スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

POINT:
・ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、18世紀のオーストリアの音楽家。
・『アマデウス』は、モーツァルトに嫉妬と復讐を持ったサリエリの視点で描かれています。
第57回(1985年)アカデミー賞では、作品賞や監督賞、主演男優賞など8部門で受賞しました。

『アマデウス』

モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った名作
嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム

~あらすじ~
凍てつくウィーンの街で自殺を図り精神病院に運ばれた老人。彼は自らをアントニオ・サリエリと呼び、皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であると語る。やがて彼の人生のすべてを変えてしまった一人の天才の生涯をとつとつと語り始める…。若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎の生涯を、サリエリとの対決を通して描いた話題作。

出典:Amazon

 

 

\映画『アマデウス』を<TSUTAYA DISCAS/TV>で見る!/

 

『アマデウス』予告動画

アマデウスLIVE / 公演予告映像

 

 

「アマデウスLIVE」になっていますが、このような形で紹介するのもよいかと。

 

『アマデウス』配信状況

『アマデウス』配信状況

 

現在、動画配信サービスでは『アマデウス』を見ることができません。

唯一TSUTAYAが運営する、宅配DVD・Blu-rayレンタルサービスの「TSUTAYA DISCAS」で見ることができます。大手ですし、作品数は圧倒的に多く、旧作も安く借りられるところが特徴的です。

 

「定額レンタル8」のプランの場合ですが、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。動画配信の「TSUTAYA TV」では、作品の確認ができませんでした。

 

また、お近くにTSUTAYAやGEOのレンタルショップがあれば、探してみるのもよいでしょう。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi会員獲得プロモーション
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年10月25日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

 

\映画『アマデウス』を<TSUTAYA DISCAS/TV>で見る!/

『アマデウス』監督・キャスト、原作紹介

『アマデウス』基本情報

本作(タイトル)アマデウス
公開年1984年
上映時間/再生時間2時間40分(1984年)
3時間(2002年。デジタル音声の付きのディレクターズカット版)
監督ミロス・フォアマン
キャストアントニオ・サリエリ・・・F・マーレイ・エイブラハム

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト・・・トム・ハルス
コンスタンツェ・モーツァルト・・・エリザベス・ベリッジ
レオポルド・モーツァルト・・・ロイ・ドートリスエマヌエル・シカ

ネイダー・・・サイモン・キャロウ
皇帝ヨーゼフ二世・・・ジェフリー・ジョーンズ
パロディーオペラ中での騎士長・・・ケニー・ベイカー
聖職者としてのハーマン・メクラー・・・ブライアン・ペティファー
サリエリの召し使い・・・ヴィンセント・スキャベリ
ロール・・・シンシア・ニクソン

ほか

音楽
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
主な受賞歴・第57回(1985年)アカデミー賞
作品賞/監督賞/主演男優賞/美術賞/脚色賞/音響賞(録音賞)/衣装デザイン賞/メイク・ヘアスタイリング賞
・第42回(1985年)ゴールデングローブ賞
作品賞(ドラマ部門)/脚本賞/主演男優賞(ドラマ部門)/監督賞・第9回(1986年)・日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞 ほか
制作会社/配給元ORION/松竹富士

『アマデウス』原作紹介

原作・脚本ともピーター・シェーファー

『アマデウス』関連作品

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(2017)

『ドン・ジョバンニ』は愛のレクイエムだった。
1787年、“百塔の都"プラハ。
天才音楽家を巡る恋のトライアングルと邪悪な陰謀が錯綜する。

オペラ「フィガロの結婚」上演のため、プラハを訪れたモーツァルトが、その地でオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を作曲した
という史実に想を得て、猟色家ドン・ジョヴァンニを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品が誕生した。

出典:Amazon

 

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、 モーフィッド・クラーク、 ジェームズ・ピュアフォイ

 


 


ミロス・フォアマン監督の作品ですが、『アマデウス
のほか『カッコーの巣の上で』『ラリー・フリント』の名作を残しています。

 

カッコーの巣の上で』(1975)

製作・監督:ミロス・フォアマン 
出演:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー
第47回(1975年)アカデミー賞主要5部門を独占した不朽の名作!

