この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

POINT:
・『愛のコリーダ』 (1976)は、日本とフランス合作映画で、大島渚が監督・脚本を務めた。
・『愛のコリーダ』は、事件史に残る阿部定事件」を題材に、男女の愛欲の極限を描いている。
・本作は大島渚監督が“世界のオーシマ”の名を刻み込んだ記念碑的傑作とされる。
・「芸術か、わいせつか」を巡って物議を醸し裁判闘争にまで発展した(いわゆる「愛のコリーダ裁判」(1979年10月19日))
・関連作:『清作の妻』(1965) 『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(1986) 『わたしはロランス』(2012)

映画『愛のコリーダ』

~あらすじ~
大島渚監督がフランス資本で、昭和初期の“阿部定事件”を映画化した問題作。昭和11年。料亭の女中定は店の主人に心惹かれ、情事を重ねるようになる。その情事が男の妻に知れてしまい、二人は駆け落ちを決行する。快楽におぼれる日々を重ねるうちに定は男を永遠に手放したくないと思うようになり、ついには男を自分だけのものにするため首を絞めて殺害し、さらには男の陰部を切り取ってしまうのだった。

出典:Yahoo!映画

\大島渚監督が究極の愛とエロスを描いたドラマ。
映画『愛のコリーダ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『愛のコリーダ』予告動画

『愛のコリーダ 修復版』予告編

映画『愛のコリーダ』配信状況

映画『愛のコリーダ』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『愛のコリーダ』が見ることができます。

・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルのTSUTAYA DISCASでは映画『愛のコリーダ』レンタルはできません。が、動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
×2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV―/―TSUTAYA DISCAS
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年7月28日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\大島渚監督が究極の愛とエロスを描いたドラマ。
映画『愛のコリーダ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『愛のコリーダ』監督・キャスト、原作紹介

映画『愛のコリーダ』基本情報

 

本作(タイトル)愛のコリーダ/In the Realm of the Senses
公開年1976年
上映時間/再生時間1時間44分
監督大島渚
キャスト吉蔵・・・藤竜也
定・・・松田英子
「吉田屋」のおかみ トク(吉蔵の妻)・・・中島葵
「吉田屋」の女中 松子・・・芹明香
「吉田屋」の女中 キヌ・・・阿部マリ子
「吉田屋」の女中 千恵子・・・三星東美
老人・・・殿山泰司
「吉田屋」の女中頭 お常・・・藤ひろ子
芸者 八重次・・・白石奈緒美
「みつわ」女中・・・青木真知子
「みつわ」の芸者・・・東祐里子
「みつわ」の芸者・・・安田晴美
「みつわ」の芸者・・・南黎
「みつわ」の芸者・・・堀小美吉
半玉・・・岡田京子
幇問・・・松廼家喜久平
「田川」のおかみ・・・松井康子
大宮先生・・・九重京司
「満左喜」の女中・・・富山加津江
蛇の目の娘・・・福原ひとみ
小料理屋のおやじ・・・野田真吉
芸者 菊竜・・・小林加奈枝
「満左喜」の芸者・・・小山明子
音楽
三木稔
主な受賞歴
制作会社/配給元アナトール・ドーマン、若松孝二/東宝東和、ギャガ・コミュニケーションズ

映画『愛のコリーダ』原作紹介

脚本:大島渚

映画『愛のコリーダ』関連作品

映画『愛のコリーダ』の制作にあたりルーツがあります。

もとは、明治~昭和にかけて活動していた永井荷風作の小説・春本『四畳半襖の下張』を神代辰巳監督が 『四畳半襖の裏張り』 (1973)として映画化。

大島監督は『四畳半襖の裏張り』を参考にしたと語っています。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『清作の妻』(1965)

~あらすじ・解説~
吉田絃二郎の小説を映画化したラブロマンス。日露戦争に揺れる日本を舞台に、夫を戦争に行かせないように恐ろしい行動をとった妻の衝撃的な愛を描く。戦争という状況の中で、愛する男のために戦う女の凄まじさと美しさを描き出している。恐ろしくも美しい、恋愛映画の傑作。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督 :増村保造
出演 ‏:若尾文子、 田村高廣、小沢昭一、成田三樹夫、 紺野ユカ

