映画『アマデウス』あらすじ、動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、18世紀のオーストリアの音楽家。
・『アマデウス』は、モーツァルトに嫉妬と復讐を持ったサリエリの視点で描かれています。
第57回(1985年)アカデミー賞では、作品賞や監督賞、主演男優賞など8部門で受賞しました。
・関連作品: 『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(2017)
・ミロス・フォアマン監督作品:『カッコーの巣の上で』(1975) 『ラリー・フリント』(1996)『マン・オン・ザ・ムーン』 (1999)
目次

映画『アマデウス』あらすじ・動画

映画『アマデウス』あらすじ

モーツァルトの謎に満ちた生涯を綴った名作
嫉妬と復讐の罠が、天才へのレクイエム

~あらすじ~
凍てつくウィーンの街で自殺を図り精神病院に運ばれた老人。彼は自らをアントニオ・サリエリと呼び、皇帝ヨゼフ二世に仕えた宮廷音楽家であると語る。やがて彼の人生のすべてを変えてしまった一人の天才の生涯をとつとつと語り始める…。若くして世を去った天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎の生涯を、サリエリとの対決を通して描いた話題作。

出典:Amazon

映画『アマデウス』予告動画

アマデウスLIVE / 公演予告映像

 

「アマデウスLIVE」になっていますが、このような形で紹介するのもよいかと。

\映画『アマデウス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アマデウス』無料視聴する方法と配信サービス

映画『アマデウス』無料視聴する方法

動画配信サービスでは映画『アマデウス』を見ることができません。(2023年10月15日時点)

宅配レンタルで映画『アマデウス』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM DVD/CDレンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

映画『アマデウス』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
×600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,026円/14日間
※宅配レンタル「定額4プラン」の場合。
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:4,200円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×「スタンダードプラン」990円、「プレミアムプラン」1320円/無しディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
ぽすれんDVD・CDレンタル [ぽすれん]2,046円/1ヶ月
※「スタンダード8コース」の場合
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月15日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\映画『アマデウス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アマデウス』監督・キャスト、原作紹介

映画『アマデウス』基本情報

本作(タイトル)アマデウス/Amadeus
公開年1984年
上映時間/再生時間2時間40分(1984年)
3時間(2002年。デジタル音声の付きのディレクターズカット版)
監督ミロス・フォアマン
キャストアントニオ・サリエリ・・・F・マーレイ・エイブラハム

ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト・・・トム・ハルス
コンスタンツェ・モーツァルト・・・エリザベス・ベリッジ
レオポルド・モーツァルト・・・ロイ・ドートリスエマヌエル・シカ

 

ネイダー・・・サイモン・キャロウ
皇帝ヨーゼフ二世・・・ジェフリー・ジョーンズ
パロディーオペラ中での騎士長・・・ケニー・ベイカー
聖職者としてのハーマン・メクラー・・・ブライアン・ペティファー
サリエリの召し使い・・・ヴィンセント・スキャベリ
ロール・・・シンシア・ニクソン

ほか

音楽
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
『後宮からの誘拐』『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』ほか
主な受賞歴・第57回(1985年)アカデミー賞作品賞/監督賞/主演男優賞/美術賞/脚色賞/音響賞(録音賞)/衣装デザイン賞/メイク・ヘアスタイリング賞
・第42回(1985年)ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)/脚本賞/主演男優賞(ドラマ部門)/監督賞・第9回(1986年)
・第9回日本アカデミー賞(1986年)最優秀外国作品賞
・第10回ロサンゼルス映画批評家協会賞(1984年)作品賞/脚本賞
・第10回セザール賞(1985年)外国映画賞
制作会社/配給元ORION/松竹富士

映画『アマデウス』原作紹介

原作・脚本:ピーター・シェーファー

映画『アマデウス』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』(2017)

『ドン・ジョバンニ』は愛のレクイエムだった。
1787年、“百塔の都”プラハ。
天才音楽家を巡る恋のトライアングルと邪悪な陰謀が錯綜する。

オペラ「フィガロの結婚」上演のため、プラハを訪れたモーツァルトが、その地でオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を作曲した
という史実に想を得て、猟色家ドン・ジョヴァンニを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀の三角関係があったとする独創的な作品が誕生した。

出典:Amazon

監督:ジョン・スティーブンソン
出演:アナイリン・バーナード、 モーフィッド・クラーク、 ジェームズ・ピュアフォイ

 

映画『アマデウス』関連作品 ~ミロス・フォアマン監督作品~

ミロス・フォアマン監督作品の魅力とは?

