映画『ペット』動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR


POINT:
・アニメ映画『ペット』(2016)はイルミネーション・エンターテインメント製作の3Dコンピューターアニメーション・コメディで、アメリカのマンハッタンとブルックリンを舞台に、ペットたちの飼い主が不在の間の生活を描く。
・『ペット』には豪華な声優陣(ルイ・C・K、エリック・ストーンストリート、ケヴィン・ハートなど)が参加。日本語吹き替えにはマックスに、バナナマンの設楽統、デュークには日村勇紀が参加している。
・『ペット』初公開は2016年6月16日のアヌシー国際アニメーション映画祭にて。興行成績は北米地域で3億2340万ドル、他地域で1億8340万ドルを記録。日本では公開初日から週末興行ランキングで1位を獲得し、2週間で動員300万人、興収35億円を突破した。。
・関連作:『ペット2』(2019)『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)『SING/シング』(2016)『ズートピア』(2016)
目次

映画『ペット』あらすじ・動画

映画『ペット』あらすじ

~あらすじ~
ニューヨーク・マンハッタンに住むテリア系雑種犬のマックスは、飼い主ケイティに愛され、幸せな生活を送っていた。
ところが、ケイティが里親として新たに毛むくじゃらの大型犬デュークを引き取ってきたから、さあ大変!
上位争いを始めた2匹は、散歩中にトラブルに巻き込まれ、街なかで迷子になってしまう。
やがて2匹は、見た目は可愛いがクレイジーなウサギのスノーボールに遭遇。
スノーボールは飼い主に捨てられた元ペット軍団を結成し、ある計画を企んでいた。
はたしてマックスとデュークは、ピンチを切り抜け、ケイティが帰宅するまでに無事に家に帰り着くことができるのか―。
出典:Amazon

映画『ペット』予告動画

 

\アニメ映画『ペット』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ペット』無料視聴する方法と配信サービス

映画『ペット』無料視聴する方法

以下の動画配信サービスで映画『ペット』が見ることができます。

・Amazonプライム
・Leminoプレミアム
・Netflix
・Hulu
・U-NEXT

では、見放題です。

宅配レンタルで映画『ペット』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

映画『ペット』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:3,700円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×990円/31日間ディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
dmm-dvd-cd-rentalDMM 宅配レンタル1,980円/1ヶ月
※シングルパック「ベーシック8」の場合
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2024年2月5日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\アニメ映画『ペット』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ペット』監督・キャスト、原作紹介

映画『ペット』基本情報

本作(タイトル)ペット/The Secret Life of Pets
公開年2016年
上映時間/再生時間1時間30分
監督クリス・ルノー、ヤーロー・チーニー
キャスト・・・声優(吹き替え)マックス・・・ルイ・C・K(設楽統)
デューク・・・エリック・ストーンストリート(日村勇紀)
スノーボール・・・ケヴィン・ハート(中尾隆聖)
オゾン・・・スティーヴ・クーガン(山寺宏一)
ケイティ・・・エリー・ケンパー(佐藤栞里)
メル・・・ボビー・モイニハン(かぬか光明)
クロエ・・・レイク・ベル(永作博美)
ポップス・・・ダナ・カーヴィ(銀河万丈)
バディ・・・ハンニバル・バーエス・・・(青山穣)
ギジェット・・・ジェニー・スレイト(沢城みゆき)
タイベリアス・・・アルバート・ブルックス(宮野真守)
スイートピー・・・タラ・ストロング
ノーマン・・・クリス・ルノー(梶裕貴)
フェルナンド・・・ハイメ・カミル(落合弘治)
マリア・・・サンドラ・エチェベリア(雨蘭咲木子)
レジナルド・・・スティーブ・クーガン(多田野曜平)
タトゥー・・・マイケル・ビーティ(遠藤純一)
クロエの飼い主・・・(神代知衣)
捕獲員1・・・(佐藤せつじ)
捕獲員2・・・(吉田ウーロン太)
ギレルモ・・・(島ヨシキ)
ギジェットの飼い主・・・(田中杏沙)
カップル男・・・(竹森千人)
ダルメシアンの飼い主・・・(辻本耕志)
散歩係の女・・・(松井暁波)
コリー犬・・・(須田祐介)
リッパー・・・(橋本雅史)
フランスのメス犬・・・杉山滋美)
運転手・・・(影平隆一)
デレク・・・(山田浩貴)
ソーセージ界のドン・・・(宮野真守)
コーラス・・・(原田真純、ayano、川島和子、風雅なおと、安西康高、谷藤秀樹)
音楽
アレクサンドル・デスプラ
主な受賞歴
制作会社/配給元イルミネーション・エンターテインメント/ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和

