この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

POINT:
・『ドライブ・マイ・カー』(2021)は、村上春樹の同短編小説と「女のいない男たち」を原作とした、濱口竜介監督の作品。主演は西島秀俊。
・『ドライブ・マイ・カー』は第79回ゴールデングローブ賞(2022年)非英語映画賞(旧外国語映画賞)を受賞した。日本作品としては、市川崑監督『』(1959)以来62年ぶりの快挙となった。
『ドライブ・マイ・カー』は、第94回アカデミー賞で国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)を受賞した。
・関連作: 『トニー滝谷』(2004) 『PASSION』(2008) 『ハッピーアワー』(2015) 『永い言い訳』(2016) 『二重のまち/交代地のうたを編む』(2019)
3月28日追記:映画『ドライブ・マイ・カー』が第94回アカデミー賞・国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)を受賞しました。

映画『ドライブ・マイ・カー』

~あらすじ~
舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。
2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去を抱える寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。
悲しみと“打ち明けられることのなかった秘密"に苛まれてきた家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。

出典:Amazon

画『ドライブ・マイ・カー』を<U-NEXT>でレンタルしてみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画『ドライブ・マイ・カー』<Amazon>でレンタル!/

映画『ドライブ・マイ・カー』予告動画

『ドライブ・マイ・カー』30秒予告

映画『ドライブ・マイ・カー』配信状況

映画『ドライブ・マイ・カー』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ドライブ・マイ・カー』が見ることができます。

・Amazonプライム
・U-NEXT

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルで映画『ドライブ・マイ・カー』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年3月28日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

画『ドライブ・マイ・カー』を<U-NEXT>でレンタルしてみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画『ドライブ・マイ・カー』<Amazon>でレンタル!/

映画『ドライブ・マイ・カー』監督・キャスト、原作紹介

映画『ドライブ・マイ・カー』基本情報

 

本作(タイトル) ドライブ・マイ・カー/Drive My Car
公開年 2021年
上映時間/再生時間 2時間59分
監督 濱口竜介
キャスト 家福悠介・・・西島秀俊
渡利みさき・・・三浦透子
家福音・・・霧島れいか
高槻耕史・・・岡田将生
音楽
石橋英子
主な受賞歴 第94回アカデミー賞(2022年)国際長編映画賞
・第79回ゴールデングローブ賞(2022年)外国語映画賞
・第74回カンヌ国際映画祭(2021年)脚本賞
・第47回ロサンゼルス映画批評家協会賞(2021年)作品賞/脚本賞
・第87回ニューヨーク映画批評家協会賞(2021年)作品賞
・第13回TAMA映画賞(2021年)最優秀作品賞
制作会社/配給元 ビターズ・エンド/ビターズ・エンド

映画『ドライブ・マイ・カー』原作紹介

原作:「ドライブ・マイ・カー」(短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)村上春樹
脚本:濱口竜介、大江崇允

 

 

映画『ドライブ・マイ・カー』がアカデミー賞・国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)で、日本映画が受賞するのは滝田洋二郎監督の『おくりびと』(2008)以来13年ぶりとなります。
『おくりびと』(2008)はこちらから

映画『ドライブ・マイ・カー』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『トニー滝谷』(2004)

~あらすじ~
トニー滝谷の名前は、本当にトニー滝谷だった。太平洋戦争当時、上海のナイトクラブでジャズマンをしていた滝谷省三郎は、終戦後、息子が生まれるとトニーと名付けたのだ。彼が生まれて3日で母が死に、孤独な幼少期を送ったトニーは、やがて美大に進む。細部まで正確に写し取る彼の絵はどこまでも無機的だった。ずっと孤独に生きてきたトニーは、孤独を苦にしなかった。しかしデザイン会社に就職後、独立してイラストレーターとなったトニーは、彼の家に出入りする編集者の一人、小沼英子に恋をする。そして、彼女のいない人生を思い、恐怖した…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:市川準
出演:イッセー尾形、宮沢りえ、西島秀俊、篠原孝文、四方堂亘

『PASSION』(2008)

