては見劣り感を感じるかもしれませんが、1ヶ月あたり2本の動画を見れば十分に元が取れる計算になります。

 

無料視聴期間

 

Amazonプライム無料体験は30日間です。

その特典のひとつである、Amazonプライム・ビデオも無料視聴期間も同じ、30日間です。

 

Amazonプライム無料体験であってもAmazonプライム・ビデオの対象の作品なら、無料で見ることができます。(←くれぐれもPPV(=個別課金コンテンツ)である『Amazonビデオ』や『Amazon Prime Videoチャンネル』にはご注意を!)

もちろん、ほかの特典(お急ぎ便使い放題やAmazonプライム・ミュージックなど全19特典)も、期間内でしたら無料で利用することができます。

 

見たい映画、気になるドラマありますか?

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

Amazonプライム・ビデオの特徴

 

Amazonプライムのアカウントは1つ!ただし・・・。

 

Amazonプライムは「1契約につき1アカウント」作ることになります。
ただし、「Amazonプライム・ビデオ」本会員に登録したアカウントを家族共有で利用することは可能です。

 

Amazonビデオ使用規則によれば、それぞれ「違う動画なら、同時視聴は3台まで可能」となっています。

 

定額(動画見放題)+PPV(=個別課金コンテンツ)のシステムです!

 

繰り返しになりますが、Amazonプライム・ビデオのサービス内容は「定額(動画見放題)+PPV(=個別課金コンテンツ)」なので、完全な動画見放題ではありません。

PPV(=個別課金コンテンツ)とは、旧来からある『Amazonビデオ』でのレンタルや購入が、『Amazon Prime Videoチャンネル』は、ほかの動画配信サービスでいう「ジャンル別見放題パック」にあたります。

 

ダウンロードできる動画あり

 

Amazonプライム・ビデオが見られる対応端末は幅が広いです。すべての作品ではありませんがダウンロードすることができます。

ダウンロードできる端末はスマートフォン、タブレットのアプリに限られ、25本まで可能です。

画質はフルHD(1080p)をはじめ、画質選択は可能です。

ただその分、容量は大きいですし、ダウンロードするのには時間はかかります。あらかじめWi-Fiなどの環境下でダウンロードしておいて見るとよいでしょう。

 

Amazonプライム・ビデオを使ってみて


Amazonプライム・ビデオを使ってみて、良かった点、ちょっとイマイチだった点を挙げてみますね。

メリット

 

①料金は月額500円(月額)、年会費でも4,900円。コスパ高し!

 

月間プラン(税込)※年間プラン(税込)※
契約期間1ヶ月単位(自動更新)1年単位(自動更新)
会費月額500円年額4,900円
(月額換算なら408円)
1年間契約した場合計6,000円
備考年間プランが1,100円お得

※学生のみ対象の「Prime Student」があります。月間プラン250円(年間プラン2,450円)になります。

 

私はかれこれ5年以上は、Amazonプライムビデオを見ています。Amazonプライムに至っては10年以上利用しています。

なんと言ってもコストパフォーマンスが圧倒的に良い!っていうこと。これが利用継続している私なりの最大の理由です。

 

当初は「仕事をしていて忙しいし、Amazonプライムって使う機会があるのかどうか!?」って疑問はありました。

昔は本の販売から始まったAmazonですが、今はいろんなカテゴリーのものが販売されています。意外とお安い商品もあって「お急ぎ便」や「日時指定」などプライム会員ならではの、配送特典が無料で利用することが多かったです。

 

しかもAmazonプライムに「Amazonプライム・ビデオ」の特典が追加され、徐々に作品数も増えてきてコンテンツがパワーアップしてきました。

今では約20の特典があるんですよね!

