スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 21 分です。

POINT:
・『伊豆の踊子』は川端康成の小説を映画化した作品で、1974年版の『伊豆の踊子』は、同名小説としては6度目の映画化作品。
・かおる役として出演した山口百恵にとって、映画主演第1回作品でもある。対する川島役には、後に数々の話題作でもコンビを組む三浦友和(1980年に百恵は正式に芸能界引退を機に、三浦と結婚式を挙げた)。
・主題歌『伊豆の踊子』を山口百恵が歌っている。

映画『伊豆の踊子』

~あらすじ~
時は大正末期。伊豆を旅する一高生の川島は、天城の街道で旅芸人一座と出会う。一座は栄吉、栄吉の妻千代子、千代子の母のぶ、雇い娘の百合子、そして栄吉の妹薫という顔ぶれで、彼らは温泉宿などの客を相手に芸事をしながら生計を立てていた。川島は薫の無邪気さに癒され、薫もまた川島に惹かれ始めていくのだが、若い2人の行く先には切ない別れが迫っていた…。

出典:Yahoo!映画

\山口百恵&三浦友和 の映画『伊豆の踊子』
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で見てみる!/

\美空ひばり、吉永小百合出演の
映画『伊豆の踊子』を<U-NEXT>で見る!/

 

 

映画『伊豆の踊子』予告動画

1974年東宝】伊豆の踊子 予告篇

映画『伊豆の踊子』配信状況

映画『伊豆の踊子』(1974)配信状況

 

以下の動画配信サービスで、山口百恵が出演している映画『伊豆の踊子』(1974)が見ることができますが、見放題はありません。

・Amazonプライム
は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルで、映画『伊豆の踊子』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
かおる役:山口百恵、美空ひばり、吉永小百合の作品がありました。

DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。なお、動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、作品の確認ができませんでした。

 

なお、U-NEXTとHuluでは、かおる役:美空ひばり、吉永小百合の作品が見放題、FODプレミアムでは、かおる役:美空ひばりの作品が見放題でした。

 

『伊豆の踊子』はこれまでに6度映画化されていますが、動画配信サービス、宅配レンタル、レンタルショップで探しだせるのは、山口百恵、吉永小百合がメイン。良ければ美空ひばりも探し出せるようです。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV×1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTERASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:880円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年12月9日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\山口百恵&三浦友和 の映画『伊豆の踊子』
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で見てみる!/

\美空ひばり、吉永小百合出演の
映画『伊豆の踊子』を<U-NEXT>で見る!/

 

映画『伊豆の踊子』監督・キャスト、原作紹介

映画『伊豆の踊子』基本情報

 

本作(タイトル)伊豆の踊子/Izu no Odoriko
公開年1974年
上映時間/再生時間1時間22分
監督西河克己
キャストかおる・・・山口百恵
川島・・・三浦友和
栄吉・・・中山仁
千代子・・・佐藤友美
おきみ・・・石川さゆり
福田屋の板前・・・鈴木ヒロミツ
茶屋のばあさん・・・浦辺粂子
鳥屋・・・江戸家猫八[三代目]
音楽/主題歌
主題歌:「伊豆の踊子」 山口百恵
主な受賞歴
制作会社/配給元堀威夫、笹井英男、東宝、ホリプロ/東宝

映画『伊豆の踊子』原作紹介

原作:川端康成 脚本:若杉光夫

映画『伊豆の踊子』関連作品

『伊豆の踊子』は川端康成の小説を映画化した作品で、1974年版の『伊豆の踊子』は、同名小説としては6度目の映画化作品となります。以下、まとめておきます。

白黒版にはなりますがでは、2度目の映画化では、昭和の歌謡界の女王と呼ばれた美空ひばり出演していました。

 

4度目の映画化では、出演は吉永小百合、高橋英樹でした。当時この撮影にあたり、川端康成が
映画撮影を見学していました。

川端は、踊子姿の吉永小百合に〈なつかしい親しみ〉を感じたという逸話が残っています。

 

動画配信やDVDとなると、一番多いのはカラー版で見やすく、国民からも親しみのある、山口百恵、吉永小百合出演の『伊豆の踊子』が多いですね。

 

↑こちらは、4度目の映画化となった『伊豆の踊子』。出演:吉永小百合、高橋英樹

 

また、映画に限らず『伊豆の踊子』の書籍のほうも文庫版が豊富で、英文版も出ています。

テレビドラマも多数あるなかで、意外にも、1936年のNHKの連続テレビ小説『伊豆の踊り子』があり、この成功が、現在の「連続テレビ小説」の素地ができあがったと言われているのには、驚きです。

 

ラジオドラマや舞台、漫画もあることから、『伊豆の踊り子』はまさしく、日本の代表的な作品のひとつだと言えるでしょう。

 

