この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

POINT:
・『家族を想うとき』(2019)はケン・ローチ監督の作品。配達業界のフランチャイズによる、巧妙な搾取を描いている。負のスパイラルから抜け出せない家族が痛々しい。
・ケン・ローチ監督は、社会問題(労働者階級や移民、貧困など)に焦点を当てた作品を製作してきている。それは資本主義社会の歪み(ひずみ)でもあるのだ
・ケン・ローチ監督作品:『ケス 』(1969) 『イギリスから来た男 』(1999) 『SWEET SIXTEEN 』(2002) 『セプテンバー11 』(2002) 『明日へのチケット』 (2005) 『麦の穂をゆらす風 』(2006) 『この自由な世界で 』(2007) 『エリックを探して 』(2009)『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016)

映画『家族を想うとき』

~あらすじ~
イギリス、ニューカッスル。ターナー家の父リッキーはマイホーム購入の夢をかなえるため、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立を決意。
母のアビーはパートタイムの介護福祉士として、時間外まで1日中働いている。16歳の息子セブと12歳の娘のライザ・ジェーンとのコミュニケーションも、
留守番電話のメッセージで一方的に語りかけるばかり。家族を幸せにするはずの仕事が家族との時間を奪っていき、子供たちは寂しい想いを募らせてゆく。
そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれてしまう──。

出典:Amazon

\映画『家族を想うとき』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『家族を想うとき』予告動画

ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』

映画『家族を想うとき』配信状況

映画『家族を想うとき』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『家族を想うとき』が見ることができます。

・Amazonプライム
・dTV

では、は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルで映画『家族を想うとき』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年9月29日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『家族を想うとき』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『家族を想うとき』監督・キャスト、原作紹介

映画『家族を想うとき』基本情報

 

本作(タイトル)家族を想うとき/Sorry We Missed You
公開年2019年
上映時間/再生時間1時間40分
監督ケン・ローチ
キャストリッキー(父)・・・クリス・ヒッチェン
アビー(母)・・・デビー・ハニーウッド
セブ(長男)・・・リス・ストーン
ライザ(長女)・・・ケイティ・プロクター
マロニー(監督者)・・・ロス・ブリュースター
音楽
ジョージ・フェントン
主な受賞歴
制作会社/配給元シックスティーン・フィルムズ、BBCフィルムズ、BE TV、BFI Film Fund、Canal+、シネ+、フランス2シネマ、フランス・テレビジョン、Les Films du Fleuve、VOO、ホワイ・ノット・プロダクションズ、ワイルド・バンチ/ エンターテインメント・ワン、 ロングライド

映画『家族を想うとき』原作紹介

脚本:ポール・ラヴァーティ

映画『家族を想うとき』関連作品

『夜空に星のあるように』(1967)で映画監督としてデビューしたケン・ローチ。

ケン・ローチ監督は、社会問題(労働者階級や移民、貧困など)に焦点を当てた作品を製作しています。評価、注目された作品をここで紹介いたします。

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
Prime VideoチャンネルのスターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-無料体験対象作品
タイトルTSUTAYA
DISCAS
U-NEXTAmazon
プライム
『ケス』(1969)×
『イギリスから来た男 』(1999)
『11'09''01/セプテンバー11』(2002)
『SWEET SIXTEEN 』(2002)××
『明日へのチケット』 (2005) ××
『麦の穂をゆらす風 』(2006)××
『この自由な世界で 』(2007) ××
『エリックを探して 』(2009)×
『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016)

本作品の配信情報は2021年9月29日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。

 

\ケン・ローチ監督作品を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『ケス』(1969)

~あらすじ~
炭鉱しか産業のないイギリス・ヨークシャーの小さな町。ビリーの父は行方不明、炭鉱で働く兄は別の父親、母親が働いているので、ビリーも新聞配達をしている。学校でも友達はいない。先生たちはすぐに体罰を振るう。居場所のないビリーだが、ある日農場の大きな壁の上にいるハヤブサ(ケストレル)を見つけ、ヒナを手に入れる。ハヤブサの飼育法の本を万引きし、夢中になってケスを飼育する。いつしかケスはビリーと一緒に散歩に出かけられるようになる。ジャドが頼んだ馬券をビリーが買わなかったためジャドが学校までやってきた。ビリーはジャドから逃げ回り就職の面接も忘れてしまう。遅刻して面接にでたビリーは、ジャドが何をするかに気づき焦って家へ走るのだった……。