まあ、すべての特典を使い果たせば良いのですけど「Amazonプライム・ビデオ」は最強だと思います。

 

②海外ドラマ、オリジナルコンテンツに強い

海外ドラマについてはHulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)に次いで強いです。最近ではオリジナルコンテンツにも力を注いでいます。ほかの動画配信サービスでもオリジナルコンテンツはあることにはあるんですが、Hulu(日テレ系)、FOD(フジテレビ系)などは各テレビ局のコンテンツの見逃し配信などを提供しているため、独自コンテンツで差別化という意味ではAmazonプライム・ビデオは秀でていると言えます。

国内最強と言われているdアニメストアやdTVと比べたらあれですが、最近アニメも充実してきました。
『Amazonビデオ』『Amazon Prime Videoチャンネル』を利用するのも一つです。

 

③『Amazonビデオ』『Amazon Prime Videoチャンネル』も充実

Amazonプライム・ビデオの対象の作品なら無料で見ることができますが、PPV(=個別課金コンテンツ)である『Amazonビデオ』『Amazon Prime Videoチャンネル』も充実しています。

 

主なAmazon Prime Videoチャンネル
映画&TV番組

・スターチャンネルEX -DRAMA&CLASSICS-(月額972円)
…最新のHBOの海外ドラマや、スターチャンネルおすすめの映画
・時代劇専門チャンネルNET(月額540円)…『鬼平犯科帳』『暴れん坊将軍』など

アニメ

・スカパー!アニメセットfor Prime Video(月額756円)
・dアニメストア for Prime Video(月額432円)
キッズ
・NHK子どもパーク(月額390円)…「おかあさんといっしょ」「いないいないばあ」など
・ニコロデオン(月額432円)…海外の人気アニメなど

スポーツ

・J SPORTS(月額2,138円)…国内外のスポーツ専門チャンネル。4つのライブ配信も。

 

ほかにも、音楽、ステージ、ニュース&ドキュメンタリー、趣味・実用などがあります。
Amazon Prime Videoチャンネルの月額料金は214円~2,138円となっています。

 

④ダウンロードして再生できる(オフライン再生)

一部動画配信サービスではダウンロードができないところがありますが、Amazonプライム・ビデオではスマートフォンやタブレットにダウンロードして、オフラインで見ることができます。

「ダウンロードができる・できない」の差というのは、大きいと思います。

 

以下にダウンロードのほか、ちょっと分かりづらいAmazonプライム・ビデオの機能などについてまとめてみました。

 

Amazonプライム・ビデオにおける機能

機能備考
アカウント1契約1アカウントマルチアカウント非対応。家族共有ならAmazonプライム・ビデオ視聴可。
ダウンロード①
(オフライン再生)
(一部除く)ダウンロードできる端末は、スマートフォン・タブレットのアプリに限る。
ダウンロード②2台の端末で可『Amazonビデオ』に至ってはレンタル・購入のため、1台の端末に限る。
ダウンロード③1アカウントで合計25本まで画質選択可(作品や端末により異なる。
SD(480p)~4K(2160p)
同時視聴
(ストリーミング再生)
異なる作品で3台まで同じ作品は1台のみ。同期機能あり。
登録端末数制限なし公式に記載なし。Amazonプライム・ミュージックは最大4台。
その他レコメンド機能、カスタマーレビューは秀悦。

 

通勤・通学中や外出中でもストリーミング再生は楽しめますが、低画質を選択できるとはいえ、通信環境や通信容量のことを心配しなくてはならないですし、速度制限にひっかかってしまうこともあります。

 

ストリーミング再生を前提とした作りになっていますが、通勤・通学中や外出中ならあらかじめダウンロードして再生できる「オフライン再生」を推奨します。あらかじめWi-Fiなどの環境下でダウンロードしておいて、じっくり楽しみましょう。

 

⑤ストリーミング再生にSTBが相性いい

ストリーミング再生には、Amazonが独自に開発・販売を手がけている 「Fire TV Stick」「Amazon Fire TV Stick 4K」といったSTB(セット トップ ボックス )を利用すると良いです。