監督:濱口竜介
出演:河井青葉、岡本竜汰、占部房子、岡部尚、渋川清彦

動画配信は確認できませんでしたが、「東京藝術大学大学院映像研究科第二期生修了制作作品集2008」という形で、DVDが販売されています。

濱口竜介監督の『PASSION』。修了制作作品集とはいえ、「学生映画だよね」と侮ってはいけません。『PASSION』のほか『彼方からの手紙』『錨をなげろ』『アンナの物語』『緑川の底』『second coming』の6本があり、各監督の作家性が色濃く出ており、良作が揃っています。

・第56回サンセバスチャン国際映画祭
・第9回東京フィルメックス正式出品

『ハッピーアワー』(2015)

~あらすじ~
30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。しかし、純の秘密を思わぬかたちで知り、彼女たちの友情は揺れる。動揺は彼女たちの日常へと及び、いつしか全員の人生を大きく動かしていく。やがて訪れる長い夜。彼女たちは問いかける。—私は本当になりたかった私なの?

出典:Amazon

監督:濱口竜介
出演:田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら

『永い言い訳』(2016)

~あらすじ~
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、
親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、
世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。
そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、
ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。
保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。
子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。

出典:Amazon

監督:西川美和
出演:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子

『二重のまち/交代地のうたを編む』(2019)

~解説・あらすじ~
民話の萌芽のような時間を描いた奇跡の映画
2018年、4人の旅人が陸前高田を訪れる。まだ若いかれらは、“あの日"の出来事から、空間的にも時間的にも、遠く離れた場所からやって来た。
大津波にさらわれたかつてのまちのことも、嵩上げ工事の後につくられたあたらしいまちのことも知らない。
旅人たちは、土地の風景のなかに身を置き、人びとの声に耳を傾け、対話を重ね、物語『二重のまち』を朗読する。
他者の語りを聞き、伝え、語り直すという行為の丁寧な反復の先に、奇跡のような瞬間が立ち現れる。

出典:Amazon

監督:小森はるか、瀬尾夏美
出演:古田春花、米川幸リオン、坂井遥香、三浦碧至

 

映画『ドライブ・マイ・カー』口コミ(見どころ・感想)

映画『ドライブ・マイ・カー』口コミ(見どころ・感想)

「相手の心を見たければ自分の心を知ること」

~見どころ~
村上春樹原作、濱口亮介監督作品です。

日本だけでなく、海外からも多く評価されていて数々の賞を受賞、ノミネートされています。

主人公の西島秀俊演じる家福は舞台の演出家、俳優で妻の音は脚本家です。夫婦は、愛を交わしあった後に妻から夫に物語りを語るという習慣がありました。

妻の音は夫がありながらも仕事で一緒なった若い俳優達と浮気を重ねているのですが、夫の家福はそれを見て見ぬふりをし続けます。

ある日妻から「話しがある」と言われた夜に妻はくも膜下出血で急死してしまいます。

家福は音を失った深い喪失感と、音が自分に何を伝えたかったのか、音の浮気を重ねた真相などをずっと受け入れられず、向き合えずにいて苦しんでいます。

自分と同じような境遇や心情を抱えている女性ドライバーみさきとの出会いによって、少しずつ深い悲しみの過去を受け入れていく様子を静かにですが描いています。

その静かに淡々として見える物語りですが、深い人間の心の矛盾や真理を突いているようなみせ方がとてもうまく描かれている映画です。

~感想~
広島が舞台になっていて瀬戸内の穏やかで美しい風景を背景に、深い悲しみと喪失感、後悔を長い間抱えた登場人物達の心を変化を描いています。

大切な人を失った悲しみや喪失感は多くの人が経験することですし、自分が「あの時こうしておけば・・・」という後悔の気持ちを感じることもあると思います。

そのどうしようもない心情を消化もできず、そんな現実をなかなか受け入れることもできず、そのため人生をなかなか前進させることも困難なのです。

その気持ちを分かり合えた家福とみさきは、お互いに心の支えになって悲しみと現実を受け入れ、前進していく様子が静かですが、力強く描かれているのが心に響きました。

「相手の心を見たければ自分の心を知ること」という言葉が、自分にも置きかえて考えさせらる言葉でした。

映画『ドライブ・マイ・カー』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 6.2 7.9 4.1 4.0
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年3月28日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ドライブ・マイ・カー』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ドライブ・マイ・カー』を<U-NEXT>でレンタルしてみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

映画『ドライブ・マイ・カー』<Amazon>でレンタル!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事