スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

POINT:
・映画公開後、日本では社交ダンスが見直され新たなブームが起こり、風営法でのダンス規制の見直しのきっかけとなった。
・本作品は、日本アカデミー賞最優秀作品賞、キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・ワンなど多数輝いた。
・2004年にはリチャード・ギア主演によるリメイク版『Shall We Dance?』が公開された。

映画『 Shall We ダンス?』

~あらすじ~

もう一度、人生に恋してみよう。

真面目でごく普通のサラリーマン杉山正平は、ある晩、ダンス教室の窓べに、ものうげにたたずむ美しい女性を通勤電車から見た。
家庭にも会社にも何の不満もなかったが、どこか空しさを感じていた彼が、数日後、ためらいながらもダンス教室の扉を開くと、そこには「社交ダンス」の摩訶不思議な世界が広がっていた…。

観客動員200万人、その年の映画賞を総ナメにし、超一流のエンタテインメントとして邦画界を席捲したハートフルコメディの傑作。

出典:Amazon

映画『 Shall We ダンス?』予告動画

『Shall we ダンス?』予告編| Shall we Dance? - Trailer HD

 

 

\『 Shall We ダンス?』<Amazon>
30日間無料で楽しむ!/

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

30日間無料!学生限定プランを試してみる

映画『 Shall We ダンス?』配信状況

映画『 Shall We ダンス?』配信状況

以下の動画配信サービスで『 Shall We ダンス?』が見ることができます。

・Amazonプライムビデオ
・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

・TSUTAYA DISCASは宅配レンタルが可能です。「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

・TSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPはこちら
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×1,990円/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年9月12日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

\『 Shall We ダンス?』<Amazon>
30日間無料で楽しむ!/

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

30日間無料!学生限定プランを試してみる

 

映画『 Shall We ダンス?』監督・キャスト、原作紹介

映画『 Shall We ダンス?』基本情報

本作(タイトル)Shall We ダンス?
公開年1996年
上映時間/再生時間2時間16分
監督周防 正行
キャスト杉山正平(役所広司)  岸川舞(草刈民代)

青木富夫(竹中直人)高橋豊子(渡辺えり子)  三輪徹(柄本明)  服部藤吉(徳井優)田中正浩(田口浩正)  田村たま子(草村礼子)  杉山昌子(原日出子) 杉山千景(仲村綾乃)  杉浦:フロアーマネージャー(大杉漣)木本弘雅(本木雅弘)  歌姫ナツコ(清水美沙:清水美砂)

音楽/主題歌大貫妙子 「Shall We ダンス?」
主な受賞歴日本アカデミー賞最優秀作品賞、キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・ワン ほか
制作会社/配給元東宝

映画『 Shall We ダンス?』原作紹介

脚本 :周防正行
Shall weダンス? (幻冬舎文庫) の文庫があり、こちらは周防監督自身による書き下ろし長編小説。
人によって好みが違うみたいですが、映画とは違う小説版だけの”ほろ苦い恋の結末”が透逸なんだそうです。

映画『 Shall We ダンス?』関連作品

『Shall We Dance?』(2004)


こちらは日本のものをリメイクした『 Shall We ダンス?』
欧米文化にアレンジされています。

名優リチャードギアの普通のサラリーマン役だなんて!?レアすぎる。
ハリウッド映画、やっぱり格好いいですよ!彼。

 

『シコふんじゃった。』(1992)

 


監督・脚本は周防正行。主演は本木雅弘。映画公開後には小説版が執筆されました。
こちらも第16回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました。

『シコふんじゃった。』はその名の通り、相撲が舞台設定になっています。

 

私は高校では演劇部で青春を過ごしました。

高校でも、大学時代でもよいのだけど、熱中できるものを見つけられたらそれは最高の青春だと思います。

その青春時代の輝きが詰まっていて、自分の過ぎ去ったあの時代を感傷的に思い出すことができますし、これから青春時代を迎える子どもたちを応援してあげたくなりますからね!

 

映画『 Shall We ダンス?』口コミ(見どころ・感想)

映画『 Shall We ダンス?』口コミ(見どころ・感想)

人間は、こんなにも変われるものなのか

~見どころ~
ある会社の課長が、いつも乗ってる電車から見えるダンス教室の窓から見える綺麗な女性に見とれていて、社交ダンスをやろうか迷ってるうちに、なんとなく入ってしまい、社交ダンスを始めてしまいます。
最初は「あの綺麗な女性と踊れたらいいな」と思っていたのが、いつの間にか社交ダンスが好きになり、生活も充実していくのです。
社交ダンスを始める前と始めてからとでは、すごく表情から行動、仕草まで違ってくるのがすごくわかり、人間は、こんなにも変われるものなのかと思うほど変わっていくところが、見どころです。
ほんとに別人になったかのように生き生きとしていて、すごいと思いました。

また、ダンス教室で出会った仲間達の1人が言うセリフも、私にはずっしりと重く響き、この映画を見た時は、その気持ちわかると思いました。

人に対して何気ない一言を言っただけかもしれませんが、言われた人はキズつきます。

このシーンではそんな一言を簡単に言わないで欲しいと思う気持ちになるので、楽しんでやってる仲間を大事にしてほしいと思いました。

全体を通して笑えるところが多いですので、楽しみのある人生は最高!と思えまいました。

 

