この記事を読むのに必要な時間は約 34 分です。

POINT:
・『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』(1991)は、サブタイトルにある通り、ゴッホが精神病院退院後、農村オーヴェルでの「最後の70日間」を描いている。
・芸術家としての困難な人間関係や衰退していく精神状態を描いていることから、ヴィンセントミネリ監督の映画『炎の人ゴッホ』(1956)とは対照的である。
・ゴッホ関連作:『炎の人ゴッホ』(1956)『ゴッホ~最期の手紙~』(2017)
・関連作:『モンパルナスの灯』(1958) 『放浪の画家 ピロスマニ』(1969) 『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』(2013) 『世界で一番ゴッホを描いた男』(2016)

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』

~あらすじ~
『悪魔の陽の下に』のモーリス・ピアラ監督が、“炎の画家”ゴッホの人生最後の70日間を描いた伝記映画。療養のためにフランス・オーヴェルの村を訪れたゴッホは、そこで診察を受けた医師・ガシェの娘・マルグリットと出会い、次第に親密になっていく。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

 

\映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』予告動画

VAN GOGH Original Theatrical Trailer (Masters of Cinema)

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』配信状況

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』配信状況

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』は、動画配信サービスでは配信されていません。

 

宅配レンタルで映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
× 500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × ベーシックプラン:1,017円/無し Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT × 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年4月22日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』監督・キャスト、原作紹介

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』基本情報

 

本作(タイトル) ヴァン・ゴッホ~最期の70日~/Van Gogh
公開年 1991年
上映時間/再生時間 2時間38分
監督 モーリス・ピアラ
キャスト ジャック・デュトロン、アレクサンドラ・ロンドン、ベルナール・ル・コク
音楽/主題歌
主な受賞歴
制作会社/配給元 エラトフィルム、ルスタジオカナル、Les Films du Livradois
フィルムA2

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』原作紹介

脚本:モーリス・ピアラ

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』関連作品 ~ゴッホの作品~

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『炎の人ゴッホ』(1956)

~あらすじ~
ブラッセルのベルギー伝道委員会が経営する学校を出たヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、
司祭としてボルナージュ地方の炭鉱町に、自ら志願してやって来る。そこで彼は、悲惨な労働者の生活を目撃。
教会で説明することが、いかに空虚なものであるかを痛感し、ついに破門される。
彼は画商として成功した弟のテオの保護を受け、絵を描くことをはじめる。30才を過ぎてパリに出てゴーギャンと出会い。共同生活をはじめるのだが・・・。

出典:Amazon

監督:ヴィンセント・ミネリ
出演:ミクロス・ローザ、カーク・ダグラス、ジェイムズ・ドナルド、アンソニー・クイン、パメラ・ブラウン
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

 

『ゴッホ~最期の手紙~』(2017)

~あらすじ~
無気力な日々を過ごしていた青年アルマン・ルーランは、郵便配達人の父、ジョゼフ・ルーランから1通の手紙を託される。それは、父の親しい友人で、1年ほど前に自殺したオランダ人画家、フィンセント・ファン・ゴッホが弟・テオに宛てて書いたまま出し忘れていたもの。パリに住んでいるはずのテオを探し出して、手紙を届けてやってほしいという。アルマンは願いを聞き入れてパリへと旅立つ。テオの消息をつかめないまま画材商のタンギー爺さんを訪ねると、そこで聞かされたのは意外な事実だった。兄の死にうちひしがれたテオは、半年後その理由を自問しながら、後を追うように亡くなったというのだ。そして、アルマンはゴッホが最期の日々を過ごしたオーヴェール=シュル=オワーズでゴッホの死の真相を探ることとなる

出典:Amazon

監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
出演:ダグラス・ブース、ジェローム・フリン、ロベルト・グラチーク、ヘレン・マックロリー、クリス・オダウド

 

こちらは、ゴッホの死の真相を追うサスペンスフルなドラマになっています。映像美という点で、ゴッホの絵画をアニメーションしているところも評価されています。

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『モンパルナスの灯』(1958)

~あらすじ~
1917年の春、モンパルナス。
青年モジリアニは肺結核に苦しみ、さらに麻薬とアルコールに溺れたどん底の生活を送っていた。
ある日、画学生ジャンヌと出会い恋に落ちる。
ジャンヌの父の反対に合い、駆け落ちした二人は静養も兼ねたニースで幸せな日々を過ごす。パリに戻りモジリアニは個展を開くも、
失敗と屈辱にまみれ、心と体の限界を越え帰らぬ人となってしまう――。

