この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

matuskonoshiranaisekai-takizawaーnobuaki

 

TBSテレビ「マツコの知らない世界」で、ホテル評論家の瀧澤信秋さんが登場します。

 

マツコの知らない世界【超進化!ホテルSP☆絶景リゾート&極上ウニいくら函館ホテル】
2022年3月15日(火) 20時57分~22時00分【放送】

 

放送後の見逃し配信は、Paravi(パラビ)で。

 

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。
見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

国内旅行、ホテルのご予約は楽天トラベルで。

「マツコの知らない世界」出演の瀧澤信秋さんプロフ

瀧澤信秋さんのプロフ

瀧澤信秋さんのプロフを紹介いたします。

本名 瀧澤信秋(たきざわ のぶあき
生年月日 1971年生まれ/51歳(2022年3月時点)
出身地 長野県上田市
職業・経歴 ホテル評論家、旅行作家
学歴 北海道の大学・大学院は私立大学法学部、埼玉大(経済経営)大学院人文社会科学研究科博士前期課程
所属 ・『JTWO一般社団法人日本旅行作家協会』正会員
一般社団法人日本旅行作家協会
・一般社団法人宿泊施設関連協会 アドバイザリーボード
・一般財団法人宿泊施設活性化機構 理事

『ぐるなび』“ippin”キュレーター
ホテル情報専門サイト『Hotelers』編集長
(メディアエージェンシー有限責任事業組合)
Yahoo!ニュース(個人)オーサー、Yahoo!ニュースコメンテーター。
趣味・その他 インストゥルメンタルボサノヴァユニット
書籍 辛口評論家、星野リゾートに泊まってみた(光文社新書)/同電子書籍版

最強のホテル100 (ホテル評論家が自腹で泊まる!)(イースト・プレス)/同電子書籍版

365日 365ホテル 上(マガジンハウス)/同電子書籍版

ホテルに騙されるな!プロが教える絶対失敗しない選び方(光文社新書)/同電子書籍版

メディア出演・SNS TV:『マツコの知らない世界』(2016.11.1放送)(2017.7.11放送)
Lちなみに、2回目の出演となった「ビジネスホテルの世界」では、TBS瞬間最高視聴率ランキングで第1位(17.9%)。
「タモリ倶楽部」「ホンマでっか!?TV」「ビートたけしのテレビタックル」「ワールドビジネスサテライト」・・・多数出演。
ネット・雑誌:Yahoo!ニュース、NEWSポストセブン、文春オンラインほか瀧澤信秋 ITmedia「ホテルの深層」
SNS:インスタグラム

「マツコの知らない世界」には、私たちを超えた「○〇通」な人やマニアックな人が出てきます。

瀧澤信秋さんのプロフィールから

瀧澤信秋さんのプロフィールから

日本全国のホテルを紹介してくれるのは、ホテル評論家・旅行作家の瀧澤信秋さん。

出張のために泊まるホテルは、その数なんと、150~200泊/年間だそうです。

 

瀧澤信秋さんは私立大学卒業したのちは、四谷や赤坂の金融機関や法律事務所、会計事務所といった専門的な仕事に就かれていて、ご自身で経営コンサルタントの会社を設立されました。

金融機関、法律事務所、会計事務所、そしてコンサルタント・・・。机上でPCや電話があればできるような仕事でもありますが、その先にいるのは、新規であろうが既存であろうがお客様(=顧客)であることには違いはありません。

半ば、雇っている従業員にお任せできる出張もあるのでしょうが・・・。150~200泊/年間というのは、そのような数になってくるだろうなあ、というのは理解できますね(笑)

 

瀧澤信秋さんは、150~200泊/年間という宿泊レポートを2000年頃から始めています。これがきっかけとなって2~3件取材の依頼が入ることになります。

コンサルタントとしての肩書きはあったでしょうが、取材を受けるにあたってどう肩書きを決めたのでしょうか?

今でこそ、瀧澤信秋さんはホテル評論家と肩書きを持っていますが、当時は”ホテルの裏側”まで知っている訳ではないので、ホテル評論家を名乗るのは・・・、いけないと思っていたそうです。

 

ホテル業界ひとつとっても、さまざまな職業あるのです。大枠で言うならば、「宿泊」「料飲」「宴会」「管理・営業」「調理」の5つの部門からなり、例えば「宿泊」で見るならば、フロント、ハウスキーピング、宴会部門なら宴会予約、宴会サービス、クローク。調理部門なら、シェフ、ベーカリーといった感じですね。

2007年~2008年の頃から、「ホテルライフ評論家」を名乗ることになりました。ホテルライフに込められた意味・意義はこうです。端的に言うならば、ホテルの一利用者として・・・ということです。ちょうど瀧澤信秋さんはは、宿泊者や利用者の目線からコスパの観点から書いた「コスパホテルライフレポート」というものを投稿しはじめたからです。

2013年には、「ホテルライフ評論家」から「ホテル評論家」へと名乗り出ます。コンサルタントとホテルライフ評論家の2足の草鞋を履いていた瀧澤信秋さんでしたが、「ホテル評論家」を本業として切り替えて、今日までに至っています。

「All About」「ぐるなび」など旅プランを知りたい、練りたいと思ったときには、一度は確認するサイトではないかと思います。
瀧澤信秋さんは、All About公式ホテルガイドやぐるなびippinホテルグルメ公式キュレーターなどをされています。

