スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

POINT:
・『ジュラシック・パーク』はマイケル・クライトンのSF小説より、スティーヴン・スピルバーグ監督によって、製作された。小説自体は2作品(ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年))まで。
・『ジュラシック・パーク』は、SF・パニック要素の詰まった映画となっているが、「生命倫理や生命の進化・歴史」や「テクノロジーの進歩と過信」といった視点で、考え、楽しむこともできる。
・2022年には、6作品目にあたる『ジュラシック・ワールド3/ドミニオン』が公開予定。

『ジュラシック・パーク』

~あらすじ~

大富豪ジョン・ハモンドの招待で、古生物学者グラントとサトラー、そして数学者マルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。

そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のアミューズメント・パークだったのだ。

だがオープンを控えたその“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかる。嵐の迫る中、ついに檻から解き放たれた恐竜たちは一斉に人間に牙を剥き始めた。

出典:Yahoo!映画

 

\ジュラシック・パークシリーズ揃ってます。
映画『ジュラシック・パーク』を<U-NEXT>で見てみる!/

『ジュラシック・パーク』予告動画

『ジュラシック・パーク』

『ジュラシック・パーク』配信状況

『ジュラシック・パーク』配信状況

 

以下の動画配信サービスで『ジュラシック・パーク』が見ることができます。

・Amazonプライム
・dTV
・Hulu
・TERASA
・U-NEXT

では、見放題です。

 

動画配信サービスで『ジュラシック・パーク』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

なお、動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、見放題となっています。

 

 

配信状況 ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPはこちら
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV500円/31日間dTV
terasaTERASA562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×1,990円/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年11月23日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

\ジュラシック・パークシリーズ揃ってます。
映画『ジュラシック・パーク』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

『ジュラシック・パーク』監督・キャスト、原作紹介

『ジュラシック・パーク』基本情報

本作(タイトル)ジュラシック・パーク/Jurassic Park
公開年1993年
上映時間/再生時間2時間7分
監督スティーヴン・スピルバーグ
キャストジョン・ハモンド・・・リチャード・アッテンボロー
アラン・グラント博士・・・サム・ニール
エリー・サトラー博士・・・ローラ・ダーン
ブラムイアン・マルコム博士・・・ジェフ・ゴールド
アレクシス・マーフィ・・・アリアナ・リチャーズ
ティモシー・マーフィ・・・ジョセフ・マッゼロ
ドナルド・ジェナロ・・・マーティン・フェレロ
音楽/主題歌
ジョン・ウィリアムズ
主な受賞歴
制作会社/配給元UIP

『ジュラシック・パーク』原作紹介

マイケル・クライトンの小説『ジュラシック・パーク』より。

ちなみに、マイケル・クライトンは、テレビドラマ『ER(日本ではER緊急救命室)』の原作者であり、製作総指揮を務めました。

『ジュラシック・パーク』関連作品

ジュラシック・パーク関連作品・シリーズは、現在までに5作品あります。

6作品目にあたる『ジュラシック・ワールド3/ドミニオン』は、2022年に公開延長となりました

 

また、Netflixでは、アニメーションシリーズ「ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ」が独占配信されています。

ジュラシック・パーク関連作品・シリーズを楽しむには、下記の時系列で観ていくと、楽しめます。

 

配信状況 ◎見放題 〇レンタル ×未配信/2020年11月25日時点
ジュラシック・パーク
シリーズ
U-NEXTAmazon
Prime
HuludTVTELASA
①ジュラシック・パーク
(1993年)←今回紹介
②ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年)
③ジュラシック・パークⅢ
(2001年)
④ジュラシック・ワールド
(2015年)
⑤ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018年)×
⑥ジュラシック・ワールド3/ドミニオン(2022年公開)

 

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997)

ジュラシック・パークⅢ(2001)

ジュラシック・ワールド(2015)

ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018)

『ジュラシック・パーク』口コミ(見どころ・感想)