出典:Amazon

監督:ジャック・ベッケル
出演:ジェラール・フィリップ、リノ・ヴァンチュラ、アヌーク・エーメ、レア・パドヴァニ、ジェラール・セティ

 

『放浪の画家 ピロスマニ』(1969)

~あらすじ・解説~
革命の胎動が響くグルジアを舞台に、孤高の天才画家ニコ・ピロスマニの生涯を描いた伝記映画。実際の画家であり、ピロスマニを熱演したアフタンジル・ワラジの遺作。

出典:Amazon

監督:ギオルギ・シェンゲラヤ
出演:アヴタンディル・ヴァラジ、ダヴィト・アバシゼ、ギヴィ・アレクサンドリア、スパルタク・バガシュヴィリ、テイムラズ・ベリゼ

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』(2013)

~あらすじ・解説~
2007年、シカゴ在住の青年ジョン・マルーフは、地元の歴史本執筆の資料としてオークションで大量のネガ・フィルムが詰まった箱を競り落とす。中身はヴィヴィアン・マイヤーという無名の女性が撮った白黒のストリート写真。その素晴らしさに感動したマルーフがコレクションのごく一部をブログにアップしたところ大反響を呼び、やがて20世紀最高のストリート写真家の一人と評され、全米で一大センセーションを巻き起こす。本作は、ナニー(乳母)としての仕事の傍ら、15万枚以上もの写真を撮り続けながら、生前には一枚も公表することのなかったヴィヴィアン・マイヤーの謎に満ちた人生を、彼女の素晴らしい作品の数々とともに解き明かしていく感動のアート・ドキュメンタリー。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジョン・マルーフ、チャーリー・シスケル
出演:ヴィヴィアン・マイヤー、ジョン・マルーフ、ティム・ロス、ジョエル・マイロウィッツ、メアリー・エレン・マーク

 

『世界で一番ゴッホを描いた男』(2016)

~あらすじ~
孤高の画家・ゴッホに人生を捧げる男を捉えたドキュメンタリー。出稼ぎで油絵の街・中国大芬(ダーフェン)にやって来た趙小勇は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。いつしか趙小勇は、本物のゴッホの絵画を見たくなり…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ユイ・ハイボー
出演:趙小勇

 

・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭(2017年)監督賞

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』口コミ(見どころ・感想)

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』口コミ(見どころ・感想)

何層にも襞の如くに入り組んだ人間関係を解き明かしていくというストーリー展開に映画を観る者は驚きを新たにすることでしょう。

~見どころ~
『ヴァン・ゴッホ』は1991年に製作されたフランスの伝記映画で、監督・脚本はモーリス・ピアラです。

出演はジャック・デュトランがオランダ人画家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ役で主演し、彼は公開翌年にチェザーレ賞を受賞するほどの演技を見せてくれます。舞台は1890年。

映画ではヴァン・ゴッホの最晩年の67日間を追っていて、ヴィンセントと画商である弟テオ、主治医パウル・ガシェ(『ガシェ医師の肖像』の主題として最も有名)、ガシェの娘であるマルグリートを含めた女たちとの関係を探っていくのですが、何層にも襞の如くに入り組んだ人間関係を解き明かしていくというストーリー展開に映画を観る者は驚きを新たにすることでしょう。

~感想~
本作ではメロドラマ的ではなく、またセンセーショナルでもないアプローチでヴァン・ゴッホの生涯が扱われている点がヴィンセント・ミネリの映画『炎の人ゴッホ』と好対照であると感じられるかもしれません。

ヴァン・ゴッホの芸術と作品は上映時間158分のうちの大部分では触れられることがなく、画家のしばしば困難に陥る人間関係と衰弱してゆく心理状態がこれでもかというほどに見せつけられるので、映画を観る者は辟易とすることは必定であるかと思います。

少々意外に思われたのは、1888年の耳切り事件のようなヴァン・ゴッホの人生における最も有名な事件への言及がなされずに、19世紀末の社会的な背景を映画が参照しているということです。

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.1 3.5 3.3
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年4月22日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・パズルはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『ヴァン・ゴッホ~最期の70日~』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事