この記事を読むのに必要な時間は約 33 分です。

POINT:
・『赤毛のアン』(1986)はルーシー・モード・モンゴメリによる「赤毛のアン」が原作。
・続編・スピンオフとして、『続・赤毛のアン/アンの青春』(1987)が、最終作『赤毛のアン/アンの結婚』(2000)が放送された。
・2016年には新たにカナダで3部作のテレビシリーズとして製作され、日本でその第1作が『赤毛のアン』(2017年)として劇場公開された(アン役にエラ・バレンタイン)。
・日本では高畑勲が監督を務めた世界名作劇場アニメ版『赤毛のアン』(1979・TV)が放送 、劇場版『赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~』(2010)が公開された。
・ちなみにNetflixでは『アンという名の少女』が配信中。原作『赤毛のアン』に現代的な大胆アレンジ作品となっているせいか、賛否両論も多い。

映画『赤毛のアン』

~あらすじ~
手違いからプリンス・エドワード島のグリーン・ゲイブルス(緑の切り妻屋根)に住むマシューとマリラのもとにやってきた孤児のアン。男の子の養子を希望していたマシューとマリラだが、空想好きでお喋りなこの赤毛の少女に次第に心を惹かれていく・・・。
プリンス・エドワード島の美しい景色を舞台に繰り広げられる感動の物語。

出典:Amazon

\映画『赤毛のアン』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『赤毛のアン』予告動画

赤毛のアン

映画『赤毛のアン』配信状況

映画『赤毛のアン』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『赤毛のアン』が見ることができます。

・Amazonプライム

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルで映画『赤毛のアン』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは作品の確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年9月16日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『赤毛のアン』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『赤毛のアン』監督・キャスト、原作紹介

映画『赤毛のアン』基本情報

 

本作(タイトル)赤毛のアン/Anne of Green Gables
公開年1985年
上映時間/再生時間3時間15分(完全版)/2時間21分(ダイジェスト版)
監督ケヴィン・サリヴァン
キャストアン・シャーリー・・・ミーガン・フォローズ
マリラ・カスバート・・・コリーン・デューハースト
マシュー・カスバート・・・リチャード・ファーンズワース
レイチェル・リンド・・・パトリシア・ハミルトン
ミュリエル・ステイシー・・・マリリン・ライトストーン
ダイアナ・バリー・・・スカイラー・グラント
ギルバート・ブライス・・・ジョナサン・クロンビー
ジョセフィン・・・チャーミオン・キング
アメリア・エヴァンス・・・ジャッキー・バロウズ
エリザベス・バリー・・・ローズマリー・ラドクリフ
ジョン・サドラー・・・ヨアヒム・ハンセン
アラン夫人・・・クリスティアーネ・クリューガー
アラン牧師・・・セドリック・スミス
フィリップス先生・・・ポール・ブラウン
ジョジー・パイ・・・ミランダ・ドゥ・ペンシエ
スペンサー夫人・・・ヴィヴィアン・ライス
ブルウェット夫人・・・サマンサ・ランゲヴィン
ハモンド夫人・・・ジェイン・イーストウッド
ハモンド氏・・・レイ・アイアランド
音楽
ヘイグッド・ハーディ
主な受賞歴ジェミニ賞 作品賞(ドラマミニシリーズ部門)/主演女優賞(ドラマ/ミニシリーズ部門) :ミーガン・フォローズ/助演男優賞 :リチャード・ファーンズワース/助演女優賞 :コリーン・デューハースト/脚本賞(テレビ脚色部門):ケヴィン・サリヴァン、ジョー・ワイゼンフェルド/作曲賞 :ヘイグッド・ハーディ/衣装賞 :マーサ・マン/撮影賞 :ルネ・オオハシ/美術賞 :キャロル・スピアー
制作会社/配給元アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・プロダクションズ、サリヴァン・エンターテイメント、TV-60フィルムプロダクション、ワンダーワークス/CBC、松竹富士

映画『赤毛のアン』原作紹介

原作:「赤毛のアン」 ルーシー・モード・モンゴメリ

映画『赤毛のアン』関連作品 ~続編・スピンオフ~

『赤毛のアン』(1986)公開後、続編・スピンオフ『続・赤毛のアン/アンの青春』(1987)『赤毛のアン/アンの結婚』(2000)が放送された。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『続・赤毛のアン/アンの青春』(1987)

~解説・あらすじ~
K・サリヴァンが監督したシリーズ第2部の映画化。恋愛を通し大人へと成長してゆくアンの姿が丁寧に描かれている。今は学校の教師となり美しく成長したアンだが、ある日、アンのライバルでもあったギルバートはアンに想いを寄せる胸の内を打ち明ける

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ケヴィン・サリヴァン
出演:ミーガン・フォローズ 、ジョナサン・クロンビー 、コリーン・デューハースト

『赤毛のアン/アンの結婚』(2000)

~あらすじ~
夢を叶えるため、愛を探すために、プリンス・エドワード島を旅立つアン。いくつもの困難を乗り越えて最後にたどり着いたのは、永遠に変わらない、やさしい故郷だった。
もし、アンがこんな人生を歩んでいたら――。

出典:Amazon

監督:ケヴィン・サリヴァン
出演:ミーガン・フォローズ 、ジョナサン・クロンビー 、シュイラー・グラント 、キャメロン・ダッド 、パトリシア・ハミルトン

 

