スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 30 分です。

POINT:
・映画『ゲド戦記』(2006)は宮崎駿氏のご子息宮崎吾朗氏初監督を手掛けたアニメで、『ハウルの動く城』(2004)以来のジブリ作品。
・『ゲド戦記』公開時のキャッチコピー:「父さえいなければ、生きられると思った。」「かつて人と竜はひとつだった。」
・『ゲド戦記』はアーシュラ・K・ル=グウィンの小説。キャラクターイメージは宮崎駿の絵物語『シュナの旅』から。『ゲド戦記』の第3巻「さいはての島へ」に宮崎吾朗氏独自のアレンジが加えられた。
・批判なのか、的を得た意見だったのか!?試写会後、吾朗氏に感想を問われたル=グウィンは「私の本ではない。吾朗の映画だ。」と述べた。
・視点・テーマ:世界の均衡が崩れようとしている理由とは何か?ひとつしかない命を生きること。・・・コロナ禍の状況に『ゲド戦記』のストーリーが相応しいと、2020年に再上映が行われた。

映画『ゲド戦記 』

~あらすじ~
アメリカの女流作家アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズを、スタジオジブリが映像化したファンタジー・アニメ超大作。宮崎駿監督の実子である宮崎吾朗がメガホンを取り、少年アレンと大賢人ゲドの旅を通じて混迷する時代を生き抜くためのメッセージを投げかける。V6の岡田准一、菅原文太ら新旧の実力派が存在感ある声の演技を披露するほか、主題歌と挿入歌も担当した手嶌葵の圧倒的な美声にも心奪われる感動巨編。

出典:Yahoo!映画

 

\ジブリ作品『ゲド戦記』をを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ゲド戦記 』予告動画

『ゲド戦記』 特報

映画『ゲド戦記 』配信状況

映画『ゲド戦記 』配信状況

 

動画配信サービスで映画『ゲド戦記 』を見ることはできません。TSUTAYA TVも含め作品の確認ができませんでした。

 

宅配レンタルで映画『ゲド戦記 』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・TSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

お近くのTSUTAYA やゲオで置いていますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
×2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×1,026円/30日間 ※動画配信「動画見放題」の場合。  TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年4月11日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\ジブリ作品『ゲド戦記』をを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ゲド戦記 』監督・キャスト、原作紹介

映画『ゲド戦記 』基本情報

 

本作(タイトル)ゲド戦記/Tales from Earthsea
公開年2006年
上映時間/再生時間1時間55分
監督宮崎吾朗
キャス・・・声優アレン・・・岡田准一
テルー・・・手嶌葵
ハイタカ(ゲド)・・・菅原文太
テナー・・・風吹ジュン
クモ・・・田中裕子
ウサギ・・・香川照之
国王・・・小林薫
王妃・・・夏川結衣
女主人・・・倍賞美津子
ハジア売り・・・内藤剛志
ルート・・・飯沼慧
2人組のオバさん・・・梅沢昌代、神野三鈴
船に乗っていた風の司・・・加瀬康之
国王家臣・・・阪脩
ウサギの部下・・・西凜太朗
船員・・・宝亀克寿
船員・・・白鳥哲
音楽/主題歌
寺嶋民哉
主題歌:「時の歌」手嶋葵、劇中挿入歌:「テルーの唄」
主な受賞歴第30回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞 ほか
制作会社/配給元スタジオジブリ、日本テレビ、電通、博報堂DYMP、、ディーライツ、東宝/東宝

映画『ゲド戦記 』原作紹介

原作:『ゲド戦記』アーシュラ・K・ル=グウィン
原案:宮崎駿『シュナの旅』
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子(『ゲド戦記』第3巻の「さいはての島へ」)

映画『ゲド戦記 』関連作品

コロナ禍の状況に『ゲド戦記』のストーリーが相応しいと、2020年に再上映が行われました。ほかに3作品も再上映されました。『風の谷のナウシカ』(1984)、『もののけ姫』(1997)、『千と千尋の神隠し』(2001)でした。

これらのジブリ作品も、動画配信サービスでは配信されていません。宅配レンタルTSUTAYA DISCASや、お近くのTSUTAYAやゲオのレンタルショップで、チェックしていきましょう。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『風の谷のナウシカ』(1984)

キャッチコピー:「少女の愛が奇跡を呼んだ」

『もののけ姫』(1997)