映画『ペット』原作紹介

脚本:ブライアン・リンチ、シンコ・ポール、ケン・ドーリオ

映画『ペット』関連作品

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『ペット2』(2019)

~あらすじ~
NYマンハッタンで飼い主のケイティに愛されて暮らすテリア系のマックスと、相棒の大型犬デューク。
ケイティは結婚し、息子のリアムが誕生。臆病で心配性のマックスは、リアムを我が子のように可愛がるあまりいつも不安でいっぱいになってしまう。
ある日、ケイティたちと家族旅行に出かけ、旅行先の農場で威厳あふれる農場犬ルースターと出会う。
一方NYでは、マックスの留守中、彼から預かった一番のお気に入りのおもちゃ“みつばち君”を失くしてしまったポメラニアンのギジェットが、
ツンデレ猫クロエと決死の捜索大作戦を繰り広げる。さらに、元ペット軍団のボスから愛され飼いウサギとなったスノーボールは、
シーズー犬の女の子デイジーから依頼を受けて、悪徳サーカス団に捕らわれたホワイトタイガーの赤ちゃん、フーの救出に奔走する。
出典:Amazon

監督:クリス・ルノー
出演:バナナマン・設楽統、バナナマン・日村勇紀、佐藤栞里、永作博美、伊藤沙莉

映画『ペット』関連作品

関連作として、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)『SING/シング』(2016)『ズートピア』(2016)を取り上げます!

三つの映画に共通している点は、家族全員が楽しめるエンターテイメント作品であり、視覚的な魅力とストーリーテリングの深さを兼ね備えており、子供から大人まで幅広い層に愛されています。

ピエール・コフィン監督の『怪盗グルーのミニオン危機一発』では、ミニオンというキャラクターが大きな話題となりました。彼らの魅力は、特異な外見とそのユーモラスな言動にあります。制作秘話としては、ミニオンの言葉は実はピエール・コフィン監督自身が考案した「ミニオニーズ」という言語で、世界中の様々な言葉を混ぜ合わせて作られているといいます。

次にガース・ジェニングス監督の『SING/シング』では、登場キャラクターたちが抱える悩みや夢を通じて、私たち視聴者に人生の喜びや挫折を描き出しています。制作秘話ですが、この映画には実際に85曲以上の楽曲が使用されていて、その選曲には制作チームが細心の注意を払ったといいます

最後に、バイロン・ハワード、リッチ・ムーア監督の『ズートピア』は、社会的なテーマをアニメーション映画に取り入れるという新たな試みを行いました。映画の中で描かれる差別や偏見の問題は、現実社会にも通じるもので、子供たちにも大人にも深いメッセージを伝えています。

制作秘話としては、映画の舞台となるズートピアの街は、実際に異なる気候帯を持つ地域が存在し、それぞれの地域に住む動物たちの特性を反映しています

また、第86回アカデミー賞(2014年)国際長編映画賞(外国語映画賞)なども多数、受賞しています。

以上となりますが、これらの映画は、視覚的な魅力だけでなく、深いメッセージやユーモラスな要素、音楽といった多様な要素を巧みに組み合わせて、私たち視聴者に感動と楽しさを提供しています。このように、それぞれの映画が持つ特色や制作秘話を知ることで、さらにその魅力を深く理解することができるでしょう。

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)

~あらすじ~
月を盗んで世界一の怪盗の名声を手に入れたグルーはあれから、娘として迎えた孤児3姉妹マ
ーゴ、イディス、アグネス、そしていたずら好きな黄色い軍団ミニオンたちと一緒に楽しく暮
らしていた。ところがある日、反悪党同盟の捜査官と名乗る美女、ルーシーに誘拐され、反悪
党同盟の本部へ連れて行かれる。そして、北極圏から消えた極秘研究所から、突然変異を起こ
すPX40という薬が盗まれたことを聞かされ、盗んだ犯人を突き止めるよう依頼される。それと
時を同じくして、相棒であったネファリオ博士、そして、仲間のミニオンたちの姿が消えてし
まった。
出典:Amazon

