映画『陽のあたる教室』あらすじ、動画を無料視聴する方法と配信サービスを紹介!

PR

POINT:
・『陽のあたる教室』(1995)は、作曲家になることを諦めて音楽教師になり、経験を重ねていくホランドの成長物語。
・『あぁ音楽っていいもんだな。』一番“人間”を育てているの授業なんだろうか。
・「人は置かれた場所で一生懸命になる事で、そこが大切な場所になるのだ。」
・関連作:『チップス先生さようなら』(1939)『5つの銅貨』(1959)『いまを生きる』(1989)『スクール・オブ・ロック』(2003)
目次

映画『陽のあたる教室』あらすじ・動画

映画『陽のあたる教室』あらすじ

~あらすじ~
作曲家になる夢を捨てきれず、生活の為に仕方なく高校の音楽教師になったホーランド。教師の経験などもちろん無い。待っていたのは音楽に対してまったく関心のない、やる気のない生徒たち。しかし、子供たちのもっている可能性に気づいた彼は、音楽の素晴らしさを彼らに教えようと決心する。その後、子供が産まれ父親になったホーランドだが、最愛の息子の耳は生まれつき聞こえなかった……。

出典:Amazon

映画『陽のあたる教室』予告動画

Mr. Holland\’s Opus Movie Trailer 1995 (Richard Dreyfuss) 

\映画『陽のあたる教室』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『陽のあたる教室』無料視聴する方法と配信サービス

映画『陽のあたる教室』無料視聴する方法

映画『陽のあたる教室』は動画配信サービスでは配信されていません。(2023年10月23日時点)

 

宅配レンタルで映画『陽のあたる教室』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCAS、DMM 宅配レンタル、ゲオ宅配レンタルです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

映画『陽のあたる教室』配信サービス状況

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間
amazon-prime
Amazonプライム
×600円/30日間
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,026円/14日間
※宅配レンタル「定額4プラン」の場合。
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
Lemino(レミノ)のアイコンLeminoプレミアム
×990円/30日間
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×広告つきベーシックプラン790円~プレミアム1,980円/無しNetflix
huluHulu×1,026円/無し
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間
daznDAZN×STANDARDプラン:4,200円、GLOBALプラン:980円/無し
d-animestoredアニメストア×550円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×「スタンダードプラン」990円、「プレミアムプラン」1320円/無しディズニープラス
dmm-tvDMM TV× 550円/30日間
ぽすれんDVD・CDレンタル [ぽすれん]2,046円/1ヶ月
※「スタンダード8コース」の場合
geo-rentalゲオ宅配レンタル2,046円/30日間
※月額コース「スタンダード8」の場合

本作品の配信情報は2023年10月23日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額5,900円(税込)払いなら、月額換算で492円。

 

 

\映画『陽のあたる教室』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『陽のあたる教室』監督・キャスト、原作紹介

映画『陽のあたる教室』基本情報

本作(タイトル)陽のあたる教室/Mr. Holland’s Opus
公開年1995年
上映時間/再生時間2時間23分
監督スティーヴン・ヘレク
キャストグレン・ホランド・・・リチャード・ドレイファス
アイリス・ホランド・・・グレン・ヘドリー
ヘレン・ジェイコブス校長・・・オリンピア・デュカキス
ジーン・ウォルターズ教頭・・・ウィリアム・H・メイシー
子供の頃のガートルード・ラング・・・アリシア・ウィット
ルイス・ラス・・・テレンス・ハワード
ボビー・ティッド・・・デイモン・ウィッテカー
大人のガートルード・ラング・・・ジョアンナ・グリーソン
音楽
マイケル・ケイメン
主な受賞歴挿入曲:”UPTIGHT(EVERYTHING’S ALRIGHT)” スティーヴィー・ワンダー
“IMAGINE” ジョン・レノン
制作会社/配給元テッド・フィールド 、ロバート・W・コート/ハリウッド・ピクチャーズ、日本ヘラルド

映画『陽のあたる教室』原作紹介

脚本:パトリック・シーン・ダンカン

 

『陽のあたる教室』は、リチャード・ドレイファスがアカデミー主演男優賞にノミネートされた作品です。
彼は劇中でピアノを吹き替えなしで演奏しており、その技術には驚かされます。

また、彼が演じるグレン・ホランド先生が30年間にわたって教えた生徒たちの中には、実在の有名人がモデルになっているという噂もあります。例えば、ロウィーナ・モーガンという歌手志望の少女は、マドンナやシンディ・ローパーがヒントになったと言われています。

さらに、この映画の音楽を担当したマイケル・ケイメンは、この映画に感銘を受けて財団を設立し、予算の都合で楽器を購入できない公立の小学校に楽器を寄贈する活動を行っています。

映画『陽のあたる教室』関連作品

「教師と生徒の絆」をテーマにした4本の映画『チップス先生さようなら』(1939)『5つの銅貨』(1959)『いまを生きる』(1989)『スクール・オブ・ロック』(2003)を取り上げます。