HDMI端子付きのテレビ大画面にプライムビデオや各種対応アプリを楽しみたい場合に重宝します。「小さなスマートフォンで見るよりは大画面で見たい!」なら、ぜひ購入しておきましょう。

 

ちなみに「Fire TV Stick」「Amazon Fire TV Stick 4K」はAmazonプライム専用というわけではなく、ほかの動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)「Youtube」などにも対応します。

 

⑥Amazonプライムカスタマーあり

私の生活の中でAmazonは欠かせないものになっています。Amazonプライムを利用するにあたって、困ったことや不明な点があれば、電話やEメール、チャットなどで対応してくれます。

Amazonの企業理念は「地球上で最もお客様を大切にする企業」ということです。

 

Amazonプライム無料体験は30日間。特典が無料で試せる!

Amazonプライム無料体験は30日間。約20ある特典を試すことができます。

もちろん、特典のAmazonプライム・ビデオも含まれます。サービスを試してみて、プライム・ビデオ内の配信作品のチェックや使い勝手をみるのには十分な期間です。

 

以下約20ある特典のうちの、主なものを挙げてみました。

 

Amazonプライム特典(主なもの)

特典カテゴリー特典:内容
コンテンツ
(動画)
Amazonプライム・ビデオ :
”プライム"対象の映画やドラマ、テレビ番組が追加料金なしで見放題
コンテンツ
(音楽)
Amazonプライム・ミュージック :
100万曲以上が聴き放題!スマートフォンや「Echo」シリーズなどで聴ける。
コンテンツ
(書籍)
Amazonプライム・リーディング :
対象のKindle本(雑誌や漫画など)が読み放題!
 Kindleオーナーライブラリー :
電子書籍リーダーKindleなどを購入すれば、 2万冊以上の対象タイトルの中から1か月に1冊が無料!
ストレージAmazon Photos :
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存。
無料配送無料の配送特典 :
”プライム”ロゴのついている対象商品の「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料
小口・定期注文Amazonファミリー特典 :
おむつ、おしりふきが定期おトク便で最大割引15%OFF
セールプライム会員限定先行タイムセール :
タイムセールの商品を30分早く注文可能
Prime Day:
毎年7月に開催されるプライム会員限定のPrime DayはAmazon最大級のセール。通常のセールより割引が大きい。

Amazonプライム申し込む

 

デメリット


①全体的にラインナップは少なめ

Amazonプライム・ビデオは動画配信サービスではなく、あくまで「Amazonプライムの特典」という位置づけ、月額料金も格安ともあって、動画の全体的なラインナップは少なめだと言えます。

海外ドラマやアニメ、オリジナルコンテンツに力を注いでいますが、それでも新作映画など配信は遅い、国内ドラマはそこまで多くないといった声が聞かれます。

 

②作品の入れ替えが激しい

Amazonプライム・ビデオは全体的なラインナップが少ないとは言われるものの、過去の人気作品などはきちんと押さえています。

動画配信サービス全体に言えることですが、配信期間というものが存在します。

Amazonプライム・ビデオの作品すべても同様ですが、いかんせん作品の入れ替えが激しいです。作品チェックしていたものの、気が向いて見ようと思ったらすでにプライム・ビデオからなくなっていた、ということはザラにあります。

そこで、Amazonプライム・ビデオでの目安ですが、「30日以内に見放題になくなる作品一覧」という形で、確認することができます。チェックしたら、はやめに見るのが吉です。

 

Amazonプライム・ビデオ見抜けられますか?

Amazonプライム・ビデオのトップ画見てみてください。見放題の「Amazonプライム・ビデオ」の対象作品は見抜けられますか?

⇔『Amazonビデオ』『Amazonプライム・ビデオ・チャンネル』は有料です。
PPV(=個別課金コンテンツ)なので、レンタルや購入作品が、ジャンル別見放題パックのようなものになります!