監督:ピエール・コフィン
出演:スティーヴ・カレル、ワイルド:クリステン・ウィグ、エルシー・フィッシャー、ベンジャミン・ブラット、ミランダ・コスグローヴ

『SING/シング』(2016)

~あらすじ~
粋なコアラのバスター・ムーンが所有する劇場は、その活況も今は昔、客足は遠のき借金の返済も滞り、今や差し押さえの危機に瀕していた。
そんな状態でもあくまで楽天的なバスターは、劇場にかつての栄光を取り戻すため世界最高の歌唱コンテストを開催するという最後の賭けに出る。
欲張りで自己チューなネズミ、歌唱力抜群だが超絶シャイな10代のゾウ、25匹の子ブタの世話に追われる母親、ギャングから抜け出して歌手になりたいゴリラ、
浮気な彼氏を捨ててソロになるか葛藤するパンク・ロッカーのヤマアラシ、常に超ハイテンションなシンガー兼ダンサーのブタなど、多数の応募者がオーディションに集まってくる。
皆、自らの未来を変える機会となることを信じて・・・。
出典:Amazon

監督:ガース・ジェニングス
出演:マシュー・マコノヒー、トリー・ケリー、スカーレット・ヨハンソン、タロン・エガートン、ニック・クロール

『ズートピア』(2016)

~あらすじ~
動物たちが人間のように暮らす楽園“ズートピア”を舞台に、史上初のウサギの警察官となった主人公が、周囲の偏見を乗り越え、ズートピアを揺るがす難事件の解決に奔走する姿を描く。監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーア。動物たちの楽園ズートピアで、史上初のウサギの警察官となったジュディ。立派な警察官を目指して意欲満々の彼女だったが、周囲は小さなウサギに務まるはずないと半人前扱い。それでも決してへこたれないジュディ。折しも、巷では14件もの連続行方不明事件が発生、警察も捜査に追われてんてこまい。ついにジュディにも捜査に参加するチャンスが巡ってくるが…。
出典:TSUTAYA DISCAS

監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
出演:ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、アラン・テュディック、ケイティ・ロウズ

・第86回アカデミー賞(2014年)国際長編映画賞(外国語映画賞)
・第89回アカデミー賞(2017年)長編アニメ映画賞
・第74回ゴールデングローブ賞(2017年)アニメ映画賞
・第44回アニー賞(2016年)脚本賞長編アニメ映画賞
・第22回放送映画批評家協会賞(2016年)最優秀アニメーション作品賞

映画『ペット』口コミ(見どころ・感想)

映画『ペット』口コミ(見どころ・感想)

女性カラー04

イルミネーション制作のスペクタクルアドベンチャー映画が描く動物たちの物語

もうすぐ3歳の息子と一緒に鑑賞しました。

最初は子供向けの映画かなと思っていましたが、実際に見てみると想像以上にスリル溢れるシーンが多くて驚きました。

キャラクターたちも少し怖そうな外見をしていたり、性格が陰湿なキャラクターも多かったように感じました。
世の中全てが美しいわけではありませんが、子供と一緒に見ていたので少し違和感を感じましたね。

ストーリーの途中までは毒が強い部分も微妙な感じがしましたが、終盤はとても良かったです。

イルミネーションの映画はディズニーのように子供向けのイメージがありましたが、この映画を見て考えが変わりそうです。

男性カラー04

深い内容と面白さを併せ持つ作品です。

本当に面白く、内容が深い作品です。そして、心温まる場面もあります。

吹替版ではバナナマンが声を担当しており、そこに意識をするとまた違った楽しさもあります。

話しは、放棄されたペットたちと飼われているペットたちの物語です。作品自体は笑えるホッコリ作品ですが、内容は深く考えさせられる要素も多いです。

私自身はペットを飼ったことがありません。が、その動物たちに対して責任を持つことには不安がありますね。主張となればあれ、なんですが「ペットを飼う」ということは、その動物たちの人生を飼い主が背負うことになることでもあります。なので、中途半端な気持ちでは飼うべきではない、と思うのです。

飼い主が愛情を持って接すれば、ペットたちもそれに応えてくれます。ペットを飼っていない人の意見として、ペットを飼おうとしている人や既に飼っている人には、是非この作品を見てペットとの関わり方について再考してほしいです。

男性カラー01

ピクサー・ディズニー・ジブリとは異なるバカバカしさが満開!

