この記事を読むのに必要な時間は約 16 分です。

POINT:
・『錨を上げて』(1945)は、水兵の恋物語を描いたミュージカル映画。出演しているジーン・ケリー、フランク・シナトラが演じる音楽や歌手志望のヒロインを巡る二人の恋のドタバタ劇。タイトルは軍歌、行進曲の『錨を上げて』から。
・「トムとジェリー」のネズミキャラクター「ジェリー」とジーン・ケリーによる実写とアニメの融合した場面も見どころのひとつ!
・『錨を上げて』第18回アカデミー賞(1946年)作曲賞(歌曲・編曲賞)を受賞した。
・関連作: 『イースター・パレード』(1948) 『巴里のアメリカ人』(1951) 『ザッツ・エンタテインメント』(1974)

映画『錨を上げて』

~あらすじ・解説~
二人の水平クラレンスとジョゼフは、四日間の特別休暇を有意義に過ごそうとハリウッドへ向かった。
着いた早々二人は恋に落ちてしまった…なんと同じ相手に。
四日間という限られた時間で、なんとか歌手を目指すスーザンの心を掴もうと、二人はあの手この手を繰り出して、
恋の大騒動を引き起こすのだった。「トムとジェリー」のジェリーのタップダンスや20台のピアノによる大演奏など
全編に盛り込まれたミュージカルシーンには、色褪せない感動が吹き込まれている。
「雨に唄えば」でミュージカル革命を起こしたジーン・ケリー、エンターティメントの帝王フランク・シナトラが、
唄い踊るミュージカル超大作。

出典:Amazon

 

\映画『錨を上げて』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『錨を上げて』予告動画

Anchors Aweigh Official Trailer 1 - Frank Sinatra, Gene Kelly Movie (1945) HD

映画『錨を上げて』配信状況

映画『錨を上げて』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『錨を上げて』が見ることができます。

・Amazonプライム
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『錨を上げて』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、作品の確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
× 1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × 1,017円/14日間 Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年3月2日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『錨を上げて』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『錨を上げて』監督・キャスト、原作紹介

映画『錨を上げて』基本情報

 

本作(タイトル) 錨を上げて/Anchors Aweigh
公開年 1945年
上映時間/再生時間 時間分
監督 ジョージ・シドニー
キャスト ジョゼフ・ブラディ・・・ジーン・ケリー
クラレンス・ドゥーリッツル・・・フランク・シナトラ
スーザン・アボット・・・キャスリン・グレイソン
ホセ・イトゥルビ・・・ホセ・イトゥルビ
ドナルド・マーティン・・・ディーン・ストックウェル
ブルックリン・・・パメラ・ブリットン
巡査部長・・・ラグ・ラグランド
カフェの店長・・・ビリー・ギルバート
艦長・・・ヘンリー・オニール
カルロス・ラミレス・・・カルロス・ラミレス
ラジオ警官・・・ジェームズ・フレイヴィン
警部・・・エドガー・ケネディ
音楽
ジョージ・ストール、ジュール・スタイン 、サミー・カーン
主な受賞歴 ・第18回アカデミー賞(1946年)作曲賞(歌曲・編曲賞)
制作会社/配給元 ジョー・パスターナク/MGM

映画『錨を上げて』原作紹介

原作:ナタリー・マーシン
脚本:イソベル・レナート

映画『錨を上げて』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『イースター・パレード』(1948)

~あらすじ~
フレッド・アステア&ジュディ・ガーランド主演、楽しさあふれる伝説のミュージカル!

イースターを前にダンサーのドンは、パートナーのヘイルをショーに引き抜かれてくさっていた。
やけになった彼は踊りの基本も知らないハナーを誘い、チームを組みなおす。
2人は大成功をおさめるが、ハナーはドンがヘイルを今でも愛しているのではないかと胸を痛めていた・・・・・。

出典:Amazon

監督:チャールズ・ウォルターズ
出演:フレッド・アステア、ジュディ・ガーランド、アン・ミラー

『巴里のアメリカ人』(1951)

~あらすじ~
ジーン・ケリーがパリを舞台に華麗に舞う、ロマンティック・ミュージカル。

一人前の絵描きになることを夢見てジェリーはアメリカからパリへやってきた。
個展でアメリカ人の富豪ミロに認められるが、それは公私にわたるパトロンとしてのお誘いでもあった。
ジェリーはミロと一緒に行ったキャバレーで、偶然見かけた清楚なパリ娘リズに一目惚れしてしまう。
お互いに愛し合う仲になったが、ジェリーはある日、リズに婚約者がいることを告げられる。
悲恋は果たしてこのまま終わってしまうのだろうか! ?

出典:Amazon

監督:ヴィンセント・ミネリ
出演:ジーン・ケリー、レスリー・キャスロン、オスカー・レヴァント

 

『ザッツ・エンタテインメント』(1974)

~解説~
MGMミュージカルの変遷を、各作品のハイライト・シーンを並べて見せたミュージカル・アンソロジー。

出典:Yahoo!映画

監督:ジャック・ヘイリー・Jr
出演:フレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー

映画『錨を上げて』口コミ(見どころ・感想)

映画『錨を上げて』口コミ(見どころ・感想)

ジーン・ケリーのダンスやシナトラの歌が全体を通してたくさん登場し、ミュージカルとしては非常に完成度の高い、見応えのある作品だと思います。

~見どころ~
ジーン・ケリーとフランク・シナトラという二大俳優が共演したミュージカル映画です。二人の個性が存分に発揮されており、この二人のどちらか、または両方のファンであるという方にはぜひおすすめします。

ストーリーの方はあまり重視されていないため、どちらかというとミュージカルがメインになっていますが、ジーン・ケリーのダンスやシナトラの歌が全体を通してたくさん登場し、ミュージカルとしては非常に完成度の高い、見応えのある作品だと思います。

また、題名からも推測できるように主人公たちは水兵であり、その自由ですばらしい仕事に誇りを持っています。

彼らの陽気な性格や、舞台となっているハリウッドの華やかさなども見どころの一つだと思います。

~感想~
ミュージカル映画なのでストーリーは非常に単純で、あまり現実的とは言えない作りとなっています。

男の人数に対し、最終的に同じ人数の女が集まり、それぞれが上手い具合にくっついたところで物語は終わりますが、あまりにもご都合主義といいますか、物語の工夫が乏しく、少し期待外れな部分もありました。

しかし、ミュージカルとしての出来は良く、そこまで深いストーリー性を求めてはいけないという気もいたします。

もっと味わい深い映画が観たいといった方には、この映画では満足していただけないかと思います。

ただ、ミュージカル作品にはストーリーまで良くできたものもあるので、この作品に関しては本当に、単純に歌や踊りを楽しみたい方向けだと思います。

ことが残念ですが、仕方のないようにもみえました。

この映画の中にはセリフに哲学的な言葉がたくさん出てきます。

特にラスト近くに出てきたおじいさんの話す言葉には、人生の深みを感じさせる説得力のあるものがありました。

ナナはもう一度、自分の大切だった芸術や美や愛を取り戻そうとしかすかに光がみえてきたように思えました。

そんな矢先のまさかの展開に衝撃を受けてしばらく固まってしまいました。

映画『錨を上げて』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 7.0 7.1 3.8 3.6
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年3月2日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『錨を上げて』動画が見れるサイトは?

 

 

\映画『錨を上げて』を<U-NEXT>で見てみる!/

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事