この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

POINT:
・『ロープ』(1948)は、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画作品
・『ロープ』は、1924年に起きた少年の誘拐殺人事件「レオポルドとローブ事件」を題材としている。
・『ロープ』は、ヒッチコック監督の試みとしてワンカット風という手法で撮った。当時は斬新で、もの凄いインパクトであっただろう。またヒッチコック監督初のカラー作品でもあった。
・関連作:『汚名』(1946)『見知らぬ乗客』(1951)『裏窓』(1954)『ダイヤルMを廻せ!』(1954)『スリ(掏摸)』(1959)

映画『ロープ』

~あらすじ~
1924年、シカゴで実際に起きたローブ&レオポルト事件を題材に、ヒッチコックが映画内の時間進行と現実の時間進行を同じに進めながら描いた実験的作品。舞台はマンハッタンにある、とあるアパートの一室。完全犯罪を完結させることにより、自分たちの優位を示すために殺人を犯したフィリップとブランドン。彼らは、殺人を犯した部屋に人を呼んでパーティを開く、というスリルを楽しみさえするが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

\映画『ロープ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ロープ』予告動画

Rope (1948) Official Trailer #1 - Alfred Hitchcock Movie

映画『ロープ』配信状況

映画『ロープ』配信状況

以下の動画配信サービスで映画『ロープ』が見ることができます。

・Amazonプライム
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『ロープ』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

 

・music.jp

は、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間 ⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム × 960円/2週間 ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間 Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV × 550円/31日間 dTV
terasaTELASA × 618円/15日間 TELASA(テラサ)
netflixNetflix × ベーシック:990円~/無し Netflix
paraviParavi × ベーシックプラン:1,017円/無し Paravi
huluHulu × 1,026円/2週間 hulu
fod-premiumFOD PREMIUM × 976円/2週間 【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT 2,189円/31日間 U-NEXT
watcerWATCHA
× ベーシックプラン:869円~/31日間 映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN × 3,000円/無し DAZN
d-animestoredアニメストア × 440円/31日間 dアニメストア
disneyplusディズニープラス × 770円/31日間 ディズニープラス

本作品の配信情報は2022年6月22日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\映画『ロープ』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『ロープ』監督・キャスト、原作紹介

映画『ロープ』基本情報

 

本作(タイトル) ロープ/Rope
公開年 1962年
上映時間/再生時間 1時間20分
監督 アルフレッド・ヒッチコック
キャスト ルパート・カデル・・・ジェームズ・スチュワート
ブランドン・ショー・・・ジョン・ドール
フィリップ・モーガン・・・ファーリー・グレンジャー
ジャネット・ウォーカー・・・ジョアン・チャンドラー
ヘンリー・ケントレイ・・・セドリック・ハードウィック
アニータ・アトウォーター・・・コンスタンス・コリアー
ミセス・ウィルソン・・・イディス・エヴァンソン
デイヴィッド・ケントレイ・・・ディック・ホーガン
ケネス・ローレンス・・・ダグラス・ディック
音楽
レオ・F・フォーブステイン、デイヴィッド・バトルフ
主な受賞歴
制作会社/配給元 トランスアトランティック・ピクチャーズ/ ワーナー・ブラザース→ユニバーサル映画、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

映画『ロープ』原作紹介

原作:パトリック・ハミルトン
脚本:ヒューム・クローニン、アーサー・ローレンツ、ベン・ヘクト

映画『ロープ』関連作品

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『汚名』(1946)

~あらすじ~
父親にドイツのスパイ容疑がかけられ、売国奴の娘と呼ばれたアリシアにFBIの捜査官デブリンが接近してきた。ナチの残党と思しき人物セバスチャンが父の友人であったことから、アリシアにその内情を探って欲しいという依頼だった。舞台はリオ・デ・ジャネイロに移り、アリシアはそこでセバスチャンの求婚に応じるが、デブリンとの連絡も引き続き行われていた。やがて、彼女は屋敷の酒蔵で組織の秘密を突き止めるが、その事に気づいたセバスチャンは……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ケイリー・グラント、イングリット・バーグマン、クロード・レインズ、ルイス・カルハーン

 

『見知らぬ乗客』(1951)

~あらすじ~
列車の中でテニス・プレーヤーのガイ(ファリー・グレンジャー)は見知らぬ乗客に声をかけられる。ブルーノ(ロバート・ウォーカー)と名乗るその男は、ガイが妻と不仲で、上院議員の娘アン(ルース・ローマン)と結婚したがっているなど、ガイの私生活を驚くほどよく知っており、ガイの邪魔な妻を殺す代わりに自分の父親を殺してくれと交換殺人を持ちかける。相手にしないガイだったが、ブルーノは殺人を実行。アリバイがなく、警察から疑われるガイに、ブルーノは執拗に脅迫する。「次は君の番だ!」と・・・。