ミロス・フォアマンは、チェコスロバキア出身のアメリカの映画監督で、アカデミー監督賞を2回受賞した名匠です。彼の作品は、歴史上の人物や社会的な問題を題材にしながら、人間の自由や個性、創造性を描き出すことで知られています。

今回は『アマデウス』のほかに、彼の代表作とも言える『カッコーの巣の上で』(1975)、『ラリー・フリント』(1996)、『マン・オン・ザ・ムーン』(1999)について、共通する点や制作秘話、役者秘話、データなどを紹介します。

まず、これらの作品に共通する点は、反体制的な主人公が登場することです。
『カッコーの巣の上で』では、精神病院に収容された反抗的な男ランドル・マクマーフィーが、権威的な看護婦長と対立しながら、他の患者たちに自由を与えようとします。『ラリー・フリント』では、ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者ラリー・フリントが、表現の自由を守るために司法や宗教と闘います。『マン・オン・ザ・ムーン』では、コメディアンのアンディ・カウフマンが、奇抜なパフォーマンスで観客やメディアを挑発します。これらの主人公は、社会の常識や規範に縛られずに自分らしく生きることを選びますが、その代償として孤立や迫害を受けます。このように、フォアマンは、彼らの生き様に共感し、彼らの視点から物語を展開させます。

次に、これらの作品に関する制作秘話や役者秘話をいくつか紹介します。
まず、『カッコーの巣の上で』は、小説家ケン・キージーが書いた同名小説の映画化ですが、キージーは映画版に不満を持ちました。その理由は、小説では精神病院内で起こる出来事を聾唖(ろうあ)のインディアン患者チーフ・ブロムデンが語り手として描いているのに対し、映画ではマクマーフィーが中心となっているからです。また、マクマーフィー役のジャック・ニコルソンは当初この役に乗り気ではありませんでしたが、撮影中に彼は本当に精神病院で暮らすようになりました。実際に精神病院で働く看護師や患者たちもエキストラとして出演しました。この作品はアカデミー賞主要5部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞)を受賞しましたが、これは史上2本目の快挙でした。

次に、『ラリー・フリント』は、実在のポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者ラリー・フリントの半生を描いた伝記映画です。フリントは、表現の自由を守るために司法や宗教と闘いましたが、その過程で暗殺未遂に遭い、下半身不随になりました。彼は映画の製作に協力し、本人役でカメオ出演もしました。フリント役のウディ・ハレルソンは、役作りのためにフリントと親交を深め、彼の家に泊まったり、車椅子に乗ったりしました。また、ハレルソンはこの役でアカデミー主演男優賞にノミネートされましたが、受賞は逃しました。この作品はベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞しましたが、ポルノや暴力の描写があるために一部の国では上映禁止や規制を受けました。

最後に、『マン・オン・ザ・ムーン』は、コメディアンのアンディ・カウフマンの半生を描いた伝記映画です。カウフマンは、奇抜なパフォーマンスで観客やメディアを挑発しましたが、その一方で癌と闘っていました。彼は1984年に死去しましたが、その死についても本当かどうか疑われることがあります。カウフマン役のジム・キャリーは、役作りのためにカウフマンの友人や家族と接触し、彼らからカウフマンの持ち物や思い出話を聞きました。また、キャリーは撮影中も常にカウフマンとして振る舞い、監督やスタッフともカウフマンとして会話しました。この作品はベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞しましたが、アカデミー賞ではノミネートされませんでした。

以上が、ミロス・フォアマン監督作品『カッコーの巣の上で』(1975)、『ラリー・フリント』(1996)、『マン・オン・ザ・ムーン』(1999)についての紹介です。

これらの作品は、反体制的な主人公が登場することや制作秘話や役者秘話などで興味深い点が多くあります。フォアマン監督は2018年に亡くなりましたが、彼の作品は今でも多くの人々に影響を与えています。ぜひ一度ご覧ください。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

