この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

POINT:
・『アイム・ノット・ゼア』(I'm Not There)は、シンガーソングライターのボブ・ディランの半生を6人の俳優達が演じる伝記映画。
・ボブ・ディランの由来は「ボブ」はロバートの愛称ボビーから、「ディラン」は詩人ディラン・トーマスから取ったもの。
・1978年に初来日し日本公演を行っているほか、ライブ「ネヴァー・エンディング・ツアー」も行っている。
・2016年には、アメリカ歌謡の伝統の中に新しい詩の表現を創造したとして、ノーベル文学賞を受賞した。
・ボブ・ディランに影響を受けたミュージシャン:ザ・ビートルズ、U2、オアシス、エリオット・スミス、吉田拓郎、井上陽水など。

映画『アイム・ノット・ゼア』

~あらすじ~
アルチュール(ベン・ウィショー)は、プロテスト・ソングを書くのを辞めた理由を背広姿の男たちに詰問される。彼はアメリカを放浪しながらソングライティング技術を学んだウディ(マーカス・カール・フランクリン)や、社会派フォーク歌手のジャック(クリスチャン・ベイル)らについて語り始める。やがて彼らの物語は一つに結び付き……。

出典:Yahoo!映画

\映画『アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アイム・ノット・ゼア』予告動画

I'm Not There (2007) Trailer #1 - Todd Haynes, Heath Ledger Movie HD

映画『アイム・ノット・ゼア』配信状況

映画『アイム・ノット・ゼア』配信状況

 

動画配信サービスで『アイム・ノット・ゼア』(I'm Not There)は、配信されていません。

 

宅配レンタルで『アイム・ノット・ゼア』を見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTERASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年6月11日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『アイム・ノット・ゼア』監督・キャスト、原作紹介

映画『アイム・ノット・ゼア』基本情報

 

本作(タイトル)アイム・ノット・ゼア/I'm Not There
公開年2007年
上映時間/再生時間2時間16分
監督トッド・ヘインズ
キャストジュード・・・ケイト・ブランシェット
アルチュール・・・ベン・ウィショー
ジャック/ジョン牧師・・・クリスチャン・ベール
ビリー・・・リチャード・ギア
ロビー・・・ヒース・レジャー
アーヴィン・・・リッチー・ヘヴンス
アリス・ファビアン・・・ジュリアン・ムーア
クレア・・・シャルロット・ゲンズブール
キーナン・ジョーンズ/ パット・ギャレット・・・ブルース・グリーンウッド
ココ・リヴィングトン・・・ミシェル・ウィリアムズ
アレン・ギンズバーグ・・・デヴィッド・クロス
音楽/主題歌
ランドール・ポスター
主な受賞歴第64回ヴェネツィア国際映画祭にて審査員特別賞女優賞(ケイト・ブランシェット)を受賞 ほか、多数受賞。
制作会社/配給元ジェームズ・D・スターン、ジョン・スロス/ワインスタイン・カンパニー、ハピネット、デスペラード

映画『アイム・ノット・ゼア』原作紹介

原作・脚本:トッド・ヘインズ

映画『アイム・ノット・ゼア』関連作品 ~ボブ・ディラン~

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『ドント・ルック・バック』(1967)

~あらすじ~
アメリカを代表するアーティスト、ボブ・ディランが65年に行ったイギリスツアーの模様を追ったドキュメンタリー。60年代最高のアルバムと称される「追憶のハイウェイ61」を生んだ時期の彼の心象風景、時代の空気を生々しく切り撮ったファン垂涎の1枚

出典:Amazon

監督・脚本:D・A・ペネベイカー
出演:ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ドノヴァン、アラン・プライス、アレン・ギンズバーグ

 

『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』(2005)

~あらすじ~
アメリカ音楽シーンの生きる伝説、ボブ・ディラン初の本格的な自伝的長編ドキュメンタリー。音楽ドキュメンタリーの名手、マーティン・スコセッシ監督が10時間にわたるディランへのインタビューに成功、その人生と音楽についてディラン自らの言葉で語られていく。加えて、貴重な未発表映像やレア音源、ジョーン・バエズ、ピート・シーガーら友人たちのインタビューもふんだんに盛り込み、人間ボブ・ディランの深層に迫る計3時間30分に及ぶ充実の音楽ドキュメンタリー。

出典:Amazon

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、アレン・ギンズバーグ、アル・クーパー、デイヴ・ヴァン・ロンク

 

映画『アイム・ノット・ゼア』関連作品

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』(2001)