邦題(製作年)/配給出演備考
1『恋の花咲く 伊豆の踊子』 (1933)/松竹田中絹代、大日方傳白黒・サイレント映画。
監督:五所平之助
2『伊豆の踊子』(1954) /松竹美空ひばり、石濱朗白黒。監督:野村芳太郎
3『伊豆の踊子』(1960) /松竹鰐淵晴子、津川雅彦カラー。監督:川頭義郎
4『伊豆の踊子』(1963) /日活吉永小百合、高橋英樹カラー。監督:西河克己
5『伊豆の踊子』(1967) /日活内藤洋子、黒沢年男カラー。監督:恩地日出夫
6『伊豆の踊子』(1974) /東宝山口百恵、三浦友和←今回紹介。

 

山口百恵!伊豆の踊子!歌詞付き!

こちらは、映像とともに主題歌『伊豆の踊子』の歌詞付きを紹介していました。レアかもしれませんね。

山口百恵&三浦友和関連作品

 

山口百恵、三浦友和コンビは永遠に!をテーマに、いくつかの作品を挙げておきます。

『潮騒』(1975)

百恵2作目は、小説家三島由紀夫『潮騒』から。

~あらすじ~
伊勢湾の歌島に住む漁師の新治は、夕暮れの浜で夕日を見つめる少女を見かける。彼女は村一番の金持ちである宮田照吉の娘の初江で、一人息子を失った照吉が婿を取ることにしたのだ。強風で漁が休みになった日、新治は観的哨跡で初江と会い意気投合、またこの秘密の場所で会うことを約束する。嵐が吹き荒れた日、びしょ濡れになった新治と初江は観的哨跡で、たき火をはさんで裸になった。やがて噂が村中に広がり、二人の仲は引き裂かれてしまう。新治は日の出丸に乗り込み訓練を受けることになったが、そこに初江の婿となる安夫が乗り込んできた。

出典:Yahoo!映画

『絶唱 』(1975)

どこか暗い作風ではあります。映画公開当時「百恵が、死んだ花嫁を演じて泣ける作品」と騒がれていました。小雪(百恵)に花嫁衣装を着せて結婚式をやるのです。。

『ホワイト・ラブ』(1979)

百恵、友和共演10作目という記念作品です。ロケはスペインでした。

『古都』(1980)

『古都』(1980)は、百恵の引退記念作品となりました。百恵一人二役をこなしています。

 

映画『伊豆の踊子』口コミ(見どころ・感想)

映画『伊豆の踊子』口コミ(見どころ・感想)

三浦と山口の切ない恋心が美しく描かれています。

~見どころ~
見どころは、後年数々のヒット作品でコンビを組む山口百恵と三浦友和の演技です。
踊り子で清純で清々しい山口、孤独な一高生の生きざまを見事に演ずる三浦は、数々の「伊豆の踊子」の映画の中でも、吉永小百合主演のものと並び、ヒット映画となっています。
「伊豆の踊子」はノーベル賞作家の川端康成が若き頃に書き上げた作品で、彼の心の中の孤独感を表した傑作として、今でも読み継がれています。
時代が大正末期ですから、今考えられるような性的なことなどなく、三浦と山口の切ない恋心が美しく描かれています。
三浦は生い立ちなどで、孤独にさいなまれていたが、山口の天真爛漫さにだんだんと前向きな気持ちになって行きます。
そして、最後の別れのシーンは記憶に残る美しい一コマです。それでも恋に学んだ三浦は前を向いて歩き始めます。
~感想~
伊豆の美しい山々を背景とした映画です。その美しい映像に心が洗われます。
孤独な一高生の三浦が、自分探しで旅行していた時に出会うわけですから、ある意味運命的な出会いなのでしょうか。
顔を合わせた瞬間に二人の心が通じるところ、とても感動します。
一緒に旅行をするわけですが、好きになり始めた三浦は踊り子として彼女のことを心配し嫉妬します。
彼らは三味線や太鼓を使い、唄や踊りで、温泉街の御客たちに相手に生計を立てていたので、時には危ないこともあったでしょう。
三浦と山口が映画を観れなかった悲しさ、三浦がまた学生として戻らなければならない時の別れの寂しさ、思う存分泣けます。
それでも、観終わった時には、悲しさより爽やかな気持ちが満ちてくるような素晴らしい映画でした。

映画『伊豆の踊子』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数5.97.13.23.39
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年12月9日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

映画『伊豆の踊子』動画が見れるサイトは?

 

 

\山口百恵&三浦友和 の映画『伊豆の踊子』
宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で見てみる!/

\美空ひばり、吉永小百合出演の
映画『伊豆の踊子』を<U-NEXT>で見る!/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事