出典:Amazon

監督:ケン・ローチ
出演:デヴィッド・ブラッドレイ、リン・ペリー、コリン・ウェランド、フレディ・フレッチャー

『イギリスから来た男 』(1999)

~あらすじ・解説~
謎の死を遂げた娘を巡る真相を求めて、イギリスからハリウッドへとやってきた元犯罪者・ライミーの執念の追跡を描くハードボイルド。「アウト・オブ・サイト」でハリウッドの第一線に返り咲いたスティーブン・ソダーバーグ監督の演出は冴えまくり、観客の意識を掻き乱すような縦横無尽の編集が鮮烈な印象を与える一作だ。主人公のライミーを演じるベテラン、テレンス・スタンプとピーター・フォンダの対決も映画ファンにはたまらない

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:テレンス・スタンプ、ピーター・フォンダ、レスリー・アン・ウォーレン、ジョー・ダレッサンドロ

『SWEET SIXTEEN 』(2002)

~あらすじ~
15歳の少年リアムは、親友ピンボールと学校にも行かず好き勝手な毎日を送っていた。そんなリアムには夢があった。それは一つ屋根の下で家族揃って幸せに暮らすこと。しかし、現在母ジーンはヤクの売人である恋人スタンのせいで服役中で、出所はリアムの16歳の誕生日前日。シングルマザーの姉シャンテルは母を嫌い、離れて生活していた。そんなある日、湖畔で理想的なコテージを目にしたリアムは、自分の夢を実現させようとその家の購入を決意する。カネのないリアムは、仕方なくピンボールとともにスタンからヤクを盗んで、それを売り捌くのだったが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ケン・ローチ
出演:マーティン・コムストン、ウィリアム・ルアン、ゲイリー・マコーマック

・第55回カンヌ国際映画祭(2002年)脚本賞

 

『11'09''01/セプテンバー11 』(2002)

~あらすじ・解説~
第二次大戦終戦間際に故郷へと復員してきた勇吉。なぜか彼は地を腹這いで這い回るヘビになってしまい…(今村昌平監督作「おとなしい日本人」)。朝、初老の男はシャワーを浴び、髭を剃り、そして朝食を採る。それは、いつもと変わらぬ穏やかな日常の一コマのように見えるのだったが…(ショーン・ペン監督作)。ロンドンに亡命中のチリ人男性。彼は1973年に起きたもうひとつの「9月11日」の悲劇に思いを馳せる…(ケン・ローチ監督作)。他、全11ヵ国、11人の監督による平和への祈りのメッセージ。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ショーン・ペン、今村昌平、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ケン・ローチ、クロード・ルルーシュ

出演:田口トモロヲ、麻生久美子、江本明、倍賞美津子、緒形拳

『明日へのチケット』 (2005)

~あらすじ~
ケン・ローチ、アッバス・キアロスタミ、エルマンノ・オルミという3人の高名な監督による物語を1つの感動作にまとめあげた! ローマ行きの特急列車に乗りこんだ初老の大学教授、目的なく日々を過ごす若者、待望のサッカーの試合を見に行く少年たち。それぞれの愛、不安、希望を胸に新しい未来へ旅立っていく。

出典:Amazon

監督:エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ
出演:カルロ・デッレ・ピアーネ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、シルヴァーナ・デ・サンティス、マーティン・コムストン

 

『麦の穂をゆらす風 』(2006)

~あらすじ~
1920年アイルランド、英国による圧政からの独立を求める若者たちが義勇軍を結成する。医師を志すデミアン(キリアン・マーフィ)も将来を捨て、過酷な戦いに身を投じていく。激しいゲリラ戦は英国軍を苦しめ停戦、講和条約にこぎつけるものの、条約の内容をめぐる支持派と反対派の対立から同胞同志が戦う内戦へと発展する。

出典:Yahoo!映画

監督:ケン・ローチ
出演:キリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム、オーラ・フィッツジェラルド、ウィリアム・ルアン

・第59回カンヌ国際映画祭(2006年)パルム・ドール

『この自由な世界で 』(2007)