これらの映画には、制作秘話や役者秘話、データなどがありますのでそれらを交えながら、共通する点や魅力を解説していきます。

『チップス先生さようなら』(1939)は、イギリスの名門校ブルックフィールドで半世紀にわたって教鞭をとったチップス先生の人生を描いた感動作です。チップス先生は、教え子たちから愛される優しい教師でしたが、彼には苦労や悲しみもありました。特に妻キャサリンとの出会いと別れは、彼の人生に大きな影響を与えました。

この映画は、第12回アカデミー賞で主演男優賞を受賞しましたが、実はロバート・ドーナットはノミネートされていませんでした。彼は当時無名だったため、アカデミーから無視されてしまったのです。しかし、彼の演技に感動したメンバーたちが「書き込み票」で彼に投票し、最終的に受賞することになりました。これはアカデミー賞史上唯一の例であり、その後「書き込み票」制度は廃止されました。

『5つの銅貨』(1959は、第二次世界大戦中にオランダで活動したレジスタンスの一員である音楽教師ピーター・ロンメルスの活躍を描いたコメディ作品です。ピーターは、ナチスから逃れるために孤児院に身を寄せますが、そこで出会った子どもたちと音楽を通じて心を通わせていきます。また、孤児院の院長アンナと恋に落ちますが、彼女もまたレジスタンスの一員でした。

この映画は、ダニー・ケイが得意とする歌やダンスやコメディが満載ですが、戦争の悲惨さや勇気も描かれています。特に印象的なシーンは、ピーターが子どもたちに「5つの銅貨」という歌を教える場面です。この歌は実在するオランダ民謡で、「5つの銅貨」はオランダ王家を象徴しており、ナチス占領下では禁止されていました。しかし、ピーターは子どもたちにこの歌を歌うことで、オランダの自由と誇りを教えました。

『いまを生きる』(1989)は、1950年代のアメリカの名門男子校ウェルトンで教える英文学教師ジョン・キーティングと、彼に影響を受けた生徒たちの物語です。キーティングは、生徒たちに「いまを生きる」という言葉や「自分の声を見つける」という考え方を教えますが、それは保守的な校風や社会規範に反するものでした。生徒たちの中には、キーティングの教えに従って自分の夢や恋を追い求める者もいましたが、それが悲劇を招くことになります。

この映画は、ロビン・ウィリアムズの名演が光る作品ですが、彼は実は第二候補だったという制作秘話があります。最初にキーティング役にオファーされたのはダスティン・ホフマンでしたが、彼はスケジュールの都合で断りました。その後、ウィリアムズにオファーが回りましたが、彼も当初は断ろうとしました。しかし、監督のピーター・ウィアーが彼に「君はこの役を演じなければならない」と説得し、彼も納得して出演することになりました。

『スクール・オブ・ロック』(2003)は、ロックミュージシャンを夢見るダメ男デューイが、友人から借りた身分証で名門私立小学校の代理教師になりすまし、生徒たちにロックを教えるコメディ作品です。デューイは当初は金儲けのためだけに教師をしていましたが、次第に生徒たちと打ち解けていきます。また、生徒たちもデューイからロックの楽しさや自信を学んでいきます。

この映画は、ジャック・ブラックの熱演が見どころですが、彼は実はこの映画のために書き下ろされたオリジナルキャラクターだったという制作秘話があります。脚本家のマイク・ホワイトは、ジャック・ブラックと親友だったことから、彼の個性や才能を活かすことができる役柄を考えてデューイを創造しました。そして監督のリチャード・リンクレイターもジャック・ブラックのファンだったことから、この企画に乗り気になりました。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『チップス先生さようなら』(1939)

~あらすじ・解説~
全寮制学校に新任教師として赴任したチップス先生はとにかく堅物で生徒たちからの評判も悪い。しかしキャサリンと出会い結婚したことをきっかけに徐々に柔軟になり慕われるようになる。主演のロバート・ドーナットは20代から80代までを一人で演じ『風と共に去りぬ』のクラーク・ゲーブル、『スミス都へ行く』のジェームス・スチュアート、『嵐が丘』のローレンス・オリビエらを退け1939年度アカデミー主演男優賞を獲得した。また、本作は原作に忠実に描かれた心温まる傑作である。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:サム・ウッド
出演:ロバート・ドーナット、グリア・ガーソン

・第12回アカデミー賞(1940年)主演男優賞

映画『チップス先生さようなら』では、教育者の使命と苦悩を描いています。映画が制作された当時、第二次世界大戦の影響があり、制作チームは困難な状況に直面しました。しかし、その中でキャストとスタッフは団結し、感動的なストーリーを生み出しました。

『5つの銅貨』(1959)

~あらすじ・解説~
ジャズ・プレイヤー、レッド・ニコルズの半生を描いた伝記的作品。娘の小児麻痺で一度はジャズを捨てた彼が、再びカムバックするまでを感動的に描く。“五つの銅貨”は、レッド・ニコルズのヒット曲。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:メルヴィル・シェイヴルソン
出演:ダニー・ケイ、バーバラ・ベル・ゲデス、ルイ・アームストロング、チューズデイ・ウェルド

『いまを生きる』(1989)

~あらすじ~
1959年、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。破天荒な授業を通して、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く教師に惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃に作っていた“死せる詩人の会”という同好会を自分たちの手で復活させる。ドラマの背景となる、初秋から冬にかけてのニューイングランド地方の風景も美しい。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ピーター・ウィアー
出演:ロビン・ウィリアムズ、ロバート・ショーン・レナード、イーサン・ホーク、ノーマン・ロイド

・第62回アカデミー賞(1990年)脚本賞
・第43回英国アカデミー賞(1989年)作品賞
・第16回セザール賞(1991年)外国映画賞

 

映画『いまを生きる』、家族との絆や人生の意味に焦点を当てています。監督は、物語を通じて観客に深い感情を伝えるために、演出技術を駆使しました。また、映画の音楽も物語の感情を強調し、観客の心を打ちました。

『スクール・オブ・ロック』(2003)

~あらすじ~
ロックの心を全身で体現するギタリスト、デューイ・フィン。しかし、そのあまりの破天荒ぶりがアダとなり、ついにバンドをクビになってしまう。一方私生活でも、家賃の滞納が原因で居候していた親友ネッドのアパートを追い出されようとしていた。そんな時、ネッドのもとに名門私立小学校から代用教員の話があった。たまたま電話に出たデューイはお金欲しさから自分がネッドになりすまし、臨時教師の職に就いてしまうのだった。ところが、いざ小学校へ行ってみると、そこは厳しい管理教育がなされ、従順な生徒たちにはまるで覇気も個性も感じられなかった。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:リチャード・リンクレイター
出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイト、サラ・シルヴァーマン

映画『スクール・オブ・ロック』は、2003年に公開されたコメディで、音楽と教育の融合がテーマとなっています。主演の俳優は、実際に楽器演奏を学び、演技に取り組んだことで知られています。映画の撮影中、キャストとスタッフは楽しい雰囲気を持ちながらも、プロの演奏を披露するために努力しました。

映画『陽のあたる教室』口コミ(見どころ・感想)

映画『陽のあたる教室』口コミ(見どころ・感想)

感動と爽快感で胸がいっぱいになる素晴らしいエンディングです。

~見どころ~

この映画では新任の音楽教師ホランド先生が、音楽の経験や関心の少ない子供達を音楽の楽しさに開眼させていくプロセスが、まずは一番の見どころとなっています。

マーチングバンドのメンバーを指導していくシーンでは、ホランド先生がロックやポップスを取り入れたりしながら個々の生徒の個性に合わせて、自由で柔軟な指導をしていくところが楽しいです。

またホランド先生は教育の仕事に打ち込む一方で、家庭内に新たな問題を抱えるようになります。

この問題に対して彼がどのように向き合っていくかが示されるシーンが、この作品の一番のクライマックスと言ってよいと思います。

ここでも音楽が重要な役割を果たし、その演奏シーンはとても斬新で興味深く、見ごたえあるものとなっています。

そしてこのシーンと同様に感動的なのがラストシーンです。

ここで登場する意外な人物、そしてホランド先生がどう退職日を迎えるか、これは見てのお楽しみですが、感動と爽快感で胸がいっぱいになる素晴らしいエンディングです。

~感想~

音楽を主要なテーマにした作品ですが、親子、特に障害を持った子とのコミュニケーションの難しさ、家庭と仕事の両立、教育システムの問題など様々なテーマが盛り込まれており、人生の喜びとほろ苦さを感じさせてくれる映画でした。

メインになる音楽の面では、生徒たちがホランド先生の指導を受けて音楽に喜びを見出し、演奏で上達するだけでなく、人間的な成長もしていく様子が見ていて爽快です。

ただこの映画では生徒だけでなく、音楽の指導を通してホランド先生自身も変化し成長していく様子が丹念に描かれていて、これが物語に厚みを与えています。

子どもたちの物語と大人たちの物語と両方がバランスよく多角的に描かれているので、時間を置いて何度見ても異なる視点から感動させられる作品になっていると思います。

育児や教育に携わる人、音楽を愛する人、感動を求めている人、心に沁みるストーリーを探している人など、色々な方に見ることをお勧めしたくなる映画です。

映画『陽のあたる教室』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.837.33.84.1
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2023年10月23日時点のものです。

映画『陽のあたる教室』まとめ

映画『陽のあたる教室』エンタメのまとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『陽のあたる教室』動画が見れるサイトは?

 

\映画『陽のあたる教室』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次