スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 38 分です。

POINT:
・『2001年宇宙の旅』は、映画史におけるSF映画の古典として認識されており、ベスト・ランキングでも、必ずといもよい程順位に入っている。
・アポロ11号が月面に着陸したのは、1967年。『2001年宇宙の旅』公開は1968年(当初は1966年映画公開の予定だった)。
・ほとんどは映像と音楽だけである、美しい。キューブリック監督は、ナレーション(言葉で表)してしまうと「未知の世界との遭遇」でなく、陳腐してしまうことを恐れたため、使わなかった。そのためストーリーの全般、ラスト的にも、解釈が難しいとされる。

映画『2001年宇宙の旅』

~あらすじ~
人智を超えた圧倒的な映像美の世界! 巨匠スタンリー・キューブリックによるSF映画の金字塔!

はるか昔、黒石板“モノリス”の啓示を受けたヒトザルは、人類としての知能を覚醒させる。その後、宇宙にまで進出した人類は、月面上でモノリスと再遭遇。
その謎を解明するために、5人の宇宙飛行士とコンピューター・ハルを搭載した宇宙船ディスカバリー号が木星へと旅立つ。ハルはまるで人間のように感情を持ち、乗組員と会話を交わすようになったが、旅が進むにつれ少しずつその性能が狂い始めてくる。

出典:Yahoo!映画

\巨匠スタンリー・キューブリックのSF映画
『2001年宇宙の旅』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『2001年宇宙の旅』予告動画

【予告編】『2001年宇宙の旅 HDデジタル・リマスター』

映画『2001年宇宙の旅』配信状況

映画『2001年宇宙の旅』配信状況

 

以下の動画配信サービスで映画『2001年宇宙の旅』が見ることができます。

・dTV
・Netflix
・U-NEXT

では、見放題です。

 

宅配レンタルで映画『2001年宇宙の旅』が見ることができるのは、TSUTAYA DISCASです。
DISCASの「定額レンタル8」のプランの場合、月間レンタル可能枚数終了後は「旧作のみ借り放題」となります。

TSUTAYA TVでは下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

・Amazonプライム

では、下記にある月額料金とは別に、個別課金「レンタル」が発生します。

 

配信状況: ◎見放題 〇レンタル ×未配信
動画配信サービス
配信
状況
月額料金(税込)/初回・無料期間⇒【公式】サイトへ無料登録する!
abematvABEMAプレミアム×960円/2週間ABEMAプレミアム
amazon-prime
Amazonプライム
500円/30日間Amazonプライム申し込む
sutayadiscasTSUTAYA DISCAS
2,052円/30日間
※宅配レンタル「定額レンタル8」の場合。
 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
tsutayatvTSUTAYA TV1,026円/30日間 TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV
dtvdTV550円/31日間dTV
terasaTERASA×618円/15日間TELASA(テラサ)
netflixNetflixベーシック:990円~/無しNetflix
paraviParavi×1,017円/14日間Paravi
huluHulu×1,026円/2週間hulu
fod-premiumFOD PREMIUM×976円/2週間【フジテレビオンデマンド】
unextU-NEXT2,189円/31日間U-NEXT
watcerWATCHA
×ベーシックプラン:869円~/31日間映画好きのための「WATCHA」
daznDAZN×1,925円/31日間DAZN
d-animestoredアニメストア×440円/31日間dアニメストア
disneyplusディズニープラス×770円/31日間ディズニープラス


本作品の配信情報は2021年2月21日時点のものです。
配信が終了している、または見放題/レンタルが終了している可能性がございますので、配信状況については、各動画配信サイト/
アプリにてご確認ください。
※表示は税込。
※Amazonプライム→年額4,900円(税込)払いなら、月額換算で408円。

 

\巨匠スタンリー・キューブリックのSF映画
『2001年宇宙の旅』を<U-NEXT>で見てみる!/

映画『2001年宇宙の旅』監督・キャスト、原作紹介

映画『2001年宇宙の旅』基本情報

 

本作(タイトル)2001年宇宙の旅/2001: A Space Odyssey
公開年1968年
上映時間/再生時間2時間19分
監督スタンリー・キューブリック
キャストボウマン船長・・・ケア・デュリア
フランク・プール操縦士・・・ゲイリー・ロックウッド
ヘイウッド・フロイド博士・・・ウィリアム・シルヴェスター
月を見る者・・・ダニエル・リクター
スミスロフ・・・レナード・ロシターエレナ・・・マーガレット・タイザックハルボーゼン・・・ロバート・ビーティ
マイケルズ・・・ショーン・サリヴァン
月面シャトル船長・・・エド・ビショップ
フロイド博士の娘・・・ヴィヴィアン・キューブリック
HAL9000(声)・・・ダグラス・レイン
ミッション・コントローラー(声)・・・フランク・ミラー
音楽
挿入曲:
「ツァラトゥストラはかく語りき」序奏部 リヒャルト・シュトラウス
「レクィエム」「ルクス・エテルナ」「アトモスフェール」「アヴァンチュール」 ジョルジ・リゲティ
「美しく青きドナウ」 ヨハン・シュトラウス2世
「ガイーヌ」アダージォ アラム・ハチャトゥリアン
主な受賞歴第41回アカデミー賞(1969年)視覚効果賞
制作会社/配給元スタンリー・キューブリック、ヴィクター・リンドン/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

