この記事を読むのに必要な時間は約 20 分です。

POINT:
・映画『アンタッチャブル』(1987)は、禁酒法時代のアメリカ・シカゴが舞台で、ギャングのボス、アル・カポネを逮捕しようとするチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた作品。テレビドラマも放送されており、成功していた。
・原作は、実在人物エリオット・ネスの『The Untouchables』から。とはいえ、映画もテレビドラマも、アンタッチャブルのメンバーや家族、銃撃戦の描写など、実話と相違点があることも多い。
・今となっては豪華なキャストだが、『007』以降ショーン・コネリーはヒット作に恵まれないスランプの時期、ロバート・デ・ニーロは多忙だった。映画『アンタッチャブル』から、ケビン・コスナーやアンディ・ガルシアがハリウッド・スターの仲間入り、キャリアスタートする契機になった。

映画『アンタッチャブル』

~あらすじ~
1930年、禁酒法取締の為、財務省の捜査官・エリオットが、3人の仲間と共に暗黒街の帝王アル・カポネ摘発に乗り出す。
禁酒法下のシカゴを舞台に展開する財務省特別捜査官エリオット・ネス率いるチーム“アンタッチャブル”と暗黒街の帝王アル・カポネの戦いを描く、往年の名作TVシリーズを映画化したパラマウント映画75周年記念作品。

デ・パルマ監督の華麗な映像テクニックと共にケビン・コスナーの魅力がブレイク、「『ゴッドファーザー』以来のギャング映画の名作」と絶賛された大ヒット作。

出典:Rakuten TV

 

\娯楽アクション・ギャング映画『アンタッチャブル』を<dTV>で見てみる!/

映画『アンタッチャブル』予告動画

The Untouchables - Trailer

映画『アンタッチャブル』配信状況

映画『アンタッチャブル』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『アンタッチャブル』が見ることができます。

・dTV

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『アンタッチャブル』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・Amazonプライム
・music.jp

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム体験に申込む!
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
ネットでDVDレンタル!【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × ベーシックプラン:1,017円/無し Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年6月23日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\娯楽アクション・ギャング映画『アンタッチャブル』を<dTV>で見てみる!/

映画『アンタッチャブル』基本情報

本作(タイトル) アンタッチャブル/The Untouchables
公開年 1987年
上映時間/再生時間 2時間
監督 ブライアン・デ・パルマ
キャスト エリオット・ネス・・・ケヴィン・コスナー
ジム・マローン・・・ショーン・コネリー
オスカー・ウォーレス・・・チャールズ・マーティン・スミス
ジョージ・ストーン(ジュゼッペ・ペトリ)・・・アンディ・ガルシア
アル・カポネ・・・ロバート・デ・ニーロマイク・ドーセット署長・・・リチャード・ブラッドフォード
ウォルター・ペイン・・・ジャック・キーホー
ジョージ・・・ブラッド・サリバン
フランク・ニッティ・・・ビリー・ドラゴ
キャサリン・ネス・・・パトリシア・クラークソン
モンティー・キャプテン・・・ロバート・スワンスコープ・・・スティーヴン・ゴールドスタインプレセウスキ曹長・・・ドン・ハーヴェイ
バーテンダーの老人・・・ジョン・J・ウォルシュ
アルダーマン・・・デル・クローズ
狙撃者・・・グレッグ・ヌーナンウィリアムソン・・・ケビン・マイケル・ドイル
ネスの娘・・・ケイトリン・モンゴメリー
記者・・・チャールズ・ケラー・ワトソン
記者・・・ラリー・ブランデンバーグ
ボディガード・・・ジョー・グレコ
撃たれた男・・・ロバート・ミランダ
レポーター・・・チェルシー・ロス
地方検事・・・クリフトン・ジェームス
音楽
"Mood Indigo" デューク・エリントン
主な受賞歴 ・第60回アカデミー賞助演男優賞(ショーン・コネリー)
第45回ゴールデングローブ賞助演男優賞(ショーン・コネリー)
制作会社/配給元 アート・リンソン・プロ/パラマウント映画