カッコーの巣の上で』(1975)

~あらすじ~
1963年9月のある日。オレゴン州立精神病院にひとりの男が連れられてきた。ランドル・P・マクマーフィ。彼は刑務所の強制労働を逃れるために狂人を装っていた。しかし、精神病院はもっと悲惨な状況にあった。絶対権限を持って君臨する婦長によって運営され、患者たちは無気力な人間にされていたのだ。さまざまな手段で病院側に反抗しようとするマクマーフィに、患者たちも心を少しずつ取り戻し始めた。そんな彼の行動に脅威を感じた病院は、電気ショック療法を開始するが、マクマーフィも脱走を計画し始める……。

出典:Amazon

製作・監督:ミロス・フォアマン 
出演:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー

・第48回アカデミー賞(1976年)作品賞/監督賞/主演男優賞/主演女優賞/脚色賞
・第33回ゴールデングローブ賞(1976年)作品賞(ドラマ部門)/脚本賞/主演女優賞(ドラマ部門)/主演男優賞(ドラマ部門)/監督賞

『カッコーの巣の上で』は、ケン・キージーのベストセラー小説を原作にしており、キージー自身が精神病院で働いた経験をもとに書いたものです。秘話ですが、主人公マクマーフィー役のジャック・ニコルソンは、撮影中に精神病院に入院した患者たちと交流。また、当初カーク・ダグラスが主演する予定でしたが、息子のマイケル・ダグラスに権利を譲りました。

ラリー・フリント』(1996)

~あらすじ~
ポルノ雑誌「ハスラー」の創刊者ラリー・フリントは、J・オナシス(ケネディ元大統領夫人)のヌード写真をスクープした号の大ヒットで、アメリカン・ドリームを手に入れる。

しかし、そのスキャンダラスで不道徳な内容で、ついには猥せつ罪で起訴されてしまう。
憲法修正第1条に基づく「表現の自由」を盾に、ラリーは最高裁判所に上訴するのだが・・・。

出典:Amazon

監督:ミロス・フォアマン
出演:ウディ・ハレルソン、コートニー・ラブ、エドワード・ノートン、リチャード・ダドリー、リチャード・ポール

・第54回ゴールデングローブ賞(1997年)脚本賞/監督賞
・第47回ベルリン国際映画祭(1997年)金熊賞
 

「ハスラー」の創刊者である、ラリー・フリントの破天荒な半生を追った人間ドラマ。

『マン・オン・ザ・ムーン』 (1999)

~あらすじ~
誰よりも人間が好き、そして笑わせることが好き!
アンディ・カフマンは一風変わったコメディアン。
カーネギー・ホールの舞台が生涯の夢で、観客に何度ブーイングされても情熱的にパフォーマンスを行っていた。
それが大物プロモーターの目に留まり「サタデー・ナイト・ライブ」や人気番組「Taxi」への出演でスーパースターに!
けれども自分の笑いを追求して突っ走る彼を理解し続けたのは恋人のリン一人だけ。
やがて彼の体は病魔に蝕まれていく・・・。

出典:Amazon

監督:ミロス・フォアマン 
出演:ジム・キャリー、ダニー・デビート、コートニー・ラヴ、ポール・ジアマッティ

・第57回ゴールデングローブ賞(2000年)主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
・第50回ベルリン国際映画祭(2000年)銀熊賞 最優秀監督賞

『マン・オン・ザ・ムーン』は、型破りな芸風で知られるコメディアン、アンディ・カウフマンの生涯を描いています。

秘話ですが、フォアマン監督は、カウフマンを演じさせるためにジム・キャリーに厳しい演技指導を行い、劇中のシーンも完璧な再現性が求められたため、撮影には大変なエネルギーが費やされました。そのため、ジム・キャリーがカウフマンに入り込みすぎて周囲とトラブルになることが多かったそうです。一方でカウフマンと親しかったジェリー・ローラー(レスラー)、ポール・シェイファー(歌手)などが本人役で出演しています。

映画『アマデウス』口コミ(見どころ・感想)

