スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

POINT:
・『ドライヴ』(2011)は、言葉で語らず、表情で語る“ドライバー"ことライアン・ゴズリングが主役。
・夜の映像美といい、映像や演出、音楽ともスタイリッシュ仕上げ。しかし、バイオレンスシーンもかなり過激なので注意!(R15指定)
・関連作:『夜の人々』(1948)『ブルース・ブラザース』(1980)『レザボア・ドッグス』(1992)『パルプ・フィクション』(1994)『トゥルー・ロマンス』(1993)

映画『ドライヴ』

~あらすじ~
天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙な“ドライバー"は、昼間は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を請け負う運転手という2つの顔をもっていた。
ある晩、仕事を終えたドライバーは、同じアパートに暮らすアイリーンと偶然エレベーターで乗り合わせ、一目で恋に落ちる。次第に親しくなっていく2人だったが、ある日、アイリーンの夫スタンダードが、服役を終え戻ってきた。アイリーンは、ドライバーに心を残しながらも家族を守る選択をし、ドライバーも一旦は身を引き、家族から距離を置くが…。

出典:Amazon

\映画『ドライヴ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ドライヴ』予告動画

Drive - Movie Trailer (2011) HD

映画『ドライヴ』配信状況

映画『ドライヴ』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ドライヴ』が見ることができます。

・Netflix

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ドライヴ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・TSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。動画配信のTSUTAYA TVでは作品の確認ができませんでした。

 

・Amazonプライム
・dTV

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年8月3日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ドライヴ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ドライヴ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ドライヴ』基本情報

 

本作(タイトル)ドライヴ/Drive
公開年2011年
上映時間/再生時間1時間40分
監督ニコラス・ウィンディング・レフン
キャストドライバー・・・ライアン・ゴズリング
アイリーン・・・キャリー・マリガン
シャノン・・・ブライアン・クランストン
ニーノ・・・ロン・パールマン
スタンダード・・・オスカー・アイザック
バーニー・ローズ・・・アルバート・ブルックス
ブランチ・・・クリスティナ・ヘンドリックス
医者・・・ラス・タンブリン
音楽
クリフ・マルティネス
主な受賞歴
制作会社/配給元フランク・キャプラ三世、マーク・プラット/クロックワークス

映画『ドライヴ』原作紹介

原作:「ドライヴ」 ジェイムズ・サリス
脚本:ホセイン・アミニ

映画『ドライヴ』関連作品

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『夜の人々』(1948)

~あらすじ~
1930年代、不況にあえぐアメリカのミシシッピー州。
仲間たちと刑務所を脱獄したチンピラのボウイは仲間が用意した隠れ家に身をひそめるが、
そこでキーチという女の子に出会う。
すぐに恋に落ちた2人は、愛を確かめあいながら、銀行強盗を働く無軌道な生活を送っていた。
しかし幸せな日々は長く続くはずもなく、警察の捜査の手がすぐ近くまで忍び寄っていた。

出典:Amazon

監督:ニコラス・レイ
出演:ファーリー・グレンジャー、キャシー・オドネル、ハワード・ダ・シルヴァ、ジェイ・C・フリッペン

 

『ブルース・ブラザース』(1980)

~あらすじ~
黒い帽子に黒のサングラス、黒いネクタイに黒のスーツという、全身黒づくめのジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースは、ちぎりを交わした兄弟分。そのブルース兄弟が昔世話になった孤児院が、窮地に陥った! 彼らは孤児院を救おうと、かつての仲間を集めて“ブルース・ブラザース・バンド”を再結成し、そのコンサートの利益を孤児院に寄付しようとするが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジョン・ランディス
出演:ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャリー・フィッシャー、キャブ・キャロウェイ

 

『レザボア・ドッグス』(1992)

~あらすじ~
宝石店襲撃に失敗した強盗たちの確執をタイトに描いた傑作バイオレンス・アクション。描きこまれたキャラクター、縦横無尽に時間軸を越えた構成、緩急自在の演出とどれもが素晴らしく、脚本・監督(おまけに出演も)の異才タランティーノの名を一躍世に知らしめた。トップ・シーンからエンディングまで、トップノッチで突っ走る

出典:TSUTAYA DISCAS

監督: クエンティン・タランティーノ
出演: ハーヴェイ・カイテル、ティム・ロス、クリス・ペン、スティーヴ・ブシェーミ、ローレンス・ティアニー

・第3回ストックホルム国際映画祭(1992年)ブロンズ・ホース賞

『パルプ・フィクション』(1994)

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジョン・トラボルタ、 サミュエル・L・ジャクソン、 ユマ・サーマン、 ハーヴェイ・カイテル、 ティム・ロス

 

『パルプ・フィクション』(1994)はこちらから

『トゥルー・ロマンス』(1993)

~あらすじ~
クラレンス(クリスチャン・スレイター)は、勤め先の店長が誕生日祝いに差し向けたコールガール、アラバマ(パトリシア・アークエット)と恋に落ち、すぐに結婚する。彼女のヒモと話をつけに出向いたクラレンスは成り行きで男を殺してしまい、あわてて持ち帰ったカバンの中には大量の麻薬が入っていた。麻薬を売り金を得ようとする二人に、マフィアと警察が迫り……。

出典:Yahoo!映画

監督 ‏:トニー・スコット
出演 ‏:クリスチャン・スレイター、 パトリシア・アークエット、 デニス・ホッパー、 ヴァル・キルマー、 ゲイリー・オールドマン

 

映画『ドライヴ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ドライヴ』口コミ(見どころ・感想)

”ドライバー”の仕事上、様々な「車窓」が描かれています。

~見どころ~
ジャンルとしては「アクション」にはいるかと思うのですが、全体的に漂う抒情性が見どころです。主人公・”ドライバー”は過ぎるほどに寡黙な人物。彼の眼はいつも静かで、紡ぐ言葉も静か。激するシーンもあるのですが、そこですらどこか感情を抑えているような感じなのです。
彼のその静けさこそがこの作品の最大のポイントであり、魅力です。

”ドライバー”は彼の呼称です。

卓越した自動車運転技術を持ち、そのことから昼間は映画のカースタントの仕事をしています。また、自動車の修理工場でも働いている彼。

しかし、裏では犯罪者が逃亡するための「逃がし屋」もやっています。

カーチェイスのシーンも迫力がありますが、そこもどこか静けさを抱えた描写になっているのが特徴です。

~感想~
予想もしなかった抒情性に大変驚き、またそこに美しさを感じました。

”ドライバー”の仕事上、様々な「車窓」が描かれています。

彼は物語の初めの方で同じアパートに住むアイリーンという子どもを持つ母親と出会います。
その彼女と子どもを連れて「ドライブ」に出かけるシーンが大変印象的でした。

穏やかな陽光、同乗している人との関連性、物語の「ドライブ」シーンで最も穏やかな場面です。

しかし、彼女との出会いは破滅への一歩でもあったんですよね。

アイリーンの夫は刑務所に入っていたのが出所してきます。

しかし、刑務所内で借金を作っていたことから”ドライバー”に仕事を依頼します。
お金を強奪するという仕事だったのですが、狙った相手がまずかったのです。
マフィアが絡んだいざこざに巻き込まれる”ドライバー”。

彼は先に書いたとおりの卓越した運転技術のみならず、状況判断、身体能力も非常に高いです。

物静かですが、彼が常に着ているジャンパーに描かれたサソリのように、危険な面も持つ彼がむかえる運命が切ないです。彼はカーレースのドライバーとしても推薦されます。

しかし、彼が車窓で本当に観たかった風景は「真夜中のカーチェイス」や「歓声にあふれたレース会場」でもなく、アイリーンとのドライブであったような「穏やかな日差し」だったのではないかと思います。

どこか不器用な”ドライバー”の静けさと過激さが印象的な作品でした。

映画『ドライヴ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.447.83.73.7
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年8月3日時点のものです。

まとめ

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ドライヴ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ドライヴ』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ!