この記事を読むのに必要な時間は約 32 分です。

POINT:
・『ゴーストバスターズ』(1984)のロゴ・マーク(お化け禁止の標識)は超有名。
・主題歌"Ghostbusters"も大ヒット!♪〜ゴーストバスターズ〜♪は有名。なお、NHK朝ドラ『あまちゃん』(2013・TV)のなかで、電車乗りのおじさんが「ゴーストバスタアアアアァァァ~ズ」と絶叫している場面がある。
・劇中クライマックスに登場する「マシュマロマン」のほうも有名で、当時流行った。
・『ゴーストバスターズ』は2015年に、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。
・『ゴーストバスターズ』シリーズ化されているが、全4作目にあたる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が、2021年に劇場公開予定。
・1984年劇場公開関連作:『グレムリン』(1984) 『ゴジラ』(1984)

映画『ゴーストバスターズ』

~あらすじ~
昔ながらの“お化け退治”物語を、ふんだんなSFXとコメディ・タッチで復活させた娯楽作。大学で超常現象の研究を行う三人の科学者が、援助を打ち切られたために幽霊退治の商売に乗り出す。彼らの活躍が次第に広がる中、マンハッタンの高級マンションに住む女性の周りに奇怪な現象が起き始めていた……。

出典:TSUTAYA DISCAS

\映画『ゴーストバスターズ』(1984)を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ゴーストバスターズ』予告動画

ゴーストバスターズ (1984) 予告編

映画『ゴーストバスターズ』配信状況

映画『ゴーストバスターズ』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ゴーストバスターズ』が見ることができます。

・Netflix

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ゴーストバスターズ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・TSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

・Amazonプライム
・TELASA

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年9月16日時点のものです。

配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『ゴーストバスターズ』(1984)を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ゴーストバスターズ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ゴーストバスターズ』基本情報

 

本作(タイトル)ゴーストバスターズ/Ghost Busters
公開年1984年
上映時間/再生時間1時間45分
監督アイヴァン・ライトマン
キャストピーター・ヴェンクマン博士・・・ビル・マーレイ
レイモンド・スタンツ博士・・・ダン・エイクロイド
イゴン・スペングラー博士・・・ハロルド・ライミス
デイナ・バレット・・・シガニー・ウィーバー
ルイス・タリー会計士・・・リック・モラニス
ウォルター・ペック・・・ウィリアム・アザートン
ウィンストン・ゼドモア・・・アーニー・ハドソン
ホテル支配人・・・マイケル・エンサイン
図書館員・・・アリス・ドラモンド
バイオリニスト・・・ティモシー・カーハート
ジャニーン・メルニッツ・・・アニー・ポッツ
音楽/主題歌
エルマー・バーンスタイン
"Ghostbusters" レイ・パーカー・Jr
主な受賞歴
制作会社/配給元アイヴァン・ライトマン、マイケル・C・グロス、ジョー・メジャック、コロムビア・ピクチャーズ/コロムビア・ピクチャーズ

映画『ゴーストバスターズ』原作紹介

脚本:ダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、リック・モラニス

映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2021)

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』<予告1>

 

~あらすじ~
「遺されたのは、おじいちゃんの不気味な屋敷だけ」と、田舎に引越してきた兄妹と母親。その土地はなぜか、毎日地面が揺れている。そして、住み始めた古い家から見つけ出したというある装置は、「ゴーストトラップ」のレプリカだと教師は告げる。80年代のN.Y.は、ゴーストだらけだった、と―。祖父の遺品を探るうちに謎は深まり、そして1台の車、ECTO-1を発見する。この車は紛れもなく、80年代にバスターズが使用していた車両だ。エンジン始動とともに、彼らの運命が動き始める…

ソニー・ピクチャーズ 映画

 

『ゴーストバスターズ』はシリーズ化されています。『ゴーストバスターズ2』(1989)の続編にあたる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』が、2021年に劇場公開されます。