旅行作家としては、ホテルにまつわるエッセイ、旅のエッセイを書いています。

また書籍「辛口評論家、星野リゾートに泊まってみた」(光文社新書)、「最強のホテル100 (ホテル評論家が自腹で泊まる!)」(イースト・プレス)、「365日 365ホテル 上」(マガジンハウス)、「ホテルに騙されるな!プロが教える絶対失敗しない選び方(光文社新書)をも出版しています。

 

国内旅行、ホテルのご予約は楽天トラベルで。

瀧澤信秋さんのおすすめのホテル

「マツコの知らない世界」からはある程度<群馬><東京><静岡><沖縄>の各県に、函館ホテル 宮古島ホテルがありましたので、紹介していきましょう。

詳細は画面から確認できますし、予約することもできます。

 

ホテルココ・グラン高崎<群馬県>

住所:〒370-0045群馬県高崎市東町3-5
交通アクセス:高崎駅東口とデッキ直結(徒歩3分)

 

自然の素材を使った豪華で開放的なロビー、炭酸泉を使用した大浴場があり、男性側にはサウナ、女性側には岩盤浴が完備されています。
「高崎」といったら、高崎駅を通る路線が、 JR. 上越新幹線(東京~新潟) や 北陸新幹線(東京~金沢)の重要な駅になっています。なので、
もホテルから北陸新幹線が眺めることができるのです!

客室ですが、シングル18平米で1泊88800円~となり、マッサージチェアが全室に完備されています。プレミアムココスイートというお部屋は、露天風呂とミニプールが完備されています。

ホテルココ・グラン高崎はこちら

伊東温泉 サンハトヤ<静岡県>

〒414-0002静岡県伊東市湯川572-12
交通アクセスJR:伊東駅より12:30~17:30送迎有(定時運行要予約)

今は令和の時代。昭和の匂いを感じる「どこか懐かしい雰囲気」を醸し出している伊東温泉 サンハトヤ。ここの楽しみ方は「昭和」ということと、お湯が海底1000mから湧き出る海底温泉で、悠々と魚が泳いでいる「お魚風呂」ですね。目玉になっている、サンハトヤ創業以来いるというウミガメ2匹、鯛や鯵などが泳いでいるのです・・・。

 

東温泉 サンハトヤはこちら

ホテルフォルツァ長崎<長崎県>

〒850-0853長崎県長崎市浜町4-11 ハマクロス411
交通アクセス:路面電車の「長崎駅前駅」電停⇒『崇福寺行』に乗車。「観光通」電停で下車し、徒歩約1分

ホテルフォルツァは九州内に3店舗を展開しているホテルです。

ごらんのとおり、見た目がとてもお洒落な外観・内観であるのが特徴で、フットマッサージや電動マッサージクッション、全室にiPadも完備しています。

一般的には12平米程度される客室は、18平米と広々としているのもポイントで、1泊6,000円~とお手軽です。
朝食はビュッフェスタイルとなっていて、長崎県産の食材を使った50種類以上を使っています。

ホテルフォルツァ長崎はこちら

紺碧 ザ・ヴィラオールスイート<沖縄>

〒906-0502沖縄県宮古島市伊良部池間添1195-1
交通アクセス:『宮古空港』から、タクシーまたはレンタカーで「伊良部大橋」(通行無料)経由で約20分
『みやこ下地島空港』から車で10分

 

紺碧 ザ・ヴィラオールスイートはこちら

瀧澤信秋さんのおすすめするドーミーイン

瀧澤信秋さんのおすすめのホテルに、ドーミーインを挙げなければなりませんね。全国に61店舗あります。

前回マツコ野知らない世界では、「すえひろの湯 ドーミーイン秋葉原」を紹介されていましたね。全室にシモンズ社製ベッドを使っていたり、無料サービスの夜鳴きそばなどが提供されています。


↓写真↓は、天然温泉 そが浜の湯 ドーミーイン千葉City Sogaです。楽天トラベルでは断トツで高評価になっています。

住所:〒260-0842千葉県千葉市中央区南町2-15-4
交通アクセス:京葉線「蘇我駅」下車。改札口左へ進んで、階段降りて左前にあり。

天然温泉 そが浜の湯 ドーミーイン千葉CitySogaはこちら

まとめ

最新のムック本を紹介します。瀧澤信秋さんが推しの「アパホテル」の本が出版されました。何せ初の公式ファンブック!ということと、

お得なクーポンがついています!

 

日本一のホテルチェーン「アパホテル」初の公式ファンブック!
『高級ホテルも顔負けのお部屋&アメニティ紹介』『絶景、天然温泉、サウナなど、
ホテル評論家がおすすめするアパ』『新都市型ホテル“アパホテル&リゾート"徹底解剖』など、
アパホテルが大人気の情報が盛りだくさん! 今すぐにでも泊まりたくなること間違いなしです。
そして購入者読者限定付録として、アパポイントが20%付与される超お得なクーポンがついてきます!
この1冊でアパホテルに楽しく&お得に泊まることができちゃいます!

出典:Amazon

 

\『半沢直樹』『ドラゴン桜』等ドラマ多数。
見逃し配信「マツコの知らない世界」を<Paravi>で見てみる!/

国内旅行、ホテルのご予約は楽天トラベルで。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事