『ジュラシック・パーク』口コミ(見どころ・感想)

「恐竜を本当に蘇生出来るのではないか?」と考えさせられるようなストーリーも見どころです。

~見どころ~
ジュラシック・パークを初めて見た時は衝撃的でした。
何といっても本物の恐竜がそこに居るかのような、迫力のあるCG映像と恐竜がどんどん近づいて来るような恐怖感のある音響にも注目です。
さすがスティーブン・スピルバーグ監督の作品だと思いました。
生き延びる為にどうしても必要な、ある物を探しにジャングルの奥地まで行くことを決断したグラント博士達が、その道中に数々の恐竜と遭遇し、そこから逃れる緊迫感と強い臨場感もあります。
この映画は、CG映像や重量感のある音や恐竜に追われる緊迫感だけではありません。
今この時代に、恐竜は当然存在しませんが、近い将来科学の力で「恐竜を本当に蘇生出来るのではないか?」と考えさせられるようなストーリーも見どころです。

又、大自然が広がる大地とそこにいる数々の恐竜を、見下ろしながら撮った空撮映像も迫力あります。

 

~感想~
私が21歳の時、自分で稼いだお金で初めて映画館に行って見た映画が、ジュラシック・パークでした。

公開日を迎えるのを心待ちにしていた事を覚えています。このような事があった為、私の中でこの映画はとても強く印象に残っています。
ジュラシック・パークを見た感想は、本物の恐竜を見たことはないですが、CG映像がとてもリアルな事や、恐竜が本当に近づいて来ているような恐怖を感じさせられる音響を聞いていると、スクリーンの中に自分も居るような感じがしました。
全てが私の中で衝撃的でした。
また「近い将来科学の力で恐竜を蘇生出来るのではないか」と考えさせられるストーリーも新鮮に感じました。
ジュラシック・パークを見ていた約2時間の間は、スクリーンに引き込まれてしまった私も、グラント博士と共に恐竜から逃れるのに必死だったような気がします。

「現代の科学技術なら、もしかしたら出来るかもしれない」というフィクションでありながら、リアリティーがある映画になっています。

~見どころ~
一番の見どころは恐竜の細かな表現方法です。
あるシーンではティラノサウルスの目に懐中電灯の光が当たるシーンがあるのですが、きちん目の瞳孔が細くなっており、特撮技術の高さが分かります。
恐竜が登場する映画はたくさんありますが、この映画では琥珀から恐竜のDNAを取り出し、恐竜を復活させました。
「現代の科学技術なら、もしかしたら出来るかもしれない」というフィクションでありながら、リアリティーがある映画になっています。
他にも劇中内では恐竜を誕生させたことの倫理的問題などを話すシーンがありますが、このようにただのアクション映画だけでは終わらない、奥が深いSF映画になっています。
このような設定や恐竜の表現など素晴らしさから、現代にも続くシリーズになっているのだと思います。

~感想~
ティラノサウルスが襲ってくるシーンがあるのですが、そのシーンではコップの水の水面が徐々に振動していき、ティラノサウルスが現れます。

この場面を見たとき、またティラノサウルスが来るとドキドキしながら見ていました。
他にもドアのある部屋に逃げ込み、もう安心かと思ったら、小型の恐竜がドアを開けて入ってくるなど、とても怖い内容なっています。
「ドアを開けることも出来るのかよ!」子供の時に驚いたのを今でも覚えています。
この映画は続編やその語を描いた作品もあり、恐竜の数や種類、恐竜同士の戦いなどで言えば後の作品の方が迫力があるかもしれません。
しかし怖さや恐怖をあおる表現は1作目である今作が一番すごいと思います。

『ジュラシック・パーク』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.68.13.84.19
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年11月23日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・フィギュアはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

『ジュラシック・パーク』動画が見れるサイトは?

 

 

\ジュラシック・パークシリーズ揃ってます。
映画『ジュラシック・パーク』を<U-NEXT>で見てみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事