プライム・ビデオとAmazonビデオ』『Amazonプライム・ビデオ・チャンネル』があって、その表示はぱっと見、分かりづらいです。

作品に「Prime」のアイコンがついているのが、見放題のAmazonプライム・ビデオですよ!確実に覚えておきましょう。

 

「字幕・吹替機能」「検索機能」は貧弱

ダウンロードや同時視聴、レコメンド機能、カスタマーレビューが秀悦といった機能は、メリットで挙げた通りなのです。が、一方で「字幕・吹替え機能」「検索機能」は正直物足りなく、かなり貧弱です。

字幕⇔吹替えの切り替えたいときもあるでしょう。いったん止めて字幕版ないし吹替版の作品を選び直す手間が生じます。

 

海外ドラマなど英語の語学練習に、字幕を非表示にしたいときもありますが、それができません。

 

⑤細々としたところでは・・・

「30日以内に見放題になくなる作品一覧」は、←スマートフォン上では表示されません。
・スマートフォンなどiOSアプリでは、レンタルや購入ができません。

 

⑥Amazonプライム無料体験できますけど・・・。

Amazonプライム無料体験は30日間です。
この期間内に解約しない限りは、そのままプライム会員になります(自動更新制)!

 

うっかりして「期間が31日間だと勘違いされる方」、年間プランで支払い「退会時に残り期間分の返金できると信じている方」はご注意ください!←コレラ誤解アリ!

無料期間は30日間です。年間プランで契約した場合、1年以内に解約しても残りの期間は返金されません(原則)。

Amazonプライム無料体験は30日間はこちら!

まずは試してみて、Amazonプライム・ビデオ

 

Amazonプライム無料体験の期間は30日間です。実際にいろんな特典を試してみて、Amazonプライム・ビデオでの配信作品のチェックや使い勝手をみると良いです。

スマートフォンやタブレット、パソコンから簡単に登録することができます。ここではAmazonのアカウントを持っていない場合について、説明します。

 

順番としては、「Amazonアカウントを作成」し、→「Amazonプライム会員」の登録という段取りです。

 

「Amazonアカウントを作成」

手順1.Amazonプライム・ビデオの公式サイトにアクセスし、ログイン下にある「新規登録」」をクリックします。

手順2.アカウントを作成します(以下、名前、フリガナ、Eメールアドレス、パスワード(6文字必要)を入力します)

手順3.入力したら、「Amazonアカウントを作成」をクリックして、終了となります。

 

次に、Amazonプライム会員になるための登録方法です。

 


 

「Amazonプライム会員」の登録

手順1.Amazonアカウントを作成してログインしたら、公式サイト右上にある「今すぐ登録プライム」-「次に進む」をクリックします。

手順2.画面が替わるので、画面の左側・真ん中へんにある「Amazonプライムに登録する」をクリックします。

手順3.「プライム月間」「プライム年間」という、月間プランか年間プランのいずれかを選択できます。

手順4.最後に「AMAZONプライムに登録する」をクリックします。

手順5.支払い方法の画面です。「クレジットカード」か「携帯決済(キャリア決済)」のどちらかを選択し、「続行」をクリックします。

手順6.指示に従って文章を読み進めば、プライム会員登録は完了します。

 

iPhoneやAndroidのスマートフォンなどで「Amazonプライム・ビデオ」を見るには、Amazonプライム・ビデオアプリをインストールする必要があります。

Android、iPhoneどちらも通常の方法でアプリをインストールできます。

 

iPhone、Androidに Amazonプライム・ビデオアプリをインストール

iPhone→こちらからApple Store にアクセスし「Amazonプライム・ビデオ」をインストール。
Android→こちらからGoogle Play へアクセス、「Amazonプライム・ビデオ」をインストール。

 

 

まとめ ~こんな方にAmazonプライム・ビデオ!~


月額500円(税込)or年額4,900円(税込)の最強コストパフォーマンス

Amazonプライム・ビデオでは月額500円(税込)(年額なら4,900円(税込)で月額換算で408円)と、ほかの動画配信サービスと比べても格安料金になっています。

Amazonプライム会員特典の1つの位置づけですが、ほかの特典も駆使して使っちゃいましょう!

