この記事を読むのに必要な時間は約 42 分です。

POINT:
・ウォルト・ディズニーの『白雪姫』(1937)は、グリム兄弟による童話白雪姫」が原作。
・『白雪姫』はウォルト・ディズニーの1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション映画。カラー長編アニメのために作成されたセル画の枚数は25万枚とされる。
・『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『ブラック・ジャック』で知られる手塚治虫は、ディズニーアニメからも多大な影響を受けた。
関連作:『シンデレラ 』(1950)『眠れる森の美女 』(1959)『リトル・マーメイド 』(1989)『美女と野獣 』(1991)『アラジン 』(1992)『塔の上のラプンツェル 』(2010)

アニメ映画『白雪姫』

~あらすじ~
製作後60年を経た今でも見る人の心を打ち続ける不朽の名作フランク・チャーチル作曲の主題曲小人のマーチ[ハイ・ホー]は誰もが一度は耳にしたはず愛の尊さを説き世界最初の色彩長編動画でもある製作後60年を経た今でも見る人の心を打ち続ける不朽の名。
雪のように白い肌を持った美しい白雪姫と、森の中の大きな城に住む、自分より美しい者がいる事が許せない女王がいました。女王は毎日魔法の鏡に「この世で一番美しい者は?」と問いかけます。
ある日鏡は、白雪姫の方が美しいことを告げてしまうのでした。怒り狂った女王は、白雪姫を殺してしまおうとするのでした。
なんとか難を逃れた白雪姫は、森の奥の小さな小屋に住む7人の小人に助けられ楽しい時間を過ごすのでした。それを知った女王は、リンゴ売りのおばあさんに化けて白雪姫に毒リンゴをたべさせてしまうのでした・・・。

出典:Amazon


\アニメ映画『白雪姫』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

アニメ映画『白雪姫』予告動画

『白雪姫』MovieNEX 予告編

アニメ映画『白雪姫』配信状況

アニメ映画『白雪姫』配信状況

以下の動画配信サービスでアニメ映画『白雪姫』が見ることができます。

・ディズニープラス

では、見放題です。

 

宅配レンタルでアニメ映画『白雪姫』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASだけです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

・ABEMAプレミアム
・Amazonプライム
・dTV
・U-NEXT

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年9月18日時点のものです。

配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\アニメ映画『白雪姫』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

アニメ映画『白雪姫』監督・キャスト、原作紹介

アニメ映画『白雪姫』基本情報

 

本作(タイトル)白雪姫/Snow White And The Seven Dwarfs
公開年1937年
上映時間/再生時間1時間23分
監督デイヴィッド・ハンド
キャスト・・・声優白雪姫・・・アドリアナ・カセロッティ
王子・・・ハリー・ストックウェル
女王/魔女・・・ルシル・ラ・ヴァーン
先生・・・ロイ・アトウェル
おこりんぼ・・・ピント・コルヴィッグ
くしゃみ・・・ビリー・ギルバート
てれすけ・・・スコッティ・マットロー
ごきげん・・・オーティス・ハーラン
おとぼけ・・・エディ・コリンズ
魔法の鏡・・・モローニ・オルセン
狩人・・・スチュアート・ブキャナン
音楽
リー・ハーライン、ポール・J・スミス

挿入歌:
・I'm Wishing/私の願い
・One Song/ワン・ソング
・With a Smile and a Song/歌とほほえみと
・Whistle While You Work/口笛ふいて働こう
・Heigh-Ho/ハイ・ホー
・Blludle-Uddle-Um-Dum/ブラドル・アドル・アム・ダム
・The Dwarfs' Yodel Song (The Silly Song)/小人達のヨーデル
・Someday My Prince Will Come/いつか王子様が

ほか

主な受賞歴
制作会社/配給元ウォルト・ディズニー・プロダクション/RKO、大映洋画部

アニメ映画『白雪姫』原作紹介

原作:グリム兄弟
脚本:テッド・シアーズ、オットー・イングランダー、アール・ハード、ドロシー・アン・ブランク、リチャード・クリードン、メリル・デ・マリス、ディック・リカード、ウェッブ・スミス

アニメ映画『白雪姫』関連作品 ~ディズニープリンセスたち~

白雪姫 (1937)が以来、今日までにさまざまなディズニープリンセスたちが登場してきました。

日本では、白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫、アリエル、ベル、ジャスミン、ラプンツェル、モアナがディズニープリンセスとされています。<日本ディズニー公式・2021年時点>

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

~ディズニープリンセスたち~ 

DVDタイトル/公開年キャラクター地位/出身国 
 白雪姫 (1937)★白雪姫王女/不明(現在はドイツ)
シンデレラ (1950)★シンデレラ非王女/不明(原作はフランス)
眠れる森の美女(1959)★オーロラ姫王女/ヨーロッパ
 リトル・マーメイド(1989)

