この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

POINT:
・『駅馬車』(1939)は、アーネスト・ヘイコックスの短編小説「駅馬車」を脚色した、ジョン・フォード監督の西部劇映画。『駅馬車』という邦題を考えたのは、のちに映画解説者となった・淀川長治だった。
・主演のジョン・ウェインは長く不評の時代が続いたが、『駅馬車』の出演により、ジョン・フォード監督作品の看板俳優となった。
・『駅馬車』の見どころは、駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様やアパッチ襲撃と決闘の場面。
・『駅馬車』は、1995年にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。
・関連作:『赤い河』(1948) 『幌馬車』(1950) 『リオ・ブラボー』(1959) 『ハタリ!』(1962)

映画『駅馬車』

~解説・あらすじ~
1880年代の西部を舞台に、様々な人物模様を乗せたまま、アリゾナからニューメキシコへと疾走する一台の駅馬車を描いたジョン・フォードの痛快西部劇。医者、商売女、酒商人、銀行頭取、大佐夫人、賭博師、保安官、御者、それにお尋ね者のリンゴオ・キッドを加えた8人の道行きを、短い場面やセンテンスに凝縮させた脚本の巧みさ。そして、クライマックス、ダイナミックかつスピーディに展開されるアパッチの襲撃シーンの凄さを語るのに、今さら付け加えるべき言葉はない、全映画史に燦然と輝く娯楽映画の金字塔である。どこを切り取っても名場面、それがその証明だ。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『駅馬車』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『駅馬車』予告動画

映画 『駅馬車(Stagecoach)』 予告編 Trailer 1939年

映画『駅馬車』配信状況

映画『駅馬車』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『駅馬車』が見ることができます。

・Amazonプライム
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『駅馬車』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、見放題です。

 

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年2月26日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『駅馬車』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『駅馬車』監督・キャスト、原作紹介

映画『駅馬車』基本情報

 

本作(タイトル) 駅馬車/Stagecoach
公開年 1939年
上映時間/再生時間 1時間39分
監督 ジョン・フォード
キャスト リンゴー・キッド・・・ジョン・ウェイン
娼婦ダラス・・・クレア・トレヴァー
御者バック・・・アンディ・デヴァイン
賭博師ハットフィールド・・・ジョン・キャラダイン
酔いどれ医者ブーン・・・トーマス・ミッチェル
カーリー・ウィルコックス保安官・・・ジョージ・バンクロフト
サミュエル・ピーコック・・・ドナルド・ミーク
エルスワース・ヘンリー・ゲートウッド・・・バートン・チャーチル
ブランチャード中尉・・・ティム・ホルト
ルーク・プランマー・・・トム・タイラー
キャバレー客引き・・・ヤキマ・カナット
音楽/主題歌
リチャード・ヘイグマン、レオ・シューケン
主題歌:『駅馬車』
主な受賞歴 ・第12回アカデミー賞(1940年)助演男優賞/作曲賞(歌曲・編曲賞)
制作会社/配給元 ジョン・フォード/ ユナイテッド・アーチスツ

映画『駅馬車』原作紹介

脚本:ダドリー・ニコルズ、ベン・ヘクト

映画『駅馬車』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『赤い河』(1948)

~あらすじ~
南北戦争の10年前。テキサスに大農場を作ろうとしていた開拓者のダンソンは、レッド・リバーに向かう途中で出会った少年を養子にする。南北戦争後、ダンソンは広大な土地と膨大な家畜を所有するまでになっていたが、南部には牛を売買する市場がなかった。ダンソンは戦争から戻って今は成人している息子に、北部や東部の市場へ1万頭の牛を移動させるという大胆な計画を告げる。牧童たちが集められ、ミズーリへ向かうキャトル・トレイル(牛の長距離輸送)が始まるが、牛の暴走や仲間割れなどのいざこざの末、遂にはダンソンと息子が対決する事態になる。

出典:Amazon

監督:ハワード・ホークス
出演:ジョン・ウェイン、モンゴメリー・クリフト、ウォルター・ブレナン、コリーン・グレイ、ジョーン・ドルー

 

『幌馬車』(1950)

~あらすじ~
1871年、モルモン教徒を乗せた幌馬車隊は更なる新しい土地を求めてユタ州とアリゾナ州の堺あたりにあるサン・フワンという場所を目指して進んでいた。西へ西へと続く石ころだらけの道をひたすら進み続けた。時にはそびえ立つロッキー山脈を超え、時には広大な河を渡ったりもした。幌馬車隊の一行は大自然の脅威にも屈せず進行していた。道中、幌馬車隊はお腹を空かせた見世物師の一団に遭遇し、彼等と行動を共にするようになる。ある日、幌馬車隊はインディアンのナバホ族と出会い、交流を深めている時、強盗団に遭遇する。強盗団は食べ物を要求し、されにインディアンの娘に手を出したのである。これを見たモルモン教徒は強盗団に戦いを挑んだ…。新天地を求めて旅する幌馬車隊の行き着く先は…。

出典:Amazon

監督:ジョン・フォード
出演:ベン・ジョンソン、ジョーン・ドルー、ハリー・ケリー・Jr、ウォード・ボンド、アラン・モーブレイ、ジェームズ・アーネス、ジム・ソープ、ジェーン・ダーウェル、フランシス・フォード、ハンク・ウォーデン

 

『リオ・ブラボー』(1959)

~あらすじ~
保安官チャンスは、メキシコ国境近くの町リオ・ブラボーでならず者ジョーを殺人現行犯で逮捕する。しかし、ジョーの兄でこの町を牛耳るネイザンが弟の釈放を要求して町を封鎖、金で雇ったガンマンたちを町に送り込んでくる。住民は怯えて誰もチャンスの味方につこうとはしない。彼の味方は片足の不自由な老人スタンピーとアル中の保安官助手デュード、そして町を通りがかった早射ちの若者コロラドだけだ。彼らはガンマンとしての意地を賭けて果敢に立ち向かう。どこまでも痛快な西部劇の大傑作。

出典:Amazon

監督:ハワード・ホークス
出演:ジョン・ウェイン、ディーン・マーチン、リッキー・ネルソン

 

『ハタリ!』(1962)

~あらすじ~
猛獣の生け捕りを取材するため、女性カメラマン、セラフィナがアフリカにやってきた。案内をするのは、野獣ファームを営むアメリカ人ショーン。彼は人との付き合いに疲れ、アフリカの大自然に生きがいを見いだしている男だった。しかしセラフィナと接するうち、ショーンの心に、忘れかけていた人を愛する気持ちが宿っていくのだった……。西部劇のダイナミズムをアフリカのサバンナに展開させた痛快娯楽巨編。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ハワード・ホークス
出演:ジョン・ウェイン、エルザ・マルティネリ、ハーディ・クリューガー、レッド・バトンズ

映画『駅馬車』口コミ(見どころ・感想)

映画『駅馬車』口コミ(見どころ・感想)

駅馬車で乗り合わせた人間同士が、密な時間をすごす内に・・・。

~見どころ~
1939年にアメリカで製作されたジョン・フォード監督が采配をふるった西部劇映画です。ジョン・フォード監督が采配をふるい、名優ジョン・ウエインが主役をつとめています。アリゾナ州からニューメキシコ州まで向かう駅馬車に乗り合わせた人間たちのヒューマンドラマですが、アパッチ族に襲撃される戦闘シーンもあるのです。

ジョン・ウエインが演じたのは脱獄囚の、リンゴ・キッドで駅馬車に乗っている人たちとは訳ありな知り合い同士です。

ジョージ・バンクロフトが演じる保安官カーリーもその一人で、ローズバーグ到着後にキッドにみせる気づかいと友情は見せ場の一つです。

他にも騎兵隊大尉に会いにきた貴婦人が、産気づき出産をしたりと99分という長い上映時間が短く感じてしまいます。

~感想~
駅馬車で乗り合わせた人間同士が、密な時間をすごす内にそれぞれに親密になっていく様子がドラマ性が高くて見応えがあります。

特に父と兄弟を殺された復讐を果たそうとしているキッドの行動を、悩みながらも支援する保安官カーリーの優しさにはホロリとくるものがあるのです。

またキッドが町から追放された娼婦のダラスに、惚れたあげくプロポーズするシーンも胸があつくなります。

貴婦人の護衛として雇われた賭博師が、妊婦に優しく気を使う様子や乗客を守ってアパッチ族の流れ弾にあたって死んでしまった時には、涙を我慢できないです。

見事に家族の復讐を果たしたキッドは、逃げることもできたのに保安官カーリーとの約束を守り戻ってきます。

最後の最後で医師のブーンと保安官カーリーによる粋なはからいには嬉しくなってしまいます。

映画『駅馬車』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.47 7.9 3.9 3.0
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年2月26日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『駅馬車』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『駅馬車』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事