この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

matuskonoshiranaisekai-ishizaki-kensaburou1

 

TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、石田健三郎さんが登場します。

 

マツコの知らない世界【超進化!自動販売機】
2022年8月23(火) 20時57分~22時00分【放送】

 

自販機の素晴らしさを後世に残したい会社員が語る!名店の味集結!冷凍グルメ自販機ど冷えもん…自販機から海鮮丼&激ウマ餃子!遂に自販機が人を助ける時代に…ロボ自販機/海外から到来本格ラーメン自販機バリカタラーメンも

番組紹介

※この記事では、番組紹介等から予想される情報を事前予測し、まとめています。放送内容によっては異なる可能性もありますので、ご了承ください。

 

放送後の見逃し配信は、Paravi(パラビ)で。

 

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。
見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

「マツコの知らない世界」出演の石田健三郎さんプロフ

石田健三郎さんのプロフ

石田健三郎さんのプロフを紹介いたします。

本名 石田健三郎
生年月日 非公表
出身地/居住地 非公表
学歴 非公表
職業・経歴 NTTデータ 技術革新統括本部 システム技術本部 セキュリティ技術部
L政府系金融システムの開発・保守→セキュリティコンサルティング業務
メディア出演・
ブログ・SNS
SNS:
Twitter 自動販売機マニア @jido__hanbaiki
Note 自動販売機マニア 
その他 ・ウマ娘
好きな競走馬(ローズバド、エイシンプレストン、アドマイヤコジーン、そしてマヤノトップガン)・・・Noteより

「マツコの知らない世界」には、私たちを超えた「○〇通」な人やマニアックな人が出てきます。

石田健三郎さんのプロフィールから

石田健三郎さんのプロフィールから

石田健三郎さんは20代後半から30代前半、会社員をされているようです。

Webでの情報はほぼ出てきませんが、唯一「ソーシャルエンジニアリング対策 ~最も深刻な脆弱性は「ヒト」?~」とうタイトルの記事を見つけました。

内容は昨今、多かれ少なかれ連日のように報道されている情報漏洩やセキュリティー脆弱性、サイバー攻撃といった内容でした。(大学の定期試験のレポートタイプって言ったほうが良いのかな。)

出典元はNTTデータでしたので、現在もそこで仕事されていると思われます。

簡単にですが、仕事内容を見てみますと政府系金融システムの開発・保守業務→セキュリティコンサルティング業務→グローバル企業におけるセキュリティポリシー策定、セキュリティ体制構築、セキュリティアセスメント対応などを担当しているとのことです。

 

「マツコの知らない世界」のCMの最後1シーンをみていて、視聴者である私でもちょっとびっくりしたんです。
餃子の紹介でしょうね。

 

マツコ:「餃子2個食べていい?」
石田健三郎さん:「ルール違反です」
マツコ:(目固まる・・・👀)


最後1シーンだけですが、印象といいい言動もきっちりしていそうです。

またSNSでは、TitterやNoteで「自動販売機マニア 」の名で、インフルエンサーとして活動しています。

 

自動販売機に関するあれこれを呟くアカウントです。現代社会の諸問題を自動販売機の観点から鋭くコメントして行きます。


先述のタイトルの記事もそうですが、
理系工学系の出身だろうなあと思われる観察眼、突っ込み、時にはちょっとしたユーモアをも感じさせられます。

以上、石田健三郎さんのプロフや人柄については、番組内で明らかになるでしょう。

ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)の由来・設置場所は?

ヨーカイエクスプレスの由来、設置場所はどこ?

「ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)」って、JR西日本の特急か!?とも思われた方もいるかもしれません。

妖怪漫画&アニメの金字塔「ゲゲゲの鬼太郎」の「幽霊電車」の話しは神回とも言われており、人気エピソードです。なので、JR西日本の境線「鬼太郎列車」があります!京福電車には「嵐電妖怪電車」 もありますからね。)

ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)は、米シリコンバレーで登場したラーメンの自動調理自販機です。

 

ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)の由来ですが、「昭和」の時代に日本各地にあったうどんやそばの自動調理自販機をヒントに、現代風に開発されたものです。

ヨーカイエクスプレスのヨーカイ。

社名の「Yo-Kai」はその名の通り日本語の「妖怪」から取ってネーミングしたものです。日本には鬼の酒呑童子、九尾狐の玉藻前、天狗になった祟徳天皇といった「日本三大悪妖怪」がいて、ほかにもさまざまな「妖怪」がいます。「Yo-Kai」には24時間働ける妖怪という意味が込められているとのことです。

ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)の設置場所は、羽田空港第2ターミナル1階、24時間自販機レストラン内となります。

 

ヨーカイエクスプレスのラーメンの味・量・値段は?