 

Amazonプライム特典(主なもの)

特典カテゴリー特典:内容
コンテンツ
(動画)
Amazonプライム・ビデオ :
”プライム"対象の映画やドラマ、テレビ番組が追加料金なしで見放題
コンテンツ
(音楽)
Amazonプライム・ミュージック :
100万曲以上が聴き放題!スマートフォンや「Echo」シリーズなどで聴ける。
コンテンツ
(書籍)
Amazonプライム・リーディング :
対象のKindle本(雑誌や漫画など)が読み放題!
 Kindleオーナーライブラリー :
電子書籍リーダーKindleなどを購入すれば、 2万冊以上の対象タイトルの中から1か月に1冊が無料!
ストレージAmazon Photos :
Amazon Driveに写真を容量無制限で保存。
無料配送無料の配送特典 :
”プライム”ロゴのついている対象商品の「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料
小口・定期注文Amazonファミリー特典 :
おむつ、おしりふきが定期おトク便で最大割引15%OFF
セールプライム会員限定先行タイムセール :
タイムセールの商品を30分早く注文可能
Prime Day:
毎年7月に開催されるプライム会員限定のPrime DayはAmazon最大級のセール。通常のセールより割引が大きい。


Amazonプライム会員なら、プライム会員限定先行タイムセールをはじめとして、動画や書籍には欠かせないタブレット「Fire HD 」シリーズ、音楽には「Echo」シリーズなどを割安で購入することができます。

 

②Amazonプライム・ビデオだけじゃ物足りない!?
『Amazonビデオ』『Amazonプライム・ビデオチャンネル』もどうぞ!



Amazonプライム・ビデオは約7,000本が見放題です。海外ドラマ、キッズ、オリジナルが充実しています。

最近ではレンタル・購入用の『Amazonビデオ』がいっそう拡充され、追加視聴なら『Amazonプライム・ビデオチャンネル』も充実してきました。

 

③フルHD(1080p)に対応。

画質はフルHD(1080p)※対応が当たりまえ、ふつうの時代になっています。AmazonではUHD(4K)も少しずつですが、一部の作品から対応しはじめています。

※フルHD(1080p)の画質は、ディスクでいうとDVDよりもキレイなBlu-rayに匹敵するレベルです。

 

1契約1アカウント。家族共有はできる!

Amazonプライムでは、1契約につき1アカウントしかを作れません。
しかし、家族共有すれば、Amazonプライム・ビデオの視聴は可能です。

機能備考
アカウント1契約1アカウントマルチアカウント非対応。家族共有ならAmazonプライム・ビデオ視聴可。
ダウンロード①
(オフライン再生)
(一部除く)ダウンロードできる端末は、スマートフォン・タブレットのアプリに限る。
ダウンロード②2台の端末で可『Amazonビデオ』に至ってはレンタル・購入のため、1台の端末に限る。
ダウンロード③1アカウントで合計25本まで画質選択可(作品や端末により異なる。
SD(480p)~4K(2160p)
同時視聴
(ストリーミング再生)
異なる作品で3台まで同じ作品は1台のみ。同期機能あり。
登録端末数制限なし公式に記載なし。Amazonプライム・ミュージックは最大4台。

 

⑥通勤・通学、外出時で利用できる!

Amazonプライム・ビデオではダウンロード機能を備えています。外出時や移動中などでWi-Fi環境になくても再生ができます(オフライン再生)。

ダウンロードはあらかじめ、スマートフォンかタブレットのアプリからに、就寝前や外出する前にダウンロードの準備・設定をしておけば、いつでも・どこでも動画を再生することができます。

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況はAmazonサイトにてご確認ください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事