『ペット』は、ミニオンズの制作チームによって作られたものなので、ピクサーやディズニーやジブリとは異なる、ちょっとバカバカしい要素がたくさんあります(でも褒めてますからね)。

下ネタなどは一切ないので、お子様と一緒に見るには最適な映画だと思います。

ストーリーは、飼い主が出かけた後のペットたちの大騒動を描いていますが、飼い主に捨てられて復讐を誓う反逆者まで登場します。

でも心配しないでください!!
最初から最後まで楽しんで見ることができますし、見た後はほっとすることもできますよ。

ただ、この冒険も映画の中での一日の出来事なので、大冒険のようなスペクタクルではないかもしれません。

それでも、テンポや動き、魅せ方が本当に上手いので、年齢を問わず楽しめる作品になっています。

特に冒頭と終わりでペットたちの生活の様子を描くことで、キャラクターたちが薄味にならないようにしているのは面白いと思います。

ただ、もう少しキャラクターの掘り下げがあればなお良かったと思いますが、テンポを重視しているため、これくらいが限界なのかもしれません。

(もし見るのなら、ぜひ字幕版をオススメします。吹き替え版はメインの二人は声優ではなく、芸能人のバナナマンなので、なかにはがっかりする方もいるかもしれませんね。)

女性カラー01

『ペット』見ましたか。あのフワフワ、モフモフ感!

あのポメラニアンのフワフワした感じや、ウサギのモフモフ感、デュークが尻尾を振っている後ろ姿の毛の揺れ
!本当によく観察しているなと感動しました。

それに、私は猫派なんですが、猫の仕草や狭い所に頭をつっこんでしまうところ、撫ですぎて噛む後に冗談だよと舐めてくれるところなど、そんなところも描かれていて、一人で興奮してしまいました。(興奮してきたっ)

それと、犬と猫の違いも非常に良く描かれていますね。

ストーリーはちょっとおかしいけれど、やはり大人の視点で見ると「あ~そうね」となってしまう部分もあります。

長編映画としては仕方のない構成だったのかもしれませんが、もしオムニバス形式のような、日常を描いた作品であれば、もっと満点の作品になっていたでしょう!とにかく触れたくなるような毛の感じは、一見の価値があります。

女性カラー05

ソーセージ工場のシーンなどはミニオンズのソーセージ版で、オトナも楽しめる!!

ソーセージ工場のシーンやその他の場面は、まるで映画『ミニオンズ』のソーセージバージョンのようで、大人でも大笑いできます。

本編ではミニオンズ自体は登場しませんかと思いきや、最後の最後で意外な形で登場するので、かなり面白い展開となっています。

キャラクターのデフォルメは最初の30秒で慣れましたよ!

各キャラクターごとに特徴的で魅力的な個性があり、それが非常に素晴らしいと思いました。動物の本能を取り入れたアクションは、とてもダイナミックで面白く、見ていて楽しかったです。

毛の動きは、映画『モンスターズ・インク』(2001)を見たことがあるのですが、非常に美しく表現されており、動物をテーマにしたキャラクターたちに最適な表現方法だと感じました。

ただ歩くだけのシーンでも、キャラクターの毛の動きに見入ってしまいました。

また、水の動きは、本当に撮影された水のようにリアルでした。特に泡や波、水流が人間の直感通りに動いており、キャラクターが水流に流されるシーンなども、映像のつながりが自然で、非常に迫力がありました。

ヤバいシーンは、その迫力とヤバさの相乗効果で、興奮してしまいました。

あと、Mr.ハンキーのようなキモいソーセージ(笑)。あれはサウスパークのMr.ハンキーに似ていますね。
声も似ているし、失礼しましたが、キモいソーセージといっても、不気味の谷現象のような不快さではなく、わざとそういうマスコットとして作られている感じが良かったです。

犬たちにとっての天国や幸せも、とても伝わってきました。

アクションシーンは素早いですが、どんな動きだったかを直感的に理解できる作り方が、とても素晴らしかったです。

女性カラー03

イルミネーションによるアニメ映画『ペット』は、ペットたちの目線から描かれた感動的な物語

アニメ映画『ペット』は、ヒット作品を手掛けているIlluminationが製作した作品です。

この作品では、『ミニオンズ』のように、ペットたちの目線から描かれた動物たちの世界を舞台にした物語が展開されます。

(現実の世界では、野良猫たちはハンターに捕まり殺されたりすることもあるため、ペットたちにとっては困難な問題です。)

