『AKIRA(アキラ)』あらすじ、動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・1979年から掲載していた短編『Fire-Ball』が未完に終わり、後悔の念を抱いた大友克洋は、新たに取り組んだのが『AKIRA』だった。そのため、政府の超能力研究、反政府ゲリラ、都市の破壊などの要素が、引き継がれている。
・ネット、書籍などメディアでは、『AKIRA』作中で偶然にも2020年の東京オリンピック実現が「予言」されていたことが取り上げられ、話題となった。
・2019年7月には、大友克洋はAnime Expoで『AKIRA』の新アニメプロジェクト化を発表した。
・関連作:『ロボットカーニバル』(1987年)『老人Z』(1991年)『MEMORIES』(1995年)『メトロポリス』(2001年)『スチームボーイ』(2004年)『SHORT PEACE』(2013年)
目次

アニメ映画『AKIRA』あらすじ・動画

アニメ映画『AKIRA』あらすじ

1988年、関東地区に新型爆弾が使用され、第3次世界大戦が勃発した――。

2019年、ネオ東京。金田をリーダーとするバイクの一団は進入禁止の高速道を疾走していた。しかし、先頭にいた島鉄雄は突然視界に入った奇妙な小男をよけきれずに転倒、負傷する。小男と鉄雄は直ちに現れたアーミーのヘリに収容され飛び去ってしまった。

翌日、鉄雄を捜す金田は、少女ケイと出会う。彼女は反政府ゲリラの一員で“アキラ”という存在を追っていた。その頃、鉄雄はアーミーのラボで強力なクスリを連続投与され、不思議な力を覚醒し始めていた…。

出典:Yahoo!映画

アニメ映画『AKIRA』予告動画

AKIRA

\大友克洋監督のアニメ映画『AKIRA』を<U-NEXT>で見てみる!/

アニメ映画『AKIRA』無料視聴する方法と配信サービス

アニメ映画『AKIRA』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『AKIRA』が見ることができます。

・Netflix
・U-NEXT
・DMM TV

では、見放題です。

 

動画配信サービスで映画『AKIRA』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・music.jp
は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

Amazonプライムは、Prime Videoチャンネルのアニメタイムズ、Prime Videoチャンネルのdアニメストア for Prime Videoに入会することでみることができます。

 

アニメ映画『AKIRA』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
▲Prime Videoチャンネルのアニメタイムズ、Prime Videoチャンネルのdアニメストア for Prime Video
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,026円/14日間
※宅配レンタル「定額4プラン」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:4,200円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×「スタンダードプラン」990円、「プレミアムプラン」1320円/無しディズニープラス
dmm-tvDMM TV 550円/30日間
ぽすれんDVD・CDレンタル [ぽすれん]2,046円/1ヶ月
※「スタンダード8コース」の場合
⇒ ⇒
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月9日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\大友克洋監督のアニメ映画『AKIRA』を<U-NEXT>で見てみる!/

アニメ映画『AKIRA』監督・声優、原作紹介

アニメ映画『AKIRA』基本情報

本作(タイトル)AKIRA
公開年1988年
上映時間/再生時間2時間6分
監督大友克洋
キャスト・・・声優金田 正太郎・・・岩田光央
島 鉄雄・・・佐々木望
ケイ・・・小山茉美
竜・・・玄田哲章
敷島大佐・・・石田太郎
ドクター・・・鈴木瑞穂
マサル・・・神藤一弘
タカシ・・・中村龍彦
キヨコ・・・伊藤福恵
カオリ・・・淵崎有里子
山形・・・大倉正章
甲斐・・・草尾毅
根津・・・大竹宏
ミヤコ・・・北村弘一
検査官・・・池水通洋
渡辺・・・荒川太郎
桑田・・・岸野幸正
竹山・・・平野正人
アーミー・・・田中和実
店長・・・秋元羊介島崎
音楽
芸能山城組、佐々木史朗〔音楽・アニメ製作〕
主な受賞歴
制作会社/配給元アキラ製作委員会/東宝

アニメ映画『AKIRA』原作紹介


AKIRA(1) (KCデラックス)

『AKIRA』(講談社)大友克洋

『AKIRA』関連作品

以下は、大友克洋が監督や脚本・デザインを務めた作品となります。

◎監督作品/〇脚本、デザイン

『ロボットカーニバル』(1987年)◎
『AKIRA』(1988年)◎
『老人Z』(1991年)〇
『MEMORIES』(1995年)◎
『メトロポリス』(2001年)〇
『スチームボーイ』(2004年)◎
『SHORT PEACE』(2013年)◎

 

