この記事を読むのに必要な時間は約 32 分です。

POINT:
・『舟を編む』(ふねをあむ)は、三浦しをんの小説を、石井裕也が映画化した。
・本作のなかで新刊行する辞書『大渡海』は、「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」の意味。
・第37回日本アカデミー賞(2014年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞/最優秀監督賞

映画『舟を編む』

~あらすじ~
出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。 そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?

出典:Amazon

\映画『舟を編む』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『舟を編む』予告動画

映画『舟を編む』予告編

映画『舟を編む』配信状況

映画『舟を編む』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『舟を編む』が見ることができます。

・Amazonプライム
・dTV
・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『舟を編む』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・TSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
ネットでDVDレンタル!【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV―/― ネットでDVDレンタル!【TSUTAYA DISCAS】
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年6月26日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『舟を編む』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『舟を編む』監督・キャスト、原作紹介

映画『舟を編む』基本情報

 

本作(タイトル)舟を編む/The Great Passage
公開年2013年
上映時間/再生時間2時間13分
監督石井裕也
キャスト馬締光也・・・松田龍平
林香具矢・・・宮崎あおい
西岡正志・・・オダギリジョー
岸辺みどり・・・黒木華
佐々木薫・・・伊佐山ひろ子
松本朋佑・・・加藤剛
荒木公平・・・小林薫
村越局長・・・鶴見辰吾
三好麗美・・・池脇千鶴
松本千恵・・・八千草薫
タケ・・・渡辺美佐子
江川・・・森岡龍
編集者・・・波岡一喜
小林・・・斎藤嘉樹
宮本慎一郎・・・宇野祥平
山谷花純、小篠恵奈、藤村聖子、又吉直樹、前野朋哉、芹澤興人
音楽
渡邊崇
主な受賞歴・第37回日本アカデミー賞(2014年)最優秀作品賞/最優秀脚本賞/最優秀監督賞
・第68回毎日映画コンクール日本映画大賞
・第38回報知映画賞作品賞
・第26回日刊スポーツ映画大賞作品賞 ほか
制作会社/配給元「舟を編む」製作委員会(テレビ東京、松竹、アスミック・エース、電通、朝日放送、朝日新聞社、読売テレビ)/松竹、アスミック・エース

映画『舟を編む』原作紹介

原作:「舟を編む」(光文社刊)三浦しをん
脚本:渡辺謙作

映画『舟を編む』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『博士と狂人』(2018)

~解説・あらすじ~
"歴史はこの2人から始まった――。
メル・ギブソン×ショーン・ペン
孤高の学者と、呪われた殺人犯。
世界最大の英語辞典誕生に隠された、真実の物語。"

19世紀、独学で言語学博士となったマレーは、オックスフォード大学で英語辞典編纂計画の中心にい
た。シェイクスピアの時代まで遡りすべての言葉を収録するという無謀ともいえるプロジェクトが困
難を極める中、博士に大量の資料を送ってくる謎の協力者が現れる。その協力者とは、殺人を犯し精
神病院に収監されていたアメリカ人、マイナーだった――。

出典:Amazon

監督:P.B. シェムラン
出演:メル・ギブソン、ショーン・ペン、ナタリー・ドーマー、エディ・マーサン、スティーヴ・クーガン

『日日是好日』(2018)

~解説・あらすじ~
「人生のバイブル!」と呼ばれるロングセラー・エッセイを映画化! 黒木華、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る、一期一会の感動作。
真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょい。そんな典子(黒木華)は、いとこの美智子(多部未華子)とともに「タダモノじ ゃない」と噂の武田先生(樹木希林)のもとで“お茶”を習う事になった。細い路地の先にある瓦屋根の一軒家。武田先生は挨拶も程々に稽古をはじめるが、意味も理由もわからない所作にただ戸惑うふたり。「お茶はまず『形』から。先に『形』を作っておいて、後から『心』が入るものなの。」と武田先生は言うが――。青春の機敏、就職の挫折、そして大切な人との別れ。人生の居場所が見つからない典子だが、毎週お茶に通い続けることで、何かが変わっていった……。

出典:Rakuten TV

監督:大森立嗣
出演:黒木華、樹木希林、多部未華子、鶴見辰吾、鶴田真由、山下美月

 

『つつんで、ひらいて』(2019)

~解説・あらすじ~
菊地信義氏は広告代理店などに勤務した後、1977年に装幀者として独立する。ベストセラーを記録した俵万智の「サラダ記念日」をはじめ、古井由吉、大江健三郎、浅田次郎、平野啓一郎などの1万5,000冊以上もの書籍をデザインしてきた。本を取り巻く環境が時代と共に大きく変化する中、菊地氏は読者が欲しくなる本を作り続ける。

出典:Yahoo!映画

監督:広瀬奈々子

 

映画『舟を編む』口コミ(見どころ・感想)

映画『舟を編む』口コミ(見どころ・感想)

辞書の「恋愛」の項を引くと、編集者の人生観や経験を削りだしたような文言が出てくるのはこの作品から知りました。

~見どころ~
フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でもアニメ化された「舟を編む」の実写映画作品の見どころは、辞書作りの大変さにあると思います。
一つの項目を埋めるにしても、過去の辞書の内容をコピペするのではなく、編集の思想や人生体験など、身から削り取るような物までも辞書に組みます。
「辞書作りとはこんなにも細かくて繊細で根気のいる物なんだあ」と感じました。

TBSドラマの大岡越前で有名な加藤剛さんが、重厚感と落ち着いた演技で作品に確かな重みを与えています。

久しぶりに加藤さんを見れたなと思ったら、直後に訃報を聞いて何とも言えない気分になりました。
宮崎あおいさんのマドンナ的役割も素敵です。真面目一筋の馬締が恋に落ちる描写がすごく面白いです。

~感想~
「大渡海」を作る時と出版後のキャラクターそれぞれの環境の変化が、15年という時が過ぎたことを強く実感させてくれます。

結婚したり子供ができたり、妻を亡くしたりと各々の変化が何とも切ないです。
しかしそれらの変化を特に大きく扱わず、すべては辞書を出版するまでの「過程の一つ」として穏やかに通り過ぎていきます。
こういう所が、すごくいいなと思います。
馬締のラブレターを送る場面は、あれは真面目だからでは説明できないところがあるのだなと思いました。
やっぱり、馬締はちょっと変わってます。
あと、辞書の「恋愛」の項を引くと、編集者の人生観や経験を削りだしたような文言が出てくるのはこの作品から知りました。
家にある辞書を手に取って片っ端から「恋愛」を引いてみたいと思います。

映画『舟を編む』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.677.13.83.99
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年6月26日時点のものです。

まとめ

小・中学生の頃、辞書を買ってもらいました。まずは1冊持ってれば十分だと思ってました。それから社会人になって、公務員試験やらで時事辞典など買う機会もありました。

ただただ「使う」側のほうでしたが、「15年」もの年月をかけて制作することの過程、辞書作りの困難さを理解することができました。辞書というのは、「完璧なもの」「間違えているはずがない」と思っていましたが、その裏で信じられない程の作業かあるのだと、驚きました。

 

 

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『舟を編む』動画が見れるサイトは?

 

\映画『舟を編む』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事