出典:Amazon

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ファーリー・グレンジャー、ルース・ローマン、ロバート・ウォーカー、レオ・G・キャロル

 

『裏窓』(1954)

~あらすじ~
カメラマンのジェフは足を骨折し、ニューヨークはグリニッチ・ヴィレッジのアパートで療養中。身動きの取れない彼にとって退屈しのぎの楽しみは、窓から見える中庭と向いのアパートの住人たちを眺める事だけ。だが、その中で、セールスマンの夫と激しい口論をしていた病床の妻の姿が見えなくなった事に気づいた。セールスマンの様子を窺う内に、ジェフはその男が女房を殺したのではないかと推測、恋人のリザと看護人ステラの協力を得て調査を始めるのだが……。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュワート、グレース・ケリー、ウェンデル・コーリー

『ダイヤルMを廻せ!』(1954)

~あらすじ~
F・ノットが自身の舞台劇を脚色した、ヒッチコック・ミステリー。若く美しい妻マーゴ(ケリー)の不倫を知ったトニー(ミランド)は、彼女の殺害を企む。自分はマーゴの不倫相手マーク(カミングス)とパーティへ出かけ、その間に旧友の悪党レズゲートに妻を殺させようというのだ。だが計画は失敗、マーゴが逆にレズゲートをハサミで刺し殺してしまった。思わぬ展開に焦りを隠せないトニーは、実はマーゴが不倫をネタに脅迫されており、そのためにレズゲートを殺したというシナリオに変更する事にするのだが…。

出典:Yahoo!映画

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス、アンソニー・ドーソン

『スリ(掏摸)』(1959)

~あらすじ~
孤独感に苛まれている貧しい学生ミシェル。彼はスリで一度は捕まるが、そのスリルが忘れられず、釈放された後もスリを繰り返し、やがて組織的な犯行を重ねてゆく。本物のリアリティを追求し、スリの数々の見事なテクニックや手さばきも見所が見どころで、同時に主人公の孤独感を浮き上がらせてゆくブレッソン監督の傑作。

出典:TSUTAYA DISCAS

監督:ロベール・ブレッソン
出演:マルタン・ラサール、マリカ・グレーン

 

映画『ロープ』口コミ(見どころ・感想)

映画『ロープ』口コミ(見どころ・感想)

この映画は最初から犯人がわかっているのも特徴。「何で!?」と思われるかもしれません。

~見どころ~
この映画の見どころは主人公のルパートがどのように事件に気づき、事件を解明していくのかです。

ルパートがどうなっていくかも見どころですね。

この映画はドラマのようになっていて、舞台のように「一つの部屋」で最初から最後まで演じられるのも注目すべきでしょう。

なので、映画にしては1時間20分と短く、展開が早いのです。

実のところ、この映画は最初から犯人がわかっているのも特徴で「何で!?」と思われるかもしれませんが、いずれにしても、ルパートがどう解明するのかという緊張感があり、犯人と一緒の部屋にいるのも監督のアルフレッド・ヒッチコックさんの得意な、スリルあふれる展開になっているわけです。

この映画は1948年に作られたわけですが、ヒッチコックさん最初のカラー映画となり、映像が鮮明であることと、高層ビルが既に建っていたアメリカの経済力を物語っています。

~感想~
まず、ヒッチコックさんの映画は見たことがあるので、きっとあっと言わせる展開になって、スリルもあるのだろうなと思っていました。

実際にそうなっていて、作るときもストーリーと同じ時刻に作っていたというのが、窓の夕焼けなどからわかりました。

この映画は優秀な人間が劣った人間を排除しようとしていたので、総統のヒトラーのようなファシズムに警告を鳴らすようなメッセージ性も感じました。

意外ですけど、犯人が誰かが最初にわかっているので、ルパートがどのように事件に気づくのか、犯人が誰かわかったときにどうなってしまうのか、とても緊張感がありました。

私はルパートが犯人に殺されてしまうのではないかと思いました・・・果たして、答えは!?

映画『ロープ』評価は?

評価サイト みんなのシネマ(10点満点) IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数 6.33 7.9 3.6 3.3
評価サイトの特徴 ・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2022年6月22日時点のものです。

まとめ

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『ロープ』動画が見れるサイトは?

 

\映画『ロープ』を<U-NEXT>で見てみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事