スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

陸上・山縣亮太。記録をかけてスタート!-~プロフェッショナル-仕事の流儀~

 

陸上短距離のエース・山縣亮太(28)。
日本選手の100mオリンピック記録を2大会連続で更新。リオ大会では400mリレーで銀メダル。

山縣の真骨頂は「逆境を乗り越える力」にある。未熟児で生まれながらも、ケガなどの逆境を乗り越えるたびに強くなってきた。東京大会に向けた勝負のシーズンも、病気や故障などの逆境に次ぐ逆境。

そしてコロナ禍がー。誰もが逆境に立たされている今こそ届けたい、“ミスター逆境”の流儀。

 

『プロフェッショナル 仕事の流儀』の(再)放送はいつ?

 

『プロフェッショナル仕事の流儀』

「逆境を、強さに変える~陸上選手・山縣亮太~」
2020年6月16日(火) NHK総合 22時30分~23時15分

 

 

山縣亮太選手のプロフ&記録・オリンピックは?

 

プロフ山縣亮太(1992/06/10生まれ)/177cm-70kg
学歴・所属広島修道中→広島修道高→慶応義塾大学⇒セイコー
自己ベスト100m:10秒00(全日本実業団対抗選手権2017)
200m:20秒41(関東学生陸上競技対校選手権大会2013)
主な代表歴オリンピック・・・2016リオ・オリンピック、2012ロンドン・オリンピック
世界選手権・・・2013年世界陸上競技選手権大会
アジア大会・・・第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ)、第17回アジア競技大会(2014/仁川)

山縣亮太選手、記録・オリンピックどうなの?

 

2020年の東京オリンピック。

コロナ禍の影響を受けて、来年に延期となりました。

 

2019年の山縣選手は、気胸(ききょう)などの影響により、セイコーゴールデングランプリ陸上2019(大阪)以降の大会を欠場していました。

 

気胸という病気ですが、最も多い原因が「自然気胸」になります。

10~30代のやせ形の男性に発症することが多く、胸痛や咳、息切れなどが生じます。

 

筋肉質な山縣選手はあるのですが、陸上選手って体型上やせ形であったほうが有利ですし、そのような体型を維持していますよね。なので一概には言えませんが、気胸にかかってしまったのだろうと思います。

 

何せ2020年、日本でも発生した新型コロナウイルス。

現在もコロナ渦の状況下にあり、山縣選手にとっても心配な点でだと思います。

 

ケガなど苦難が多く「逆境を強さに変える」精神で挑んできた山縣選手ですが、精神論や当面の目標などについて、後述するYoutubeトークライブのなかで、こう述べました。

 

山縣選手はトークライブのなかで、

 

山縣選手:「『負けてもしゃーないわ』という気持ちですね」

朝原さん: 「関西人みたいな。吹っ切れる気持ちが大事なんだね」

 

突き詰めて考えるからこそ、見える境地があるのだと。

 

ここで説いたのは『負けてもしゃーないわ』。
「伸び伸び走るのが一番大事なんじゃないですか」。

 

考えに考えた後は、吹っ切れるのが鉄則。
山縣亮太選手の言う「開き直りの重要性」というものでした。

 

 

また、今秋に行われることが決まった陸上日本選手権(2020年10/1~3、新潟で開催)についても、明言しました。

 

「来年、(東京の)五輪のメンバーに選ばれることもそうだが、今年の日本選手権が10月に(新潟で)ある。1年以上、試合に出ていない。自己ベストを出して『山縣、がんばっとるな』と思ってもらえるように頑張る」

 

 

陸上日本選手権を見据えて、100メートルで10秒00の自己ベストを更新することを誓いました。

 

 

山縣亮太選手がYoutube対談!「これまでのベストレースは?」

2020年 6/7、Youtubeトークライブが行われました

 

Youtubeトークライブに参加したのは、北京五輪・男子400mリレーで銀メダルを獲得した朝原宣治さん、女子100mと200mの日本記録保持者の福島千里選手、そして山縣亮太選手でした。

 

その対談なかで、

 

朝原宣治さんから「これまでのベストレースは?」と聞かれると、

山縣選手は、無風状態で"10秒01"をマークした「全日本実業団陸上2018の男子100m<決勝>」 を挙げていました。

 

引用:決勝 男子100m 全日本実業団陸上2018   5:28~

 

そのときのレースが上↑の動画になります。

 

スタートダッシュやスタートブロックそこらへんも、一緒にチェックしてみてください!

