スポンサーリンク

この記事は約 19 分で読めます。

POINT:
・『ギルバード・グレイプ』の原題は、What's Eating Gilbert Grapeなのだが、
なぜ、ギルバート・グレイプはイライラしているのか?、何がギルバートを疲れさせるのか?などと訳される。
・グレイプ一家の兄・ギルバード役ジョニーデップが演じた。
・ギルバードの弟(アーニ)で知的障がいを持つ役を、レオナルド・ディカプリオが演じた。役作りのために、施設で生活したという。アカデミー賞にノミネートされた。

『ギルバード・グレイプ』

~あらすじ~

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のL・ハルストレム監督による青春映画。

アイオワ州エンドーラ。生まれてから24年、この退屈な町を出たことがない青年ギルバートは、知的障害を持つ弟アーニー、過食症を病む250kgの母親、2人の姉妹の面倒を見ている。

毎日を生きるだけで精一杯のギルバートの前に、ある日トレーラー・ハウスで祖母と旅を続ける少女ベッキーが現れる。

ベッキーの出現によりギルバートの疲弊した心にも少しずつ変化が起こっていく……。

出典:Yahoo!映画

\『ギルバード・グレイプ』を<U-NEXT>で観る!/

 

『ギルバード・グレイプ』予告動画

What's Eating Gilbert Grape - Trailer (1993)

What's Eating Gilbert Grape: Leonardo DiCaprio and Johnny Depp set visit

2番目の動画は、非常に珍しいメイキングビデオです。
ジョニーも、レオナルド・ディカプリオも若いですね!

『ギルバード・グレイプ』配信状況

『ギルバード・グレイプ』配信状況

 

以下の動画配信サービスで『ギルバード・グレイプ』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

また、宅配レンタルTSUTAYA DISCASで取り扱いがありますが、TSUTAYA TVでは作品の確認ができませんでした。

DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス 配信 状況月額料金/初回・無料期間【公式】HPはこちら
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime Amazonプライム×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS 1,865円/30日間 ※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi会員獲得プロモーション
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA ×1,990円/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2020年9月21日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

\『ギルバード・グレイプ』を<U-NEXT>で観る!/

 

『ギルバード・グレイプ』監督・キャスト、原作紹介

『ギルバード・グレイプ』基本情報

本作(タイトル)ギルバード・グレイプ
公開年1993年
上映時間/再生時間1時間57分
監督ラッセ・ハルストレム
キャストグレイプ家

ギルバートグレイプ・・・ジョニー・デップ
アーニーグレイプ・・・レオナルド・ディカプリオ
ボニーグレイプ・・・ダーレン・ケイツ
エイミーグレイプ・・・ローラ・ハリントン
エレングレイプ・・・メアリー・ケイト・シェルハート

ベッキー・・・・ジュリエット・ルイス

タッカー・・・ジョン・C・ライリー
ボビーマクバーニー・・・クリスピン・グローヴァ―
ベティカーヴァー・・・メアリー・スティーンバージェン
ケンカーヴァー・・・ケヴィン・タイ

音楽
アラン・パーカー
ビョルン・イスファルト
主な受賞歴
制作会社/配給元ブエナビスタ、シネセゾン

『ギルバード・グレイプ』原作紹介

ピーター・ヘッジズ『What's Eating Gilbert Grape』

『ギルバード・グレイプ』関連作品

ショコラ(2000)

『ギルバード・グレイプ』の監督を務めたラッセ・ハルストレム作品で、『ショコラ』にも、ジョニー・デップが出演しています。

古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが……。

出典:Yahoo!映画

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985)

ラッセ・ハルストレム監督の長編6作目となる作品。
1983年に出版されたレイダル・イェンソンの小説『マイライフ・アズ・ア・ドッグ(My Life as a Dog)』を映画化。

50年代のスウェーデン。主人公のイングマル少年は、兄と病気の母親、愛犬シッカンと暮らしている。父親は、仕事で南洋の海に出かけたままずっと帰ってこない。

人工衛星に乗せられて地球最初の宇宙旅行者になったあのライカ犬の運命を思えば、どんな事だってたいしたことはないと考えるのが彼の人生哲学だ。

やがて夏になり、母親の病状が悪化。イングマルは一人、田舎に住む叔父の元に預けられることになる。その村の住人は、一風変わった人ばかり。

街に置いてきたシッカンのことが気になるものの、男の子のふりをしている女の子・サガとも仲良くなり、毎日を楽しく過ごすイングマルだったが…。

出典:Yahoo!映画

『ギルバード・グレイプ』口コミ(見どころ・感想)

『ギルバード・グレイプ』口コミ(見どころ・感想)

「ディカプリオすごい…」

~見どころ~
若かりし日のジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオが出演している当作品ですが、特に着目してほしいのはディカプリオの怪演ぶりです。
若いながらも知的障害の少年役を見事に演じきっており、これを見た後は彼に対するイメージが一変すること間違いなしでしょう。
実際私も、何を隠そうジョニデ目当てで見始めたこの作品、見終えた後は「ディカプリオすごい…」の一言しか、出てきませんでした。それほど彼の演技は凄まじかったです。
また、こちらは介護などの問題が取り沙汰される「今」こそ、見てほしい作品でもあります。
広々として一見のどかな街に住みながらも、家族の介護をしながら生きる主人公・ギルバートが抱える言いようのない閉塞感と先の見えない不安さは、きっと幅広い世代の人の共感を得られると思います。
そして、ジョニデが演じる主人公・ギルバート…彼を取り巻く環境が変わった時、彼はどう思い、どう行動するのか―ギルバートの心境の繊細な変化にも注目しながら見ていただけると、この作品がさらに面白くなると思います!