~あらすじ~
自由と引き換えに性転換をして女としてアメリカに来たヘドウィグ。
やがてロッカーを夢見るトミーと恋に落ちた彼は、自分の持つ音楽やロック魂を全て教え込む全て教え込む。
だがトミーは裏切り全曲を盗んでデビュー。ヘドウィグの曲を歌いビルボードNo.1ヒットを飛ばしたトミーはコンサートを開始する。

傷心のヘドウィグも彼を追いかけ全米各地を巡業。ある日ヘドウィグはトミーと再会するが・・・。

出典:Amazon

監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル、マイケル・ピット、ミリアム・ショア、スティーヴン・トラスク

 

『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』(2014)

監督:テイト・テイラー
出演:チャドウィック・ボーズマン、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイド、ヴィオラ・デイヴィス

 

『マイルス・デイビス: クールの誕生』(2019)

~あらすじ~
若き日の帝王マイルス・デイヴィス不滅の名作。クール・ジャズの礎を築いたジャズ史上名高い傑作!クール・ジャズを打ち立てた歴史的名盤。

出典:Amazon

監督:スタンリー・ネルソン・ジュニア
出演:マイルス・デイヴィス、クインシー・ジョーンズ、ハービー・ハンコックウェイン、・ショーター

 

映画『アイム・ノット・ゼア』口コミ(見どころ・感想)

映画『アイム・ノット・ゼア』口コミ(見どころ・感想)

個人的に一押しなのは、女優のケイト・ブランシェットが演じるボブデュランです。

~見どころ~
ロックやフォーク音楽の世界で、知らない人はいないくらい有名なアーティストであるボブデュランの半生を描いた映画です。
ただ、配役がその時代により、俳優を6人も使ってオムニバス形式的に構成されて作られている映画なので、観る人によってかなり評価が分かれると思われます。
しかし、元々ボブデュランのファンの方でしたら絶対に楽しめると思います。
6人の俳優それぞれ演じ方に個性と魅力がありますが、個人的に一押しなのは、女優のケイト・ブランシェットが演じるボブデュランです。
女性ですが、彼女が一番ボブデュランに似ていると感じました。
少し異色でありアート的な作りの映画ですが、ボブデュランという人物がどのような人物だったのかを知るには、とても良い映画だと思います。

私自身は、一時期ボブデュランの音楽をけっこう聴いていたこともあったので、どういう人物なのかは、この作品を観る前からある程度は知っていました。

それでも、本作を全部観たら、こんな一面があって、また様々な出来事と葛藤の中で生きていた凄い人物だったんだと、改めて知ることが出来ました。

 

 

~感想~
この映画の最大の特徴であり、観る人により評価が分かれると思われるのが、主人公を6人もの俳優が演じて、構成もオムニバス形式のような作りになっていることです。

しかも描き方がアート的な表現をしているので、かなり好き嫌いが分かれるかもしれません。

6人の俳優の方それぞれが、個性的な演じ方をしていますが、個人的には、フォークスタイルからロックスタイルへの変更時期を、女優のケイト・ブランシェットが演じており、彼女もまた、持ち前の強烈な個性で演じていますが、女性でありながらも、彼女が一番ボブデュランに似ている感じがしました。

そのくらい彼女のボブデュランへのリスペクトや思いの強さに圧倒された感じです。

 

本作は、妻のサラとの出会いから別れまでを描いており、クリスチャン時代も描いています、名優ヒース・レジャーもまたスターであることの孤独を感じさせる深い演技をしており、本当に素晴らしかったです。

本作は、アート的な作りになっているので、スタンダードな映画のイメージで観ると、若干困惑するかもしれません。

 

でもボブデュランの人生のように決して予定調和的にではなく、突然レールからはみ出して走り抜けるような、彼の人生を表現するに当たっては、本作品のような描き方もまた彼自身を表現しているように思えました。

映画『アイム・ノット・ゼア』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数5.926.93.22.58
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年6月11日時点のものです。

まとめ

ボブ・ディランは、2016年のノーベル文学賞に、シンガーソングライターとして初めて受賞しました。

「アメリカ歌謡の伝統の中に新しい詩の表現を創造した」というのが受賞理由によるです。文学と言っても小説や戯曲、評論といったジャンルがありますが、彼の場合は詩(歌詞)になります。

どうでしょう、この先ボブ・ディランに次ぐシンガーソングライター、ミュージシャンの受賞は出てくることがありますでしょうか!?

 

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『アイム・ノット・ゼア』動画が見れるサイトは?

 

\映画『アイム・ノット・ゼア/I'M NOT THERE』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事