映画『アンタッチャブル』原作紹介

原作:『The Untouchables』 エリオット・ネス オスカー・フレイリー(英語版)

映画『アンタッチャブル』関連作品~カポネをモデルとした作品

映画『アンタッチャブル』の舞台は、アメリカのシカゴ。


シカゴは、アル・カポネを始めとするギャングの街として知られており、今回紹介した『アンタッチャブル』は、エリオット・ネスを主眼に描かれているが、
カポネをモデルとした作品も作られている。『暗黒街の顔役』(1932)とそのリメイクである『スカーフェイス』(1983)などがある。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『暗黒街の顔役』(1932)

監督:ハワード・ホークス 、出演:ポール・ムーニ 、アン・ドヴォラク

 

『スカーフェイス』(1983)


監督:ブライアン・デ・パルマ、出演:アル・パチーノ、 スティーブン・バウアー

 

映画『アンタッチャブル』関連作品


ザ・マフィアの世界を克明に描いた作品をいくつか紹介します。

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『ゴッドファーザー』(1972)

アメリカで絶大な権力を握るコルレオーネ・ファミリーが崩壊の危機に立たされる様を描いた作品。

~あらすじ~
1947年マフィアのドン、ビト・コルレオーネの屋敷内で末娘コニーの結婚式が行われた。コルレオーネ家の一族、「ファミリー」と呼ばれるマフィアの組織の面々ら総勢数百人が会す壮大な挙式だった。邸内の、ブラインドが下ろされた書斎で、タキシード姿の右胸に血のような真っ赤な薔薇を刺したビトが、訪ねてきた友人の嘆願に耳を傾けていた。自分をすがってくる者には愛と権力、知力で十分に報じた。それがドン、ゴッドファーザー(名付け親)としての義務、尊厳であった。対立するブルーノ・タッタリアの息のかかった麻薬の売人ソロッツォが取引の話を持ちかけてきた。ビトは丁重に断ったが、やがてソロッツォは暗殺計画を企てる…。第二次大戦から復員したマイケルは父親の暗殺未遂に強い憤りと怒りを憶え、マフィア社会に身を投じていくのだった…。

出典:Rakuten TV

監督:フランシス・フォード・コッポラ、マーロン・ブランド、アル・パチーノ


『スティング』(1973)

~あらすじ~
1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害する……。

出典:Yahoo!映画

監督:ジョージ・ロイ・ヒル、出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード

 

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(1984)

~あらすじ~
1920年代のニューヨーク。仲間と悪事の数々を働いていた少年ヌードルスはある日、マックスと運命的な出会いを果たす。そして彼らは禁酒法の隙間をぬって荒稼ぎを続け、ギャング集団として頭角を現わしていった。だがある時、ヌードルスは無謀な計画を立てたマックスを裏切り、マックスは警察に殺されてしまう。30年後、未だ自責の念に駆られるヌードルスは、ある一通の手紙を受け、久々にニューヨークへ戻って来たのだが…。

出典:Yahoo!映画

監督・脚本:セルジオ・レオーネ、出演:ロバート・デ・ニーロ、ジェームズ・ウッズ

 

『レザボア・ドッグス』(1992)

~あらすじ~
宝石強奪のために集められた、互いの素性は知らない6人の男たち。彼らは計画どうり宝石店を襲撃するが、逆に包囲していた警官隊の猛攻撃を受ける。彼らの中に警察の「犬」が紛れていたのだ。

出典:Amazon

監督:クエンティン・タランティーノ 、出演:ハーベイ・カイテル 、ティム・ロス

 

『L.A.コンフィデンシャル』(1997)

~あらすじ~
50年代のロサンゼルス。ダウンタウンのカフェで元刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。
ロス市警のダドリー・スミス警部の指揮のもと、刑事たちは捜査に動き出す。殺された刑事の元相棒バドは殺された女と一緒にいた謎の高級娼婦、リンに接近する。華やかなスター刑事のジャック、野心家の若手刑事エドも参戦、事件は解決したかに見えたが三人は予想もしなかった巨大な陰謀に巻き込まれていく…

出典:Rakuten TV

監督・脚本:カーティス・ハンソン、出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース

 