大友克洋といえば、日本を代表するアニメーション監督の一人ですが、彼の作品は、緻密な描写と壮大なスケールで、観る者を圧倒します。

今回は、彼が関わった映画作品の中から、『ロボットカーニバル』(1987年)、『老人Z』(1991年)、『MEMORIES』(1995年)、『メトロポリス』(2001年)、『スチームボーイ』(2004年)、『SHORT PEACE』(2013年)の6作品について取り上げて、共通する点や制作秘話、役者秘話、データなどを紹介します。

まず、これらの作品に共通する点は、ロボットや機械が重要な役割を果たしていることです。

大友克洋は、自身がロボットや機械に興味を持っていることを語っており、その影響が作品にも表れています。

例えば、『ロボットカーニバル』は、9つの短編アニメーションからなるオムニバス映画で、それぞれにロボットが登場します。大友克洋は、この映画のオープニングとエンディングを担当しました。オープニングでは、巨大なロボットが町を破壊しながら進む様子が迫力満点に描かれています。エンディングでは、ロボットたちが廃墟の中でカーニバルを開くというシュールな展開が待っています。この映画は、当時の日本のアニメーション界に衝撃を与えたと言われています。

『老人Z』は、大友克洋が原作・監督・脚本・キャラクターデザイン・絵コンテ・作画監督・美術監督・音響監督という多彩な役割をこなした作品です。この映画は、老人ホームに住む老人たちが、秘密裏に開発されたパワードスーツを使って戦うというストーリーです。大友克洋は、この映画を「自分の中で一番好きな作品」と語っており、老人たちの生き様や社会への風刺が込められています。この映画は、日本では劇場公開されませんでしたが、海外では高い評価を受けました。

『MEMORIES』は、大友克洋が原作・プロデューサー・音楽監督を務めたオムニバス映画です。この映画は、3つの短編アニメーションからなります。大友克洋は、「磁気ローズ」というタイトルの短編を担当しました。この短編は、宇宙空間で漂う巨大な女性型ロボットに引き寄せられた宇宙船の乗組員たちの運命を描いています。この短編は、大友克洋が1980年代に発表した漫画「火星の記憶」を元にしており、美しいビジュアルと壮絶な展開が見どころです。

さらに、『メトロポリス』は、大友克洋が脚本を担当した映画です。この映画は、手塚治虫の同名の漫画を原作としており、人間とロボットが共存する未来都市を舞台にしたSFアニメーションです。大友克洋は、原作の漫画を読んだことがなかったと言われていますが、手塚治虫の息子である手塚眞から「自分のイメージでやってください」と言われたと語っています。この映画は、CGとセルアニメーションの融合によって、圧倒的な迫力と美しさを表現しています。

次に、『スチームボーイ』は、大友克洋が監督・脚本・原案・絵コンテ・作画監督を務めた映画です。
この映画は、19世紀のイギリスを舞台にしたスチームパンク作品で、蒸気機関の発明家の少年が巻き込まれる冒険を描いています。この映画は、10年以上の歳月をかけて制作されたと言われており、細部までこだわった描写や動きが見事です。この映画には、実在の歴史的人物や出来事が多数登場します。例えば、エキスポ会場にはエッフェル塔や自由の女神像が展示されており、声優にはパトリック・スチュワートやアルフレッド・モリーナなどが起用されています。

最後に、『SHORT PEACE』は、大友克洋がプロデューサー・原案・音楽監督を務めたオムニバス映画です。この映画は、4つの短編アニメーションからなります。大友克洋は、「九十九」(つくも)というタイトルの短編を担当しました。この短編は、戦国時代の日本で、武士と化した道具たちが戦うというストーリーです。この短編は、大友克洋が2012年に発表した漫画「九十九」を元にしており、和風の雰囲気とアクションシーンが印象的です。

以上が、大友克洋に関する映画作品の紹介でした。彼の作品は、ロボットや機械を題材にしながらも、人間の感情や社会の問題を描いています。彼の作品に魅了された方は、ぜひ観てみてください。

『ロボットカーニバル』(1987年)