 

★アリエル王女/アトランティカ
美女と野獣(1991)

★ベル非王女/フランス
 アラジン(1992)
★ジャスミン王女/アグラバー(架空の国)
 ポカホンタス(1995)ポカホンタス首長の娘/ポウハタン族(アメリカバージニア州)
 ムーラン(1998)ファ・ムーラン非王女/中国
 プリンセスと魔法のキス(2009)ティアナ非王女/ニューオリンズ(アメリカ)
 塔の上のラプンツェル(2010)★ラプンツェル王女/コロナ(原作はドイツだが架空の国)
 メリダとおそろしの森(2012)メリダ王女/ダンブロッホ王国(スコットランド)
 アナと雪の女王(2013)

アナ王女/アレンデール(架空の国)
エルサ
 モアナと伝説の海(2016)★モアナ村長の娘/モトゥヌイ島
 ラーヤと龍の王国(2021)ラーヤ王女/ハート(架空の国

★印は日本ディズニー公式がディズニープリンセスとしている

アニメ映画『白雪姫』口コミ(見どころ・感想)

アニメ映画『白雪姫』口コミ(見どころ・感想)

『白雪姫』はディズニーが短編から長編へと取り組むことになった原点ともいえる作品です。

~見どころ~
この作品の最大のポイントは、映画史上初の長編アニメということです。作品が公開された時代はアニメは短編が主流。長編は考えられなかったのです。

この作品を製作するにあたって、周囲からは「アニメーションを長く観るなんて観客は耐えられない」と言われていたほどです。

そんな中で、しかもフルカラーで作られているという点でもすごいことだったのです。

今では長編アニメーションはふつうなことになっていますが、当時としては画期的な挑戦だったんですよね。

そのため、『白雪姫』はディズニーが短編から長編へと取り組むことになった原点とも言える作品なのです。

半世紀以上はすでに経っています。
映像も若干古さはありますが、非常に美しく動きますよ。

映像美。これも当時としては考えられないこと。今のようにCGでなんとかできる時代ではないのですよ!全て手描きですからね。
当時のアニメーターが渾身を込めて作った作品。ディズニー映画が好きな私にとっては、やはりこの原点となる『白雪姫』は特別な存在です。

古い時代の、古い作品なので、視聴する前は若干今ほどのクォリティに期待はしていなかったのですが、予想以上の美しさでした。

小人たちが歌う「ハイホー」の歌、7人の小人がそれぞれ個性たっぷりなのも良い!動物たちの愛らしい動きもとても良かったですね。

『白雪姫』公開から70年以上経った今日でも、世界中の、日本中の誰もが愛されていますし、ディズニーランドに行っても白雪姫や小人たちが出迎えてくれたりしますし・・・。

その造形は公開当時と変わらず、この作品がどれほど芸術として優れているかの証左になるかと思います。

後に続くディズニー長編アニメも同様、最後にはハッピーな展開を見せるという原点としての輝きは、今なお保ち続けています。

 

~感想~
この映画に出てくるキャラクター、白雪姫に小人たち、動物たちはとってもかわいらしくて大好きです。

その中でも、白雪姫が森の中で出会った7人の小人たちと歌って踊って、楽しい夜を過ごすところは見どころです。

7人の小人たちは、それぞれ好き勝手に楽器を演奏しているように描かれているのですが、それが一つにまとまって楽しいハーモニーになっているのです。

ドラムの先生(ドック)が逃げるハエをたたこうとしてドラムを打つリズム、ねぼすけ(スリーピー)のはなちょうちんが割れる音も音楽になっています。

白雪姫と踊るのには小人は背が足りないので、くしゃみ(スニージー)がごきげん(ハッピー)を肩車して、ににんばおりみたいになり、白雪姫と手を取ってダンスをします。とても楽しい場面です。

『白雪姫』はグリム童話にあった話を元にしていることは、あまりにも有名です。

ディズニーがアニメーション化したことで、親しみやすく、キャラクターも子ども達の人気ものになりました。

ディズニーランドに行けば、白雪姫に会えますし、お店に行けば白雪姫グッズもいっぱいあります。

でも、映画の中の白雪姫はやっぱり素敵なプリンセスなのですね。

女王に美しさをねたまれて毒りんごを食べさせられ、呪いをかけられる白雪姫。映画を見ると魔女に命を狙われるほどの彼女の美しさが本当によくわかります。

顔はもちろんですが、しぐさひとつひとつが上品でしなやかで、まさに女性の鏡ともいえる所作の数々ですね。女性のお手本としても見習いたいものです。

アニメ映画『白雪姫』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.697.63.63.85
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中!・・・SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年9月18日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

アニメ映画『白雪姫』動画が見れるサイトは?

 

\アニメ映画『白雪姫』を宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事