スポンサーリンク

この記事は約 5 分で読めます。

 

【スタッフ】
監督:フィリダ・ロイド/脚本:キャサリン・ジョンソン/製作:ゲイリー・ゴーツマン/製作総指揮・作詞・作曲:ベニー・アンダーソン&ビョルン・ウルヴァース/振付:アンソニー・ヴァン・ラースト/音楽監督:マーティン・ロウ

【キャスト】
メリル・ストリープ/アマンダ・セイフライド/ピアース・ブロスナン/コリン・ファース/ステラン・スカルスガルド/ドミニク・クーパー/ジュリー・ウォルターズ/クリスティン・バランスキー

出典 : Amazon

 

『マンマミーア!』(公開年:2009年)観ました。

ロマンティック・コメディ・ミュージカルの映画です。原題も Mamma Mia!で、劇団四季など舞台ものでも有名ですね。

 

ストーリーというと、エーゲ海に浮かぶギリシャの小島でリゾートホテルを経営している母ドナ(メリル・ストリープ)と、20歳の娘ソフィ(アマンダ・サイフリッド)の結婚式前夜のお話し。

実はソフィは自分の父親を知らないドナの手ひとつで、愛情を受けながら育ってきたのだ。

 

ソフィの願いは結婚式で「パパとヴァージンロードを歩くこと」。
そんな密かな夢があったのです・・・。

結婚式を間近に控えてソフィは、ドナの古い日記からドナの昔の恋人たちの存在を知る。

 

夢を叶えるために、父親とヴァージンロードを歩くため、ソフィはドナに内緒で、3人(に結婚式への招待状を投函するのでした。

そして遂に結婚式前夜、そろいも揃って3人が一緒に島にやってきた!

 


 

私の経験則なのですが、かつて婚活パーティーに参加したことがあります。
まあ、大手のものは行けば行くほどに、味気がなくなってきます。

お相手とお話しするのにも時間、限りがあるので疲れてしまうのですよね。で、地元会社が主催する婚活パーティーにシフトを変え参加してみたのです。

 

で、そのパーティーで流れて来た曲が、あの世界的に有名な音楽グループABBA(アバ)の曲だったのですよ!

CMとか流れていたのかは記憶ありません、これは偶然なのか?

 

1976年に出た代表曲「ダンシング・クイーン」ですよ。

 

音がノリノリ高めに出ていたのでお相手のお話しが逆に聞き取りにくいなんてこともありましたね(笑)

映画のなかにはABBAをベースにした曲がいくつも出てきます。

 

映画タイトルどおり、3曲目に"Mamma Mia"が、4曲目に"Dancing Queen"があります。

あっ!「Mamma Mia!」というサウンドトラックがCDで出ていますよ。

 

仕事で失敗でしてしまった。今日は嫌な出来事ばかりが続いた。彼(彼女)に振られた!

いろんなことがある人生だけれど、泣いても笑って、元気になりたいですよね。

ほんとに素敵な雰囲気のよい曲が多いですね。

 

映画を見てテンションを上げたい時にぜひどうぞ!

 

 

2018年には、この『マンマミーア!』から数年後経った現在と、過去の母ドナの青春時代を描いた続編である『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(原題:Mamma Mia! Here We Go Again)が出ました。

 


 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事