映画『アマデウス』口コミ(見どころ・感想)

冒頭の表現から、物語の概要がうっすらと見えるのでこのオープニングは必見。

~見どころ~
クラシックを多少知っている方なら、タイトルでピンとくるモーツァルトのお話です。
まず冒頭からが見どころ。モーツァルトに対して敵愾心を持っていた老後のサリエリが、精神病院へと運ばれるシーンです。運ばれながら目まぐるしく変わるシーンを、サリエリの視点で描かれています。

モーツァルトは長調、つまり明るい曲が多く、短調はやや少ないです。この少ない短調の中から「交響曲第25番ト短調」の第一楽章が用いられ、サリエリの混乱を映像と音楽で表現しています。

物語はそのサリエリが発病する前のモーツァルトが生きていたころにさかのぼります。

冒頭の表現から、物語の概要がうっすらと見えるので、このオープニングは必見です。

また、物語全体に漂うどこか退廃的な雰囲気も面白い作品です。

~感想~
モーツァルトはかなりお茶目な性格であったことが書簡などでも知られていますが、この作品でもとてもお茶目です。ややロックな雰囲気に描かれているので違和感を覚える人もいるかもしれません。

個人的にはそういった現代的な要素も含めて描いているのは面白いと思いました。

「曲を早く仕上げてくれ」という要望に対して、「頭の中にすでにあるから大丈夫」というような答えを出すシーンも、モーツァルトの天才性について描かれているところです。

また、モーツァルトが書き散らした楽譜をサリエリが見て、その美しさに呆然とするシーンも。

天才とそうでないものの違いが出ていて切ないような、それでいてどこか怖いような感じがしました。

モーツァルトの楽曲が沢山出てくるので、クラシックへの興味のきっかけにもいい作品かと思います。

モーツァルトの曲をいっぱい知ることができた映画という印象です。

~見どころ~
クラシック音楽の天才・モーツァルトの人生を辿った映画です。

モーツァルトの音楽を、モーツァルトの人生を音楽と照らし合わせたところが面白いのです。例えばフィガロの結婚はモーツァルトが、こんな話のオペラなんです。

 

「楽しいオペラです」と説得するのです。自分の人生の大きな影響を父親から受けて、そして怯えている自分を、ドン・ジョバンニで表現しているのです。

 

そして、いつもニコニコ(笑い声に特徴あり)、ウィットに富んで、時には下品なジョークも飛び出すモーツァルトですが、魔笛の指揮をした頃には体調を崩してしまいます。

 

そんな中、仮面をつけた男性にレクイエムの作曲を頼まれたモーツァルトの表情が本当に怯えていて、しかも体調が悪いから自分を送るためにレクイエムを作曲するのです。
~感想~
モーツァルトの曲を知らない人はたくさん知ることができ、知っている人はお馴染みのメロディーを聴きながら、ストーリーの展開を期待できる作品です。
私はモーツァルトの曲を知っている方だけど、詳しい方に比べると、そんなでもないタイプのモーツァルト好きです。

なので、「知っている曲!」と思ってテンションが上がったり、「あっ、これ知らない曲だ」と耳を澄まして聞いてみたり、と物語以上に音楽も楽しめます。

私は魔笛というオペラを見たことがなく、知っている曲は序曲ぐらいでした。

でもとても有名なアリア、夜の女王のアリアを初めてこの映画で聞いた時、びっくり仰天しました。

コロラトゥーラ・ソプラノという技法も知ったし、映画を見たあと、その曲が収められたCDを親にねだったものです。

死者を送る曲という印象が強過ぎて、聴く気になれなかったレクイエムも、この映画を見て聴く機会が増えました。

物語も間違いなく面白いし衣装も素敵なのですが、私の場合、やはりモーツァルトの曲をいっぱい知ることができた映画という印象です。

映画『アマデウス』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数8.368.33.94.37
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月15日時点のものです。

映画『アマデウス』まとめ

映画『アマデウス』に流れてくる楽曲リストを紹介します。

楽曲リスト

映画『アマデウス』エンタメのまとめ

・サントラはこちら

 

・書籍

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アマデウス』動画が見れるサイトは?

 

\映画『アマデウス』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次