この記事を読むのに必要な時間は約 33 分です。

POINT:
・『 ラ・ラ・ランド 』の意味は、現実的でない陶酔状態のこと。LA(ラ)の音になぞらえて、『夢の国=アメリカ西海岸に位置するLA(ロサンゼルス、ロス)≠ハリウッド』なのだと。
・想起させる陽気なオープニングは、ミュージカルが好きのデミアン・チャゼル監督が影響受けたという名作『シェルブールの雨傘』(1963)『ロシュフォールの恋人たち』(1967)。
・映画冒頭の”Another Day Of Sun” はとても印象的!
・第89回アカデミー賞では『イヴの総て』(1950)『タイタニック』(1997)に並ぶ、史上最多14でノミネート、6部門で受賞した。
・関連作品:『ウエストサイドストーリー』(1961)『サウンド・オブ・ミュージック』(1964)『マンマ・ミーア!』(2008)『グレイテストショーマン』(2017)

映画『 ラ・ラ・ランド 』

~あらすじ~
何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。

出典:Yahoo!映画

 

\映画『 ラ・ラ・ランド 』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『 ラ・ラ・ランド 』予告動画

『ラ・ラ・ランド』本予告

映画『 ラ・ラ・ランド 』配信状況

映画『 ラ・ラ・ランド 』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『 ラ・ラ・ランド 』が見ることができます。

・Amazonプライム
・dTV
・Netflix
・Hulu
・FOD PREMIUM
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『 ラ・ラ・ランド 』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、見放題です。

 

・TELASA
・Paravi

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 ※動画配信「動画見放題」の場合。  TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi1,017円/14日間Paravi
huluHulu1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年4月30日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『 ラ・ラ・ランド 』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『 ラ・ラ・ランド 』基本情報

 

本作(タイトル)ラ・ラ・ランド/La La Land
公開年2016年
上映時間/再生時間2時間8分
監督デミアン・チャゼル
キャストセバスチャン(セブ)・・・ライアン・ゴズリング
ミア・・・エマ・ストーン
ミアのルームメイト ケイトリン・・・ソノヤ・ミズノ
セバスチャンの姉 ローラ・・・ローズマリー・デウィット
ビル・・・J・K・シモンズ
キース・・・ジョン・レジェンド
デヴィッド・・・トム・エヴェレット・スコット
・・・ジェシカ・ロース
音楽
ジャスティン・ハーウィッツ
主な受賞歴・第89回アカデミー賞(2017年)監督賞/主演女優賞/美術賞/撮影賞/歌曲賞/作曲賞(歌曲・編曲賞)
・第74回ゴールデングローブ賞(2017年)作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/脚本賞/主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)/主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)/監督賞/作曲賞/主題歌賞・第41回日本アカデミー賞(2018年)最優秀外国作品賞
・第70回英国アカデミー賞(2016年)作品賞、監督賞、主演女優賞ほか多数受賞
制作会社/配給元サミット・エンターテインメント、ブラック・レーベル・メディア(英語版)、TIKフィルムズ、インポスター・ピクチャーズ、ギルバート・フィルムズ、マーク・プラット・プロダクションズ、/ミット・エンターテインメント、ギャガ、ニーキャニオン

映画『 ラ・ラ・ランド 』原作紹介

脚本:デミアン・チャゼル

映画『 ラ・ラ・ランド 』関連作品 ~陽気なオープニングなら~

デミアン・チャゼル監督は、自ら熱狂的なミュージカル映画ファンだと語っていますが、『 ラ・ラ・ランド 』でもその影響を受けている場面があります。

陽気なオープニングを想起させるのは、1960年代の作品『シェルブールの雨傘』(1963)、『ロシュフォールの恋人たち』(1967)、がそうです。

 

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『シェルブールの雨傘』(1963)


監督・脚本:ジャック・ドゥミ
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス

・第17回カンヌ国際映画祭(1964年)パルム・ドール

『ロシュフォールの恋人たち』(1967)

~あらすじ~
軍港の町ロシュフォールにめぐってきたお祭りの季節。旅芸人のエチエンヌとビルのコンビが到着しショウの準備を始めた。美しい双子の姉妹ソランジュとデルフィーヌも、新しい恋の予感を感じ思わず歌い出す。町に駐屯している水兵マクサンス、彼が訪ねたカフェのマダムで姉妹の母であるイヴォンヌ、彼女のかつての恋人手シモン・ダム、その友達の著名な作曲家アンディ。
町中が沸き立つ週末の3日間に、彼等の出会いが交錯しては新たな恋が生まれ、かつての恋が再燃する―。

出典:Amazon

出演 :カトリーヌ・ドヌーヴ、 フランソワーズ・ドルレアック、 ジーン・ケリー

 

映画『 ラ・ラ・ランド 』関連作品 ~ミュージカルと言ったら~

 

『 ラ・ラ・ランド 』はLA(ロサンゼルス)が舞台となっていますが、デミアン・チャゼル監督自らが影響を受けた映画が、ところどころにオマージュ的映像として含まれています。

『踊るニュウ・ヨーク』(1940)雨に唄えば』(1952)『バンド・ワゴン』(1953)があり、こちらはハリウッドのクラシック映画といった作品になります。

 

ここでは、ミュージカルと言ったら・・・ということで作品を挙げてみました。

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『雨に唄えば』(1952)


監督:スタンリー・ドーネン
出演:ジーン・ケリー、 デビー・レイノルズ、 ドナルド・オコナー

『ウエストサイドストーリー』(1961)