メニューは全4種類で「醤油・みそ・柚子塩・豚骨」があります。お値段はいずれも790円(税込)※です。

※決済方法:キャッシュレス決済にのみ対応(クレジットカード(Visa、Mastercard)、交通系IC・電子マネー(nanaco・楽天Edy)など。現金は非対応。
※価格変動制(売上予測、売れ行きに合わせて価格が変動)

注文すると、約90秒で熱々のできたてラーメンができあがります。

肝心のラーメンの値段、味や量なのですが日本は「ラーメン王国なのです」。日々進化し続け、周期にブームが舞い起こり競争が繰り広げられるラーメン屋に、カップ麺市場・・・。それらを比して、さまざまな声がありました。

◇値段
・790円だと安くも高くもない。ここにきて小麦粉に物価も上がってきているんだが・・・。
・500円以下で提供しないと、ちょっとなあ。
・コンビニに売ってるレンジでチンするラーメンは、550円だったよなあ。
・コンビニでカップ麺とおにぎりを買った方が良い気もする。
・790円も払うなら、そこらへんの喫茶店でごはん食べるかな。
・羽田空港のラーメン屋で食べれば良くない?六厘舎790円でほぼ同額だし・・・。◇味
食べる前にしっかり混ぜる必要があると感じました
・最近のカップラーメンはマジで美味しいし、安いからなあ。
・日本の相当進化している「インスタント文化」って知ってるのかな?(知らないな。)
・ラーメン屋で食べればよくね?愛があるんだよ。

◇量
生麺ですね!チャーシュー、野菜の鮮度も良くホント凍らせてあったとは思えません。
・シンプルだの。
・(790円だと安くも高くもない。)追加で注文も出来ない。
・自販機ラーメンなんだが、ラーメン屋に行った方が食べた感はする。
・カップラーメン同量なのか。

うーん、どうでしょうか。
どのように感じられましたか!?

 

ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)まとめ

超進化自販機 ヨーカイエクスプレス(Yo-Kai Express)
営業日時 365日24時間
営業場所 羽田空港第2ターミナル1階
24時間自販機レストラン内
メニュー/値段 醤油・みそ・柚子塩・豚骨/790円(税込)
決済方法 クレジットカード(Visa、Mastercard)、交通系IC・電子マネー(nanaco・楽天Edy)など。現金は非対応
その他 ・テイクアウト用袋(網状)が用意

 

石田健三郎さん紹介の超進化自販機

「マツコの知らない世界」のCMよれば、今回取り扱った超進化自販機「yo-kai express(ヨーカイエクスプレス)」、ほかに「ど冷えもん(どひえもん)」「スキマデパート」を確認することができました。

 

まとめ

2022年4月、東京駅構内での短期イベントとして「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」が設置されました。ここでのメニューは、「一風堂」が監修するラーメンが登場しました。

先述したように、現在の設置場所は空港ターミナルや24時間自販機レストラン内なのですが、「ラーメンの味・量などは?」でもみたように、課題が無いわけではありません。

現状はラーメンの自販機に需要が無くなって来たから「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」が出てきたわけです。シリコンバレーからやって来たということです、現代風に!

ただ手厳しくいうならば何せ日本は「ラーメン王国」だということ。

飲食業、製造業のラーメンの世界でさえ競争です。勝つにしても手厳しいでしょうが「今後どのように販路を広げていけるか」が勝負の分かれ目になるということです。この先のこと、正直分かりません。

例えばなのですが、空港、高速道路があるので私なりに考えたのです。

地方の空港や高速道路のSA(サービスエリア)。空港なら、外国人とか観光客が面白い、食べてみようかという興味・好奇心からの需要があるのではないのかと。SAなら夜ではやっていないところも多いですし。

カップ麺も良いけれど、フェリーもしくは高級路線なら豪華船の中でも需要があるかもしれないです。

順次エリア拡大中とのことです。近くあなたの街で「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」がお目にかかるかもしれませんね。

 

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。
見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事