この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

POINT:
・『雨あがる』(1999)は、山本周五郎の短編をもとに故黒澤明監督が書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化した作品。
・黒澤明監督の通夜の時に、子の黒澤久雄は脚本執筆の手伝いをしていた助監督・小泉堯史に監督依頼を行い、クランクインした。
・『雨あがる』は第24回日本アカデミー賞(2001年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞を受賞した。
関連作:『人情紙風船』(1937)『血槍富士』(1955)『椿三十郎』(1962)『たそがれ清兵衛』(2002)『隠し剣 鬼の爪』(2004)

映画『雨あがる』

~あらすじ~
享保の時代。浪人の三沢伊兵衛とその妻は、長雨のため安宿に居を構えた。ある日、若侍の諍いを難なく仲裁した三沢は、通りかかった藩主・永井和泉守に見そめられ城に招かれる。三沢が剣豪であることを知った和泉守は、彼を藩の剣術指南番に迎えようとするが・・・。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『雨あがる』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『雨あがる』予告動画

Après la Pluie - Trailer

映画『雨あがる』配信状況

映画『雨あがる』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『雨あがる』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『雨あがる』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・music.jp
・dTV

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年5月13日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『雨あがる』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『雨あがる』監督・キャスト、原作紹介

映画『雨あがる』基本情報

 

本作(タイトル) 雨あがる/After The Rain
公開年 1999年
上映時間/再生時間 1時間31分
監督 小泉堯史
キャスト 三沢伊兵衛・・・寺尾聰
たよ・・・宮崎美子
永井和泉守重明・・・三船史郎
辻月丹・・・仲代達矢
榊原権之丞・・・吉岡秀隆
内藤隼人・・・加藤隆之
奥方・・・檀ふみ
家老・・・井川比佐志
おきん・・・原田美枝子
説教節爺・・・松村達雄
おとし・・・大寶智子
遍路の老人・・・奥村公延
鋳掛け屋・・・頭師孝雄
野田又四朗・・・山口馬木也
犬山半太夫・・・森塚敏
宿屋の女中・・・鈴木美恵
野呂惣左衛門・・・児玉謙次
腰元・・・森山祐子
宿屋の亭主・・・下川辰平
音楽
佐藤勝
主な受賞歴 ・第24回日本アカデミー賞(2001年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞
・第56回ヴェネチア国際映画祭(1999年)緑の獅子賞
制作会社/配給元 椎名保、宮川鑛一、「雨あがる」製作委員会(アスミック・エース、角川書店、テレビ東京。IMAGICA、博報堂)/アスミック・エース
、東宝

映画『雨あがる』原作紹介

原作:「雨あがる」 山本周五郎
脚本:黒澤明

映画『雨あがる』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『人情紙風船』(1937)

~あらすじ~
江戸時代。貧乏長屋に住む髪結いの新三は、同じ長屋に住む浪人が首吊り自殺したのを良いことに、通夜をやるからと大家から酒をせしめ、住民仲間とただ酒を飲んで馬鹿騒ぎを行うような男だ。彼は賭場を巡るトラブルから借金を抱えており、髪結いの道具を質屋に持ち込もうとするが、相手にしてもらえない。困った新三は質屋の店主の娘であるお駒を誘拐し、長屋に連れ込んでしまう。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:山中貞雄
出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、霧立のぼる

『血槍富士』(1955)

~あらすじ~
のどかな東海道を江戸に向かって旅する、若様・酒匂小十郎と槍持ち権八、お供の源太。まだ若い小十郎は気立ての優しい人物だが、無類の酒好きで酒乱の気がある。源太もまた酒飲みなので、権八は心配でならない。そんな三人の主従と時を同じくして旅するのは、小間物商人、身売りされる娘おたねと老爺、あんまの藪の市、旅芸人のおすみ母子、挙動不審の藤三郎、そして権八の槍に憧れる次郎ら市井の人々。悲喜交々の人生と人情に触れた小十郎は感動し、虚栄ばかりの武士の世界に嫌気がさしていく。そんな折、事件は起きた。飲み屋で酒を酌み交わしていた小十郎と源太が、侍集団との争いで惨殺。そこへ駆けつけた権八は、若様の仇を討つべく酔いどれ侍たちに斬りかかる!