~あらすじ~
ニューヨークのダウン・タウン、ウエスト・サイド。移民の多いこの街では、二つのグループが何かにつけ対立していた。リフをリーダーとするヨーロッパ系移民のジェット団と、ベルナルドが率いるプエルトリコ移民のシャーク団だ。ある日、ベルナルドの妹・マリアはシャークのメンバーに連れられて初めてのダンスパーティに出かける。マリアはそこで一人の青年に心を奪われる。しかし、それは許されない恋だった。彼の名はトニー、対立するジェット団の元リーダーだった……。

出典:Amazon

出演:ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス、リタ・モレノ

・第34回アカデミー賞(1962年)作品賞/監督賞/助演男優賞/助演女優賞/美術賞/撮影賞/音響賞(録音賞)/作曲賞(歌曲・編曲賞)/編集賞/衣装デザイン賞

・第19回ゴールデングローブ賞(1962年)作品賞(ミュージカル・コメディ部門)/助演女優賞/助演男優賞

 

『サウンド・オブ・ミュージック』(1964)

監督: ロバート・ワイズ
出演 : ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、シャーミアン・カー

 

『バーレスク』(2010)

~あらすじ~
バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちがゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテインメントクラブ。片田舎を離れ、アリは歌手になる夢を追いかけて、ロサンゼルスを目指す。テスが経営するクラブで、自分が思い描いていた憧れの世界に出会ったアリは、アルバイトを始める。やがてアリの抜群の歌唱力と突出したダンスの才能が話題となり、クラブは大盛況を極めていくのだが・・・。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:スティーヴン・アンティン
出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ

 

『マンマ・ミーア!』(2008)

監督:フィリダ・ロイド
出演 : メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアーズ・ブロスナン、コリン・ファース

 

『グレイテストショーマン』(2017)

~あらすじ~
19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、ついにオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、彼の型破りなショーには反対派もいた。美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会ったバーナムは、彼女のアメリカ公演を成功させ、一流のプロモーターとして世間から認められようとするが…。

出典:Rakuten TV

出演 : ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン

 

映画『 ラ・ラ・ランド 』口コミ(見どころ・感想)

映画『 ラ・ラ・ランド 』口コミ(見どころ・感想)

見どころは、なんと言っても冒頭にある『Another Day Of Sun』のミュージカルシーンです。

~見どころ~
この作品の見どころは、なんと言っても冒頭にある『Anther day of sun』のミュージカルシーンです。
高速道路で車が渋滞している描写から始ります。女性が1人歌い出し、ひとり、またひとりとミュージカルに加わっていきます。
歌・ダンス・カメラワークが絶妙にマッチした大迫力のミュージカルシーンです。
車のボンネットや屋根を使用したダンスは、スリリングで、エンターテイメント性が抜群です。

 

渋滞の中、偶然車が隣同士に並んだミア(エマ・ストーン)とセブ(ライアン・ゴズリング)が出会います。

夢を追いかける2人の若者、女優を目指すミアと、ジャズピアニストを目指すセブの恋模様は、儚く美しいです。

他作品へのオマージュを捧げた描写も多くみられ、それらを探してみるのも楽しいでしょう。

 

~感想~
この映画は、ロマンに溢れています。

ミア(エマ・ストーン)とセブ(ライアン・ゴズリング)のデートシーンは映像がとても美しく、恋をしたことがある人なら誰もが共感し、胸を締め付けられるでしょう。

 

ロサンゼルスを舞台にしたこの映画は、多くのファンの心を掴み、聖地巡礼をしている人もいるほどです。

また、終盤のシーンも素晴らしかったです。ハッピーエンドともバッドエンドとも取れる終わり方をするので、映画を見終わった後も、静かに余韻が残ります。

 

サウンドトラックを聴きながら、映画の描写を回想するのも楽しいです。

音楽も美しく、他ではあまり見られない囁くような歌唱シーンにも胸を打たれました。差し替えなしでピアノを演奏したライアン・ゴズリングの演奏シーンも見ものでした。

ミュージカルが何シーンか出てきますが、初心者でもわかりやすい内容でした。

~見どころ~
この作品の見どころは大きく分けて3つあります。
1つ目は主人公のミア・ドーランと相手のセバスチャンが、それぞれ普通に働きながら夢を追いかけているところです。それぞれ苦戦しながらも必死に生きる姿に、応援したくなります。
2つ目はミュージカルです。劇場で歌やダンスのシーンが何回か出てきますが、見ていわる側もワクワクします。特に2人が一緒に踊るシーンは有名で、マネする人も多かったですね。
3つ目は主人公のミアについてです。カフェ店員として働く姿やパーティーでの衣装姿など、特に女性が見るときらきらとして憧れる存在だと思います。
この映画を見終わるとすっきりし、私も明日から頑張ろうと思えるような作品です。絶対叶えたい夢がある方は特におすすめです。
~感想~
この映画を見て、夢を追うことのすばらしさを感じました。
私自身幼少期は漫画家になりたいと思っても、現実は普通の会社員で働いていますし、特にこれといった夢がないので、ミアとセバスチャンを見て悩みやショックが多くて大変そうだなと思いつつ、どこかうらやましい気持ちがありました。
また、ミュージカルが何シーンか出てきますが、初心者でもわかりやすい内容でした。
大人数で一斉に踊り迫力あるシーンもあれば、ゆったりとしなやかにダンスをするシーンもあり様々ですが、吸い込まれそうになりました。
毎日を過ごしてうまくいかない時や落ち込んだ時ももちろんありますが、その時は2人を思い出してネガティブにならず前に進もうという気持ちで、頑張ろうと思いました。

映画『 ラ・ラ・ランド 』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.68.03.94.10
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年4月30日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『 ラ・ラ・ランド 』動画が見れるサイトは?

 

\映画『 ラ・ラ・ランド 』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事