ラリー・フリント』(1996)

監督:ミロス・フォアマン
出演:オリバー・ストーン、ジャネット・ヤン
「ハスラー」の創刊者である、ラリー・フリントの破天荒な半生を追った人間ドラマ。

 

『アマデウス』口コミ(見どころ・感想)

『アマデウス』口コミ(見どころ・感想)

冒頭の表現から、物語の概要がうっすらと見えるのでこのオープニングは必見。

~見どころ~
クラシックを多少知っている方なら、タイトルでピンとくるモーツァルトのお話です。
まず冒頭からが見どころ。モーツァルトに対して敵愾心を持っていた老後のサリエリが、精神病院へと運ばれるシーンです。運ばれながら目まぐるしく変わるシーンを、サリエリの視点で描かれています。

モーツァルトは長調、つまり明るい曲が多く、短調はやや少ないです。この少ない短調の中から「交響曲第25番ト短調」の第一楽章が用いられ、サリエリの混乱を映像と音楽で表現しています。

物語はそのサリエリが発病する前のモーツァルトが生きていたころにさかのぼります。

 

冒頭の表現から、物語の概要がうっすらと見えるので、このオープニングは必見です。

また、物語全体に漂うどこか退廃的な雰囲気も面白い作品です。

 

~感想~
モーツァルトはかなりお茶目な性格であったことが書簡などでも知られていますが、この作品でもとてもお茶目です。ややロックな雰囲気に描かれているので違和感を覚える人もいるかもしれません。

個人的にはそういった現代的な要素も含めて描いているのは面白いと思いました。

 

「曲を早く仕上げてくれ」という要望に対して、「頭の中にすでにあるから大丈夫」というような答えを出すシーンも、モーツァルトの天才性について描かれているところです。

また、モーツァルトが書き散らした楽譜をサリエリが見て、その美しさに呆然とするシーンも。

 

天才とそうでないものの違いが出ていて切ないような、それでいてどこか怖いような感じがしました。

モーツァルトの楽曲が沢山出てくるので、クラシックへの興味のきっかけにもいい作品かと思います。

 

モーツァルトの曲をいっぱい知ることができた映画という印象です。

~見どころ~
クラシック音楽の天才・モーツァルトの人生を辿った映画です。
モーツァルトの音楽を、モーツァルトの人生を音楽と照らし合わせたところが面白いのです。例えばフィガロの結婚はモーツァルトが、こんな話のオペラなんです。
「楽しいオペラです」と説得するのです。自分の人生の大きな影響を父親から受けて、そして怯えている自分を、ドン・ジョバンニで表現しているのです。
そして、いつもニコニコ(笑い声に特徴あり)、ウィットに富んで、時には下品なジョークも飛び出すモーツァルトですが、魔笛の指揮をした頃には体調を崩してしまいます。
そんな中、仮面をつけた男性にレクイエムの作曲を頼まれたモーツァルトの表情が本当に怯えていて、しかも体調が悪いから自分を送るためにレクイエムを作曲するのです。
~感想~
モーツァルトの曲を知らない人はたくさん知ることができ、知っている人はお馴染みのメロディーを聴きながら、ストーリーの展開を期待できる作品です。
私はモーツァルトの曲を知っている方だけど、詳しい方に比べると、そんなでもないタイプのモーツァルト好きです。

なので、「知っている曲!」と思ってテンションが上がったり、あ、これ知らない曲だ、と耳を澄まして聞いてみたり、と物語以上に音楽も楽しめます。

 

~感想~
私は魔笛というオペラを見たことがなく、知っている曲は序曲ぐらいでした。

でもとても有名なアリア、夜の女王のアリアを初めてこの映画で聞いた時、びっくり仰天しました。

 

コロラトゥーラ・ソプラノという技法も知ったし、映画を見たあと、その曲が収められたCDを親にねだったものです。

死者を送る曲という印象が強過ぎて、聴く気になれなかったレクイエムも、この映画を見て聴く機会が増えました。

 

物語も間違いなく面白いし衣装も素敵なのですが、私の場合、やはりモーツァルトの曲をいっぱい知ることができた映画という印象です。

『アマデウス』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数8.368.33.94.37
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年10月25日時点のものです。

まとめ

映画『アマデウス』に流れてくる楽曲リストを紹介します。

楽曲リスト

 

・サントラはこちら

 

・書籍

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

『アマデウス』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『アマデウス』を<TSUTAYA DISCAS/TV>で見る!/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事