~感想~
主人公ギルバートの境遇や心理描写がとにかく見ていて辛いです、ある女性が現れるまでは。

その女性が現れてからも辛いことは起こるのですが、彼女が登場した後、そして彼女が画面に現れると、本当に暗闇の中に一筋の光のようなものが差し込んできたような気持になります。それだけギルバートが追い詰められていたということなんでしょうね。

それと、とても印象に残っているのはギルバートが勤める食料品店のお客・ベティです。
登場した最初こそ「何だこの女は…」とあまりいい印象を抱けなかったのですが、あるシーンの彼女を見て、ああ、彼女も人知れず苦しかったのかも、ギルバートと同じように解放されたかったのかもしれない…と考えを改めました。
とても閉塞感のあるストーリー展開なだけに、ラストのシーンがより一層引き立ちます。
すこし寂しさは残るけれど、見ている方まで解放されたような爽やかな気持ちになれる…そんな作品でした。

二人の存在がジョニー・デップ演じるギルバートを悩ませ、鬱々とした日々にさせていますが・・・。

~見どころ~
この映画の見どころは、なんといっても、主人公を悩ませる2人の人間のキャラ立ちです。
まず、弟のアーニー。無名の頃のレオナルド・ディカプリオが演じていますが、本当に知的障害がある役者さんを使ったのかと思ったほど、それはそれはリアルでした。
そのリアルさが、よりギルバートの憂鬱さを助長させていました。
重度の知的障害を持つ少年の日常の喜怒哀楽を、恐ろしいほど自然に、しかも心に打つ演技をするディカプリオは、必見です。
そして、もう一人は、なんといっても、ダーレン・ケイツが演じた、過食症で引きこもりの母、ボニー。彼女が出てくれば何かが起こりそうなほど太っています。
やはり演技が素晴らしく、太りすぎたがために引きこもってしまった人の表情そのもので、世界の巨漢のドキュメンタリースペシャルを見ているような、こっちもどんよりとした気分にさせられます。

映画の中で、この二人の存在がジョニー・デップ演じるギルバートを悩ませ、鬱々とした日々にさせていますが、見ている側としては、この二人が映画に色を持たせ、出てくるとワクワクし、淡々とした映画を退屈させなくしてくれます。

この二人の演技力の素晴らしさだけでも見る価値ありです。

 

~感想~
何か大きな事件が起こるわけでもなく、田舎町の青年の日常の出会いと別れ、心境の変化などが、情景豊かに淡々と進む映画ではあります。

ホラーやサスペンス好きだと退屈しそうな内容にも感じますが、見終わった後も、シーンの一つ一つがくっきりと脳裏に残り、いつまでも余韻に浸りたくなります。

素晴らしい役者さん達ばかりなので、いつのまにか、ストーリーに入り込み、ギルバートの心に同化しています。
ボニーがでてくると痩せられれば良いのに‥と気が沈み、ベッキーが出てくると、よくぞこの町に来てくれた!と、本気で喜び、不倫相手のベティにイライラし、アーニーが言うことを全然聞いてくれない時は、叩いた方がいい、いや、怒りを抑えて!と、複雑にゆさぶられたり。
そして、最後は寂しいような、でもほっとさせられるような、さわやかな気持ちにさせられます。
過剰な演出もなく、引きで映された時の情景がとても綺麗なのも印象的でした。

かなり古い映画で、時代を感じますが、いつまでも名作として語り継がれる映画の一つです。

いつまでも名作として語り継がれる映画の一つです。

~見どころ~
田舎町に住んでるひと家族の物語です。兄弟のうち、一人か知的障害を持っていて、その子の面倒を見ているのは、兄です。田舎街の食品店で働いてますが、そこにも一緒に弟を連れて行きます。

母親は映画の初めから引きこもりになってる設定ですが、そこに至るまでには、訳があります。

また、この2人の兄弟の他に姉と妹がいますが、姉は働きながら、家の事もする人です。はたから見るとなんでもない家庭に思えますが、複雑な事情を抱えています。

そこに、キャンピングカーが毎年通る恒例の行事があるのですが、1台のキャンピングカーが故障してしまい、この街にしばらくいる事になります。そのキャンピングカーに乗っていた女性と、弟の世話をする兄が仲良くなります。

そして、兄の考えがだんだんと変わり、田舎街を弟と去る決心をします。
~感想~
この映画のタイトルだけをみたら、何の話だろうと思います。私もあらすじを読んで初めて知り見たいと思いました。
人の名前がタイトルになるのは多いですが、日本で公開する時には、違うタイトルになるのが多い中で、珍しいと思いました。

兄弟役の俳優が今ではすごいと思える人達で、この映画は貴重だと思います。

また、平凡な暮らしの中で、若いのに諦めながら暮らしてる兄にとって、キャンピングカーの女性と知り合った事は、"奇跡"に近いと思いますが、よかったとも思えます。

障害児を演じた弟の俳優もとても上手でした。

見た時は、大変だなくらいにしか思ってなかったですが、今となっては身近に障害児がいるので、家族の気持ちがよくわかります。

母親の気持ちもわかり、最後は悲しい気持ちにもなりますが、兄妹達には、大きな旅立ちで終わるので切なさも残りますが、これからをどう生きてもいいところが良かったと思います。

『ギルバード・グレイプ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.587.84.04.19
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年9月21日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

『ギルバード・グレイプ』動画が見れるサイトは?

 

\『ギルバード・グレイプ』を<U-NEXT>で観る!/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事