~あらすじ・解説~
綺羅星のような個性を放つアニメーターたちが、その作家性の赴くままに作り上げた7本の短編をオムニバス形式で構成したOVA。  明治初期、エレキテルで駆動する巨大オートマター「我が愛しのティンカーベル号」を操る異人ジャン・ジャック・ヴォーカーソンIII世が、平和な江戸の町を蹂躙する。そうはさせじと立ち上がったのは江戸っ子・駒形三吉を筆頭にした五名で、石炭燃料で動く大からくりの「陸蒸気弁慶」号にて夷敵を迎え撃たんと大奮戦。激しい(?)砲撃戦と格闘戦の末に、どうにか相手を撃退した三吉たちなのであった。(『明治からくり文明奇譚~紅毛人襲来之巻~』より)  ……といった感じでエンターテインメント路線を貫いた作品もあれば、アーティスティックな作りの映像も多く、その内容は実にバラエティに富んでいる。ちなみにオープニング&エンディング映像は、映画『AKIRA』制作前の大友克洋が担当した。
出典:Yahoo!映画

監督・キャラクターデザイン: 大友克洋、森本晃司、大森英敏
声の出演: 町田淳子、花形恵子、滝沢久美子、村田彩、梅津秀行、富山敬、横山智佐、三輪勝恵、塩沢兼人、西尾徳

『老人Z』(1991年)

~あらすじ~

自動看護ロボ vs 戦闘用ロボ!大友&江口がクリエイトする、リアルかつユーモラスなSFアクション!!厚生省が発表した老人介護全自動ベット・Z-001号機。画期的なその機械のモニターに、看護学生の晴子が世話していた高沢老人が選ばれる。機械に世話されている彼を痛々しく感じる晴子だが、ある時学校のパソコンを埋めつくす「HARUKO」の文字を発見し、高沢老人の元に急ぐ。だがその時、Zが暴走し始めた!
出典:Amazon

監督:北久保弘之
出演:松村彦次郎、横山智佐、小川真司

『MEMORIES』(1995年)

~あらすじ~

大友克洋が原作・総監督をつとめた3本のオムニバス。第1話はシリアスなSF「彼女の想いで」、コメディタッチのパニックストーリーである第2話「最臭兵器」。そして、第3話「大砲の街」は全編がたったワンカットで制作されており、その中世的な世界観は「スチームボーイ」の元になった。大友ファンなら必見の作品だ

出典:Amazon

監督:大友克洋/森本晃司/岡村天斎
出演:磯部 勉、山寺宏一、堀 秀行、羽佐間道夫、林 勇

『メトロポリス』(2001年)

~あらすじ~

いつとも知れない未来。私立探偵のヒゲオヤジとケンイチ少年は、ある事件を追って、人間とロボットが共に暮らす超近代的な巨大都市国家「メトロポリス」へやってきた。生体を使った人造人間の開発で問題となり、国際指名手配になっているロートン博士を探すためだ。ところが、ロートンの秘密研究所が何者かに放火され、捜索中で現場近くにいたケンイチは、逃げ遅れた不思議な少女ティマを救った。記憶を無くしたのか「ワタシハ、ダレ…」そうつぶやくティマ。ロボットと人間の、そしてメトロポリスの運命が自分に託されていることを、ティマはまだ知らない…

出典:Amazon

監督:りんたろう
原作:手塚治虫
脚本:大友克洋
出演:井元由香、小林桂、岡田浩暉

『スチームボーイ』(2004年)

~あらすじ~

ある日、祖父からレイに「スチームボール」が届けられた。スチームボールを持つレイは、そのためにオハラ財団から逃げることになってしまう。そんな中、彼はスチームボールが歴史を塗り変える力を秘めていることとオハラ財団の目的を知る。科学が作りうる未来のため、「スチームボーイ」となったレイは、大空に飛びたつ!

出典:Amazon

監督:大友克洋
出演:鈴木杏、小西真奈美、中村嘉葎雄、津嘉山正種

『SHORT PEACE』(2013年)

~あらすじ・解説~

『AKIRA』の大友克洋が、9年振りに全世界待望の新作アニメーションを発表。悲恋の情念が業火となって江戸の街を包む大スペクタクルの大友克洋監督作品『火要鎮』を筆頭に、モノノケ怪異譚である森田修平監督作品『九十九』、新機軸のバイオレンス作品たるべく3DCGの技術を活用し描き出す安藤裕章監督作品『GAMBO』、エキサイティングなアクション作品でありながらも無常観の漂うテイストに仕上げたカトキハジメ監督作品『武器よさらば』。誰も観たことのない“日本の姿”を独自視点でスクリーンに描き出す。

出典:Amazon

監督:大友克洋、森田修平、安藤裕章、カトキハジメ、森本晃司
出演:早見沙織、森田成一

アニメ映画『AKIRA』口コミ(見どころ・感想)

アニメ映画『AKIRA』口コミ(見どころ・感想)

海外で認められジャパニメーションと呼ばれる大作品!