 

(最後の映り込みがブレていますが、記録が"10秒01"”!ってわかります。)

 

 

山縣選手曰く「スタートで浮いちゃったので100点ではないが、イメージした通りのレースだった」と振りかえっていました。

 

当時の上位記録は、以下の通りとなります。

 

<決勝 男子100m 全日本実業団陸上2018>

順位コース/選手名(所属)タイム
1位 7 /山縣亮太 (セイコー )10秒01
2位5 /桐生祥秀 (日本生命)10秒22
3位6 /川上拓也 ( 大阪ガス)10秒33

 

 

山縣亮太選手、男子100m日本歴代5傑のどこにいる?

 

<男子100m日本歴代5傑>

順位タイム選手名
1位9秒98桐生祥秀
2位9秒99サニブラウン アブデルハキーム <NEW!>
3位10秒00伊東浩司
4位10秒00山縣亮太
5位10秒02朝原宣治

 

直近の男子100m日本歴代5傑ということで、まとめてみました。

日本歴代が入れ替わりました!

 

2位に、9秒99のサニブラウン アブデルハキーム選手が入ってきました。
伊東浩司選手、山縣選手の10秒10と続きます。

 

山縣選手は、10秒00の自己ベストを更新することを誓いましたから、ぜひとも9秒99を目指して欲しいですね!

 

 

山縣亮太選手、ツイッターで見せた料理は!?

 

Youtubeトークライブを紹介しました。

ツイッターでは、コロナ渦の中で見せた山縣選手の料理が、話題になっていましたね。

 

ときは2020年4/8の16時59分~。

流れをいうと、陸上短距離の飯塚翔太選手からバトンを受けての動画投稿となりました。

 

タイトル:【いまスポーツにできることリレー】
一声:「健康な体作りに必要な食事。アスリートの食生活の一部を紹介します」
料理:茶わん蒸し
具材:卵、好きな具材(鶏ささ身をChoice!)、だし汁

 

その動画がこちら↓です!

 

 

茶わん蒸しは、卵、鶏ささ身にだし汁を混ぜ、蒸しただけの簡単で、至ってシンプルなものでした。

 

山縣亮太選手:「意外と簡単にできてしまうので、是非みなさんやってみて下さい」

 

さっそく、茶わん蒸しを作ったフォロワーの人もいたようで・・・。

 

山縣選手は、具材にささ身をChoice!したわけですが、私はピーンときました。

 

ささ身は鶏の胸肉の裏側についたお肉。笹の葉の形に似ていませんか?
だから「鶏ささ身」って呼ばれるんです。それはさておき、

 

・脂肪をほとんど含まない
・タンパク質は非常に多い
・アミノ酸バランスに優れてている
・ビタミンAやB群など各種ビタミンが豊富
消化吸収も良い

 

といった、鶏ささ身の特徴があります。

 

鶏ささ身は、肉類のなかでも断然トップの高栄養・低カロリー食品です。
なので、陸上選手のようなアスリートや年配の方、子ども、ダイエット中の方とオススメなわけですね。

 

動画で見た山縣選手、イケメンですわ。

練習で疲れていても自炊もするし、きちんと3食も摂るそうですよ。

 

山縣亮太選手はだし汁も常備されているようで!やっぱり家には1本常備しておかなくちゃ。

 

まとめ

 

昨年の話しになりますが、私の甥っ子は「中学生になって部活動が何にしようか?」と、いろいろ考えていたようです。

本当は、バスケット部に入部したかったようです。

 

田舎に住んでいて生徒も少ないのですが、親の車で遠征するための負担、バスケットの最低人数に集まるかどうかも定かでないことも考え、悩んだ末「陸上部」を選びました。

自分が選んだのか、顧問の先生の指示なのかはわかりませんが、400m走(中距離走)がメインと、話しは聞きました。

 

あなたも市町村の中体連に参加したことはありませんか?

 

甥っ子もコロナ禍の影響を受けて3月より休校で自宅待機。やっと最近になって登校も始まったとのこと。

今年(2020年)の中体連は中止だそうです。

 

今年、運動部・文化部を問わず、学年が中3や高3を持つ親はもとより、子どもである生徒たちが、何かしらの大会が中止になるケースが出ています。

 

中学生、高校生という時期は、人生で1度しかない"青春"でもあります。

 

無念な姿を、悔しい気持ちを胸に「今」を過ごしているのだと思うと、心が痛みます。「人生の一頁、記憶」として刻みこまれるのでしょう。

 

こんなに空が青いというのに・・・。

 

この子どもたちの気持ちを一緒になって受け止めてあげてください。

 

 

 

 

過去の『プロフェッショナル 仕事の流儀』がDVDもあります。
もし映画やドラマ、アニメだけでなく雑誌も見たいなら、全部揃ってるU-NEXTをおススメします。

 

 

 

U-NEXTを31日間無料楽しもう!/



日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事