スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

POINT:
・映画『エデンの東』でキャル・トラスク役として映画初出演したジェームズ・ディーン。この作品で、名実ともにスターの地位を不動のものとした。
・若くして亡くなったジェームズ・ディーンのクレジット作品は、3作品しかない。
⇒『エデンの東』 East of Eden (1955)、『理由なき反抗』 Rebel Without a Cause (1955)、『ジャイアンツ』 Giant (1956)である。
・『エデンの東』に影響を受けた日本作品がある。
⇒小津安二郎監督の『東京暮色』(1957)、田坂具隆監督・ 脚本で、石原裕次郎、北原三枝が出演した『陽のあたる坂道』(1958)である。

『エデンの東』

~あらすじ~
1917年、カリフォルニア州の小都市サリナス。ここで農場を営むアダムには2人の息子がいた。兄アーロンが真面目で心優しい性格から父に可愛がられる一方、気むずかしく反抗的な弟キャルは父に疎まれていた。アーロンの美しい婚約者エイブラはそんなキャルが気がかりだった。

ある日、キャルは父から死んだと聞かされていた母がまだ生きていることを知る。そしてそれが、どうやら近くで酒場を経営するケートらしいと知り、ふしだらな母の血を自分だけが引き継いだのだと一人悩むのだった…。

出典:Yahoo!映画

 

 

\ジェームズ・ディーンの映画
『エデンの東』を<U-NEXT>で見る!/

『エデンの東』予告動画

East of Eden  エデンの東

『エデンの東』配信状況

『エデンの東』配信状況

 

以下の動画配信サービスで『エデンの東』が見ることができます。

・U-NEXT

では、見放題です。

 

・Amazonプライム

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

宅配レンタルで『エデンの東』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

また、動画配信サービスのTSUTAYA TVでは、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金/初回・無料期間【公式】HPへ無料登録する
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
1,865円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV933円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV×500円/31日間dTV
terasaTERASA×562円/30日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×800円~/無しNetflix
paraviParavi×925円/14日間Paravi
huluHulu×933円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×888円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT1,990円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×790円~/31日間WATCHA
daznDAZN×1,750円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×400円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×700円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2020年10月31日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税抜(Amazonプライムは税込)です。

 

 

\ジェームズ・ディーンの映画
『エデンの東』を<U-NEXT>で見る!/

『エデンの東』監督・キャスト、原作紹介

『エデンの東』基本情報

本作(タイトル)エデンの東
公開年1955年
上映時間/再生時間1時間55分
監督エリア・カザン
キャストキャル・トラスク・・・ジェームズ・ディーン
アブラ・・・ジュリー・ハリス
アダム・トラスク・・・レイモンド・マッセイケート・・・ジョー・ヴァン・フリート
アン・・・ロイス・スミス
ウィル・ハミルトン・・・アルバート・デッカー
保安官 サム・・・バール・アイヴス
ランターニ・・・ニック・デニス
ケートの用心棒 ジョー・・・ティモシー・ケリー
音楽
レナード・ローゼンマン
主な受賞歴第13回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)、第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞を受賞
制作会社/配給元ワーナー・ブラザース/日本ヘラルド

『エデンの東』原作紹介

ジョン・スタインベックの小説 『エデンの東』から。脚本は、ポール・オズボーン。

 

『エデンの東』関連作品

ジェームズ・ディーンのクレジット作品は3作品しかありません。

今回紹介している『エデンの東』 East of Eden (1955)、『理由なき反抗』 Rebel Without a Cause (1955)、『ジャイアンツ』 Giant (1956)です。

 

『理由なき反抗』(1955)

当時の若者達の間で流行ったのが、チキンゲーム。
ルーツはここからです。「逃げるとチキンだ!?」

キーワードは『少年たちの暴走』『恋愛』『死』。

『ジャイアンツ』(1956)

3時間という長い作品ですが、じっくりと家族とその周りの人々の人生の様子を描いており、まるで朝ドラ、大河ドラマを観ているようです。

『ジャイアンツ』の撮影終了1週間後に、不慮の事故で亡くなってしまいます。
ジェームズ・ディーンの遺作となってしまいました。

 

『エデンの東』口コミ(見どころ・感想)

『エデンの東』口コミ(見どころ・感想)

この作品は、作家のスタインベックの中にもあった、聖書に対する考え方がとても重要なポイント!

~見どころ~
若くして亡くなったジェームズ・デーンが主演の映画です。
この作品の見どころと言えば、兄弟の葛藤、そして父親との葛藤と和解などがあげられます。さらには、出て行った母親の顛末などが重要な見どころです。
そしてもう一つ、兄の婚約者アブラとの心優しい心の交流がとても心に残っています。青春時代にアブラとキスをするシーンは、とてもドキドキしたのを覚えています。
この作品は、作家のスタインベックの中にもあった、聖書に対する考え方がとても重要なポイントになります。
ラストは物凄く深く感動します。涙が滝のように流れたのを覚えていますが、この時の経験が私の映画好きの淵源です。
映画は、人生に対する視野や考え方を物凄く広げてくれます。小説もそうですが、映画の持つ魅力も素晴らしいと思った作品です。
~感想~
父親と兄は聖書の中にあるように、道徳的で人道的な面を持っていますが、それを周囲に押し付ける時、争いや混乱が起きます。その矛先がジェームズ・デーンや兄の婚約者であるアブラに向けられます。
私は、型にはまった理想を追いかける父や兄に対しては、なじめませんでしたが、ジェームズ・デーンの生き方には共鳴しました。
アプラも大好きです。アブラはジェームズ・デーンの生き方を理解し、諭してくれる天使のような人でした。
母の生き方も、ある意味聖書の世界の生き方を否定し、自由を求めていました。決して悪い事ではありません。
それでも、この対立するような二つの生き方が、どこかで一致点を見つけます。まさに、ラストは映画の歴史にも残る名場面です。
私にとって、人生で一番の映画です。

『エデンの東』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.277.93.73.91
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2020年10月31日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

 

・サントラはこちら

 

・セルDVD/ブルーレイはこちら

 

『エデンの東』動画が見れるサイトは?

 

 

\ジェームズ・ディーンの映画
『エデンの東』を<U-NEXT>で見る!/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事