~感想~
最初見たときは、その頃は洋画ばかり見てたので、「どうなんだろう?」と思いながら見始めました。

面白くて途中からは引き込まれてました。

こんなにも人って変われて、楽しみがあると生き生きするものなんだという事と、社交ダンスあるあるなのかもしれませんが、変に姿勢が良くなったり、歩き方も独特で見ていて面白いです。
また、個性豊かな人達が出ていて、輪をかけて面白くなってると思いました。主人公の人が真面目な人なだけに、余計面白さが増してます。

そして、教えてくれてる先生のひとりがいい人で、温かさも感じられます。

 

奥さんは、旦那さんを疑ってしまうのがちょっと残念でしたが、探偵の人もいい人で、いい人ばかりしかいないんじゃないかと思うほどでした。

人生の中で楽しみは必要だなとすごく思える映画でした。

社交ダンスというと・・・

~見どころ~
社交ダンスというと、どうしても「女性に触りたいスケベおやじ」のイメージが多少なりとも付きまとってきます。本作品の描写の中でも、そのような描写があり、たしかにスケベおやじみたいな扱われ方をします。
しかし、主人公の上達や社交ダンスに対する気持ちが固まっていくに従い、ちゃんと社交ダンスをする紳士として、歓迎され、そして素敵になっていく姿がとても魅力的です。
西洋人が社会のステータスとして踊るように、日本人もまた自らの人生を輝かせる過程は必見です。

今ではCMで暑苦しいキャラクターのイメージがついてしまった役所広司さんですが、この作品をみたらきっとイメージが変わると思います。

社交ダンスに興味がない人も偏見がある人も是非とも見てみてください。

 

~感想~
私自身もこの映画をみるまでは社交ダンスに対するイメージがあまりなく、スケベおやじとまではいきませんが、「どんな人が始めるのかな」くらいには思っていました。

ただ、この映画の中で社交ダンスがこんなにも素敵なものとは思いませんでした。

それとやっぱり中年のおじさんがしっかり踊りきるところが魅力的です。
途中、役所広司さんが奥さんに教えながら踊るところは素敵ですね。

日本人夫婦にはなかなかない交流であるからこそ、あのシーンは際立って「素敵!」となります。

この映画をきっかけに、個人的にも社交ダンスの世界に興味をもち、大学の講義として半年間踊ることにも関わりました。
また、ハリウッド版のほうも再現性が高くて、とても素敵な映画でした。

今でもたま子先生のようになる、というのは人生の目標のひとつです。

~見どころ~
こちらの作品の見どころ、それは役所広司演じる主人公・正平の心境の変化と、それに伴い軽やかになっていく彼のダンスステップです。
最初はためらいがちでぎこちなかった彼のステップも、練習の末に駆け抜けるような軽快なものへと変わっていくのですが、それと同時に仕事や私生活でもどことなく晴れ晴れとして、活力あふれる表情になっていきます。
また、個性的ながらもそれぞれ事情を抱えるダンス教室の面々と、正平と彼らとの間に絆が芽生えていく過程も見どころです。
正平と一緒に、観客の我々も自然と彼らに感情移入していくので、後半では彼らのダンスを手に汗握りしめて魅入ってしまいます!
特に渡辺えり子さん演じる豊子とのやり取りは、思わずクスリときてしまいます。中でも無言のシーンこそその面白さが秘められています。
正平と豊子二人の表情と、何とも言えない間が面白いんですよね。
笑いもありつつ、味気ない生活を送るサラリーマンの人には言えない非日常を綴った素晴らしい作品です。

是非ともあらゆる方に観ていただきたいですね!

 

~感想~
私が初めて映画館で観たアニメ以外の作品です。

日本映画独特のしっとりとした日常の描写…
それと打って変わって、ダンスをしている場面の華やかさのギャップときたら!
もしもっと幼い時に観ていたら、私は社交ダンスを習わせろと親に向かって駄々をこねていたかもしれません。

今でも常々ダンスを習いたいと思っていますし、テーマソングを聞くたびに心が弾み、あの華やかなダンスの情景が目にも鮮やかに浮かんできます。それほどこの作品が私に与えた影響は大きいものでした。

それに何といっても、草村礼子さん演じるたま子先生がとっても素敵でした!
上品で優しく朗らかで、話している人の心を温かくしてくれるような…
見た当時は小学生でしたが、私も歳を取ったらあんな風な素敵な女性になりたい!と子どもながらに思ったのをよく覚えています。
今でもたま子先生のようになる、というのは人生の目標のひとつです。

映画『 Shall We ダンス?』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.087.63.64.03
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年9月12日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『 Shall We ダンス?』動画が見れるサイトは?

 

\『 Shall We ダンス?』<Amazon>
30日間無料で楽しむ!/

 

Amazonプライム・ビデオ無料体験に申し込む

30日間無料!学生限定プランを試してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事