映画『ゴーストバスターズ』関連作品

1984年(昭和59年)当時の正月映画。
”3G決戦”と謳われたのが、『ゴーストバスターズ』
『グレムリン』『ゴジラ』でした。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『グレムリン』(1984)

~あらすじ~
クリスマス。ビリーは発明家の父親からとっても不思議な生き物モグワイをプレゼントされた。
このモグワイを飼うには3つの大切な約束がある。

1つめは水に濡らさないこと。
2つめは光を当てないこと。
そして3つめは、真夜中の12時過ぎには絶対に食べ物を与えないこと……。

ビリーはギズモと名付けて可愛がるが簡単に思われた約束は次々と破られ、
なんとギズモの体からいたずら好きのグレムリンが誕生してしまった!
どんどん増えるグレムリンに街中は大パニック。

奴らを退治するために、ビリーとギズモの大奮闘がはじまった!

出典:Amazon

監督:ジョー・ダンテ
出演:ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、 ホイト・アクストン

『ゴジラ』(1984)

~あらすじ~
大黒島沖で遭難した漁船の生存者・奥村は荒れ狂う嵐の中で巨大な怪物の姿を目撃していた。奥村を救助した東都日報の牧は生物学者・林田の助言を求めるが、林田は30年前に帝都を襲撃し東京湾で葬られたゴジラが目覚めたと推測。はたしてゴジラは復活していた。ソ連原潜を沈め、静岡井浜原発に現れると放射能を吸収し海へと消えたゴジラ。だがそれは破滅へのプロローグでしかなかった。

出典:Yahoo!映画

監督:橋本幸治
出演:小林桂樹、田中健、沢口靖子、宅麻伸、夏木陽介

こちらは1984年版『ゴジラ』となりますが、第1作目の1954年版昭和29年)のものがあります↓。

 

第1作目の1954年版(昭和29年)の『ゴジラ』はこちらから

映画『ゴーストバスターズ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ゴーストバスターズ』口コミ(見どころ・感想)

思えばこの頃はオカルトブームで、ネッシーだの超能力だのと騒がれていました・・・。

~見どころ~
80年代のハリウッド映画のコメディ作品です。大ヒットし、同じく大ヒットした「ポリスアカデミー」と並ぶ人気作品でした。

背中に怪しい機械を背負って幽霊退治をするというコミカルな姿は記憶に残っている人も多いかもしれません。面白いのは最初の依頼。機械を背負って現場に挑む3人。

いかにも頼もしそうですが、壁は壊すしシャンデリアは落下させるしで大惨事。この辺りのハチャメチャ感が当時のコメディらしくて面白いです。

一見馬鹿々々しそうに見える作品ですが、いま改めてみると結構手が込んでいることが分かります。

当時は今ほどにCG技術は発展していなかったので、それを考えると終盤のシーンなどは制作が大変だったかと思います。

ハチャメチャで何とも言えない軽快さ。難しいことは考えず、楽しく観れる作品です。

~感想~
ちょうど私が子ども時代に流行った作品です。

「ポリスアカデミー」と並んで、テレビで放送されるときは楽しみに観ていました。

改めて観てみると割ときわどい下ネタが多くて、当時の私は意味が分かってたのかなぁ、とちょっと疑問。

先述の通り、機械を使って幽霊を退治するというトンデモ設定。

ハチャメチャで、いい意味でバカ映画です。

思えばこの頃はオカルトブームで、ネッシーだの超能力だのと騒がれていました。そんな時代の中「物理的」に退治するという設定はユニークでいいです。

この映画のテーマソングでは「幽霊なんて怖くないさ」と歌われており、当時のオカルトブームへの皮肉も少し感じました。

こういったハチャメチャな物語を描くアメリカという国の懐の深さに憧れたのを覚えています。

もしかしたらアメリカがもっとも健康的だった時代かもしれません。

映画『ゴーストバスターズ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.127.83.53.62
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年9月16日時点のものです。

まとめ

「ゴーストバスターズ♪」
子供の頃にテレビで観た記憶があって当時、私は小学生。ドンピシャ!です。

 

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ゴーストバスターズ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ゴーストバスターズ』(1984)を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事