キャッチコピー:「生きろ。」

『もののけ姫』(1997)は、興行収入193億円という金字塔を打ち立てました。 そして、20世紀の日本映画最大のヒット作となっただけでなく、アニメーション作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました。

『千と千尋の神隠し』(2001)

キャッチコピー:「トンネルのむこうは、不思議の町でした。」

 

\宮崎駿作品ジブリアニメを<TSUTAYA DISCAS>で見てみる!/

 

映画『ゲド戦記 』口コミ(見どころ・感想)

映画『ゲド戦記 』口コミ(見どころ・感想)

「父との衝突をアレンがどのように乗り越えていくか」が命題となっています。

~見どころ~
宮崎駿の漫画に「シュナの旅」という作品がありますが、その作品を読んだ方はよりこの映画を楽しめるでしょう。

この作品自体は世界的に広く知られた物語です。

 

闇に侵食されつつある少し終末的な雰囲気が漂う世界であり、あまり明るい舞台ではありません。

そんな世界で主人公アレンは重い罪を犯し旅を続けるのですが、その中で様々な出会いと主人公の冒険、そして成長が描かれます。

 

監督を務めたのは宮崎駿氏のご子息宮崎吾朗氏です。

その為というわけはないのでしょうが、序盤に主人公の父との間に衝撃的なシーンが登場し物語が始まります。

 

この作品は、この序盤に起きた「父との衝突をアレンがどのように乗り越えていくか」が命題となっています。

それが危機に瀕する世界を背景に描かれ、やがて一つの救いに到達します。

万人が納得するエピローグではないかもしれませんが、見終わったとき味わい深い感動が静かに押し寄せてくる作品です。

 

~感想~
『ゲド戦記』は世界的に知られた大作なので、最初にジブリでアニメ化されると聞いた時は驚きました。

今までシリーズものはやらなかったジブリが、初めてシリーズものを作るのか。
そうでなかったら、一体2時間の枠にどうやって収めるのか。

 

結論は1本の映画に収めるとのものでした。大変だったと思います。見終わった時に思ったのは「よくぞ作った」ということでした。

色々と謎があり、それが十分に説明されぬままに終わって批判も浴びた本作品ですが、私は自分で類推する余地を残した良い作品だったと思います。

 

冒頭の父殺しのシーンは衝撃でしたが、この理由をハッキリさせない所こそが今回の作品の最大の仕掛けだったと思います。

「皆さんは自分仕出かしてしまった大変な出来事を説明できますか?」と問いかけているように思えるのです。

 

結果としては原作ゲド戦記とは違うものになりましたが、原作者が言ったように「私の本とは違う。これは宮崎吾郎の映画だ。」と言ったことは、批判ではなく的を得た意見だったと思いました。

光と影

~見どころ~まだ、世界に魔法が存在した中で、魔法を使える賢者は数少なくなっていた。それには竜がからんでいるらしいという。

一人で生きる理由を探してまわること、少女との出会い、賢者と出会い、そして、生きていくことの辛さ、惨めさ、残酷さをみることができます。

 

またその中で、希望を見つけることができ、強く生きていくという決心が湧くような内容です。

光と影(この映画では闇でもいいかもしれません)の存在を意識して、誰にでも闇があり、そしてその中に必ず光があること伝えられます。

 

サブキャラクターなどは俗に言えば、欲望にまみれた人間性を醸し出し、それがまた私自身も人間であるということを実感させられるような気持になります。

ラストに近づくにつれ、生への欲求がやはり人間にはとても強いのだということを理解させられます。

~感想~
人間の中には、光や闇、影、希望、絶望、生への欲求、死への欲求と死への恐怖など様々な感情を抱いて生きているのだと改めて感じさせられる内容でした。

特に欲望にまみれると、善と悪の見境はなくなり、その欲望がその当人にとってはすべてであり、正しいこと、他の命など関係なく、他の命を奪うことが悪ではなく自分の為には善になるのかと感心させられました。

 

光や希望、期待に満ちているときは、善悪の判断もつきやすいが、そこに影が差し、闇に陥ると、善悪の判断はその欲望の中では何の役にも立たないものになってしまうものだと、改めて感じました。

私自身を振り返り、強く心を持って生きていかなければならないと考えさせられる内容で、映画という2時間前後の中に、大きく意味のある内容を押し込んだ映画になっていると思います。

映画『ゲド戦記 』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数3.666.43.02.34
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年4月11日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ゲド戦記 』動画が見れるサイトは?

 

\ジブリ作品『ゲド戦記』をを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ!