この記事を読むのに必要な時間は約 29 分です。

POINT:
・『ムーンライト』の原本は、戯曲 "In Moonlight Black Boys Look Blue" から。
・『ムーンライト』は第89回アカデミー賞(2017年)作品賞/助演男優賞(マハーシャラ・アリ)/脚色賞を受賞した。
・「LGBTQ」を扱った映画として、初の作品賞となった。
関連作:『トラフィック』(2000) 『チョコレートドーナツ』(2012) 『アデル、ブルーは熱い色』(2013) 『フルートベール駅で』(2013) 『行き止まりの世界に生まれて』(2018) 『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)

映画『ムーンライト』

~あらすじ~
名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ"と呼ばれ、いじめっ子たちから標的にされる日々。
その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。
高校生になっても何も変わらない日常の中で、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに。

出典:Amazon

\映画『ムーンライト』を<U-NEXT>で見てみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

\『ムーンライト』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ムーンライト』予告動画

『ムーンライト』予告編

映画『ムーンライト』配信状況

映画『ムーンライト』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『ムーンライト』が見ることができます。

・Amazonプライム
・dTV
・Netflix
・Hulu
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ムーンライト』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTERASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年6月10日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『ムーンライト』を<U-NEXT>で見てみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

\『ムーンライト』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『ムーンライト』監督・キャスト、原作紹介

映画『ムーンライト』基本情報

 

本作(タイトル)ムーンライト/Moonlight
公開年2016年
上映時間/再生時間1時間51分
監督バリー・ジェンキンズ
キャストシャロン (Chiron)
幼児期のシャロン / 「リトル」・・・ アレックス・ヒバート
青年期のシャロン /「シャロン」・・・アシュトン・サンダース
大人のシャロン / 「ブラック」・・・ トレヴァンテ・ローズ
ケヴィン (Kevin) - シャロンの1番の親友
幼児期のケヴィン ・・・ジェイデン・パイナー
青年期のケヴィン ・・・ジャレル・ジェローム
大人のケヴィン・・・ アンドレ・ホランド
その他の人物
ポーラ・・・ナオミ・ハリス
フアン・・・マハーシャラ・アリ
テレサ・・・ジャネール・モネイ
音楽
ニコラス・ブリテル
主な受賞歴・第89回アカデミー賞(2017年)作品賞/助演男優賞(マハーシャラ・アリ)/脚色賞
・第74回ゴールデングローブ賞(2017年)作品賞(ドラマ部門)
・第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞(2016年)作品賞/撮影賞
ほか
制作会社/配給元ファントム・フィルム

映画『ムーンライト』原作紹介

原作:戯曲"In Moonlight Black Boys Look Blue" タレル・アルヴィン・マクレイニー
脚本:タレル・アルヴィン・マクレイニー、バリー・ジェンキンス(共作

 

皆既月食×スーパームーン

【ダイジェスト】皆既月食=Total Lunar Eclipse x スーパームーン

映画『ムーライト』にあやかり、2021年の天文ショー「皆既月食×スーパームーン」が話題となりました。24年ぶりということで、次回は12年後とのことです。

2021年5月26日。
日本全国で観測可能な皆既月食が起こりました。皆既月食は、満月が地球の影に完全に隠されて赤黒く見える天文的な現象を言います。
そして今回は、満月でも一番大きく見える満月ということで「スーパームーン」でもありました。

映画『ムーンライト』関連作品 ~多種多様なテーマ、社会問題~

『ムーンライト』では、シャロン(Chiron)の不遇な幼児期から青年期、大人に至るまでの不遇な不遇な養育環境を描いています。

彼の恋愛であり、ドラマでもありますが、そこには彼の生活圏にある、多種多様なテーマ、社会問題があることが、分かるかと思います。黒人、薬物、売人、薬物依存、LGBTQ、裁判、差別・偏見・・・。

 

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『トラフィック』(2000)

~あらすじ~
アメリカの麻薬対策本部長に就任したロバートはさっそく麻薬撲滅作戦を開始した。
だが、自身の娘が麻薬に溺れていることを知る由もなかった。
麻薬王カルロスは囮捜査官のゴードンに追い詰められ、彼の妻は家族を守るために悪の組織に深入りしていく。
そしてまたメキシコ警察のハビエールは、組織の汚職を暴く決意を固めていた。

出典:Amazon

監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演 : マイケル・ダグラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、 ドン・チードル、 ベニチオ・デル・トロ

・第73回アカデミー賞(2001年)監督賞/助演男優賞/脚色賞/編集賞
・第58回ゴールデングローブ賞(2001年)脚本賞/助演男優賞 ほか

麻薬をテーマにした群像劇作品。

 

『チョコレートドーナツ』(2012)

~あらすじ~
1979年、アメリカ。ゲイのルディはシンガーを夢見ながらも、口パクで踊るショーダンサーとして働く日々。そんな彼にある日、ゲイであることを隠して生きる検事局の男性ポールが一目惚れ、2人はたちまち恋に落ちる。一方で、アパートの隣に暮らすダウン症の少年、マルコのことを気に掛けるルディだったが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:トラヴィス・ファイン
出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー

『アデル、ブルーは熱い色』(2013)

監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ

 

・第66回カンヌ国際映画祭(2013年)パルム・ドール
・第39回ロサンゼルス映画批評家協会賞(2013年)外国語映画賞

 

『アデル、ブルーは熱い色』(2013)はこちらから

 

『フルートベール駅で』(2013)

~解説・あらすじ~
2009年1月1日未明、カリフォルニア州オークランドの地下鉄フルートベール駅で、黒人青年オスカー・グラントが白人警官によって射殺される事件が発生する。その一部始終は居合わせた地下鉄利用客たちによって動画撮影されていて、オスカー・グラントが完全に無抵抗な状態だったことが明らかとなり、黒人社会のみならず全米中に衝撃をもたらした。本作はこの事件を題材に、理不尽に未来を奪われた22歳の青年オスカー・グラントが図らずも最後の1日となってしまった2008年の大晦日をどのように過ごしたかを、4歳になる幼い娘や愛する恋人、そして誕生日を迎えた母親との関わりの中で静かに見つめていくドラマ。

出典:Rakuten TV

監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン、メロニー・ディアス、オクタヴィア・スペンサー、ケヴィン・デュランド

 

・第29回サンダンス映画祭(2013年)グランプリ観客賞
・第29回インディペンデント・スピリット賞(2014年)新人作品賞

『行き止まりの世界に生まれて』(2018)

~あらすじ~
傷だらけのぼくらが見つけた明日――
「全米で最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードに暮らすキアー、ザック、ビンの3人は貧しく暴力的な家庭から逃れるようにスケートボードに のめり込んでいた。
スケート仲間は彼らにとっての唯一の居場所で、もう一つの家族だった。
そんな彼らも大人になるにつれ、さまざまな現実に直 面し段々と道を違えていく。
カメラは、明るく見える彼らの暗い過去、葛藤を抱える彼らの思わぬ一面を露わにしていく――。

出典:Amazon

監督:ビン・リュー
出演:キアー・ジョンソン、ザック・マリガン、ビン・リュー

第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞(2018年)編集賞

 

『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)

~あらすじ~
ハーバード・ロースクールを卒業したばかりの新人弁護士ブライアン・スティーブンソンは金になる仕事を蹴り、アラバマ州で黒人たちの冤罪を晴らすために奔走する。
地元の人権活動家エバ・アンスリーの協力を得て、ブライアンはウォルター・マクミリアンの弁護という困難な仕事に着手する。
ウォルターは世間を騒がせた殺人事件の犯人とされ、死刑判決を受けていた。複雑怪奇な司法や政治の世界、あからさまな人種差別に直面しながら、ブライアンは闘う。
差別的な構造によって苦しむウォルターや彼同様の境遇にある者たちのために。

出典:Amazon

監督:デスティン・ダニエル・クレットン
出演:マイケル・B・ジョーダン、ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン、ティム・ブレイク・ネルソン

映画『ムーンライト』関連作品 ~バリー・ジェンキンズ監督~

『ビール・ストリートの恋人たち』(2018)

~あらすじ~
1970年代のニューヨーク。ティッシュは19歳。恋人のファニーは22歳。幼い頃から共に育ち、自然と愛を育み、運命の相手を互いに見出した二人にとって、それは素晴らしい報告のはずだった。しかし、ファニーは無実の罪で留置所にいる。彼はティッシュの言葉を面会室のガラス越しに聞いた。小さな諍いで白人警官の怒りを買った彼は強姦罪で逮捕され、有罪となれば刑務所で恥辱に満ちた日々を送るしかない。二人の愛を守るために家族と友人たちはファニーを助け出そうと奔走するが、そこには様々な困難が待ち受けていた...。魂を試されるようなこの試練を乗り越え、恋人たちは互いの腕の中に帰ることが出来るだろうか。

