スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 24 分です。

POINT:
・『ラスト サムライ』は、ハリウッドが描く明治初期の文明化・欧米化から取り残された武士たちの姿を描いている。
・『ラスト サムライ』は、渡辺謙にとって日本国外映画の初出演作品。第76回アカデミー賞助演男優賞等をノミネートされた。以後、『バットマン ビギンズ』(2005)や『硫黄島からの手紙』(2006)、『インセプション』(2010)に出演する契機となった。
・戦闘場面で出てくる、里の武士たち・政府軍の兵士たちは、オーディションで集められた日本人たちである。その数は500名、ロケ地はニュージーランド。現地まで飛び立って行われた。

映画『ラストサムライ』

~あらすじ~
明治維新直後の日本。政府は軍事力の近代化を図ろうと西洋式の戦術を取り入れることを決断。一方で前時代的な侍たちを根絶させようと企んでいた。
やがて、政府と発展著しい日本市場を狙うアメリカ実業界との思惑が一致、政府軍指導のため南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉が日本にやって来る。
彼はさっそく西洋式の武器の使い方などを教え始めるが、ある時、政府に反旗を翻す侍のひとり、勝元と出会った。
そして、彼ら侍たちの揺るぎない信念に支えられた“サムライ魂”を感じ取った時、オールグレンは失いかけたかつての自分を思い出していく。

出典:Yahoo!映画

\キャスト陣豪華!トム・クルーズ、渡辺謙や小山田真、小雪、真田広之。
映画『ラスト サムライ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ラストサムライ』予告動画

The Last Samurai (4/4) Movie CLIP - The Last Ride (2003) HD

映画『ラストサムライ』配信状況

映画『ラストサムライ』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『ラストサムライ』が見ることができます。
・ABEMAプレミアム
・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ラストサムライ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは見放題です。

 

・Amazonプライム
・TERASA

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTERASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:880円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年1月5日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\キャスト陣豪華!トム・クルーズ、渡辺謙や小山田真、小雪、真田広之。
映画『ラスト サムライ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ラストサムライ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ラストサムライ』基本情報

本作(タイトル)ラスト サムライ/The Last Samurai
公開年2003年
上映時間/再生時間2時間34分
監督エドワード・ズウィック
キャストネイサン・オールグレン大尉・・・トム・クルーズ
勝元盛次・・・渡辺謙
ベンジャミン・バグリー大佐・・・トニー・ゴールドウィン
サイモン・グレアム・・・ティモシー・スポール
氏尾・・・真田広之
たか・・・小雪 

 

大村・・・原田眞人
寡黙なサムライ・・・福本清三
信忠・・・小山田シン
明治天皇・・・中村七之助(二代目)
飛源・・・池松壮亮
中尾・・・菅田俊

 

ゼブロン・ガント軍曹・・・ビリー・コノリー
ウインチェスター銃の商人・・・ウィリアム・アザートン
スワンベック大使・・・スコット・ウィルソン
大村のボディガード・・・ジョン・コヤマ
官軍兵士・・・虎牙光揮
兵卒・・・松崎悠希

音楽
ハンス・ジマー、ブレイク・ニーリー
主な受賞歴
制作会社/配給元エドワード・ズウィック、スコット・クルーフ、トム・クルーズ、
マーシャル・ハースコヴィッツ 、トム・エンゲルマン、ポーラ・ワグナー、
マイケル・ドーヴェン、奈良橋陽子、ワーナー・ブラザース/ワーナー・ブラザース

映画『ラストサムライ』原作紹介

原作:ジョン・ローガン
脚本:エドワード・ズウィック 、マーシャル・ハースコヴィッツ 、ジョン・ローガン

原作(原案)はジョン・ローガン。アイヴァン・モリス著『高貴なる敗北』「第9章 西郷隆盛伝」から影響受けているという。

西郷は、明治維新(1868年)の実現に貢献し、陸軍大将などを務めました。

しかし、征韓論争に敗れて政府を去ったあとは、反旗を翻して西南戦争(1877年)に立ち上げました。結果熊本城の攻撃に失敗して敗北し、鹿児島城山で自決しました。

 

「5万回斬られた男」俳優 福本清三さん死去

映画『ラストサムライ』関連作品

『ラストサムライ』で監督を務めたエドワード・ズウィックは、過去作に『グローリー』(1989)を制作しています。

第62回アカデミー賞(1990年)で3部門を受賞、本作にも多大な影響を与えています。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『グローリー』(1989)

~あらすじ~
南北戦争時代。
北軍大佐ショーは、初めての黒人部隊の指揮官に着任する。
兵士募集に呼応した黒人のほとんどが南部からの脱走奴隷だが、明日への誇りを賭けた熱気を感じられた。
やがて訓練が始まるが、靴も、軍服も支給されない。
しかし、それでも参戦できる日を夢見て厳しい訓練に耐え、ついに実戦で成果を挙げる。
そして難攻不落の砦攻略を志願するのだが…。

出典:Amazon

 

監督:エドワード・ズウィック 出演:マシュー・ブロデリック、 デンゼル・ワシントン

本作は、史上初の黒人部隊として南北戦争を戦った第54連隊の誇りと栄光、そして死を描いています。第62回アカデミー賞(1990年)で助演男優賞、撮影賞、音響賞(録音賞)の3部門で受賞に輝いています。

『レッド・サン』(1971)

~あらすじ~
日米修好のために日本から合衆国大統領へ贈られた宝剣が、列車強盗団によって奪われた。生き残った護衛の武士は腹を切り、強盗団の追跡を部下に命ずる……。A・ドロン、C・ブロンソン、三船敏郎という三大スターが、日本刀をめぐって相争う奇想天外な娯楽西部劇。

出典:Yahoo!映画

 

監督 : テレンス・ヤング 出演 : アラン・ドロン、 チャールズ・ブロンソン、 三船敏郎

2020年は「三船敏郎の生誕100周年」の年でした。

キャストは、アラン・ドロン(フランス)、チャールズ・ブロンソン(アメリカ)、三船敏郎(日本)、ウルスラ・アンドレス(スイス)。豪華なキャスト陣になっています。

 

物語の舞台は19世紀後半のアメリカ西部。三船の刀さばき姿や馬の乗りこなしも達者、手裏剣や傘を駆使しての獅子奮迅の活躍に期待して観ることができます。

映画『ラストサムライ』関連作品 ~海外進出した俳優・女優たち~

『ラストサムライ』を契機に、海外進出した俳優・女優の作品を紹介します。

渡辺謙

『バットマン ビギンズ』(2005)

監督・ 脚本:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、渡辺謙

渡辺は、ラーズ・アル・グール(影武者) 役で出演しています。

『明日の記憶』(2006)

~あらすじ~
広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻(樋口可南子)。彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで妻であり続けようと心に決めるが……。

出典:Yahoo!映画

監督:堤幸彦 出演:渡辺謙 、樋口可南子
第30回日本アカデミー賞(2007年)最優秀主演男優賞受賞:渡辺謙

『沈まぬ太陽』(2009)

~あらすじ~
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。そして、組織の建て直しを図るべく就任した国見新会長(石坂浩二)のもとで、恩地は会社の腐敗と闘うが……。

出典:Yahoo!映画

監督: 若松節朗 出演:渡辺謙 、三浦友和
第33回日本アカデミー賞(2010年) 最優秀主演男優賞受賞:渡辺謙

真田広之

『たそがれ清兵衛』(2003)


監督・ 脚本:山田洋次 出演:真田広之、宮沢りえ
第26回日本アカデミー賞(2003年)最優秀主演男優賞 :真田広之

 

もとは、アクションスターとして活躍していた真田ですが、香港映画『龍の忍者』(1982)で、日本国外進出を果たしています。『ラスト サムライ』のほか、映画では『PROMISE』(2006)、『47RONIN』(2013)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)- アキヒコ 役などに出演しています。

小雪

『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)

~あらすじ~
東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。

出典:Yahoo!映画

監督・脚本:山崎貴
出演:吉岡秀隆、 堤真一、小雪、堀北真希、三浦友和

第29回日本アカデミー賞(2006年)最優秀作品賞ほか多数
第29回日本アカデミー賞(2006年)優秀主演女優賞:小雪

 

映画『ラストサムライ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ラストサムライ』口コミ(見どころ・感想)

作り込まれた美しい日本の景色と豪華な俳優陣の素晴らしい演技で、2時間以上ある映画があっという間!

~見どころ~
ハリウッドが、多額の製作費をかけてつくったサムライ映画というだけでワクワクしますが、日本の文化、四季、風景、日本人の姿を正確に丁寧に美しく表現しており、日本人が観てもその美しさにハッと気づかさせられるシーンが多々あります。
ハリウッドスターのトム・クルーズ、日本を代表する渡辺謙、真田広之、小雪など日本人からしたら感無量の豪華なキャスティングはこの先ないだろうと、当時思いました。
表情やしぐさまでこだわりを感じる演技にひきこまれます。
アクションシーンは殺陣もリアルで華麗ですが、日本の時代劇とはまた違った見せ方が面白いです。
衣装も素晴らしくトム・クルーズの甲冑姿は必見です。
海外から見た日本の魅力が存分に詰まっていて、当たり前に日本で生活する私たちが忘れている日本文化の素晴らしさ、歴史の面白さを再確認できる映画です。

~感想~
当時、ラストサムライの予告をみたとき、「トム・クルーズが時代劇!?」と驚きました。

ですが、実際観てみると、作り込まれた美しい日本の景色と豪華な俳優陣の素晴らしい演技で、2時間以上ある映画があっという間でした。

母国の戦争で心に闇を抱えた主人公ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)が、明治維新で荒れる日本の農村で、文化も言葉も違う日本の人々と関わり心境が変化していく様子が、四季の移り変わりとともに細やかに美しく描かれていて、途中何度もある残忍な戦闘シーンや荒れた日本情勢を一瞬忘れてしまいます。

作り込まれた農村風景は、背後のエキストラまでじっくり見たくなります。
登場する侍達も個性豊かで、それぞれの信念や人生観が垣間見えます。
海外から見たサムライと日本人が考える侍の差がうまく埋められて、違和感は全くありません。
侍とは何かをとことん追求し、登場する全ての侍の生き様をしっかり見せているので、魅力的な登場人物ばかりです。

特に真田広之の演じる氏尾は、生粋の侍らしい風貌品格かっこいいとしか言えません。

また小雪が演じるヒロインは、大和撫子を完璧に体現しています。

日本人の同性の私からすると、完璧すぎてファンタジーなキャラクターに感じるくらいですが、海外から見た日本人女性のイメージがわかって面白いです。

日本の文化、自然、四季、人、歴史に敬意を込めて製作していただいたのだと分かる丁寧に作り込まれた映画です。

もちろん、ハリウッドらしい派手な演出やドラマチックな展開でハラハラしますし飽きさせません。
ラストは何度観ても泣けます。
日本人だからこそ製作側の細かいこだわりに気づける部分もあり、楽しめる映画だと思います。

映画『ラストサムライ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.857.73.53.58
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年1月5日時点のものです。

まとめ

・サントラはこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ラストサムライ』動画が見れるサイトは?

 

\キャスト陣豪華!トム・クルーズ、渡辺謙や小山田真、小雪、真田広之。
映画『ラスト サムライ』を<U-NEXT>で見てみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事