この記事を読むのに必要な時間は約 31 分です。

POINT:
・『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』(1963)は、タイトル通り世界の若者を風靡し影響を与えたビートルズの初出演映画。結果は大ヒットとなった。
・邦題『ビートルズがやって来る~』であったが、現在では『ハード・デイズ・ナイト』『ア・ハード・デイズ・ナイト』と、原題に近い邦題に改められている。
・サウンドトラックも兼ねた同名のアルバム「A Hard Day’s Night(ハード・デイズ・ナイト)」も製作されている。
・関連作: 『ヘルプ!4人はアイドル』(1965) 『ビートルズ/レット・イット・ビー』(1970) 『ゲット・バック』(1991)『ザ・ビートルズ・イン・アメリカ』(2005) 『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』(2016)

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』

~あらすじ~
ファンに追いかけられ、地下鉄や電車で目まぐるしく動いてテレビに出演し、英国をツアーして回るビートルズの四人を、彼らと一緒になって撮った、実験心に富んだ新しいスタイルのコメディ。他愛ない会話すら耳に心地よく、もちろん、演奏シーンは他の追随を許さぬセンスで鮮やかに切りとられている。これぞ究極のアイドル映画!

出典:Yahoo!映画

 

 

\『ハード・デイズ・ナイト』のDVDを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』予告動画

A Hard Day's Night Official Remastered Trailer (2014) - The Beatles Movie HD

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』配信状況

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』配信状況

動画配信サービスで『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』は配信されていません(2021年11月24日時点)。

『ハード・デイズ・ナイト』←旧邦題『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』のDVDは、TSUTAYA DISCASで宅配レンタルできます。

DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

なお、動画配信サービスのTSUTAYA TVで作品の確認ができませんでした。

TSUTAYA DISCAS

・eight days a week -the touring years
・ハード・デイズ・ナイト←旧邦題『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』
・イエローサブマリン
・ザ・ビートルズ・イン・アメリカ
・スチュアート・サトクリフ 5人目のビートルズ
・ザ・ビートルズ レッド・アルバム 1962-1966
・「エド・サリヴァン presents ザ・ビートルズ」

 

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
×500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
DVDレンタルするなら【TSUTAYA DISCAS】
musicjpmusic.jp
×1,958円/30日間
※「music.jp 1780コース」のみお試しあり。
30日間お試し!music.jp公式
dtvdTV×550円/31日間dTV
terasaTELASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflix×ベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT×2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス

本作品の配信情報は2021年11月24日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

 

\『ハード・デイズ・ナイト』のDVDを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』監督・キャスト、原作紹介

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』基本情報

 

本作(タイトル)ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!/A Hard Day's Night
公開年1963年
上映時間/再生時間1時間27分
監督リチャード・レスター
キャストジョン・・・ジョン・レノン
ポール・・・ポール・マッカートニー
ジョージ・・・ジョージ・ハリソン
リンゴ・・・リンゴ・スター
ノーム・・・ノーマン・ロシントン
TVディレクター・・・ヴィクター・スピネッティ
(ノン・クレジット)・・・フィル・コリンズ、シャーロット・ランプリング、リチャード・レスター
音楽/主題歌
ジョージ・マーティン
主題歌: A Hard Day’s Night (ビートルズがやってくるヤア!ヤア!ヤア!) ザ・ビートルズ
挿入歌:She Loves You、 And I Love Herほか ザ・ビートルズ
主な受賞歴
制作会社/配給元シンコーミュージック・エンタテイメント

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』原作紹介

脚本:アラン・オーウェン

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』関連作品

ビートルズに関するCDも結構ありますが、DVDもいろいろとありますね。

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

『ヘルプ!4人はアイドル』(1965)

~あらすじ~
ビートルズのメンバーが巻き込まれたトラブルを、彼らのヒット曲にのせておくる冒険活劇。リンゴ・スターのはめていた指輪をめぐる邪教集団との追いかけっこをR・レスターがファンタジックに描く。

出典:TSUTAYA DISCAS

 

『ビートルズ/レット・イット・ビー』(1970)

~解説~
ビートルズのとある一日を点描したドキュメンタリー。録音スタジオに集まった面々の、リハーサルや日常会話、パフォーマンス等を演出無しでそのままとりあげた作品。

