この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

matuskonoshiranaisekai-huzisaki-ryou

TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、ドラマー、音楽プロデューサーの藤崎涼さんが登場します。

マツコの知らない世界【夏の旨辛グルメ麻婆麺!注目味覚“怪味”】

2022年7月26日(火) 20時57分~22時00分【放送】

専門店急増中…劇的進化の麻婆麺!聖地・新潟県の激旨麻婆巡り&厳選店大公開!人気秘密は最注目味覚【怪味】

番組紹介

放送後の見逃し配信は、Paravi(パラビ)で。

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。 見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

「マツコの知らない世界」出演の藤崎涼さんプロフ

藤崎涼さんのプロフ

藤崎涼さんのプロフを紹介いたします。

本名 藤崎涼(ふじさきりょう) L激辛ドラマー涼
生年月日/星座 魔暦B.D.24年11月31日(干支:夜叉)?/オリオン座  ※生まれ年非公表
出身地/居住地 母親?東京都江戸川区?
学歴 「これ以上ここで学ぶものはない」と高校を自主中退
身長/体重 173cm/64kgくらい
職業・経歴 ドラマー、音楽プロデューサー、タレント ダウンアップビート所属
食のこだわり ・激辛食品 ・麻婆豆腐(四川式) L2017年、マツコの知らない世界「激辛レトルト麻婆豆腐の世界」に出演。 L2019年、オリジナル高級唐辛子『七海涼辛子』をプロデュース。 ・豚骨系ラーメン、炒飯、カレー、パスタ
座右の銘 「麻婆豆腐はロックだ!」
嗜好品 煙草:二度と吸わないそう・・・。 酒:弱い(ビールは嫌い)。ブランデー、ワイン、梅酒等の果実酒類が良い。 ギャンブル:やらない。
好きなもの/きらいなもの エアコン/山葵(ワサビ)、和からし
メディア出演・ ブログ・SNS TV: マツコの知らない世界「激辛レトルト麻婆豆腐の世界」(2017年8月22日放送) WEB: ・藤崎涼のホームページ ・新)ドラマー藤崎涼の激辛ブログ"Eat with FIre"←旧)ドラマー涼の激辛ブログ SNS: Twitter、Youtubeチャンネル 書籍: 2019年『餃子炒飯麻婆豆腐のうまい店 首都圏版』(ぴあMOOK)に、麻婆豆腐の達人として登場。

「マツコの知らない世界」には、私たちを超えた「○〇通」な人やマニアックな人が出てきます。

藤崎涼さんのプロフィールから

藤崎涼さんのプロフィールから

藤崎涼さんはギャンブルこそやらないようですが、人物紹介、略歴を紹介するにあたっては「生き方」それこそがギャンブラーって感じがいたします。

ドラマーであり、音楽プロデューサー、タレント、音楽院のドラム科客員講師の顔も持っています。

(なので、生年月日や出身地、居住地など、まあドラマーらしく「?」なところもあります( ´∀` )

まあ、ここには書ききれないほど、紅麗威、THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿 ROLLING SPECIAL、TEAM PECO、涼夏などのドラマーや数々のアーティストのライブサポート、レコーディングなどに参加されています。

(藤崎涼さんは横浜銀蝿のライブサポートされていました。折しも横浜銀蝿のリーダーであり、ドラムスを担い、翔の実兄であった嵐ヨシユキさんが、2022年7月に亡くなられました。また昨年は、多数のアーティストのドラマーでご活躍されていた菅沼孝三さんまでも・・・。) ドラマ―である藤崎涼さんにとって、嵐ヨシユキさん、菅沼孝三さんの存在って、大きかったでしょう。


藤崎涼さんは、激辛&麻婆豆腐マニアです。

マツコの知らない世界では「激辛レトルト麻婆豆腐の世界」(2017年8月22日放送)に出演されていました。

当時紹介された「レトルト麻婆豆腐」ベスト3をざっくり説明すると・・・、

・第3位 本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐 237円
・第2位 京華樓特製 麻婆豆腐の素 540円
・第1位 ヤマムロ「陳麻婆豆腐」642円/ユウキ食品「四川マーボーソース」518円

でした。

きらいなものに、山葵(ワサビ)や和からしを挙げている藤崎涼さんではありますが、ふだんから「1日1麻婆」を欠かさず、朝食に激辛麻婆豆腐を食していて、Twitterの投稿やブログ「ドラマー藤崎涼の激辛ブログ"Eat with FIre"」で日々更新されています。

また2019年には、藤崎涼さんが監修したオリジナル唐辛子「七海涼辛子」が発売されています。

麻婆麺が食べられる新潟のお店はどこ?

