この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

POINT:
・『太陽がいっぱい』は、パトリシア・ハイスミスの小説『The Talented Mr. Ripley(才人リプリー君)』を、ルネ・クレマン監督が映画化した。出演はアラン・ドロン、モーリス・ロネ、マリー・ラフォレ。
・原題:Plein Soleilの意味は、「太陽(お天道様とか神様)は全部見てるよ!(悪事なんか隠すなんてできない!)」という意味。なので、『太陽がいっぱい』という邦題は誤訳!?とも言われている。
・『太陽がいっぱい』の再映画化で、マット・デイモン主演の『リプリー』(1999)が公開された。
2019年の第72回カンヌ国際映画祭でアラン・ドロンに、「名誉パルムドール」が贈られた。
アラン・ドロン関連作:『レッド・サン 』(1971) 『暗黒街のふたり』 (1973) 『アラン・ドロンのゾロ』 (1974) 『フリック・ストーリー 』(1975) 『ハーフ・ア・チャンス』(1998)

 

 

映画『太陽がいっぱい』

~あらすじ~
アメリカ人青年トム・リプリー(アラン・ドロン)は、イタリアに滞在中の裕福な友人フィリップ・グリンリーフ(モーリス・ロネ)のもとを訪れていた。フィリップの父親の依頼で、合衆国に戻るようフィリップを説得するのが目的である。だがフィリップはトムの説得に応じる気はなく、元来貧乏なトムの方もフィリップとの贅沢なイタリア生活を楽しんでいた。トムはフィリップとその恋人マルジュ(マリー・ラフォレ)の関係を羨み、自らの貧困生活を捨てて富裕な人生を歩むことを切望している。一方、甘やかされて育ち、傲慢なフィリップは、トムの卑屈さに次第にうんざりし始め、彼を邪険に扱ったり罵倒したりするようになる。やがてトムの心に、フィリップに対する殺意が芽生え始める……。

出典:Amazon

\映画『太陽がいっぱい』宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『太陽がいっぱい』予告動画

『太陽がいっぱい』予告編

映画『太陽がいっぱい』配信状況

映画『太陽がいっぱい』配信状況

動画配信サービスでは映画『太陽がいっぱい』は配信されていません。

 

映画『太陽がいっぱい』が見ることができるのは、宅配レンタルのTSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

なお、動画配信サービスのTSUTAYA TVでは作品の確認ができませんでした。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
ネットでDVDレンタル!【TSUTAYA DISCAS】
tsutayatvTSUTAYA TV×―/― ネットでDVDレンタル!【TSUTAYA DISCAS】
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年6月27日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\映画『太陽がいっぱい』宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

映画『太陽がいっぱい』監督・キャスト、原作紹介

映画『太陽がいっぱい』基本情報

 

本作(タイトル)太陽がいっぱい/Full Sun/Plein Soleil
公開年1960年
上映時間/再生時間1時間57分
監督ルネ・クレマン
キャストトム・リプレイ・・・アラン・ドロン
マルジュ・・・マリー・ラフォレ
フィリップ・グリーンリーフ・・・モーリス・ロネ
(ノンクレジット)・・・ロミー・シュナイダー
(ノンクレジット)・・・ポール・ミュラー
音楽
ニーノ・ロータ
主な受賞歴
制作会社/配給元ロベール・アキム、レイモン・アキム/ティタヌス、 新外映配給

映画『太陽がいっぱい』原作紹介

原作:「才人Mr.リプレイ」 パトリシア・ハイスミス

映画『太陽がいっぱい』関連作品

アラン・ドロン主な出演作品を紹介します。

2017年5月9日。アラン・ドロンは今後出演する1本ずつの映画と舞台を最後に「引退する」との意向を示しました。その後、新作映画のプロジェクトが行われる予定でしたが、中止となってしまいました。その経緯、理由は定かでではありません。

そして、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で、映画界への長年の功績をたたえて「名誉パルムドール」がアラン・ドロンに贈られました。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『レッド・サン 』(1971)

~あらすじ~
日米修好のために日本から合衆国大統領へ贈られた宝剣が、列車強盗団によって奪われた。生き残った護衛の武士は腹を切り、強盗団の追跡を部下に命ずる……。A・ドロン、C・ブロンソン、三船敏郎という三大スターが、日本刀をめぐって相争う奇想天外な娯楽西部劇。

出典:Yahoo!映画

監督 ‏ : ‎ テレンス・ヤング
出演 ‏ : ‎ アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、三船敏郎

『暗黒街のふたり』 (1973)

~あらすじ~
服役して10年、ジーノ(アラン・ドロン)は30歳になった。銀行強盗の首領として逮捕され、12年の
刑を受けていた。保護司のジェルマン(ジャン・ギャバン)はジーノの仮釈放を申請した。
かつて、刑事だった彼には確信があった。この男はきっとやり直せると。一度罪を犯した者、特に銀行
強盗を犯した者などは社会復帰できるわけがないと思っている刑務所長たちは、初めあきれ顔であった。
再び犯罪を起こさせてはならないというジェルマンの信念が勝ち、ジーノは釈放された。
涙がにじみ、10年ぶりに見る外の景色がぼやけた。愛しい妻が待っている。人生をやり直すんだ・・・。
ジーノの新しい生活が始まった。妻は花屋を営んで生活を支えてくれていた。質素だが、明るい、楽しい
毎日であった。ある日、ジーノの出所を知った、昔の仲間たちがやってきた。銀行を襲った時の仲間たち
である。再び手を組もうという彼らの誘いをきっぱりと断るジーノ。彼はやっとつかんだ幸せを大事にし
たかった・・・。

