スポンサーリンク

この記事は約 15 分で読めます。

 

女子プロレスラーかわいい 世志琥(よしこ)は悪くないの

 

 

有吉反省会
2020年6月6日(土) 23時30分~23時55分

有吉反省会の反省人は、女子プロレスラーの世志琥(よしこ)が、どんな禊を行うっていうのか?

 

私が見た女子プロレスラー世志琥(よしこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

WRESTLE-1nce(@wrestle_1nce)がシェアした投稿 -

 

私がはじめてみた世志琥(よしこ)の印象は、80年代をただただ、頭をよぎったということなんです。

今は改名して世志琥ですけど、昔は世Ⅳ虎でした。

 

世Ⅳ虎ってさ、そもそも名前から読めないんですよ。

今あるのかな?

4649なら夜露死苦みたいな。

 

ほかにもあるよ!

 

・愛羅武勇(あいらぶゆー)とか、
・仏恥義理(ぶっちぎり)みたいに。

 

恐る恐る中学生を過ごした1980年代に引き戻された、当時のヤンキーの姿だったのが印象的でした。

 

世Ⅳ虎だったころの彼女は、金髪ロングに眉毛を全て剃り落し。
そしてゴツイ強面で・・・。ま~、嫌だわな。

 

そんななか、2015年のプロレス参戦のなかで「凄惨マッチ騒動」が起きました。

 

世Ⅳ虎(よしこ)ワールド・オブ・スターダム王座戦という防衛戦で、挑戦者の安川惡斗と戦いました。

しかし、この試合で、顔面を殴り合う喧嘩マッチに発展してしまったのです。

 

そのため、挑戦者の安川は頬や鼻を骨折する重傷を負い、結果的にTKO負けとなってしまいました。

 

世Ⅳ虎(よしこ)は、この試合で防衛したかのように見えました。

ですが後々になって、これが社会的に暴行試合なのだと問題視されることになりました。

 

そのためこの試合は無効試合となり、世Ⅳ虎は、無期限試合停止を食らったのです。

もうこの先は、試合に出られません。
さてどうする・・・。

 

挑戦者、安川惡斗のゆくえ

 

この投稿をInstagramで見る

 

superstART(@geek4wrestle)がシェアした投稿 -

 

挑戦者の安川惡斗は、この重傷のこともあって引退することになりました。

安川はもともと、日本映画学校を出た後、舞台に出演していた女優さんで、声をかけられて女子プロレスにデビューしたという経歴がありました。

1990年代以降、最近まで、こういうケースってちょこちょこあるんですよね・・・。

 

なので、引退したあとも女優業を復帰されて、見事に舞台や映画で活躍されています。

直近の活動(2019年)ですが、NHKでは『そろばん侍 風の市兵衛(第8回)』 ではお園という役を、舞台でも『星月夜~明星と夕星~』や『夕凪の街 桜の国』に参加されていました。

今後も舞台を主軸に活躍されると思います。

 

「キレやすさ」が問題視されたみたいだけど

 

さて、話しを戻します。

安川との試合では、世Ⅳ虎(よしこ)の「キレやすさ」が問題視されました。

 

世Ⅳ虎が所属していたスターダムというプロレスの団体が、彼女を放置したから!などともも言われていました。メンタルの面といったところでしょうか。

 

お分かりだと思いますが、プロレスにはプロレスなりの厳しい社会ですし、掟もあります。
それでいてプロレス団体とは契約関係です。

先輩後輩という縦社会もあるでしょう、女性だけの社会でもあります。

 

プロレスファンならまだしも、一般男性ですと、分らない部分も多いと思います。
まあ想像はできますよね。

 

だから、プロレスという団体の中での影響が、無いとは一概には言えません。

まあ、本人の特性によるところも大きいと思うのです。

 

私にとって「切れやすい人」っていうのは、正直わからないのです。

試合中のことなんで、興奮していてブチギレルってことは、よくあるのでわかります。

それが悪役なら、売りっていうこともありますからね。

 

私の周りにも「なんでこんな場面で切れるんだろう?」っていう人もいます。
いつも怒っている?ような芸能人もいますからね!