 

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(1986)

~あらすじ~
愛が深いがゆえ、狂気へと落ちて行く女性の姿を鮮烈に描き大ヒットした「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」の完全版。海沿いのバンガローで小説を書きながら塗装業をしている青年ゾーグは、風来坊のセクシーな少女ベティ・ブルーと同棲、激しい肉欲に耽る。金に困り女装して強盗に入ったりも妊娠した彼女のため。やがて、静かな田舎町に越し、知人の手放したピアノ店を営むが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ジャン=ジャック・ベネックス
出演:ベアトリス・ダル、ジャン=ユーグ・アングラード、コンスエロ・デ・ハヴィランド、ジェラール・ダルモン

 

『わたしはロランス』(2012)

~あらすじ~
モントリオール在住の国語教師ロランスは恋人のフレッドに「これまでの自分は偽りだった。女になりたい。」と打ち明ける。
それを聞いたフレッドは、ロランスを厳しく非難するも、彼の最大の理解者であろうと決意する。
あらゆる反対を押し切り、自分たちの迷いさえもふり切って、周囲の偏見や社会の拒否反応の中で、ふたりはお互いにとっての“スペシャル"であり続けることができるのか・・・?
10年にわたる、強く美しく切ない愛を描いたラブ・ストーリー。

出典:Amazon

監督:グザヴィエ・ドラン
出演:メルヴィル・プポー、スザンヌ・クレマン、ナタリー・バイ、モニア・ショクリ、スーザン・アームグレン

 

映画『愛のコリーダ』口コミ(見どころ・感想)

映画『愛のコリーダ』口コミ(見どころ・感想)

主人公を演じた松田瑛子さんのねっとりとした話し方は本当に妖艶で、とても惹かれてしまう演技でした。

~見どころ~
主人公である阿部定とその不倫相手であった吉蔵の異常とも言える執着した愛を映画いた作品です。
実際にあった事件を題材を元にしており、当時かなり有名になりセンセーショナルになった事件だっただけに驚くような内容です。
一番の見どころは全編本当に肉体的接触があったことです。キスはもちろんのこと、ベッドシーンも勿論本物でした。ですので、最初の方のぎこちなさは本当に演技でもなんでもないことが伺えます。
主人公を演じた松田瑛子さんのねっとりとした話し方は本当に妖艶で、とても惹かれてしまう演技でした。
吉蔵についてはすぐに女性に手を出す遊び人として描かれており、実際にいた人物がどうであれ、映画の中の吉蔵は定を愛していたのか、ただ単に遊びだったのか不明ですが本当に最悪な男でした。

そんな男性を演じた藤竜也さんの色気が強く、そこが見ていて良かった部分でした。是非映画をご覧になって堪能して頂きたい部分です。

~感想~
実際に起きた事件、そして昭和初期という時代背景がまた良い映画でした。

着物の柄であったり、女性たちの話し方であったり、色々な物が叙情的で美しいです。
日本ではあまりにも先駆け過ぎて、結構な部分をカットせざるを得なかったのが勿体ないと感じました。

確かに全編に渡り男女のベッドシーンが大半をしめているので、なかなか保守的な日本人には向かないのかな、と感じる映画でした。先進的過ぎたのだろうな、とも感じます。

ただ定の言葉一つ一つを丁寧に演じた松田瑛子さんの演技がかなり良く、美しすぎました。現在は詳細を掴めていないのが勿体ない女優さんだな、とも感じました。

藤竜也さんもフラフラした男性像がかなり上手く、イライラさせてくれる演技が良かったです。

映画『愛のコリーダ』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.286.63.53.55
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年7月28日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『愛のコリーダ』動画が見れるサイトは?

 

\大島渚監督が究極の愛とエロスを描いたドラマ。
映画『愛のコリーダ』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事