映画『アンタッチャブル』口コミ(見どころ・感想)

映画『アンタッチャブル』口コミ(見どころ・感想)

正義を貫く男達の戦いを名優達が作り上げた、とにかく渋くて『かっこいい』作品です。

~見どころ~
アメリカの禁酒法時代を舞台にした財務省捜査官達とマフィアのボス、アル・カポネの対決を描いたヒット作。
捜査官達の正義とアル・カポネの悪の戦い。何度も壁にぶち当たり、仲間を失いながらも正義を貫きカポネを追い詰めていく・・・。
彼らの戦いに釘付けになります。
苦悩しながら、身の危険を顧みず戦い続けるエリオット・ネス(ケビン・コスナー)が、『巨悪』『アンタッチャブル』として君臨するアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)に徐々に迫っていく、その臨場感を感じます。
主演のケビン・コスナーはもちろん、ショーン・コネリーやロバート・デ・ニーロといった名優の演技にも、注目してほしいポイントです。
アンディ・ガルシアが注目を集めた作品もありますが、物語終盤の駅階段での彼のシーンは最高にかっこいいです。
ラストシーンのエリオット・ネスの一言も、禁酒法時代という背景を考えると、気が利いていて魅力的です。

~感想~
正義を貫く男達の戦いを名優達が作り上げた、とにかく渋くて『かっこいい』作品です。

セリフ1つ1つも気が利いていて、かっこいいのも、この作品の特徴だと思います。
どんな困難、危険にあっても逃げず、巨悪に立ち向かう「勧善懲悪モノ」ですが、軸がシンプルだからこそ、主役も悪役も『かっこいい』と思える作品に仕上げっているのだと思います。
流血するシーンも多いので、そういったものが苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、ただ無駄に血を流すシーンがあるのではなく、血の1滴にも流した血の重さ、人の想いを感じ取れます。

主役のエリオット・ネスだけでなく、その脇を固める仲間たちの想い、心の動き、彼らの戦いにも注目して見てほしいです。

『かっこいい』とは何か、を見せてくれる作品です。

まさにアンタッチャブル。

~見どころ~
「アンタッチャブル」になっていくところです。
政府からマフィア逮捕のために派遣された主人公ネスが、彼独自の基準で選抜した警察官2人を仲間にして、様々な策を練って悪党を捕まえるという漫画のような設定です。が、これは実際の出来事を主体に制作された作品なのです。
マフィアのボス、アル・カポネを演じたロバート・デ・ニーロは役作りのために髪を剃り込んだのは有名な話です。
激しい銃撃戦と対照的に、戦いの前に挟まれるネスとマローンの会話シーンも必見です。
まだ若いネスに対して、キャリアも人生も先輩であるマローンがかける言葉はどの場面でも観ている人の心を掴むものがあります。
ネス、マローン、ストーンの3人の友情と呼べるほどの信頼関係が築かれていく様は胸が熱くなります。
~感想~
まさにアンタッチャブル。
30年前の作品ですが、混沌の時代で身内も信じることはできないという点で、現代とあまり違いはありません。
シカゴの一帯を牛耳るアル・カポネは、とにかく顔が広くて様々な刺客を主人公たちに送り込みます。
にこやかに笑顔を見せるアル・カポネは、気に食わないことに対しては容赦なく暴力で圧倒する性格で、これが悪役の正しい姿だと矛盾した感情が湧き起こりました。
対して主人公・ネス率いるアンタッチャブルは、真っ直ぐに己の正義を貫き通そうと奮闘します。
警察内にもアル・カポネの傘下になってしまっている人間がいるかも知れないと、ネスは信頼する仲間以外にはほとんど作戦を伝えようとしません。
徹底して他者を寄せ付けない、まさにアンタッチャブルな3人が、組織の関わっている取引に馬で乗り込んでいくシーンは本当に格好良いです。

映画『アンタッチャブル』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.87 7.9 3.9 4.26
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年6月23日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アンタッチャブル』動画が見れるサイトは?

 

\娯楽アクション・ギャング映画『アンタッチャブル』を<dTV>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事