 

私的な意見ですけど、「切れやすい人」って、「結局は損だし、怒ってしまうと余分に体力使っちゃうよね!「後悔することってないの?」って、思っちゃうわけです。

世Ⅳ虎(よしこ)はいったんは引退することを決めました。
そして数か月して、また別団体に所属という形で復帰することになりました。

 

世Ⅳ虎を世志琥に改名して、今日に至っているんですね。

 

 

世志琥と80・90年代の女子プロレスラーに思うこと

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hitoshi Yoneno(@hitoshi_yoneno)がシェアした投稿 -

 

1980年代から1990年代の女子プロレスラーって言ったら、誰を思い出すでしょうか?

もちろん、世志琥とは世代もまったく違うんですけどね。

 

極悪同盟の「極悪女王」ことダンプ松本や「女帝」ブル中野のことを思い浮かべます!

 

絶対に、こんな女とは付きあいたくないし、最低極まりなレスラーだなって、当時は嫌々に思っていました(笑)。

 

彼女らは、ほんとうに憎まれ悪役に徹した「ヒールレスラー」だと思います。
それを、ずっと徹底してきた、って、言っているんです。

 

たとえ同じ同輩でも、同じ寮に住んでいてもです。

 

善があって悪がある。
世の中ってそんなもんですよね

 

だから、なんでもそうなんですけど、善ばかりでは面白くないんです。

 

ドラマでもアニメでも、時代劇でも。

いや人類の歴史のなかでも必ず「悪役」っているんです。そう、仕立てられてしまった人もいるかもしれませんが・・・。

 

「悪役」がいないと、引き立てられないんです!

月日が経って、それが『悪役』だった、派手な、怖い演出だったとしても、でもリングのなかで、本気で戦っているんですよ!

 

そんなヒールレスラーとして、怖かった彼女たちなのに、なぜか興味があって見入ってしまうんですよね、不思議なもので。

この投稿をInstagramで見る

 

Kentaro Saegusa(@sanshi0311)がシェアした投稿 -

 

だから、はじめてメイクを落としたダンプ松本が、はじめてCMで見たときには、すご~く驚きました。
今は女子プロレスのために、盛り上げていると言います。

 

そんな彼女の素性を雑誌やネットで見たとき、どこか嬉しい気持ちになるし、応援したくなるんですね。

ブル中野さんも、悪美女になられて綺麗になってます、びっくりです。

 

かわいい世志琥に困惑中!有吉反省会で何について禊を行う

 

時代は変わりました、今はSNSというものがあります。

世志琥(よしこ)もSNSを持っていて、日々更新しているようですね。

 

彼女のTwitterやTik Tokに10万以上のフォロワーがいるそうですよ。
そりゃ影響力はあります。

 

TwitterやTik Tokで見る世志琥の姿は、リングとプライベートと間にには、すご~くギャップがありますね。

 

 

あぃりDXプロデュースによるお菓子作りしていたり、浜崎あゆみのファンであるとか。

そんなふつううの女性としての一面、場面を見たりできるんですね。

 

これが、今どきの若きプロレスラーの姿なんだろうと思います。
SNSにアップして、ファン獲得みたいな!

 

だから今回、世志琥(よしこ)が有吉反省会に出るって言うので、「何について禊を行うっていうのか?」正直、想像もつかないのです。

 

だから、私が想像するに、これまでは話ししてきたように2択になるんじゃないかなと、思ってます。

 

2015年の「凄惨マッチ騒動」から5年という年月が経ちました。この間、安川との騒動についてインタビューには応じるようになってきているとはといいますが、それについて語るのか。

 

それとも、

 

菓子作りとか、あゆ風メイクの動画をアップしているとなると「悪役なのに、私、可愛くて本当にごめんなさい」なんてなってしまうのか。

 

 

反省文を入手したので・・・

 

反省文:「極悪非道のヒールレスラーであるにもかかわらず、かわいいお菓子作りの動画をSNSにアップし、ファンを困惑させている・・・」

 

そのまんまでした。ただどちらに重きがあるのかは分からないので、じっくり見てくださいね!

 

 

 

 

有吉反省会を見逃してしまったら、日テレのバラエティーやドラマにすぐに見られる、Hullがめちゃ豊富です。

 

 \hull14日間無料楽しもう!/

 

hulu

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事