映画『2001年宇宙の旅』原作紹介

原作:「前哨」 アーサー・C・クラーク(※)
脚本:スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク

映画の公開後に小説「前哨」が発表されている。

 

2021/02/13

スタンリー・キューブリックが亡くなった後に発見された脚本に基づく映画『ルナティック・アット・ラージ(原題)/ 』の撮影が、今年2021年秋から始まるとのこと。

『ルナティック・アット・ラージ』は発見された3つの脚本の一つで、キューブリックと脚本家ジム・トンプソンで共同執筆するも、映画化が叶わなかった。

映画『2001年宇宙の旅』関連作品

スタンリー・キューブリックの代表作に、『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』があり、それらをキューブリックのSF三部作と呼ばれています。

 

以下の作品のDVDパッケージ「画像」をクリックすると、Amazon・楽天で作品詳細等を確認することができます。

 

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』(1964)

~あらすじ~
アメリカ軍基地の司令官が、ソ連の核基地の爆撃指令を発した。司令官の狂気を知った副官は、司令官を止めようとするが逆に監禁されてしまう。大統領は、ソ連と連絡を取って事態の収拾を図る。しかし、迎撃機によって無線を破壊された1機が、ついに目標に到達してしまう……。

出典:Yahoo!映画

監督:スタンリー・キューブリック
出演:ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット

『時計仕掛けのオレンジ』(1971)

~あらすじ~
近未来、毎日のように暴力やセックスに明け暮れていた不良グループの首領アレックスは、ある殺人事件で仲間に裏切られ、ついに投獄させられてしまう。そこで彼は、攻撃性を絶つ洗脳の実験台に立たされるが……。

出典:Yahoo!映画

監督:スタンリー・キューブリック
出演:マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、マイケル・ベイツ、ウォーレン・クラーク

映画『2001年宇宙の旅』口コミ(見どころ・感想)

映画『2001年宇宙の旅』口コミ(見どころ・感想)

「この映画はこういうことなんじゃないか」という解釈をしていて、自分なりの解釈を考えるのも楽しいかもしれません。

~見どころ~
『2001年宇宙の旅』は、キューブリックの作品では有名な映画です。
シュールな光景の連続で、予想のつかない、派手なSF作品とは違っていて、淡々と宇宙での生活が描かれています。
宇宙の旅、というだけあって、宇宙に出たのに事故に遭ってしまいますが、危機にさらされているというよりは、静かに死を待つ、という方が当てはまっているような感じがします。
意味を考えようとしようとすると難しいシーンもあるので、考察好きな人には観ていて楽しいと思います。
いろいろな人が「この映画はこういうことなんじゃないか」という解釈をしていて、自分なりの解釈を考えるのも楽しいかもしれません。

キューブリックならではのカメラ使いや、じりじりと不安をあおってくるような作品です。

~感想~
『2001年宇宙の旅』は、ただひたすらに頭を空っぽにして観ないと、意味を深読みしすぎて、難しい作品にとらえがちです。

静かに宇宙船の乗組員と人工知能がやりとりするシーンは、不気味な感じをあおっているような気がします。
静かな恐怖っていう感じで、パニックになるわけでもないのですが、何となく怖い感じです。
宇宙の事故というのは、誰にも助けが求められない分、慌てふためく様子はあまりないのかな、と思いました。
人によっては、不自然な感じがするかもしれませんが、宇宙の静けさが反映されているような気がして、無駄な音響がなくていいと思います。
カメラ使いも、シャイニングのようにカメラが揺れている構図ではなく、まっすぐとズームイン、ズームアウトするからか、とても無機質な感じがして、画面に引き込まれてしまう感じがします。

映画『2001年宇宙の旅』評価は?

評価サイトみんなのシネマ(10点満点)IMDb
(10点満点)
Filmarks
(5点満点)
Yahoo!映画
(5点満点)
点数7.328.33.94.34
評価サイトの特徴・映画情報/上映中の映画に!
・評論家コラムや、監督やキャストへのインタビュー記事多い
・海外オンラインデータベース
・Amazon運営
・急成長中! SNSシェア強し
・過去作品、評価も厳しめ!?
・最初に見る。評価甘めかな!?
・Yahoo!運営

本作品の評価情報は2021年2月21日時点のものです。

まとめ

・フィギュアはこちら

・書籍はこちら

・サントラはこちら

・セルDVD/ブルーレイはこちら

映画『2001年宇宙の旅』動画が見れるサイトは?

 

\巨匠スタンリー・キューブリックのSF映画
『2001年宇宙の旅』を<U-NEXT>で見てみる!/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事