劇的進化の麻婆麺!聖地・新潟県の激旨麻婆巡り&厳選店

麻婆豆腐は、中華飲食店なら定番ですのでどこにでもあります。ですが、今回は麻婆麺(マーボーメン)でして、あえて聖地と呼ばれる「新潟県」と限定っていうことが、CM、番組紹介でされています。

そんな「麻婆麺が食べられる新潟のお店とはどこなのか?」3店舗紹介していきます。

和風とんこつ たまる屋(新潟市中央区)

この投稿をInstagramで見る

channon_meshi(@channon_meshi)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

伊藤 博之(@pmc.110)がシェアした投稿

↑背脂マーボーメン 880円

山椒とラー油の香りが食欲をそそる、スープがほとんどない汁なしタイプです。麻婆豆腐なんですが、木綿豆腐を使っていてその量はなんと500グラム!1丁超えです。

ちなみに、麺のほうは通常の1.5倍の量で作っているため、大盛りできないそうです。

場所・営業時間等はこちら↓

店名 和風とんこつ たまる屋
住所 新潟県新潟市中央区鳥屋野417
TEL 025-278-7500
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:30) ※ スープなくなり次第終了
定休日 無休
予約 予約不可

関連ランキング:ラーメン | 関屋駅白山駅青山駅

麺や 忍(新潟市中央区)

この投稿をInstagramで見る

sorami(@usora0923)がシェアした投稿

背脂マーボー麺  800円

新潟5大ラーメンの一つ"燕三条背脂ラーメンに、麻婆麺を合体させたのが、麺や忍の「背脂マーボー麺」。スープは煮干しベースのあっさり醤油鯵味。餡の辛味は控えめで、挽肉もたっぷり!周りに背脂が・・・。

麺はゴワっとした短めの自家製太麺ですが、麻婆豆腐と背脂との相性がよいです。

場所・営業時間等はこちら↓

店名 麺や 忍
住所 新潟県新潟市中央区米山4丁目1-1 伏見ビル2
TEL
営業時間 【平日】 昼11:00〜14:00(L.O) 夜18:00〜19:15(L.O) 【土曜】 11:00〜14:00(昼営業のみ) 【祝日】 11:00〜14:00(昼営業のみ)
定休日 日曜定休
予約 予約不可

関連ランキング:ラーメン | 新潟駅

まるしん(新潟市江南区)

この投稿をInstagramで見る

近藤 路(@nishidan0721)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Mizuki(@iziki0930)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

@pero_gohanがシェアした投稿

↑麻婆麺 900円 新潟の地で麻婆麺を広め、その存在を知らしめているのが「ラーメン工房まるしん」。

初代店主の小田晃三さんがつけ麺屋としてオープン後、厳冬、寒いに新潟の子供たちが温まるようなメニューのために考案したといいます。

麻婆麺ですが、細麺にドロドロの麻婆餡が絡みつき、少し山椒が効いていて美味い。(紅ショウガもお好みでどうぞ。)味も子供たちのために辛さを抑えているということですから、辛さが苦手な方でも問題なく食べられます。

まるしんの麻婆麺。来客する8割以上のお客さんはこれを食べるそうです。

場所・営業時間等はこちら↓

店名 ラーメン工房まるしん
住所 新潟県新潟市江南区早通5-1-2
TEL 025-381-8649
営業時間 [火~日曜日] 11:00~14:00
定休日 月曜日
予約 予約不可

関連ランキング:つけ麺 | 亀田駅越後石山駅荻川駅

藤崎涼さんの本はこちら

『餃子炒飯麻婆豆腐のうまい店 首都圏版』

まとめ

読者の多い中華本の最新刊の紹介です。 玉袋筋太郎、高田秋、坂ノ上茜が出演しているグルメ。バラエティ番組「町中華で飲ろうぜ」(BS-TBSで放送)が本になりました。

関東中心ですが、たまに大阪や福岡で外ロケされていますね。番組はParaviでも見ることができますヨ!

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。 見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事