~見どころ~
1980年代『ヤングマガジン』誌上で連載された、大友克洋先生のコミック『AKIRA』のアニメ化作品です。
大友克洋先生自ら監督として製作に参加し、当時では考えられないような規模の製作体制で作られた事で、完成度の高い映画となった、海外で認められジャパニメーションと呼ばれる作品の代表とも言えます。
この映画の独特さはまず”絵柄”です。
キャラクターはいわゆるアニメ絵美少年・美女ではなく、6頭身のリアルタッチで鼻の穴やシワが描かれ、パッと見はブサイクとも感じられます。
これがキャラの立体感を増し、丹念に描かれた廃墟となった新宿とマッチし一つの世界を作り上げています。
そして音楽。芸能山城組による劇半は1度聞いたら忘れられないインパクトを持っています。カネダ~テツオ~とキャラクターの名前を唱えるメインテーマやポロンピロンポロンピロンという繰り返しなど一度聴いたら忘れられないでしょう。

~感想~
すでに20年以上前に作られたアニメ映画ですが、今見ても独特な作品としか言いようがないです。この作品にしかない魅力が多数有ります。

 

廃墟となった新宿の街に不良少年たちが改造バイクで走り回る。超能力に目覚める不良少年と超能力者を攫い研究している軍部。

こう聞くとありがちなカッコ良いSFアニメの様ですが、キャラクターたちはヒーローでは無く気だるげな少年や、癇癪だけで暴走する子供などカッコ良いとは言いづらい人間達です。

 

軍部に研究されている超能力者は言動は子供ですが、研究のためか白髪に顔中にシワと老人のような見た目となっています。
なかなか感情移入できる話じゃない中、テツオが超能力に目覚めると幻覚を見てるようなシーンが続きます。
研究されてる子供たちのイジワルなのか?襲ってくるオモチャやぬいぐるみ・このリアルに描かれ陰影の有るぬいぐるみの怖さは半端じゃないです。
そしてここに流れるポロンピロンと声だけはカワイイ女の子声がBGMとして流れる、この絵と音楽の合体で、まさに悪夢のような映像となっています。
一応は未来に希望が有るような事を匂わせて映画はラストを締めますが、全体を見るとどう考えてもオチを付けるための付け足しです。廃墟のような近未来都市と、悪夢のシーンを見せるための作品です。

アニメの舞台だった2019年が過ぎた今観直ししてみても・・・。

~見どころ~
1988年公開作品。当時は「近未来」だった2019年の日本が舞台です。
暴走族の少年・金田。その仲間の鉄雄がバイクを走らせているときに遭遇した奇怪な少年。そこから始まる壮大な物語です。

制作当時は現代ほどCG技術は発展しておらず、ほとんどが手描きのセル画なのが驚きの作品。

この頃のアニメとしては驚異的なほどに、人物がぬるぬると細かく動いて描かれています。つまり、1秒あたりの絵の枚数が多いということ。そこがこの作品の最大の見どころです。

 

当時のアニメーションだと、これほど自然に動きが描かれているのは、ディズニー映画くらいだったと言えば、それがどれだけ凄いことかお分かりいただけるかと思います。

また、近未来ものにありがちな突拍子もない未来感は少なく、現実的なものになっています。

 

アニメの舞台だった2019年が過ぎた今観直ししてみても、人々の服装などほぼ自然。
その辺りのさじ加減が大変いいです。基本的にSFですが、哲学的なテーマも持った作品です。
~感想~
初めて観たときは高校生の頃。「衝撃」の一言でした。
これほどまでにすごい作品が存在するという事実に驚いたのを覚えています。
原作ももちろん購入しましたし、関連する冊子も買い集めました。そこまでの魅力をもった作品です。
作中で主人公の金田が言う台詞(せりふ)は、今でもネットスラングで使われているほどですから、どれほどの人の心に残る作品だったかが推しはかることができます。
実は原作の完結は、この作品が発表されてからかなり後のこと。
そのため、ストーリーの進行やオチなどは原作とは異なっています。
物語の終着点は少し抽象的。そして哲学的でもありますので、若干解釈が難しいかもしれません。
私自身もはじめはよく分からなかったのですが、作中の登場人物たちの台詞を拾っていくうちに少しずつ自分なりの解釈が生まれました。
映像のみならず、音楽もよく30年経った今でも十分見ごたえのある作品です。

アニメ映画『AKIRA』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.488.04.04.14
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月9日時点のものです。

アニメ映画『AKIRA』まとめ

アニメ映画『AKIRA』エンタメのまとめ

・書籍はこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

アニメ映画『AKIRA』動画が見れるサイトは?

 

\大友克洋監督のアニメ映画『AKIRA』を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次