出典:Amazon

監督 ‏ : ‎ ジョゼ・ジョヴァンニ
出演 ‏ : ‎ アラン・ドロン、 ジャン・ギャバン

『アラン・ドロンのゾロ』 (1974)

~あらすじ~
剣の達人ドン・ディエゴ(A・ドロン)は故郷スペインに帰る途中、偶然旧友のミゲルに会った。
ミゲルは、ニュー・アラゴンの新総督に任じられ、妻子を伴って任地に赴く途中だった。
再会を喜び、祝杯を交わした夜、ミゲルは何者かに暗殺されてしまう。ディエゴは親友ミゲルの
死を悼み、復讐を誓ってニュー・アラゴンへ行く決心をした。
メキシコ領ニュー・アラゴンは、前総督亡きあと、護衛兵隊長ウエルタ大佐(S・ベイカー)が軍隊
を率いて圧政、横暴の限りをつくしていた。
新総督になりすましたディエゴは、敵を欺き、黒馬、黒装束、黒マスクの騎士となり、人々の窮地を
救ってたちまち民衆の偉大な英雄になってゆく

出典:Amazon

監督:ドゥッチオ・テッサリ
出演:アラン・ドロン、オッタヴィア・ピッコロ、スタンリー・ベイカー

『フリック・ストーリー 』(1975)

~あらすじ~
重犯罪者エミールが脱獄した。フランス国家警察局のボルニッシュは、エミールの逮捕に乗り出し、密告からつかんだ彼のアジトを襲撃する。しかしエミールは、彼をあしらうように逃亡、ボルニッシュの協力者を次々と殺害していく……。

出典:Yahoo!映画

監督:ジャック・ドレー
出演:アラン・ドロン、 ジャン=ルイ・トランティニャン、 クローディーヌ・オージェ

『ハーフ・ア・チャンス』(1998)

~あらすじ~
アリスは車泥棒で生計を立てる美女。母の残した遺言に従って、彼女は二人の父親候補を訪れることを決意する。どちらかが本物の父親なのだが、彼らと再会したとたんに、マフィアと警察の抗争に巻き込まれることに。日本ではドラマで注目されるP・ルコントが、持ち前の笑いとアクションの才能を存分に披露した作品。

出典:Yahoo!映画

監督:パトリス・ルコント
出演:‎ アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンド、バネッサ・パラディ

仏映画界の2大スター、アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが『ボルサリーノ』以来、28年ぶりに共演した娯楽アクションです。

映画『太陽がいっぱい』口コミ(見どころ・感想)

映画『太陽がいっぱい』口コミ(見どころ・感想)

古き良き時代のヨーロッパ映画の香りを味わって下さい。

~見どころ~
何が見どころって、若き日のアラン・ドロンの美しさが、私がお勧めする最初の見どころです。
いいえ、私は女性ではありません。還暦を越したお爺で、ホモセクシャルでもありませんが、ドロンの容姿を表現するとき、男前とか美男子とかハンサムとかカッコイイという月並みな言葉ではなく、美しいが一番適切だと思うのです。ドロンを知らない若い人もきっといるでしょう。そんな若い人に是非見て貰いたい。
 

きっとあのブルーの瞳に魅せられるはずです。もちろん映画作品としても一級品です。

全編に漂う、地中海の明るさと、田舎の港町の侘しさが入り混じった、ヨーロッパ映画特有の雰囲気は、今のハリウッド映画には絶対ないものです。

古き良き時代のヨーロッパ映画の香りを味わって下さい。

だからといって、観ていてアクビが出るようなつまらないストーリーでは決してありません。

殺した人物になりすますため、サインを真似る練習を延々としたり、その人物の知人と鉢合わせしそうになるシーンでは、正に手に汗握ってしまいます。

そしてこの映画の最大最高の見どころは、ラストシーンに尽きます。衝撃です。

しかしネタバレは、この映画に関しては特に厳禁なのです。
ああ、話してしまいたい。

 

~感想~
後で知ったのですが、アラン・ドロンは、この映画の主人公と同じ、貧しい階級の出身で、少年時代けっこうワルだったといいます。

画の中で彼が醸し出す、軽薄さと冷酷さとフテブテしさは身に付いたもので、演技ではなかったのではないでしょうか。

しかしあの美しい容姿がその雰囲気と相まって、芸術的といえるほどに昇華した結果、ドロンは世界の映画ファンに認められたのでしょう。

そしてそれは、巨匠ルネ・クレマン監督の計算に入っていたことだったような気がします。

アラン・ドロンの暗い内面と美しい容姿が、どんな映像として銀幕に移り出すのかを知っていて、目論見通りになったことで、クレマン監督がニヤリとした様子を私は想像してしまいます。

それは映画造りの匠にとっては、冥利に尽きることであったはずです。
ルネ・クレマン、恐るべし。

映画『太陽がいっぱい』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数8.07.83.94.29
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年6月27日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『太陽がいっぱい』動画が見れるサイトは?

 

\映画『太陽がいっぱい』宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事