出典:Rakuten TV

監督:バリー・ジェンキンス
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジーナ・キング、コールマン・ドミンゴ

 

映画『ムーンライト』口コミ(見どころ・感想)

映画『ムーンライト』口コミ(見どころ・感想)

非言語的コミュニケーションを通した愛情表現が見どころです。

~見どころ~
この作品は不遇な養育環境で育った一人の青年の男性との恋愛のストーリーです。
同性愛を描いた作品ですが、その距離感のもどかしさが美しく表現されています。
青年は不遇な環境で育ち、見ていて辛い場面もありますがそんな彼を見守る周囲の手助けもあり人の温かさを感じる作品でもあります。

どんな立場であれ人を愛することの純粋さと美しさが表現されていました。

同性ということもあり言葉としての愛情表現はあまりないのですが、2人の表情であったり適度な距離感であったりと、いうところでの非言語的コミュニケーションを通した愛情表現が見どころです。
最後の2人の海辺のシーンは特に景色の美しさも加わり、映像としてとても美しいラストになっています。

大きなストーリ展開はないですが、登場人物の感情の機微を静かに楽しみたい方にお勧めの映画です。

~感想~
この作品はハッピーでないところも多々ありますが、それでも観た後になんとも言えない幸福感に包まれる作品でした。

とにかく純粋でまっすぐな愛ということを感じる映画です。

不遇な環境で育った主人公で、常識的な道を逸れることもありますが拗ねたところがないという印象で良かったです。
それは、そんな中でも自分を見守ってくれる人の存在をどこかで感じ取っていたからではないかと思わせるような、人との繋がり・温かさも感じる映画でした。
同性愛ということで相手に伝えることが中々難しい中、互いに気持ちを確認し合うような目線だったり仕草だったりというのが時に切なかったです。
そういった意味でも恋愛の悲しさと楽しさを兼ね備えている作品でもあります。

シャロン (Chiron)の3つの時代に分れて物語は進みますが、この展開は個人的にはドラマとして魅力的に映りました。

~感想~
シャロン (Chiron)の3つの時代に分れて物語は進みますが、この展開は個人的にはドラマとして魅力的に映りました。
黒人のシングルマザーで薬物中毒。ゲイ、売人と宜しくない環境下での彼の人生の困難を想像するのは難くないですが・・・・。

 

幼児期には父親代わりになる麻薬ディーラーとの出会いが、青年期には貧困とイジメと暴力が、大人になって、は恋焦がれた相手との再会・・・。

言葉少なに紡がれる物語に仕上がっていますが、しかし、大人になっていくタフな姿に変貌していくシャロンに圧倒されました。

 

アカデミー賞作やゴールデングローブ賞の作品賞ということで、現代アメリカが抱える社会的背景を反映した恋愛映画として評価されたのですね。

「LGBTQ」が理解、認識されている時代に入っているのは確かなのですが、どうなのでしょう、日本人にとってどれだけ響くでしょうか。

映画『ムーンライト』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.197.43.63.4
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年6月10日時点のものです。

まとめ

この『ムーンライト』を観る前に、簡単なあらすじを見たほかは先入観無しに、観ました。

ただ個人的に旅行が好きなので、夜行快速「ムーンライトながら」が頭に浮かんできてしまっていて・・・。
(2021年に廃止されました。理由は、私たちの行動様式の変化と車両の老朽化が理由。)

でも、そこではない。

『ムーンライト』という映画タイトルが、タレル・アルヴィン・マクレイニーの原作 "In Moonlight Black Boys Look Blue" から来ていることに、後から知りました。

 

Moonlight(ムーンライト)は、月光のこと。月自らが太陽のように光や熱を放つわけではありません。が、太陽の光が月に反射して地球にまで届く光が、「月光」なわけです。

そして"In Moonlight Black Boys Look Blue"の意味ですが、この映画の醍醐味、名シーンだと思います。シャロンが月明かりに照らされた砂浜に立つシーンがあります。映像美ですから、この場面はじっくりと観てほしいですね。

 

 

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ムーンライト』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ムーンライト』を<U-NEXT>で見てみる!/

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

\『ムーンライト』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事