出典:Yahoo!映画

・第43回アカデミー賞(1971年)作曲賞(歌曲・編曲賞)

『ゲット・バック』(1991)

~解説~
1989~90年のポール・マッカートニーのワールド・ツアーの模様をまとめた劇場公開用ドキュメンタリー映画が待望のリイシュー! 89年9月26日のオスロからスタートした「ゲット・バック・ツアー」は、四大陸13カ国で計102回のステージに及び、284万人を動員する大成功をおさめたツアーで、多くのビートルズナンバーやソロ楽曲まで各地でのライヴのベストテイクを23曲ポール本人が厳選、『ビートルズがやって来る/ヤァ! ヤァ! ヤァ! (1963)』『HELP! 四人はアイドル(1965)』の2本のビートルズ映画を手掛けてきたリチャード・レスター監督がライヴ・ドキュメンタリー映画としてまとめ上げた。またビートルズ結成から当時までに起きた歴史の記録としての静止画像、ニュース・フィルム、写真などのビジュアルもライヴ映像の合間に差し込まれ、ビートルズファンなら見逃すことのできない、壮大なライヴドキュメンタリー・フィルムとなっている。

出典:Amazon

 

『ザ・ビートルズ・イン・アメリカ』(2005)

~あらすじ・解説~
1962年10月のデビュー以来、瞬く間に世界中を席捲したザ・ビートルズ。しかし、彼らの成功の裏側には、人知れぬ奮闘の日々があった--。本作では、バンド結成からドイツ・ハンブルグでの下積みを経て、アメリカで大ブレイクするまでの過程を考察。アメリカの人気バラエティー番組「エド・サリヴァン・ショー」でのライヴ映像と共にお届けする音楽ドキュメンタリー

出典:Amazon

 

 

『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』(2016)

~解説~
・アカデミー賞(R)受賞ロン・ハワード監督×ザ・ビートルズ!
誰もが知っているバンドの知られざるストーリー。

・ポール&リンゴ、オノ・ヨーコ、オリヴィア・ハリスン全面協力!
世界中から集めた貴重な秘蔵映像が集められ、4Kデジタル修復さらに最先端の技術によって一部カラー化!
音声はジャイルズ・マーティンによって5.1chサラウンド化!

 

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』口コミ(見どころ・感想)

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』口コミ(見どころ・感想)

1960代の青春映画。オールドロックで育った人間にはたまりません。

~見どころ~
記者会見やテレビ出演などで忙しい1960年代イギリスのアイドルグループ・ビートルズの音楽映画です。

4人メンバーの一人・ジョージは人違いをされて会議に参加させられてしまいます。もう一人のメンバーのリンゴはカメラを持って街に出かけますが、警察署に連行されてしまいます。

本番まであと数十分しかありません。

ジョン、ポール、ジョージの3人は戻ってこないリンゴを探しに行きます。ポールの祖父も警察署に連行されたり脱走したりします。

ドタバタする中で、3人はリンゴを連れ戻し、テレビ・ショーの本番で当時熱狂する観客を前に演奏するという内容です。

当時の風潮が史実として描かれ、ストーリーは大したことはありませんが、熱狂が伝わってきます。

~感想~
1960代の青春映画です。オールドロックで育った人間にはたまりません。

「ビートルズ」の熱狂が伝わってきます。青春の輝きがよみがえる人も多いのではないでしょうか。

劇中で乗り込んだ列車の中でビートルズが女学生をナンパします。その中に、後にジョージの最初の妻となるパティ・ボイドが出演しています。

この撮影中にジョージとパティが恋仲になり交際がスタートするのです。当時の男たちを魅了するボイドですが、ジョン・レノンも「いい女だ」と認めています。

リード・ギタリストのジョージは、隠れたビートルズとして、内向的な青年だったのですが、こんなかわいい子をゲットできたのは、当時のドリームとしか言いようがありません。

グループは、その後解散しますが、名曲を各自量産します。

ジョンとジョージは亡くなりました。

この映画の生き生きしたシーンと甘酸っぱい余韻、その後を知る我々ですが…。元気な映画なのに、泣けてきます。

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数6.537.63.73.81
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年11月24日時点のものです。

まとめ

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』動画が見れるサイトは?

 

\『ハード・デイズ・ナイト』のDVDを宅配レンタル<TSUTAYA DISCAS>で借りてみる!/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事