出典:Amazon

監督:内田吐夢
出演:片岡千恵蔵、喜多川千鶴、田代百合子、加賀邦男、島田照夫、杉狂児、植木千恵

『椿三十郎』(1962)

~解説・あらすじ~
凄腕の浪人が、上役の不正を暴こうと立ち上がった9人の若侍に助太刀する痛快アクション時代劇。三船扮する三十郎は前作の「用心棒」から通ずるキャラクターながらこちらのほうがより人間味が増し、ユーモアと知略が強調されている。薄暗い社殿で密議をこらしていた9人の若侍。上役を告発するも逆に窮地に陥っていた。それを図らずも聞いていた浪人は、権謀に疎い彼らに同情し一肌脱ぐことに……。仲代達矢扮する敵方の用心棒との壮絶な一騎打ちのシーンは圧巻。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:黒澤明
出演:三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、団令子、志村喬

『たそがれ清兵衛』(2002)

監督:山田洋次
出演:真田広之、宮沢りえ、小林稔侍

 

・第26回日本アカデミー賞(2003年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞/最優秀監督賞
・第45回ブルーリボン賞2003年作品賞

 

『たそがれ清兵衛』(2002)はこちらから

 

『隠し剣 鬼の爪』(2004)

~あらすじ~
時は幕末。東北の小藩、海坂藩。3年前に母を亡くし、いまだ独り身の下級武士・片桐宗蔵はその日、思いがけぬ再会に胸を痛める。それは、かつて宗蔵の家に奉公に来ていた百姓の娘きえ。伊勢屋に嫁ぎ、幸せに暮らしているものと思っていたきえの姿は、やつれ、あまりにも寂しげだった。数ヵ月後、妹の志乃からきえが病に伏せっていると聞いた宗蔵は、ついに伊勢屋からきえを強引に連れ帰るのだった。日に日に快復していくきえを見て、喜びを実感する宗蔵だったが、そんな時、藩の江戸屋敷で謀反が発覚、宗蔵もこの騒動に深く巻き込まれてしまうのだった。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:山田洋次
出演:永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子

映画『雨あがる』口コミ(見どころ・感想)

映画『雨あがる』口コミ(見どころ・感想)

aaa

~見どころ~
寺尾聰さんと宮崎美子さんが演じる夫婦二人が、本当にお互いの気持ちを思いやり合っていて、とても素敵なんです。「夫婦っていいなぁ、」こんな風にお互いを信頼し合って、寄り添って過ごしていけるのなら、結婚や夫婦って良いものなのかもしれないなぁ、と私自身、思わせられた作品です。

時代劇ですが、所謂、チャンバラものとは違い、市井の人たちの何気ない風景や日常が、淡々と描かれています。

本当に強いとは、どう言った事なのか、真の優しさとは何なのか、この映画を観ていると、主演の二人を通して伝わってくる気持ちになって、自分の心の中でふと一時、立ち止まり考えさせられてしまいます。

支え合う二人の姿に、夫婦の有り様を思い出させます。

~感想~
見終わった時には、まさに、タイトル通りの、雨上がりの後のような、爽やかな、とても清々しい、良い気持ちにさせられる、観賞後の気分の良い作品でした。

寺尾聰さんが演じる役の優しさ温かさに、宮崎美子さんの演じる妻のかっこ良さに、思わず引き込まれてしまいます。

三船敏郎さんのお孫さんが演じる殿様が、セリフが棒読みで酷い役者さんなのも、がっかりするどころか私としては、ファンサービスのひとつとして、微笑ましく流して観る事が出来ました。

とても、シンプルで地味な作品かも知れませんが、個人的にはこう言った、何気ない日々の出来事を描いた映画が好みなので、大好きな作品のひとつに入れたいぐらいに思っています。
隠れた名作ですね。

映画『雨あがる』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 6.1 7.7 3.6 3.8
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年5月13日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『雨あがる』動画が見れるサイトは?

 

\映画『雨あがる』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事