~あらすじ~
1人息子のジェイミーを両親に預けて働くシングル・マザーのアンジー。仕事がうまくいったら息子と一緒に暮らすつもりで、思い切って自分で職業紹介所を始める。外国人の労働者を企業に紹介する仕事だった。必死にビジネスを軌道にのせるアンジーだが、ある日不法移民を働かせる方が儲けになることを知る。そして、彼女は越えてはいけない一線を越えてしまう。そして事件は起こった…。

出典:Amazon

監督:ケン・ローチ
出演:キルストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス、レズワフ・ジュリック、ジョー・シフリート、コリン・コフリン

・第64回ヴェネチア国際映画祭(2007年)金オゼッラ賞(最優秀脚本賞)

 

『エリックを探して 』(2009)

~解説・あらすじ~
大のサッカー好きという社会派の名匠ケン・ローチ監督が、かつて名門マンチェスター・ユナイテッドでエースとして君臨した元フランス代表のスーパースター、エリック・カントナとの異色のコラボで贈る、心温まる人生一発逆転コメディ。

マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、しょぼくれた中年オヤジ。2度の結婚をはじめ、失敗続きの人生を送っていた。そんな中、未だに心から愛しているものの、今さら合わせる顔がないと感じていた最初の妻リリーと再会しなければならなくなり、気持ちが沈んでいたエリック。自室に貼ったエリック・カントナのポスターに向かって愚痴をこぼしていたら、なんとカントナ本人が現われ、お得意の格言で彼を励まし始めるのだったが…。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ケン・ローチ
出演:スティーヴ・エヴェッツ

『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016)

~あらすじ~
ダニエルが教えてくれたこと-
隣の誰かを助けるだけで、人生は変えられる
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

出典:Amazon

監督:ケン・ローチ
出演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ

・第69回カンヌ国際映画祭(2016年)パルム・ドール
・第70回英国アカデミー賞(2016年)英国作品賞
・第42回セザール賞(2017年)外国映画賞

 

 

\ケン・ローチ監督作品を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『家族を想うとき』口コミ(見どころ・感想)

映画『家族を想うとき』口コミ(見どころ・感想)

個人請負業が日本でも広まっていますが・・・。

~見どころ~
これまで様々な社会問題について映画化してきて、カンヌ映画祭などで多数の賞を受賞したケン・ローチ監督の最新作です。
一度、ケン・ローチ監督は高齢のため監督を引退することを表明しました。

しかし、社会の「経済的格差」の拡大や様々な「分断」が進んだことから、引退を撤回して、直近では『わたしは、ダニエル・ブレイク』(2016)を製作しました。今回『家族を想うとき』のテーマも経済的な格差や貧困の広がりとなっていて、ウーバーなどに代表される、何の保証もない一時雇いである「ギグ・ワーク」を取り上げています。

主人公は宅配便のドライバーとして働きだしますが、その職を提案されたときはいつ休みにするかなどは自分で決めて働ける仕事の形態だと言われます。

しかし、実際には自分で車など様々な物を購入して、長時間働き続けなければ、ローンも返せなくなるというものでした。

妻は訪問介護をしていますが、長時間働いてもそれ程の賃金にはなりません。そうしているうちに家族ですれ違いが増えていき、子供も問題を起こしてしまうのです。

 

~感想~
海外の企業が始めた便利なサービスとして、ウーバーなどのネットを使った個人請負業が日本でも広まっています。

実際にそのような形態で働いている人がどのような扱いを受けて、どのように暮らしているかが映画化されているので、とても良かったです。

「自由な働き方」と紹介されることが多い形態ではあるようですが、実際には様々な経費や事故などに備えた保険なども企業ではなく働いている人が自分で負担するので、その面だけでも大変です。

そのうえ、売り上げまでが末端で配達する人の責任とされますので、実際は本人の自由になるところはほとんどありません。

企業が仕事の大枠を決めてから、あとは本人が自由にやれると言っていても、実際には働く人の使い捨てになっていることがよく解りました。

日本ではあまりこのような映画を作る人はいませんが、製作委員会を作って、誰も損をしたり批判されない映画の作り方では無理なのでしょう。

映画『家族を想うとき』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.127.64.03.94
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年9月29日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『家族を想うとき』動画が見れるサイトは?

 

\映画『家族を想うとき』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事