映画『赤毛のアン』関連作品 ~世界名作劇場アニメ~

『赤毛のアン』(1979・TV)

フジテレビ系列で放送されていた「世界名作劇場」の第5作目。
制作にあたり、神山妙子訳(旺文社文庫、新学社文庫)を底本としている。また高畑勲が監督と演出を手掛け、宮崎駿が作画スタッフとして参加しています。

『赤毛のアン』(1979・TV)

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/―TSUTAYA DISCAS
fod-premiumFOD PREMIUM976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
d-animestoredアニメストア440円/31日間dアニメストア

本作品の配信情報は2021年9月16日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。

\アニメ三昧!!『赤毛のアン』<dアニメストア>で見てみる!/

\『赤毛のアン』(1979・TV)を<U-NEXT>で見てみる!/

劇場版『赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~』(2010)

~解説・あらすじ~
本作「赤毛のアン~グリーンゲーブルズへの道~」は、全50話のTVシリーズから1~6話を、1989年に監督の高畑勲が監修して再編集した劇場版。しかも、制作当時は正式な公開には至らなかった知られざる名編集版で、20年の時を経て、2010年7月ようやく劇場スクリーンでの公開となった。

孤児院からカスバート家に引き取られてきた少女アンが、カナダ、プリンスエドワード島の美しい自然の中で、寂しかった過去から解放され、自分の居場所を見つけていくまでを描くストーリー。アンの物語の冒頭を丁寧に描いたこの作品には、喜びや絶望を乗り越えて、世界の美しい部分を見い出すアンの視点と空想力が鮮やかに描き出されている。

出典:TSUTAYA DISCAS

映画『赤毛のアン』口コミ(見どころ・感想)

映画『赤毛のアン』口コミ(見どころ・感想)

ミーガン・フォローズの演じるアンの喜怒哀楽、さまざまに変わる表情がとても素敵です。

~あらすじ~
モンゴメリの小説「赤毛のアン」を原作としたアニメや映画はいくつかありますが、私は最初に見たこの作品が一番好きです。

アンの天真爛漫で明るく前向きな姿、おしゃべり好きで想像力豊かな性格が生き生きと描かれています。

映画の中でアンは次々に騒動を起こしていますがその様子に目が離せません。時に滑稽に見えるけれどアン本人はまっすぐで一生懸命なのです。

この作品で主役を演じているのはミーガン・フォローズです。

アンがふとした瞬間にはにかんだかわいらしい表情が印象的でいつまでも心に残っています。
この映画を見ればきっと原作となった小説を読んでみたくなるはずです。

~感想~
全体的に明るく美しい自然の中で撮影されている場面が多く、すがすがしい気持ちで見ることができる映画でした。

小説で描かれている場面と、映画になった実写の場面のイメージがあっていてとても好きです。

アンが新しい家族となるマシュー・カスバードを駅で待っている場面では、アンのちょこんと座っている姿とか、駅の外観やベンチの感じが小説のイメージそのものでした。

また、マシューと2人で馬車に乗って帰る道のり、だんだんと見えてくるグリーンゲイブルズの家も小説の中での光景通りで感動しました。

アンは想像力豊かな少女ですが、アンの想像の中での世界がそのまま映像となって表現されていると感じます。

アンの目を通して映し出される世界はとても美しく、見ているだけで心洗われるような気持ちになりました。初めて見たのは20年ほど前ですが一度見たら忘れられない素晴らしい映像です。

子供の頃、小説やアニメで見た、アンに久しぶりに再開したような気分になり、とても感動しました。

~あらすじ~
名作小説「赤毛のアン」をその舞台となった、カナダのプリンスエドワード島でロケをした、美しい風景の数々が見どころです。

まるで、原作から飛び出てきたかのように、イメージ通りの、アン役のミーガン・フォローズが本当に素敵で、子供の頃、小説やアニメで見た、アンに久しぶりに再開したような気分になり、とても感動しました。

「赤毛のアン」はこの作品の他にも、何度か映像化されていますが、1986年版のこの作品が、個人的には一番の原作に近くて好きです。

原作ファンはもちろん、とてもあたたかい作品なので、疲れている人や、お子さんと一緒に見るのもオススメです。素敵な世界観に浸り、夢の一時を是非、味わって下さい。

見たら原作も読んでもらいたいです。

~感想~
創造力豊かで、失敗を重ねながらも、いつも明るく前向きな、アンが大好きです。孤独な孤児だった独りぼっちのアンが、まわりの人たちとの素敵な出会いや、交流を経て、成長していくところに感動します。

アンは愛を受け取っているように見えて、本当はアンの方がみんなにたくさん愛を与えているんですよね。

見るたびに、元気なアンを見て、ほのぼのしながら、私もアンに元気をもらえます。

その時代ならではの、カントリー風の衣装や小物、風景などもかわいくて良いです。

たくさんの愛を持って、少女から大人になったアンのその後も気になりますが、個人的には続編はあまり好きではありません。

また、原作でアンが憧れる、腹心の友、ダイアナ役の女の子がイメージと違うのだけ、残念でした。

映画『赤毛のアン』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.139.94.04.4
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年9月16日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

映画『赤毛のアン』動画が見れるサイトは?

 

\映画『赤毛のアン』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

まずは無料でお試し!

\アニメ三昧!!『赤毛のアン』<dアニメストア>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事