しかしながら、この映画ではそのような現実的な要素を上手くデフォルメさせています。

その結果、私たち視聴者はキャラクターたちの心情に共感しながらストーリーを楽しむことができます。

たとえばなんですが、運転のシーン。
普通ならばリアリティーを重視して「出来るわけがない」とか「被害が・・・」といった現実的な考えが頭をよぎるかもしれません。

しかし、この映画ではそんな現実を気にせず、ストーリーの展開に集中することができるので、運転のシーンは非常に面白いものとなっています。

また、クライマックスのシーンでは、ピタゴラスイッチが上手く用いられており、絶体絶命感を私たち視聴者に与えます。このシーンでは、「緊張感」やら「興奮」といったものを味わうことができます。

全体的にみてですが、伏線の回収やテーマの終わり方など、非常に綺麗にまとまっているなあというのが、感想です。

特に動物たちが可愛らしいキャラクターで描かれているので、私たち視聴者はそれらのキャラクターに大いに癒されることでしょうし・・・。

ちなみに、私がみたこの映画で”一番の衝撃”は、スノーボールというキャラクターですね。

彼は可愛らしい外見とは裏腹に、性格が悪くて軍団のリーダーで強い存在として描かれています。声優として起用されたケヴィン・ハートは、笑いを取るためには欠かせない存在と言えるでしょう。

また、主人公のマックスとデュークが徐々にお互いを理解し合い、協力し合う姿は、これもまた非常に感動的ものがあります。特にソーセージ工場のシーンでは、笑いながらその姿に共感することでしょう・・・。

さらには、デュークの昔の家を訪れるシーンでは、切なさを感じずにはいられません!

コメディ要素が強いのですが、考えさせられるシーンも多く存在するため、私たち視聴者には学ぶことも多い作品になっていると思います。

男性カラー05

飼い主のいない間にペットたちが繰り広げる冒険!

アニメ映画『ペット』は、大都会ニューヨークのマンハッタンとブルックリンを舞台にした、愉快な冒険が繰り広げられるアニメーション作品です。

主人公はジャックラッセルテリアのマックスとニューファンドランドのデュークのおかしくて仲良しのコンビ。

物語はアッと驚くオープニングからスタートします。

リバティ島の自由の女神像を中心にして、ブルックリンブリッジを旋回しながらマンハッタンへと移動する映像は、デジタル技術を駆使して作られており、まるで実際にニューヨークの街を見ているかのような臨場感があります。

物語の舞台となるニューヨークの街は、160万人以上が住む繁華な大都会です。

ペットたちも多く飼われており、飼い主が留守の間、彼らがどのような密かな日常を送っているのか、この映画の着想が面白いです。

『ペット』は、アニメーション映画『SING/シング』(2016)と同じくIlluminationが制作した作品ですが、一線を画しています。

『シング』は個々のキャラクターたちの内面に迫り、物語にドラマチックな展開を与える一方、『ペット』はマックスとデュークのコンビがマンハッタンからブルックリンまで冒険を繰り広げるテンポの良い作品です。

マックスたちを追いかけるのは、個性豊かな動物たちが登場する白ポメのギジェットやトラネコのクロエ、アカオノスリのタイベリアスなどです。

また、『ペット』には危険な集団である”The Flushed Pets”という組織も登場します。彼らはマンハッタンの下水道をアジトにしており、執拗にマックスとデュークを追いかけます。

物語は目まぐるしく展開し、多くのエリアを訪れます。

マンハッタン区とブルックリン区を駆け巡り、最終的にはブルックリン・ブリッジでクライマックスを迎えます。

マンハッタンの街を舞台に繰り広げられるペットたちの愉快な冒険に引き込まれることでしょう。

映画『ペット』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数5.726.53.53.4
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
v・Yahoo!運営

本作品の配信情報は2024年2月5日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。

映画『ペット』まとめ

映画『ペット』エンタメのまとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

映画『ペット』動画が見れるサイトは?

 

\アニメ映画『ペット』を<U-NEXT>で見てみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次